« 成功の宣言文 7289 生きる姿に使命感  現状の姿 | メイン | 成功の宣言文 7317 船上直売ビジネスモデル  なりたい姿 »

成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■JAIST東京MOTコースでお世話になっている奥和田先生か
ら水産業×ICTの船上直売のビジネスモデルの健闘ぶりの話題を
いただきました。震災で漁港は壊滅的な打撃を受けましたが、独創
的なビジネスモデルは健在しているのですね。奥和田先生は世界的
な未来予測の研究者で、見識が豊かな方です。奥和田先生の新視点
は、ほかの業界にも通じると思います。ビジネスモデルも知識混合
による多様化が求められているのですね。全国からの応援で、船上
直売モデルの成長を加速しましょう。ありがとうございました。
(近藤)
●「船上の 直売モデル 復活し」 奥和田先生
■近藤先生
奥和田です。お元気でしょうか。以下、余談ながら・・・。
以前から面白いと思って陰ながら応援していた「三陸とれたて市場
」というビジネスモデルがあります。「魚船から漁をしているライ
ブ映像を流し、獲れた魚に船上で値段を付けて、船上から産直する
」という、「水産業×ICT」といった感じのものです。
もともと、このビジネスモデルは、ある大学生の「卒業研究」で、
実験的に行なわれていたものでした。サイトは、かなり人気があり
、いつも午前中の漁のあいだにほとんどが売り切れていました。
しかし、ご存知のように、今度の震災で岩手の漁港は壊滅的になり
、この業者も建物などがすべて崩壊しました。ただし、漁船は無事
だったようで、今週あたりから漁を再開したようです。
昨日から、上記の直売スタイルが復活しているようなのです。
http://www.sanrikutoretate.com/supertimesale/
港や会社の設備はすべて無くなっても、このビジネススタイルだけ
が、まず先に復活できた模様です。当分は、このモデルでやるしか
ないのだと思いますが、漁師さんも希望が持てるのではないでしょ
うか。応援という意味もあるのだと思いますが、今朝は1匹30、000
円もするカレイでも完売しています。奥和田
p.s. どうか、三陸の海で放射能レベルが上がりませんように!

●「リスクには 知識混合にて 対応」 近藤修司
■奥和田先生
元気が出る話題、ありがとうございます。
船上直売モデルは、素晴らしいですね。知恵を出すと、いろいろの
多様なモデルが創造できそうですね。私も顧客になってみます。
また、成功の宣言文でも発信させていただきます。多リスク時代に
は、多様なモデルが求められているのですね。ありがとうございま
した。北陸でも、ビジネスモデルの多様化を提案してみます。単な
る多様化というよりは、知識混合モデルと思いますが・・。
近藤修司

●「三陸は 汚染される 危険なし」 文科省発表
■近藤先生
文科省発表の「拡散予測」によれば、三陸の海が汚染される危険性
はほとんど無いようですので、安心して皆さんに紹介してあげてく
ださい。
http://www.asahi.com/national/gallery_e/view_photo.html?n
ational-pg/0413/TKY201104130293.jpg
ただし、これだと宮城・福島あたりの漁港の復活は難しいのかもし
れません。 奥和田

■学習企業で人間村カンパニーに挑戦している関ヶ原製作所や、北
陸のMOT企業塾や地域塾では学習する文化が改革活動の底辺に根
付いてきています。学習する文化で成功している組織は、学習に先
行して、人と人のまじりあいを大切にしています。関ヶ原人間村カ
ンパニーのひろば経営です。徹底的にまじりあって話し合うことで
個性的になっていく。北陸でも、いろいろなひろば経営のワイガヤ
の上に事業活動を展開する企業が多くなりました。
いしかわMOTスクール7期生のファイナルプレゼンテーションが
終わって40日が経ちます。7期生の改革実践提案書は2011年
モデルで、もっとも進化されていて、他の企業塾や地域塾を先導し
ています。7期生はワイガヤ七輪会を結成して、メールでもひろば
経営を実践されています。4月の火付け役は芳珠記念病院の徳山さ
んでした。和楽仁塾で兆し分析のファシリテートを依頼されました
。5月の楽仁塾では七輪会の代表メンバーとの兆し分析交流も企画
されています。私は紺谷さんや福永さんを推薦しています。
また、5月には別川製作所の未来塾とMOTシンジケートの第22
回のワイガヤ体験交流会を砂崎さんが企画していただいています。
七輪会の米田幹事からもご案内をいただきました。未来塾メンバー
と経営革新とのつながりが体験できると思います。シンジケート、
企業塾、地域塾の皆さんも参加されませんか。別川トータルソリュ
ーションの力を体験できます。そして、話すことで個性が磨かれ、
勇気をいただけると思います。(近藤)
●「苦労して 工夫したこと 教授して」 芳珠記念病院 徳山
■芳珠記念病院 徳山です。
皆さん、お元気でしょうか? 震災の影響で色々と大変ですが、が
んばりましょう! MOTスクールを修了して40日たちました。
改革実践はいかがですか? 話しが少しずれますが、つい最近「
もしドラ」が部署内でちょっとブームになりました。今更…って笑
われる方がいるかと思います。私も今まで気になっていましたが、
この機会に読むことができました。読んでない方がいたら是非、読
んでみてください。部署内で何人かが、読んで「もしドラ」効果が
…「イノベーション大切やぁ…」って急に頑張りだした技師(効果は
短かったですが…)また、別の技師は患者さんの事を考えて、「こ
うしてもいいですか?」と聞いて来たり…。私が話すより、思いもよ
らないところから始まることもあるんだと感じました。この連鎖が続
くように、今は色々と仕掛けを考えています。
来週19日に和楽仁塾が行われます。
その塾の時に、「兆し分析」についてのグループワークに私も参加
してほしいと…「兆し分析」…非常に悩んだ記憶が蘇ります。
七輪会の皆さん!もしよかったら、「兆し分析」で苦労した事、工夫
した事など覚えていたら教えてもらえませんか?ご協力お願いします。
追伸
先ほどTVでアメリカ人(たしか?)で四肢が生まれつきなかった
方の話しがありました。(アンビリバボーです)
プラス思考で苦難を乗り越えた方です。この方が、講演会等で最後
に伝えること…『あきらめないこと! 決して、絶対に、永遠に あき
らめないこと!!』私も、もう一度気合を入れて…! 最近 メモを
とることがなくなっている自分に気づきました。少しだけのイノベー
ションを…長くてすいません… では、また 徳山でした。

●「情報や 方針踏めて 創造す」 東振精機 紺谷 
■芳珠記念病院 徳山さま
土の香りのする組長です。
お久しぶりです。めちゃ元気です!日本が復興のために戦う元気を
まき散らしています。
「もしドラ」って何ですか?あんまりテレビ見ていない
ものですみません・・・。
「兆し分析」ですか・・・懐かしいですね・・
私の場合は、「社会・顧客・自社・仲間」で層別して営業情報や生
産管理情報が主体で、社内報や社長方針の内容を踏まえて「未来を
創造」しました。
「きっと○○なるだろう」的な発想でメモ書きし、キーとなる言葉
や単語を残し、まとめました。近藤先生のアドバイスは、「実践内
容で出てくるキーワードを入れると良い」との事でした・・。
延期になった「七輪会同窓会」で、また飲むことを楽しみにしてい
ます。【和楽仁塾】頑張ってください。
以上  よろしくお願い致します
株式会社 東振精機 生産課FD係 兼工務係 紺谷匡紀

●「見直して 話すことにて 進化して」  近藤修司
■徳山さん 紺谷さん  七輪会のみなさん  
徳山さんやm七輪会のみなさんの、改革マインドに触れて、元気を
いただいています。 徳山さんが 和楽仁塾の講師をされるとは素
晴らしいことです。 私の兆し分析も、今回の大震災で一部見直し
てみました。 自然災害は入っていたのですが、重要度はすくなか
ったです。 見直すといろいろ気づきをもらえます。 現実で兆し分
析を進化させて、自分の感性を高めていけるのですね。
和楽仁塾の事務局の鈴木さんから、兆し分析の解説のご依頼をいた
だきま した。
ご参考までに、兆し分析の解説文をご紹介いたします。 兆し分析
は七輪会のメンバーが先行されていますので、和楽仁塾へも交流を
すすめています。 来週の和楽仁塾は私も参加させていただきます
ので、徳山さんの講義ぶりは 皆さんにもご報告いたします。
近藤修司

●「発見す 震災にたち向かう やるぞ君」 澁谷工業 北元
■七輪会の皆さん 米田さん
澁谷工業の北元です。ご無沙汰しております。
ファイナルが終了し、少し落ち着いたかと思いましたが一週間もし
ないうちに、今回の震災があり、被災地の報道に胸を痛める日々が
続きました。それでも、被災された方々の中にも、この震災に自ら
立ち向かう多くの「やるぞ君」を見つけ、くたびれかけた自分に鞭
打って、頑張っている今日この頃です。今こそ、本当に「日本を(
未来を)元気に」の言葉を感じ、自分が、今できることから、動き
出す時ですね。
さて、今回の「改革体験交流会」ですが、先に予定が入っていて今
回は欠席させていただく事になります。申し訳ありません。
「前向きに、今はひたすら 前向きに」の気持ちで、今は頑張り続
けます。「改革実践」も然りで、強力推進します。
「振り返り」は、もう少し前に進んでから、足跡を確かめてみます
。米田さん、いつも、お声掛けありがとうございます。これからも
、宜しくお願い致します。澁谷工業(株) 北元 宏明

●「交流会 改革火種 再点火」  ナナオ 米田
■七輪会の皆さん
株式会社ナナオの米田です。いつもお世話になっております。
自分自身のファイナルプレゼン作成時、発表時間の制約にかこつけ
て「兆し分析」を端折っていたため、徳山さん・紺谷さん・近藤先
生の議論に入れず寂しく感じていたところ、いしかわMOTシンジケ
ートの砂崎さんから「改革体験交流会」のご案内をいただきました
。詳細は下記メールおよび添付pdfを参照ください。
良い機会ですので、改革の火種に再点火すべく私は参加しようと思
っています(ナナオ七輪の火種が早くも途絶えた、というわけでは
決してありません…)。石川MOTスクール7期生としての参加を取り
まとめますので、お手数ですが添付xlsに沿って皆さんの参加可否
を返信いただけませんか?
砂崎さんへの連絡期限はまだ先ですが、GWも挟みますので期限は「
今週中(~4/22)」とさせてください。皆さんの近況も軽く挟みなが
らのご返信、お待ちしております。以上、よろしくお願いいたします。
ナナオ 米田

●「別川と シンジケートの 交流会」 砂崎&米田&別川未来塾
■いしかわMOT七期生幹事 米田さま 福永さま 塩谷さま
一期生幹事 砂崎です。こんにちは。
七期生(七輪会)も加わり、シンジケートの本年度活動を開始いたし
ます。最初は別川製作所さんの体験交流会です。各期の幹事さんに
は、取りまとめをお願いしており、七期生幹事でも最初のお仕事よ
ろしくお願いいたします。また5月or6月に新幹事歓迎会を開きま
すので参加をよろしくお願いします。
さて、株式会社別川製作所さんは、いしかわMOTスクールメンバ
ーではないのですが、近藤先生のご指導の下で別川未来塾で活動し
ています。昨年より我々の活動に参加して刺激を受けて、ぜひ社内
に風を起こしてほしいとの要望で開催が実現しました。近藤先生も
もちろん参加され、この震災に立ち向かうモチベーションとしても
みなさんと活動の共有を図りたいと思います。
つきましては、添付の案内のとおり開催いたしますので5/9までに
参加者を砂崎までお願いします。
<第22回改革体験交流会(株式会社別川製作所)>
日程:5月14日(土)
時間:13:30~17:00(懇親会19:00~21:00)
場所:株式会社別川製作所 本社工場
〒920-8560 石川県白山市漆島町1136番地
TEL<076>277-6700(代表)
http://www.betsukawa.co.jp/
スケジュール:
12:45 受付開始 別川製作所
13:00 開会
13:05 挨拶 別川社長 近藤先生
13:15 自己紹介
13:30 別川製作所活動事例紹介 六角、長田、小野木、
14:30 休憩
14:40 工場見学
15:20 休憩
15:30 グループ討議「気づき+α」 出席者
16:00 討議結果発表 出席者
16:25 講評 近藤先生
16:30 閉会
19:00 懇親会(場所は後日連絡)
懇親会は金沢駅周辺で会費5,000円程度以上、よろしくお願いいたしま

●「仏像に 新たな感動 いただいて」 シブヤマシナリー 戸瀬
■七輪会の皆様、如何お過ごしですか? ファイナルプレゼンから
一月半が過ぎ幣部門ではメンバーにプレゼン内容や学んだ知識を紹
介し、序々に改革の場づくりに取り組んでいきたいと思っておりま
す。小生にはもう一つやらないといけないことがあります。奈良・
興福寺北円堂収蔵の国宝・世親菩薩立像の模写像を来月上旬に完成
させ師匠の厳しい審査をパスしなくてはなりません。この仏像は春
と秋のごく僅かな時期しか開扉されません。国宝のため撮影は勿論
、スケッチすることも不可で、脳裏に焼き付けるだけのために2年
間奈良へ通っております。半年振りに出会う仏像の姿・表情にはそ
の都度新たな感動があり、まさに一期一会ではないかと思います。
米田様 何時もお世話になりありがとうございます。改革体験交流
会の件、申し訳ありませんが当日所用で外出しており、欠席とさせ
ていただきます。以上宜しくお願い致します。
シブヤマシナリー株式会社 生産本部津幡工場 技術部 戸瀬治夫

●「視点かえ 仲間を増やし 夢かなえ」 芳珠記念病院 徳山
■芳珠記念病院 徳山です。
4/19(火)和楽仁塾に参加しました。ちょっと報告します。
本日のテーマは「夢をかなえるために、兆しを読むことはどうして
必要か?」和楽仁塾4期生は、兆し分析に苦労しています。その
ために「兆し」についてのグループ・ワークをしました。
Aグループの報告
『兆しを共有して仲間を増やす』ために必要
Bグループの報告
『視点を変えて自分が変わり、未来を変える』ために必要
・・・とまとめました。
MOT6期生の森田さん(体操のあんちゃん)はAグループ、私は
Bグループに参加しました。
今日の気づき
久しぶりの和楽仁塾の参加…古巣に戻ってきた感じで懐かしかった
です。しかし、その古巣が凄くPOWER UPしていました。
かなりびっくりです。 「錆びつかない自分でいよう!」とあらた
めて感じました。たまに、給油しないと改革が失速しますよ…
また、明日から頑張ります。
近藤先生 久しぶりに力をいただきました。ありがとうございます
。 紺谷さんのメッセージ 4期生に伝えました。ありがとうござい
ます。芳珠記念病院 徳山

ーーー■今日の一言:学ぶ前に交じり合いが先ーーーーーーーーー
私の改革実践を振り返ってみると、交じり会ってないのに、学習し
ても、改革しても駄目です。交じり会いや、触れ合い、出会いとい
うのはそんな簡単なものではなく、本当に真剣に、繰り返し、丁寧
にやらないと駄目です。関ヶ原製作所の人間村カンパニーや北陸の
改革実践コミュニティのように丁寧に継続して、ミッションを持っ
てやらないと価値創造につながりません。先にまじりあって話す場
をつくるのです。人間はまじりあいの場で話すことで個性的になっ
ていく。そういう経営をするのです。芳授記念病院のMOT病院改
革や和楽仁塾は丁寧に触れ合いと学習や改革を企画・経営されてい
ます。4月の和楽仁塾も、テーマは「兆しを読むことが大切か」を
グループワークで理解されようとしています。事前に、事務局の阿
部さん・鈴木さんからの進め方案をいただきました。(近藤)

■近藤先生 おはようございます! 芳珠記念病院、阿部・鈴木で
す。本日の和楽仁塾、どうぞよろしくお願いします。
先日から兆し分析について、いろいろとまとめていただき、本当に
ありがとうございました。本日は、以下のような流れで開催したい
と思っています。
GWテーマ:「夢をかなえるために、兆しを読むことがどうして必
要か?」
・2Gに分かれる。MOTスクール卒業生の森田さん・徳山さんに
、実体験からの感想を織り交ぜてファシリテートをお願いする。テ
ーマについて、話し合ってKJ法でシマを作り、「~のために必要
」という形にまとめる。(30分)
・Gごとの発表(5分×2)
・2Gの結果を合わせ、4期生として「~のために必要」という形
に話し合ってまとめる。(20分)
和楽仁塾事務局 阿部・鈴木

阿部さん、鈴木さんが事務局で進められている和楽仁塾は、仲井理
事長のご指導のもとで、常に進化していますね。同じことの繰り返
しでは情熱がなくなってしまう。常に新しく、常にスタートです。
今回も、答えを与えるのでなく、皆と一緒に話し合って探索し、自
分で探す機会を誘導されようとしている。そして、事務局も、探索
を楽しもうとしている。そして、その先にある、発見の喜びをしか
けておられる。子供のころの磯遊びで、かいや魚を見つけた時の楽
しさです。一緒に見つけると自然に絆が出来るのです。兆し分析は
心の未来予測です。心は一人ひとりのもので、外からは見えない。
兆し分析で、未来の心や気もちを準備しておくのですね。準備して
いくと、出会ったときに、瞬時に自分のものにできます。その出会
いの探索が楽しくなります。いろいろの出会いや体験をつくろうと
します。人間は、どうしても知性で考がえてしまう。知性だけでは
わかったと思うと、満足して、実践しません。本当は無になって、
素直に、感性で思いをかいていけばよい。それを知性で整理する。
大切なのは感じることです。心底感じれば実践できるのです。感じ
るように経営をするのです。
今回の大震災でも、私の兆し分析を見直しました。忘れていた大切
な心の持ち方が見えました。日本、故郷、地域、日本人、家族、仕
事、お客様、供給責任、つながり、歴史、世のため人のため、頑張
り、・・・・元気、楽しく、美しく、やさしさ、日常、仲間、・・
・・・普通の生活や仕事に夢があったのです。普通の生活や仕事に
お互いの心を見つけることです。つながりを感じることです。普通
の仕事も生活も、その中に自分や相手の心を見つけることです。そ
して心の組み合わせやつながりをたのしむことです。大切なのは心
の触れ合いと発見です。家族も生活も仕事も・・・心の触れ合いの
場なのですね。つい忙しいと心を忘れてしまう。忙しいという字は
「心を失う」とかく。心をうしない、日常だけではマンネリになっ
てしまう。だから、時々、非日常体験が大事なのです。そんな自分
の心の未来図なので、自分が響く言葉を、探索して選んでいるので
すね。MOTスクール卒業生の森田さんの兆し分析での発見は「パ
ートナー」で、徳山さんの兆し分析での発見は「画像の先に患者さ
んが見える」でした。これも仲井理事長とのワイガヤの話し合いで
出てきました。5月は他社の達人との交流で、東振の紺谷さんやサ
イバーステーションの福永さんの感性も素晴らしいもので、兆し分
析交流をおすすめしています。紺谷さんは「土の香り」、福永さん
は「声」でした。自分を裸にして感性でふれあう仲間が増えて、話
し合っているうちに個性が磨かれてことが楽しいことです。しかし
、感性だけでは弱く、戦う時は、まけてしまう。知性・技術で補強
することも大事です。それで4画面は、ありたい姿は心で感性中心
で、なりたい姿は知性中心や技術中心です。実践する姿は、感性・
知性を仲間にして、信じて動く世界です。それで4画面は、単純だ
が、謎めいて奥が深く、常に無限の発見があり、面白いのでしょう
ね。七輪会と和楽仁塾の交じり合いで、いろいろ気づきをいただき
ました。やはりまじりあって話すことで個性的になっていくのです
ね。個性的になれというのでは委縮してしまうだけです。近藤修司
■「学ぶ前 交じり合いと 触れ合いを」 近藤修司


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本列島全体は桜から新緑に変わり、東日本の大地震の被災地にも
、不安の中で、復興の兆しが見え始めました。皆さんの人間力のた
くましさには驚くばかりです。そして、いろいろな面で打撃をこう
むっておられる皆さまの、ご安全・ご健康、そしてご復興を祈るば
かりです。この逆境の時期にすこしでも貢献できるよう、4画面思
考による自分ごとの改革実践の輪づくりを、精進させていただいて
おります。私は毎年4月に進化する改革実践2012モデルとその
構築の年間スケジュールを決定します。人間力と技術力を向上し、
日本企業や日本社会を、元気に・楽しく・美しくするために改革実
践2012モデルを開発・発信していきます。この逆境の中でも、
前向きに生きておられる多くの改革人材の人間力にふれて、ふたた
び立ち上がるパワーをいただきたいと存じます。私にとっても、皆
さまとありたい姿を学び「私もやろう」と動き出し改革の輪ができ
る事が、最大なる価値と考えております。「成功の宣言文」の閲覧
や常設している「宣言文写真館 」&「革新図面館」&「4画面美
術館」など、皆さんの「未来を創り出す改革実践」のためご活用く
ださい。http://www.success-poem.com/
(株)四画面思考研究所 代表   近藤修司
JAIST 知識科学研究科 客員教授
日本商工会議所 知産創育ネットワーク研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━