« 成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ | メイン | 成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ »

成功の宣言文 7356 真剣に丁寧に  実践する姿

「言葉にも 真剣に丁寧に 取り組まれ」

   
今井&近藤

●MBI研究所の今井さんは、思いが深く、重い言葉を使われます
●今井さんの言葉からは響きをいただいていました。今井さんは深
い思いや重い言葉を生み出すのに苦しんでおられたのです。真剣に
丁寧に、とり込んでいただいて、本当にパワーをいただけます。
●「言葉にも 真剣に丁寧に 取り組まれ」 今井&近藤

成功の宣言文 7357 うまく書けなくて  現状の姿
●いつものとおり、成功の宣言文をいただく度に、コメントを書い
ています
●ところが、うまく書けなくて、お送りしていません。もともと文
章を書くのは苦手ですが、思いが表現できません。メルマガを書く
のにも、苦労しています。
●「宣言文 いただくたびに コメントを」 今井雄二

成功の宣言文 7358 読者コメントに勇気  現状の姿     
●書いているうちに、怒りがこみ上げてきてしまいます
●他人に対する怒りよりも、自分の無力さに対する怒りの方が大き
い。そんなとき、読者からのコメントが、エネルギーになります。
東北のお客様からのコメントには、勇気をいただきました。
●「お客様 からのコメント 勇気でて」  今井雄二

成功の宣言文 7359 心を打つ文章  現状の姿  
●今井さんは、苦しんで、思いを表現されているのですね。それで
わかりました
●今井さんの文章はどうして、心を打つのか。そして、新しい感覚
を表現できるのか。それだけ真剣に考えて、苦労されておられるか
らですね。
●「苦しんで 悩んだ分だけ 心打つ」  近藤修司

成功の宣言文 7360 顧客現場の特定解  なりたい姿    
●今井さんの文書はどんな評論家や研究者のものよりも、わかりや
すく、心をうちます
●やはり顧客現場の特定感を悩みぬかれて追及されているからです
ね。未完成の宣言文コメントもいただけるとありがたい。むしろ未
完成のもの方が心を打つと思います。私も未完成ですので。
●「悩み抜く 顧客現場の 特定解」  近藤修司

成功の宣言文 7361 燃える人物の輩出  なりたい姿     
●日本社会が危機に向き合っている今こそ、すこしでもその本質を
考えて社会にお返ししたいです
●危機の本質に向き合って、熱く燃える人物の輩出が、われわれの
使命です。福田さん、勝さんなど、四季の会のメンバーの直近の思
いが絡み合って、社会に新しい感覚を伝えたいものです。
●「本質に 燃える人物 輩出を」 近藤修司

成功の宣言文 7362 未来への成功の思い  ありたい姿
●人が、新たな行動を起こす源泉は、未来への成功の思いです
●子供のころに、大きな夢や憧れを持った記憶があると思います。
通い慣れた運動公園では、いくつかのリトルリーグの野球チームが
、毎週のように練習に励んでいます。
●「源泉は 未来の成功 への思い」  今井雄二

成功の宣言文 7363 ありたいは使命感から  ありたい姿  
●ありたい姿は知識や技術よりは、使命感から生まれるのです。
●ありたい姿とあるべき姿を比較しながら、ありたい姿を深めてい
ただきました。関ヶ原製作所の皆さんは、限りなくありたい姿を追
及されて、人間広場から人間村カンパニーにたどりつかれました。
●「ありたいは 使命感から 生まれるや」  今井&近藤

成功の宣言文 7364 イチローさんに憧れ  ありたい姿
●野球少年は、イチローさんに憧れています。あこがれは、「あり
たい姿」に近い存在です
●自らの意思で新たな行動を創り出す原動力になります。すべての
行動が、「ありたい姿の実現」を分別の基準として評価し、選択さ
れます。
●「ありたいは イチローさんに あこがれて」 今井雄二

成功の宣言文 7365 ありたい姿とあるべき姿  現状の姿
●「ありたい姿」と似た言葉に、「あるべき姿」があります
●この2つには、大きな違いがあります。「ありたい姿」には、未
来に向けた、自分自身が決めた意思や覚悟が込められています。
●「ありたいと あるべき姿 違いあり」  今井雄二

成功の宣言文 7366 自分にとっての未来目標  ありたい姿
●ありたいは他の人には魅力がないものかも知れないが、自分にと
っては重要な未来目標イメージ
●「あるべき姿」は、自分だけではなく、多くの人に共通して求め
られる基準です。したがって、他人に向かって「警察官である君は
こんな存在であるべきだ」といった使い方ができます。
●「ありたいは 自分にとっての 目標や」  今井雄二

成功の宣言文 7367 自分の意思で  ありたい姿
●それに対して「ありたい姿」は、個人が自分自身の意思で創りだ
した自分ごとの成功イメージ
●「警察官である君は、こんな存在でありたいだ」という日本語は
、ちょっとおかしくなります。「ありたい姿」と「あるべき姿」は
、活用される知識や創られるプロセスにも違いがあります。
●「ありたいは 自分の意思で つくりだす」  今井雄二

成功の宣言文 7368 持ち味の活用  ありたい姿
●「ありたい姿」には、ドラッカーの提唱するマネジメントの哲学
が根底に流れています
●「顧客は誰か? 市場をどこにするか?」を見定め、その顧客に
向けて、「自分の強みや持ち味を活用して貢献できる姿」をイメー
ジします。
●「ありたいは 自分の持ち味 活用し」  今井雄二

成功の宣言文 7369 強みの理解と活用  現状の姿 
●人や組織の強み・持ち味そのものが、個性的で、独立的な存在で

●自分の強みを、しっかりと理解し、それらを最大限に活用しよう
とする分別から「特定解の使命・存在価値」が生まれます。
●「存在価値 強みを理解し 活用す」 今井雄二

成功の宣言文 7370 顧客に感謝された時  現状の姿
●自分ならではの強みで、使命を果たそうとするプロセスで、顧客
市場に、成果を提供します
●その成果が、顧客から感謝された時に、存在価値が生まれます。
その存在価値が認められた状況をイメージし、言葉にしたものが、
「ありたい姿」です。
●「ありたいは 顧客に感謝 された時」 今井雄二

成功の宣言文 7371 経営哲学に基づいて  ありたい姿
●マネジメントの哲学と特定解の使命を理解し、活用して創り出す
のが、「ありたい姿」です。
●マネジメントの哲学抜きの「ありたい姿」は、危険です。独善的
で、独りよがりの「ありたい姿」となり、それを目指す行動に迷惑
する人がいるかも知れません。
●「ありたいは 経営哲学 もとづいて」 今井雄二  

成功の宣言文 7372 あるべき姿は共通的  ありたい姿
●「あるべき姿」は多くの人が「その姿を、目標とするのがもっと
もだ」と感じるイメージです。
●市場、業界、地域、国などによって、「あるべき姿」は異なりま
す。個人的なものではなく、ある程度の規模の人や組織に、共通的
に求められる姿です。
●「あるべきは 共通的な 目標で」 今井雄二

成功の宣言文 7373 あるべきは分別と行動に ありたい姿
●あるべき姿は目指す事は大事ですが、できたからといって特別に
何かで卓越できるものではない
●ある時間を切り出し評価すると、あるべき姿が分別と行動開発に
重要な意味を持つ事はあります。新たな行動に挑戦し始めた時には
最初の目標とし「あるべき姿」が活用されるケースがある
●「あるべきは 分別・行動に 意味を持つ」 今井雄二

成功の宣言文 7374 神様の基準  現状の姿  
●多くの人がご存知ですが、「あるべき姿」には、怪物を生みやす
いという問題があります
●人は、未来永劫に達成できる可能性のないイメージ、つまり、神
様のレベルを「あるべき姿」にしてしまう。知らないうちに、神様
を基準にし、完璧な人はどうあるべきか?を考えてしまう。
●「神様を 基準にした 完璧さ」 今井雄二

成功の宣言文 7375 天才的人材を基準に 現状の姿
●神様ではなくても100年に1人くらいの天才的な人材が実行し
てきた行動があります
●そのことに気付かずに、後継者に、前任者以上の行動と成果を示
します。そして、「○○たるもの、かくあるべきだ」と平然と伝え
ます。
●「あるべきで 天才的な 基準だし」 今井雄二

成功の宣言文 7376 強み弱みを考慮せず  ありたい姿
●「あるべき姿」には、その人の強みや弱みを考慮せずに使われる
ことが多いようです
●その人や組織にとっての個別事情や特定解の使命感などが、考慮
される事はありません。あるべき姿は、自分の成長ためのものでは
なく、他人を評価し批判するための指標になってしまいます。
●「あるべきは 強み弱みを 考慮せず」 今井雄二

成功の宣言文 7377 批判のためのあるべき姿を ありたい姿
●誰かが行動を起こした結果をみて、あるべき姿を持ち出して批判
するようなケースもあります
●多くの人たちの顔色を見たうえで、個人や組織を批判するために
あるべき姿をつくることさえあります。怖いのは、このような分別
と行動選択を無意識に実行しているケースがあることです。
●「あるべきが 批判のために つかわれて」 今井雄二

成功の宣言文 7378 存分に力を育み  ありたい姿 
●「あるべき姿」は、使い方を間違うと、人や組織の活力を奪い、
滅亡に導きます
●「ありたい姿」は、人や組織が、思う存分に力を育み、それらを
生かします。「ありたい姿」は、遠い未来に達成したいと願う「自
分ごとの目標」です。
●「存分に 力を育み 生かしきる」 今井雄二  

成功の宣言文 7379 自分ごとの覚悟  ありたい姿  
●「ありたい姿」がたくましいのは、たとえ未完成でも、誰の批判
も受ける事がないことです
●自分の人生、自分の事業の未来に対する見通しと責任は、自分が
負うという自分ごとの覚悟が、「ありたい姿」の背骨になっていま
す。
●「ありたいは 覚悟が背骨 自分ごと」 今井雄二 

成功の宣言文 7380 使命感から導かれて  ありたい姿
●人や組織が成長するには、いろんな人から「ありたい姿」につい
て学んでいます
●人生をかけて昇華させていくことは大事です。学び育つための分
別と行動開発にも、確固とした背骨が生きてきます。ありたい姿
は使命感から導かれているのです。
●「ありたいは 使命感から 導かれ」 今井雄二

成功の宣言文 7381 自分の言葉を真実に  実践する姿
●私も「自分の言葉を真実に」こだわっています。
●改革実践を40年以上継続していると確かに、わかいころの軽い
言葉が重い言葉に変わってきます。継続が大事で長年継続している
と経験によって重い言葉に進化し、哲学になる。
●「理念もち 自分の言葉 真実に」  福田&近藤

成功の宣言文 7382 言葉が軽い企業  現状の姿
●企業や行政など組織は、数十年たっているのに言葉が重くなっ
ていない企業が多いです
●言葉の重さと、理念の真実化率や利益率は関係があります。哲
学の問題で実践力がちがいます。今の時代、哲学が求められいる
だけに、重い言葉をもつことが大事になる。
●「現状は 言葉が軽い 企業あり」  福田&近藤

成功の宣言文 7383 言葉が消えて浮かぶ  現状の姿
●頭の中に思い浮かぶ言葉は、脈絡もなく、とりとめもなく広が
っていく
●センテンスの形にならない言葉のつながりができて、すぐに消
え、また次の言葉が浮かんでくる。意味をなさない言葉が次から
次へと浮かぶ。
●「すぐ消えて 次の言葉が 浮かんでき」 福田 真 

成功の宣言文 7384 思いの点が残る   現状の姿
●突然に1つの単語に意識がいく。その単語からの広がりはなく
、思いの1つの点になる
●また、別の言葉が浮かんでは消える。このような意識はなく、
ただ、浮かんでは消える時間が続く。覚醒したとき、思っていた
ことは消え、思いの点のいくつかが残る。
●「覚醒し 思いの点が 残ってる」 福田 真 

成功の宣言文 7385 思いの点が増える  現状の姿 
●形のある物、意味をもった抽象、それらと1つの単語が繋がれ
ば、センテンスができる
●形のある物、意味をもった抽象、つまり、意識している事柄で
ある。高い経験して常に念頭に置いている事柄の量が、思いの点
の量を定めていく。知識が少なければ、思いの点は少ない。
●「重経験 思いの点が 増えていく」 福田 真 

成功の宣言文 7386 思いの点が少ない  現状の姿
●知識が多くても、経験が少なければ、思いの点は少ない
●経験が少なければ、思いの範囲は小さい。自らの行動と成し遂
げたい事柄に関係がなければ、思いの点は軽い。成し遂げたい事
柄が不明瞭であれば、思いの点は軽くなる。
●「軽経験 思いの点が 少なくて」 福田 真 

成功の宣言文 7387 軽言葉が重言葉に  ありたい姿
●成功の言葉が目の前を通り過ぎていき、自分の中に形を作らな

●自分にとっての言葉が軽ければ、自分も流される。流されなが
ら、言葉が重い単語と入れ替わりながら、または、1つの単語が
重さを増しながら、腰を据えていくようになっていく。
●「軽言葉 重言葉と 入れ替わる」 福田 真 

成功の宣言文 7388 重石になる言葉  ありたい姿
●重い言葉は自分の形成、自我の形成になるのかもしれない。歳
に関わりなく、想いは脱皮する
●時が流れて気がつけば、自分の重石になる言葉ができている。
自分の周りを映しだした鏡のようなもので、きょうの始めの言葉
がある。1つの言葉が自分の呪縛になっているのかもしれない。
●「できてくる 自分の重石 なる言葉」 福田 真 

成功の宣言文 7389 自分の言葉  現状の姿 
●そこから、1日が始まる。自分の言葉は何だろうと考えてみる
人は少ない
●自分のポリシーは何々であると言える人は多い。だが、その中
心の言葉を持つ人は少ない。考えたこともないかもしれない。だ
が、そんな言葉を皆がもっているのだ。
●「ポリシーと 中心になる 言葉とは」 福田 真 

成功の宣言文 7390 今日から始めよう  実践する姿
●自分の言葉は、気づいていないだけで必ず持っている。そこか
ら、日々が始まっている
●自分にとっての1日の意味を想い、きょうを始めよう。自分に
とって重い言葉がり、自分にとって広がる言葉がある。そして自
分の言葉でだんどりをしよう。
●「始めよう 自分の言葉 意識する」 福田 真 

成功の宣言文 7391 7期目の担当  実践する姿
●のと七尾人間塾の7期の担当は、のと七尾人間塾の創設メンバ
ーの黒崎さんで、感動しました
●小川さんと黒崎さんで、武本市長とともに、毎年進化して今年
は7期目です。7期は再び創設者の黒崎さんが担当、グループ・
リーダーには2期生の青木さんがリーダーになられました。
●「7期目は 創設メンバー また担当」 7期のと七尾人間塾

成功の宣言文 7392 全員が人間塾卒業生  現状の姿
●青木グループメンバーは全員がのと七尾人間塾の卒業生です。
改革の重い言葉を持っています
●自分ごとで改革の思いを宣言して、実践して改革の輪をつくっ
た同志が集まりました。7期の記念イベントを七尾美術館で4画
面美術展+成果作品展をおこなおうということになりました。
●「全員が 人間塾の 卒業生」 7期のと七尾人間塾

成功の宣言文 7393 市役所シンジケートを  なりたい姿
●4画面と成果作品展が出来ればと思います
●武本市長からは七尾市役所内の人間塾卒業生も増えてきたので
、市役所内の改革実践につながらないというご要望もいただいて
います。市役所シンジケートです。
●「市役所で シンジケートを 創ろうと」7期のと七尾人間塾

成功の宣言文 7394 重い言葉が見えて  現状の姿
●改革実践は継続することにより、思いや人材や重い言葉が見え
てきます
●そして、今井さんの言われる持ち味や存在価値、福田さんの言
う重い言葉が見えてきます。そして思いと重い言葉をもった人材
が繋がって深い人間ひろばが構築されていきます。
●「ひろばでき 重い言葉が 見えてきて」7期のと七尾人間塾

成功の宣言文 7395 2012モデルスタート 実践する姿 
●その広場の上で、ひとづくり、会社づくり、事業づくりの改革
コミュニティが見えてきました
●連休明けからは継続してきた、いしかわMOTスクールやほと
んどの企業塾・地域塾・病院塾・銀行塾・行政塾が進化して20
12モデルでスタート。企業塾の最初は5月からのPFU未来塾。
●「塾活動 2012 モデルにて」  近藤修司

成功の宣言文 7396 新しい塾活動  実践する姿 
●新しい企業塾や地域塾もスタートします。新企業塾としては本
螺子塾やRBC未来塾などです
●今年は石川県市町村の4画面思考による組織活性化研修も行い
ます。市町村に4画面思考が広がります。変わったところでは、
中学校のPTAのママさん・パパさん4画面も企画されてます。
●「進化した 新塾活動 スタートし」 近藤修司

成功の宣言文 7397 関ヶ原で経営の創造が  実践する姿
●日本の中心の関ヶ原では、セキガハラ人間村カンパニーの創造
に参加させていただいています
●25年以上の継続です。改革実践活動だけでなく、新しい日本
的経営創造がテーマです。月2回のチーム知経営研究会が経営道
場になっています。日本の中心から新しい経営が生まれます。
●「セキガハラ 人間村の カンパニー」 近藤修司

成功の宣言文 7398 矢橋会長の言葉  ありたい姿
●矢橋会長も重い言葉にこだわっておられます
●「いままで、軽い言葉がどれだけ、企業や社会を悪くしたか自
覚しろ」といわれています。矢橋会長の言葉の重さには本当に頭
が下がります。
●「会長の 重たい言葉に 育てられ」  近藤修司

成功の宣言文 7399 先行指標の関ヶ原  なりたい姿
●社会的危機からの脱却、さらに新たな課題など、多くの課題解
決を進める経営が求められている
●先行指標は、関ヶ原人間村カンパニーのチーム知経営研究会や
北陸の改革実践塾になると考えています。みなさんと長年、継続
することによって見えてきた経営の知識創造です。
●「チーム知と 改革塾が 先導し」  近藤修司 

成功の宣言文 7400 トータルソリューション別川 実践する姿
●連休明けから日本企業や社会を元気に楽しく美しくする知識創
造活動2012モデルの出発です
●社会の危機的状況に中で真剣勝負です。さっそく、5月14日
土はIMS体験交流会が別川製作所で行われます。トータルソリ
ューション別川のありたい姿を追及されている革新企業です。
●「交流会 トータルソリューション 別川で」  近藤修司