« 2011年08月 | メイン | 2012年01月 »

2011年10月 アーカイブ

2011年10月30日

成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■最近の改革実践活動は、それぞれの企業や地域で推進しながら、
他企業や他地域との交流が自然に生まれてきました。毎月のように
、いろいろな心のありようの交流が行われています。企業や業種や
地域を超えての心や知識の混合で、元気が生まれるのですね。今週
も、PFUさんと別川製作所さんの交流に、RBCさん、東振精機
さん、ナナオさんのメンバーも参加されました。それぞれの企業が
主体的な改革の輪が生まれてきているのですね。私は参加できませ
んでしたが、PFUの石黒さんから、ご報告をいただきました。「
イエーイ」という新しい賞賛方式を開発されたのですね。ありがと
うございます。(近藤)
●「楽しいや 複数企業 まじりあい」 石黒 渉
■交流会に参加いただいた皆さん  CC:近藤先生
PFUの石黒です。
25日の交流会、たくさんの方に参加いただき、ありがとうござい
ました。また、皆さんからのお礼メールありがとうございました。
いろいろ至らない部分があったかと思いますが、皆さんの元気と協
力のおかげで、楽しい会になってホッとしています。
イェーイ! はやりすぎか? とも思いましたが、皆さんの緊張を
ほぐす意味でも効果的だった様で安心しました。
皆さんからは、
・たくさんの気づき、元気をいただき、爽快感を味わった。
・今後の実践に活かしていきたい。
等のたくさんの感想をいただきましたが、我々も全く同じ想いです

やっぱり、外部交流はいいですね。
特に、複数の企業が混ざり合うと更にいいことが、今回実感出来ま
した。
交流会では、弊社から3チームが事例を話させていただきましたが
、これらはうまく活動が進んでいる数少ないチームで、現実はなか
なか改革が進んでいないのが現実です。
今回、弊社から参加したメンバには、皆さんからいただいた気づき
や元気を、是非、現場での実践に繋げて欲しいと思っております。
弊社、佐藤も言っていましたが、この様な活動は終わりがなく、や
り続けるとが重要だと思います。
また、改革実践を現場に浸透させていくのは大変で、時間もかかり
ます。
今後とも、この様な会を通して、皆さんと一緒に勉強させていただ
きながら、活動を継続進化させていければと思います。
また、今回はリーダクラスのメンバ中心でしたが、交流会で話しが
あった様に、もっと若い現場で頑張っているメンバ同志の交流も、
企画してみたいですね。
今後とも宜しくお願いします。
(株)PFU ニュービジネス推進統括部
Active-V推進室  石黒 渉

■■■「楽しみ・楽しませる」のこころを感じよう■■■■■■■
昨日、いしかわMOT7期生の七輪会の交流会が行われました。私
や事務局を含めて、13名の参加です。ナナオの米田さんが幹事で
、香林坊で雰囲気の良いお店で貸切で行われました。ひさしぶりに
、みなさん、七輪会の心のありようを楽しんで、楽しませて、喜び
を共感されていました。円高やタイの自然災害などの新たな変化に
、それぞれの立場で、課題解決に挑戦されていました。私は例によ
って、TTYの質問をさせていただきました。
・職場は楽しいですか? :はいが5名
・さらに、まわりを楽しませていますか? :はいが3名
さすが、七輪化メンバーで、「楽しんで、楽しませて、喜びを共感
」比率は、平均よりは高いですね。

成功の宣言文 五感で楽しむ   現状の姿
●科学を楽しむのは五感の全部使って楽しむのです。
●食べるのでも五感全部を使って楽しむです。科学も五感全部使っ
て楽しむのです。成功の宣言文も五感を全部使って楽しむのです。
熱中していると楽しみ方につながってきます。
●「食べ物は 五感使って 楽しむや」  羽柴博士

成功の宣言文 5781 することを楽しむ  実践する姿
●コツコツやることは以外と大変。どうしたら乗り越えられる
●私の場合は、好きな言葉を見つけた。楽しいことをやるんでなく
、することを楽しむ。やることを楽しむ、することを楽しむことで
、目標にぐっと近づける。
●「4画面 4つの姿 楽しんで」  杉山愛

成功の宣言文 とにかく楽しむ  実践する姿
●舟は技ではない。楽しむこと。とにかく楽しむこと
●あの波を見てごらん。泳げるようになるには飛び込むこと。飛び
込んで無心に泳ぐこと。息子も舟づくりをじっと見る。神が機会を
くれるなら、もちろん機械でなく手でつくる。
●「舟づくり 技ではなくて 楽しむや」  舟づくり

成功の宣言文 受け入れて楽しむ  現状の姿
●自然を楽しむ。海に抱かれている醍醐味を、ようやく感じられる
ようになる
●自然をねじ伏せようとする自分を反省した。対抗しよう、征服し
ようとするのでなく、受け入れて変化を楽しむ。波がない時には、
星が海にうつる。宇宙の中にいるんだというのを実感できる。
●「受け入れて 変化を楽しむ 境地なる」 白石

成功の宣言文 楽しませる→楽しい  ありたい姿
●本日の他業種のみなさんとの交流で、積極的な組織のメンバーが
増えると活気が出ると思った
●「楽しませる」→「楽しい」につながることを実感した。私もM
OTスクールや職場で、モチベーションを向上させるための活路を
見い出したい。
●「楽しませ 楽しいにつながる こと実感し」別川製作所 米光

成功の宣言文 言葉の変化を楽しむ  現状の姿
●お付き合いをしていると言葉が変化する。言葉と行動が変化する
●言葉と行動の変化が面白い。それが楽しい。変化を楽しんで、楽
しませて、喜びを共感する。変化を楽しむのです。変化が真理です
。自分が動いてその変化を楽しむ。
●「楽しいや 言葉と行動 変化して」  近藤修司

■■■「楽しみ・楽しませる」のこころを感じよう■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
成功の宣言文のメルマガは、「甲子園野球がスタート」以来、しば
らくお休みさせていただいていました。
長年、習慣化した宣言文メルマガの習慣を変えて見ると、自分が何
を感じるかの実験でもあります。しばらく改革実践プロジェクトの
実践に集中をしてみました。いろいろなプロジェクトがスタートし
ました。その実践を通じて、人間力の向上の大切さと、その可能性
が無限であることが体験できました。
特に先週に、関ヶ原製作所のメンバー300名とオーストラリア研
修に参加し、エヤーズロックに行きました。オーストラリアから、
日本での改革実践活動を振り返ると見えないものが見えてきます。
特に、人間力の大切さと、その人間力の追及がまだ、途中であるこ
とに気づきます。
限りなく人間ひろばを基本理念にされている関ヶ原製作所のみなさ
んのように、人間力は限りなく、ありたい姿を追求する力で、心の
ありようなのです。現状の姿の心のありよう、ありたい姿の心のあ
りよう、なりたい姿の心のありよう、そして、実践する姿の心のあ
りようです。そしてYWT振り返りで、また心のありようを改善し
て、ミッション宣言していく。エヤーズロックの夕日を、関ヶ原製
作所のみなさんと体験して、夕日のてらす大草原の自然と人間のお
りなす感動ドラマを現場でみて、人間の心のありようの大切さに気
づきました。改革実践も心のありようなので、自分の心のありよう
の変化が改革実践の原動力であったのです。その時々の環境におい
て、一番最適な心のありようがあるのです。その最適な心のありよ
うを再現するために進化し続ける。それを忘れないようにするため
に知識にする。
言葉と知識と技術で解決するのではなく、あくまでも心のありよう
で解決するのだ。それをチーム知経営で行う。心のありようを正し
て、知識と技術、さらに人間と組織を生かすのです。心のありよう
を正す力が人間力であり、かぎなく、心のありようを追求するので
す。それが、矢橋会長や佐久間社長の追及されてきた、会社はみん
なのもの、限りなく人間ひろばを求めてでなのです。そんな、素晴
らしい、発見をさせていただきました。
成功の宣言文もそろそろ再開して、できるだけ直近のみなさんの心
のありようをご紹介させていただいています。成功の宣言文の閲覧
や常設している宣言文写真館&革新図面館&4画面美術館など、皆
さんの個性的な「未来を創り出す改革実践」のためにご活用くださ
い。
http://www.success-poem.com/
(株)四画面思考研究所 代表   近藤修司
北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 客員教授
(財)せきがはら人間村財団 理事
(株)日本能率協会コンサルティング 常任顧問
日本商工会議所 知産創育ネットワーク研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

成功の宣言文 7574 限りなくありたい姿を ありたい姿

「限りなく ありたい姿 追求し」

  
関ヶ原オーストリア研修

●人間力の大切さと、その人間力の追及がまだ、途中であることに
気づきました
●限りなく人間ひろばを基本理念にされている関ヶ原製作所のみな
さんのように、人間力は限りなく、ありたい姿を追求する力で、心
のありようです。

成功の宣言文 7572 宣言文をやめてみる  実践する姿
●宣言文メルマガは、「甲子園野球がスタート」以来、お休みさせ
ていただいていました
●長年、習慣化した宣言文メルマガの習慣を変えて見ると、自分が
何を感じるかの実験でもあります。改革実践プロジェクトの実践に
集中をし、いくつかの新プロジェクトをスタートした。
●「宣言文 やめることで 感じるは」 近藤修司

成功の宣言文 7573 人間力の向上の大切さ 現状の姿
●その実践を通じて、人間力の向上の大切さと、その可能性が無限
であることが体験できました
●特に先週に、関ヶ原製作所のメンバー300名とオーストラリア
研修に参加し、エヤーズロックに行った。オーストラリアから日本
での改革実践活動を振り返ると見えないものが見えてきます。
●「人間力 その可能性 無限なり」 関ヶ原オーストラリア研修

成功の宣言文 7575 心のありよう  ありたい姿
●現状の姿の心のありよう、ありたい姿の心のありよう、なりたい
姿の心のありよう
●そして、実践する姿の心のありようです。そしてYWT振り返り
で、また心のありようを改善して、ミッション宣言していく。それ
ぞれのミッションが響きわたって、チーム知経営になっていく。
●「ミッションで 心のありよう 宣言す」関ヶ原オーストラリア研修

成功の宣言文 7576 感動ドラマ ありたい姿
●夕日のてらすエヤーズロックと大草原の自然と人間のおりなす感
動ドラマを体験しました
●現場で感動ドラマを体験し、自分の心のありようの変化に気づき
ました。人間の心のありようの大切さです。自分の心のありようの
変化が改革実践の原動力であったのです。
●「大自然 おりなす感動 ドラマかな」 関ヶ原オーストリア研修

成功の宣言文 7577 最適な心のありよう ありたい姿
●その時々の環境において、一番最適な心のありようがあるのです
●その最適な心のありようを再現するために進化し続ける。それを
忘れないようにするために知識にする。言葉と知識と技術で解決す
るのではなく、あくまでも心のありようで解決するのだ。
●「最適な 心のありよう 追及し」 関ヶ原オーストリア研修

成功の宣言文 7578 限りなく人間ひろばを求めて ありたい姿
●心のありようをただして、知識と技術、さらに人間と組織を生か
すのです
●それをチーム知で行う。心のありようを正す力が人間力であり、
かぎりなく、心のありようを追求する。矢橋会長の追及されてきた
、会社はみんなのもの、限りなく人間ひろばを求めてである。
●「限りなく 人間ひろば 求めてや」 関ヶ原オーストリア研修

成功の宣言文 7579 地球の中心から考える  実践する姿 
●地球の中心から関ヶ原人間村カンパニーの100年を考える
●40年後の100年に、地球の裏側から、関ヶ原人間村カンパニ
ーを見てみる。会社はみんなのもののひろば経営、進化する事業経
営、チーム知経営が地球の裏がわまで広がっている。
●「地球の 裏側から 考える」 関ヶ原オーストラリア研修

成功の宣言文 7580 人間力と技術力  ありたい姿
●チームによる知識創造である。人間力と技術力が地球の裏側まで
広がっている
●関ヶ原人間村カンパニーの経営が地球の裏側めで広がっている。
そのためには、毎日で進化しよう。皆で若手をそだてよう。ベテラ
ンの指導の場を世界につくろう。
●「人間力 技術力が 広がって」 関ヶ原オーストラリア研修

成功の宣言文 7581 楽しい会になって 実践する姿
●25日の交流会、たくさんの方に参加いただき、ありがとうござ
いました
●また、皆さんからのお礼メールありがとうございました。いろい
ろ至らない部分があったかと思いますが、皆さんの元気と協力のお
かげで、楽しい会になってホッとしています。
●「ご支援で 元気で楽しい 会になり」 石黒 渉

成功の宣言文 7582 イェーイ!  実践する姿
●イェーイ!はやりすぎか?とも思いましたが、緊張をほぐす意味
でも効果的だった様で安心
●皆さんからは、たくさんの気づき、元気をいただき、爽快感を味
わった。今後の実践に活かしていきたい。等のたくさんの感想をい
ただきましたが、我々も全く同じ想いです。
●「たくさんの 気づきや元気 いただいて」 石黒 渉
 
成功の宣言文 7583 複数企業のまじりあい なりたい姿
●やっぱり、外部交流はいいですね。特に、複数の企業が混ざり合
うと更にいい
●交流会では、弊社から3チームが事例を話させていただきました
。今回、弊社から参加したメンバには、皆さんからいただいた気づ
きや元気を、現場での実践に繋げて欲しいと思ってます。
●「楽しいや 複数企業 まじりあい」 石黒 渉

成功の宣言文 7584 現場メンバー交流も なりたい姿
●弊社、佐藤も言っていましたが、この様な活動は終わりがなく、
やり続けるとが重要です
●改革実践を現場に浸透させていくのは大変で、時間もかかります
。皆さんと一緒に活動を継続進化していく。もっと若い現場で頑張
っているメンバ同志の交流も、企画してみたいですね。
●「現場にて 頑張っている メンバーも」 石黒 渉