« 成功の宣言文 7410 緊張感満ちた船出  実践する姿 | メイン | 成功の宣言文 7425 自分ごとの誕生  現状の姿 »

成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「自分ごと」という言葉は、四季の会で生まれました。バローレ
総研の勝さんがいわれた言葉に、今井さんや福田さんや私が化学反
応をおこしました。自分ごとが、改革実践の社会現象になっていま
す。それ以来、自分ごとで自分が動き、自分を変えて、周りを変え
る活動を楽しんでいます。 社会で人を創り、育った人が社会をつ
くる。そんな活動を継続していると、今井さんがいわれるように、
自分や組織の使命が見えてきます。私も、勝さんのコメントのよう
に、笛を吹くだけでなく、みなさんともっと踊ろうと思います。あ
りがとうございました。(近藤)
●「自部門が なぜ存在するか 考える」 今井雄二
■近藤先生
お世話になります。地域を越えて、職種・業界を越えたたくさんの
人たちとの改革実践は、毎日が、進化の連続のようですね。
最近は、非営利組織や民間企業の間接部門の人たちとの交流が増え
てきました。これらの組織に共通する課題は、マネジメントの原則
や基本を定着することだと感じています。中でも、重要なのは、マ
ーケティングを理解し、その人・組織ならではの活動を開発するこ
とのようです。「自分や自部門が、なぜ存在するのか?」を、考え
た経験がない人がたくさんおられます。
企業でも、スタッフ部門の方たちは、マーケティングは販売に関す
ることで、自分にとっては無関係で、不要と信じて来られたようで
すね。


「京都市に市役所があるように、わが町にも市役所があるのは当た
り前だ」「A社に品質保証部があるように、わが社にも品質保証部
は必要だ」「私が品質保証部の部長を任された理由などは、考えた
ことはない。前任者が、昇進したので、その後任としての白羽の矢
が当たっただけだ。3年もすれば、また異動する。」
顧客が存在するという認識が乏しく、自分や自部門の強みや持ち味
、弱みも真剣に考えた経験をお持ちではありません。
自分の入社、入庁したときには、すでにその組織は存在しており、
組織の存在目的や使命などを考えたことがないという人が、ほとん
どです。考えた経験を持っていたとしても、自分からの目線、組織
内からの目線になっています。顧客からの目線で、自分の存在を問
うた経験がないのですね。
今日の近藤先生のご指導のとおり、人や組織の存在価値開発は、標
準化された手法や技法では、成果には繋がり難いですね。最近は、
「現状の姿」創りに、特に自分ごとのマーケティング活動創りに重
点を置いて、特定解の成果にお役立ちしています。
自分ごと(特定解)の存在であることに気付かれた人は、分別も行
動も大変身されますね。4画面事業戦略発想は、あらゆる人、組織
に、特定解の行動と成果を提供することができますね。
MBI研究所 代表 今井 雄二

●「笛を吹く ことに熱中 踊らない」 勝 眞一郎
■近藤先生
地域活性化のお手伝いをしていて、やっと最近気づいたことがあり
ます。
人が本腰を入れて動き出すときは、組織とか地域とかの課
題の解決だけではなく、自分あるいは家族の課題と組織や地域の課
題が重なり合った時だと言うことです。
各個人の課題、悩み、不安を聞いて、それを解決する事のベクトル
と、組織や地域の課題を解決することのベクトルの一致点を見つけ
る。これがブレークスルーのポイントなのだろうと感じています。
人間村カンパニーは、会社という枠組みを超えて、各人が人間とし
て成長することを目指しているように思います。売り上げを伸ばし
たい、利益を高めたいではなく、各人が不安に感じている未来に対
して、一緒に前に進む解を提示しているように感じています。
「自分ごと」は、組織や地域の問題を自分のこととしてとらえると
いうアプローチでした。その一方で、組織や地域の中の各人のこと
も考えることが、結果として動きやすい環境を作ることになります

「笛吹けど踊らず」は、笛を吹く人が、笛を吹くことに熱中し、
踊る人のことを考えていないことに起因するのかも知れません。業
務改革の推進役を長年やってきて、今更ながら、こんなことを考え
ております。
バローレ総合研究所 代表 勝 眞一郎
ホームページ : http://valore-soken.com

■いしかわMOTスクール7期生の七輪会の芳珠記念病院の徳山さ
んから、別川製作所のMOTシンジケートの体験交流会の気づきを
送っていただきました。FISH哲学となぜなぜ分析に二刀流は、
人間力と技術力のバランスが取れて良いですね。徳山さんは、芳珠
記念病院の改革実践を先導されているニューリーダーになられまし
た。素晴らしいことです。かが元気塾の平野先生から、芳珠記念病
院の三分野同時認定の快挙の新聞記事をご紹介いただきました。私
も拝見しましたが、仲井先生と上田院長が、多少緊張された笑顔で
、大きく出てらっしゃいました。平野先生、近藤志塾の広報担当ご
苦労さまです。みなさんの成果の共有化ほど、うれしいことはあり
ません。(近藤)
●「態度変え 相手に向き合い 楽します」 別川製作所&徳山
■芳珠記念病院 徳山です。5/14 別川製作所の報告です。
遅くなって、すいません。
シアトルの魚屋さんの間に広がる仕事に対する心構えの哲学(Fis
h哲学)があります。そのFish哲学を会社内に広め、社員のモチベ
ーション向上に努めていました。
『Fish哲学』とは?
1)仕事を楽しむ(遊び心をもつ)
2)相手を楽しませること
3)相手に集中して向き合う
4)自分で態度を変える(気持ちを変える)
非常に共感を得ることができました。
医療現場でも形を変えれば活用することが出来ると思いました。
『なぜなぜ分析』
トラブルが発生したときに、問題に対して「なぜ?」の問いかけ
を3回繰り返し問題解決にあたっていました。
決められたフォーマット用紙に書き込む方法をとっていました。
解決の流れが見てわかる。(問題解決の見える化)
最近の気づき…
「忙しい」理由にして自分を正当化していた。
雨の日が続きますが、気持ちをブルーにしないで頑張ろう!

●「3分野 同時認定 すばらしい」 芳珠記念病院&平野
■近藤志塾のみなさん
『近藤志塾』広報担当の平野です。皆さん、いかがお過ごしでしょ
うか?さて、昨日の北國新聞朝刊に、芳珠記念病院が
1.石川県の「地域がん診療連携推進病院」
2.日本内分泌学会の「内分泌代謝科認定教育施設」
3.日本人間ドック学会の健診専門医制度研修関連施設」
の3分野において、同時に認定されたとの記事がありました。
仲井先生とは1月の近藤志塾の冬季合宿の折に、「くさやの干物」
を持ち込んで物議を醸されて以来お会いしておりませんが、新聞に
掲載された写真では、とても同一人物とは思えない真面目な表情で
写っておられますね!  (・・・笑)
参考までに新聞記事を添付いたします。
毎朝新聞を開いて、皆さんのご活躍を見つけるととてもうれしくな
ります。また夏合宿で、皆さんにお会いできることを楽しみにして
おります。
平野禎幸 石川県立小松北高等学校

■■■「思いを話す」こころを感じよう■■■■■■■■■■■
昨日、第5期北國銀行エグゼクティブカレッジがスタートしました
。次世代経営者を対象にした銀行塾で、日本でトップクラスの銀行
塾に進化してきました。いろいろな業種の経営者が一年間にわたり
、4画面思考して、各社の改革実践物語をファイナルプレゼンテー
ションします。未来を創りだす個性的な経営者を輩出するのが使命
です。そして1期から5期までの76名の経営者が知識混合します
。それぞれの個性は、異業種の中で、自分の思いを話す事により、
引き出されます。私の革新の気づきDBより、「思いを話す」を探
索してみました。みなさんの「思いを話す」こころを感じていただ
ければと思います。(近藤)

成功の宣言文 話すことで個性的に  現状の姿
●北國銀行エグゼクティブカレッジでは、自分の気づきや思いを発
見し、そして話したくなる
●自分の思いや発見を話す事で、次に進める。人間は話すことで、
どんどん個性的になっていく。そして人の個性的な思いを聞くこと
で、さならに知識創造できる。それが人間力の原点です。
●「人間は 自分の思い 話したい」北國銀行エグゼクティブカレッジ

成功の宣言文 5477 4画面作品の響きあい  ありたい姿
●芳珠記念病院和楽仁塾は、4画面美術館の前でのファイナルプレ
ゼンテーションになる
●事業する組織・改革する組織・知識創造する組織の3つのマネジ
メントが同時化できる。4画面で思いを話す人と、聞いている人な
ど,4画面美術館の作品の響きあいで、個性が伸びる。
●「4画面 その響きあい 個性伸び」 芳珠記念病院

成功の宣言文 自分のものにし語りこむ  実践する姿
●関ヶ原製作所の矢橋会長は、きちんと向き合って、大きな総括を
される
●本当に今日のチーム知研究会で、皆でブレークしたい。自分のも
のにして、語りこむ自分のマニフェストである。ミッションを発展
し、6か月でそれを経営にした。6か月のまとまりで対談をしたい。
●「マニフェスト 自分のものにし 語りこむ」 矢橋会長

成功の宣言文 情熱で姿を追及  ありたい姿
●伊藤忠商事の丹羽社長は、ありたい姿・なりたい姿を追及する情
熱を大事された
●その思いを宣言してしまう。そして、やる事を決めてしまう。特
に経営者の役割は情熱といった。パッションでビジョンや会社の進
むべき方向を社員に語った。そして、ブログで自分の思いを話す。
●「リーダーは 気力を高めて 情熱で」 丹羽社長

成功の宣言文 思いを話す  実践する姿
●思いを話せばいいのです。人生の思いを話す。事業の思いを話す
。思考の思いを話す
●思いを話し、心を豊かに過ごしたい。どうすればいいのか? 4
画面思考すればいい。心の思いを、壁を越えた異業種の中で話すこ
とで、人生や事業や思考を創る。知識混合で個性が引き出される。
●「人生の 自分の思い 話すんだ」  中村天風&近藤

成功の宣言文 広い空間にでる  実践する姿
●構造を考えると、聞けなくなる。構造を考えるのでなく、思いを
話して対話をする
●現状は、響きが足りない。リズムは取れてるが流れが悪い。狭い
ところに閉じこもっているのでなく、思いを話し、自分で広い空間
に出でみる。対話し、時間の感覚を磨き、やってみせる。
●「対話して 広い空間 自分のおき」 マリア

成功の宣言文 正直な気持ちを話す  実践する姿
●俳優は、自分のきもちを話してみる。その反応を見て、また、気
持ちを言葉で伝える
●俳優は仕事がいそがしく、友達の遊びを断るのがかなしい。正直
に、そんなことも書いてみた。正直な気持ちを伝えられたら、少し
楽になった。俳優も自分の気持を話す事で、個性的になっていく。
●「正直に 自分の気持ち 伝えるや」  大竹しのぶ

■■■「思いを話す」こころを感じよう■■■■■■■■■■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本列島全体は緑がより鮮やかに一層色濃くなり、力強い命を感じ
るようになってきました。東日本の大地震の被災地にも、不安の中
で、復興の兆しが見え始めました。それぞれの地域には人間力のた
くましし改革人材がおられるのです。驚くばかりです。私は毎年4
月に進化する改革実践モデルとその構築年間スケジュールを決定し
、5月からの塾活動をスタートしています。2011年も、人間力
と技術力の出会いで、日本企業や日本社会を、元気に・楽しく・美
しくするために改革実践2012モデルを研究・発信していきます
。6月からは、いよいよ、関ヶ原人間村カンパニー第3の創業の佐
久間新体制がスタートしました。この逆境の中でも、前向きに生き
ておられる多くの改革人材の人間力にふれて、ふたたび立ち上がる
パワーをいただいております。成功の宣言文の閲覧や常設している
宣言文写真館 &革新図面館&4画面美術館など、皆さんの「未来
を創り出す改革実践」のためにご活用ください。
http://www.success-poem.com/
(株)四画面思考研究所 代表   近藤修司
北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 客員教授
(財)せきがはら人間村財団 理事
(株)日本能率協会コンサルティング 常任顧問
日本商工会議所 知産創育ネットワーク研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━