« 成功の宣言文 7451 どらっかーであったなら  なりたい姿 | メイン | 成功の宣言文 7463 人物になりきる  なりたい姿 »

成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■MBI研究所の今井さんから、福田さんのちょっと頑張ろう「も
し、自分がドラッカー氏であったなら」にコメントをいただきまし
た。その人物になりきることの大切さを提唱されています。私も同
感で、その人物になりきることで、知識混合ができて、新しいもの
を産み落とす事が可能になります。関ヶ原の矢橋会長の言われる、
まじりあって産み落とす知識創造の実践です。私は、その人物にな
りきるために、成功の宣言文を継続しています。やはり、継続は力
で、知識混合の感性が磨かれてくるのです。今井さんのコメントも
宣言文にさせていただいて、今井さんになりきる体験をさせていた
だきました。ありがとうございました。(近藤)
●「その人物 なりきる発想 大切に」  今井雄二
■近藤先生
お世話になります。「もし、自分がドラッカー氏、コトラー氏やテ
イラー氏であったなら」という発想は、福田さんならではのユニー
クで愉快な発想ですね。
本を読むときは、いつも「この作者は、どんな現場で、どんな事象
をみているのだろう」などと、実務的な視点で読んでいました。
思いがけない発想の視点に、驚きました。
「その人物になりたい」と「その人物になり切る」ことを目指すこ
とは、本当に大事だと思います。「なりたい」と願うには、行動し
成果を上げる行動を取り続ける自分を、ありありと思い描くことが
できなければなりません。目標達成までは、長い道中になるかも知
れません。結末が見えない道中に踏み切るのは、なかなか難しいも
のです。事業を改革する場合、似たような行動の経験者とか、現実
に行動を始めている人などを求めがちになります。
思い切り遠い存在で、しかも尊敬できる人を見つけることが大事で
あることにあらためて気付かせていただきました。
改革実現までの道のりは、見ようとしても見えるものではありませ
ん。道を間違えそうになったときの分別や、そこからの新たな一歩
を創り出す力になってくれると思います。
MBI研究所 代表 今井 雄二
URL:http://mbi.r-cms.biz

■先日、かが元気塾の平野先生より、芳珠記念病院の3分野同時認
定の快挙の新聞記事のご紹介が、近藤志塾メンバーにいただきまし
た。青島先生からもコメントをいただきましたが、仲井理事長から
は3分野認定の振り返りをいただきました。やはり技術力や人間力
は長年の積み上げが大事なのですね。たゆみなく進化し続ける改革
実践活動は、病院も企業も社会も個人も同じなのです。今年度も、
第5期北國銀行エグゼクティブカレッジの講義や第一期RBC未来
塾の講義と交流が芳珠記念病院で行われます。企業経営者やリーダ
ーのみなさんも、進化し続ける改革実践の現場講義で元気をいただ
けると存じます。遠い世界との知識混合で、自分の個性に気づいて
、動機づけられるのです。ありがとうごじざいます。(近藤)
●「みなさんの 有形無形の ご支援で」 仲井培雄
■平野先生 Cc:近藤志塾の皆様
平野先生、芳珠記念病院の広報をしていただき、ありがとうござい
ます。また、当院や私に対する、皆様、金沢大学、金沢医科大学、
JAIST の先生方等による有形無形のご支援で獲得できたと思ってい
ます。合わせて御礼申し上げます。
それでは、3つの指定認定について少し振り返ってみますので、お付
き合い頂ければ幸いです。

当院は、1962年設立の小松市西町の仲井外科病院の時代からがん診
療に携わっています。芳珠記念病院ができた1983年が第2ステージ
、そして、外科科長に佐久間副院長を迎えてからが第3ステージと考
えています。以降、腹腔鏡を使ったがんの外科手術、胃や大腸カメ
ラを使った小さながんの内視鏡手術、がん化学療法、緩和ケア療法
、がんのリハビリテーション、在宅や療養病床での療養支援などの
分野で、設備投資や資格取得が進み、今回の石川県地域がん診療連
携推進病院の指定となりました。今後は、院内と院外・地域との診
療連携を強化すべく、がん診療連携ワーキンググループを立ち上げ
て第4ステージの「重宝されるがん診療」を目指します。直近では、
「進行大腸がん撲滅キャンペーン」として、大腸カメラに炭酸ガス
を使ったお腹が張らない設備や日帰り入院制度を活用したしたり、
南加賀唯一のジオンという薬を使った痔の注射療法を行ったりして
、大腸がんの発見を早めようと思っています。

内分泌代謝科は、糖尿病、脂質(コレステロール)異常症、痛風等
の代謝疾患と甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、原発性アルドステ
ロン症(手術で治る高血圧)等の内分泌疾患を診る科のことです。
その教育施設として認定されました。
これには、内分泌代謝内科医が専門医、指導医を取り、病院内の要
件を満たすべく、内分泌疾患ワーキンググループ(愛称DO-BEST)
を作って、職員がみんなでがんばってくれたお陰です。ここ5-6年
間の取組が評価されたと思います。県下では金大、医科大、県中、
公立能登総合病院に次いで5番目の認定で、民間では初めてです。
今後は、地域の医療機関と共に、内分泌代謝疾患の診療を充実して
いきたいと思います。直近では、昨年行った糖尿病のケータイによ
る療養指導の社会実験 第2弾を開始しました。

最後は、健診専門医制度研修関連施設です。上田院長が研鑽を重ね
て日本人間ドック学会の健診指導医を取得したので、健診医師の教
育施設として認定されました。1992年から始めた健診事業は早期発
見早期治療が大きな役割でしたが、特定健診が始まった2008年より
、予防と健康増進に目が向けられています。いわゆるメタボ対策で
、以来本当に太った方が減ったと思います。当院は、温泉や里山と
組んで楽しく健康増進できるように心掛けています。直近では、ノ
ルディックウォーキングを取り入れて、地域の健康を増進しようと
試行錯誤しています。

折角これらを取得しても、医療はものすごい早さで進化し続けます
ので、あると満足できることはやった先から陳腐化していきます。
一方、無いと満足できない安全管理は医療の根幹であり、日々気を
抜けません。両者のバランスはたいへん重要で、崩れると病院経営
は破綻します。いつも綱渡りをしているようで、精神衛生上良くあ
りませんが、IMSに参加してよく判ったことがあります。それは、
医療だけが特別ではない、皆さんと同じだと言うことです。情熱を
持って製品やサービスに命を吹き込んだものの品質管理は、病院に
おける患者安全管理と同等かそれ以上だと感じました。
昨日より今日は進化した自分でありたいと願っていますので、今後
ともどうぞご指導ご鞭撻の程、宜しくお願いいたします。
追伸)これから第2のくさやを探してみようかと思います。
芳珠記念病院 仲井培雄

■■■「遠い異分野を尊敬する」こころを感じよう■■■■■■■
仲井理事長や今井さんがいわれるように、知識創造や価値創造は、
遠い異なった分野の存在や交流によって生まれます。改革実践コミ
ュニティの特色は、いろいろな分野で、改革実践に挑戦しているメ
ンバーの交流にあります。異分野との交流で、自分の個性に気づく
のです。異分野の存在を尊敬して、まじりあうことによって、新し
いもの産み落とす、自分ごとの感覚を磨きあげることができます。
私の革新の気づきDBから、「遠い異分野を尊敬する」を探索して
みました。いろいろない分野の達人と、であうことができました。
(近藤)

成功の宣言文 2315 異分野から成果   なりたい姿
●一拍の余裕、無関係な事柄の相関があります
●振り返ってみたり、多くの研究の成果を見ると、異分野からの成
果が多いようです。ノーベル賞でも、異分野からの思いつきが起因
したと話をききます。
●「一拍の 余裕をつくる 間の理論」   福田 信

成功の宣言文 新たな融合  なりたい姿
●異質融合は日本社会の重要課題。いまこそ新しい異質融合を
●同質社会の壁を破るには、異質を取り入れる。異質要素を「吸収
・選択」過程を経て、日本に適応させ、日本独自の創造性を生み出
す。日本は古来から異質融合を行ってきた。今また、新融合が求め
られている。
●「日本こそ 異質取り入れ 壁破る」   加藤春一

成功の宣言文 異質が融合されて  現状の姿
●改革実践で、あたらしい景色が生まれました。今まで、異質だっ
た世界が、頭の中で融合されていく
●これは、頭の中でしか、できない作業です。潜在意識も含め、壁
が壊れ解け合っていく、その感覚を楽しめばよい。パソコンを使う
と、その感覚はなくなります。パソコンで何か失われる物がありま
す。
●「壁壊れ 異質分野が とけあって」  近藤修司

成功の宣言文 身体感覚の混合  実践する姿
●関ヶ原の小寺さんは、言葉だけでなく、身体感覚で感じている
●高野さんとの知識混合です。小寺さんのつかった言葉を、異分野
の人の言葉と混合していく。事実で事実を変えるために、高野さん
と知識混合です。知識混合を深めると、本当にわかる事ができる。
●「達人の 身体感覚 混合す」 小寺&高野&近藤

成功の宣言文 5594 夢叶える力の混合   なりたい姿
●どんな夢をかなえるのか、どのように・・、どんな仲間と・・を
4画面思考で、見える化する
●夢は異なっても、夢のかなえる力の向上法は、共通性がある。4
画面思考は、PFUと七尾市のみなさんのように、分野を超えてつ
ながっていく。また異業異分野の方が、新鮮に元気をいただける。
●「異分野で 夢かなえる力 交流し」 PFU&七尾&近藤

成功の宣言文 4797 リーダーの熱意   なりたい姿
●異分野のメンバーがつながる時に、大切なのはリーダーが、とこ
とん考える熱意です
●成功する改革リーダーを見ていても、いたましいほどの熱意です
。いたましいほど、とことん考えています。リーダーのとことん考
える姿を見て、個が目覚めて、自分ごとでつながるのです。
●「リーダーの 熱意まわりに 伝わって」  矢橋会長&近藤

■■■「遠い異分野を尊敬する」こころを感じよう■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ヨーロッパの田園風景も奇麗ですが、日本の6月の田植えを終えて
、緑一色一になった田んぼの風景も、本当にきれいです。ミラノに
住んでいる先輩の高達さんが、七尾に来られる時に、ほくほく線の
緑の田んぼを見られて、やはり日本は奇麗だな、といわれていたの
思い出します。人物になりきるだけでなく、その土地の美しい風景
に、なりきることによって、ありたい姿・なりたい姿を実感するこ
とができます。日本企業や日本社会を、元気に・楽しく・美しくす
るための、改革実践活動に触れ合うことでも、勇気をいただけます
。ありがたいことです。東日本も、美しい緑を、早くとりもどすこ
とを、願っています。成功の宣言文の閲覧や常設している宣言文写
真館 &革新図面館&4画面美術館など、皆さんの「未来を創り出
す改革実践」のためにご活用ください。
http://www.success-poem.com/
(株)四画面思考研究所 代表   近藤修司
北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 客員教授
(財)せきがはら人間村財団 理事
(株)日本能率協会コンサルティング 常任顧問
日本商工会議所 知産創育ネットワーク研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━