« 成功の宣言文 7244 創りなおす時代  現状の姿 | メイン | 成功の宣言文 7289 生きる姿に使命感  現状の姿 »

成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■MBI研究所の今井さんから、ゆうさんの行動開発で「さりげな
く 生きる姿に使命感」をいただきました。今井さんは、破壊の体
験の中で気づかれたのは、特定解の使命感だったのですね。そして
、懸命に、それぞれの現場で、生きる姿に使命感を感じられた。今
井さんの最近の表現は、俳句つきです。今井さんのマインドが、一
言に凝縮されています。私たちも刺激をいただけます。俳句は対象
全体を、一部分で表現し、一言で凝縮します。一言の方が、それに
接した人が、それぞれの体験と知識混合して、自分ごとの本質を産
み落とす事が出来るのですね。わたしも、現場で必死に耐え、動き
出した人々の姿に使命感を感じます。そして事故現場で日本を守ろ
うとして、仕事されている現場の人の姿に、使命感を感じます。本
当にありがとうございます。(近藤)
●「さりげなく 生きる姿に 使命感」  今井雄二
■週刊「雄さんの誰でも行動開発!」No.35
No.35 2011.04.10
1.愉快に行動開発 「さりげなく 生きる姿に 使命感」
日本中の人・組織が、何らかの形で、今回の東日本大震災の影響を
受けています。
人も組織も、一人で生きているのではないことが、証明されました
。ほとんどのお客様が、2次あるいは3次的に関係しています。事
業の原料・材料に不足が出ています。サプライ・チェーンが、途切
れてしまっています。
顧客や市場そのものを、失ってしまう危機に、立たされているとこ
ろもあります。経営の危機であり、厳しい行動選択に迫られている
と思います。ところが、お客様の行動は、変わりません。逆に、い
つも以上にたくましくなっているようです。
顧客だけでなく社会の窮状を、自分ならでは、自社ならではの支援
で、救いたいという思いが強く働いているようです。みんな、目の
前の顧客を、全力で支援することが、地域や国を元気にすることに
今井 雄二なると信じているのです。
今回の大震災は、日本全土が受けた災害なのです。個人や一企業の
力に任せるのではなく、組織、地域の力を結集して、乗り越えなけ
ればならないのです。
日本全国の企業のリーダーで、事業を自粛した人は、いないでしょ
う。今こそ、自らの使命を果たさねばという思いを強くされていま
す。困難な状況が連続する中で、組織・企業の使命が、より鮮明化
されています。そんなリーダーの使命感に基づく行動は、地域の人
たちに、安心と元気を与えます。
すべての企業が、復旧と復興を目指して動き始めています。
被災された人たちは、今も、大変な状況だと思います。今は、頑張らな
くても良いです。できる人から動き始めれば、良いのです。
今は、悲しみや苦しみに耐え抜き、生き抜くことが使命の人がいま
す。私たちは、今の東北、北関東には、そんな人たちが、たくさん
おられることを知っています。人や組織にとって最も大きな使命は
、他の人たちからの生き抜いて欲しいという期待に応えることだと
思います。困難な状況の中で、多くの人たちが、「人が人としての
道を貫いて、生き抜く」という使命を果たそうとしています、その
使命を果たすためなら、いかなる支援も惜しむ人はいないと思いま
す。

2.四方山話(噺)
大震災から約1カ月が、経過しました。
未来に向けて、新たな構想を立てなければならない時期です。
テレビの報道番組で、福島原発事故について、3/11の大地震と
津波発生直後からの政府、官僚組織や東京電力の対応を振り返る特
集を予告していました。その放送の中で、「我々(テレビ報道)の
役割は、分かったことを正しく伝えること」とされていました。
テレビ放送というのは、役割だけではなく、番組ごとに使命・目的
があると思います。報道番組の使命は、現在の原発事故の状況を招
いた犯人を捜すことではないと思います。
誰も経験してはならない事故が、不幸にして起こってしまいました
。今回のような原発事故を過去に経験した国は、2カ国しかありま
せん。放射能問題に関わった経験を持つ人も、限られています。
政府、官僚組織や東京電力を弁護するつもりは、まったくありませ
ん。しかし、過去を振り返って、現在の(問題)状況の真因を突き
止めることにどんな価値があるのでしょう。
誰を顧客にして、どんな感謝を期待しているのかが分かりません。
番組の中で、犯人を見つけ出し、問題の真因を見事に探り出したと
しても、時間を遡って解決策を実行することはできません。
災害復旧とか、復興という事業は、過去に原因を追究し、真因を掴
んだとしても、現在の状況を解決することはできません。
あるがままの現状を受け入れ、しっかりとした目標を持ち、その達
成のための行動で、新たな未来を築き上げなければならないのです
。今の日本国民、世界中の人たちは、今回の事故の早期解決を願っ
ています。そして、このような事態が、二度と発生しないようにす
るための課題と解決策を、期待していると思います。
今の政府、官僚組織、東京電力、そして、メディア各社には、明確
な顧客に対する使命感と目的意識が必要だと思います。
最悪な環境状況にある事故現場で、悪戦苦闘されている人たちから
は、たくましい使命感を感じます。
MBI研究所 代表 今井 雄二 URL:http://mbi.r-cms.biz
MAIL:yusan@kyoto.zaq.ne.jp

ーーー■今日の一言:俳句は絵、和歌は音楽ーーーーーーーー
俳句や和歌は、全体を観察して、その一部を切り取ります。本質を
つつかみ、心の深いレベルから自己表現が出来きます。カメラのよ
うな道具を使わなくても、心の深いレベルからの自己表現ができま
す。まわりとも共感共鳴ができる知識創造の様式です。成功の宣言
文でも、この俳句様式です。一人ひとりの改革人材の心のひびきを
、学び、普及させていただいています。
宣言文は、発表していないものも含めると1万以上になります。改
革者たちがおたがいに感じているものをはきだします。そして響い
ていくマインドイノベーションの実践です。
特に、使命や目的にこだわり、限りなくありたい姿を追及する生き
方に意味があります。その生き方は感性が基本であります。宣言文
様式はミッション経営に最適と思っています。宣言文で目覚めてい
る状態をキチとして会社全体で共有できます。全員が方向を共有す
る中で、自分が何をしないといけないかミッションを明確にできま
す。
俳句は絵で自然をありのままに表現できます。和歌は音楽で時間の
流れがあり、心の喜びを歌いあげることができます。宣言文も俳句
だけでなく、和歌で歌い上げることも大切とかんがえています。
私の好きな歌人で、俵万智さんがおられます。仙台に住んでおられ
るので、震災が心配になりました。さっそく、俵万智さんのツイッ
ターを拝見して、ご無事な状況を確認させていただきました。
一時、息子さんと西に避難されたのですね。俵万智さんは、自分を
裸にして、自分を見つめられます。自分の感じた事をどんどん出し
て、知創造される。改革実践だけでなく、全ての芸術や創造は、自
分を見つめるところからスタートする。それが魅力的ですね。継続
していると、セキガハラ人間村カンパニーのようにチーム知経営に
なっていくのです。
ツイッターは宣言文と通じるところがあります。さっそく、俵万智
さんのツイッターを宣言文にさせていただきました。不思議なこと
に、私にとっては、宣言文にさせていただいた方が、心の奥での響
き合いが起こります。そして感性が磨かれる体験が出来るのです。
ツイッターですと知性レベルの交流です。宣言文様式にすると感性
レベルの交流が出来ます。皆さんにもご紹介させていただきます。
 近藤修司

成功の宣言文 日常の顔で  実践する姿
●多くのリプライに、励まされる。ありがとう、子どもは元気。こ
こ数日は指しゃぶりが激しい
●息子なりにストレスを感じていることを知る。私の心が、どんな
に非日常でも、子どもにはできる限り日常の顔で接してやりたい、
と思う。子どもにとって一番の環境問題は、母親だから。
●「子供には 日常の顔で 接したい」  俵万智  

成功の宣言文 子を守る  実践する姿
●昨日、息子とテレビの動物番組を見た。なりふり構わず子を守り
、育てる親の姿
●野生動物も鳥も虫も同じだ。これだよ、今の私は!と思う。それ
にしても、虫にまで感情移入してしまうというのは、やはり平常心
じゃあない。
●「動物も なりふず構わず 子を守る」  俵万智

成功の宣言文 友達にあわせたい  ありたい姿
●息子が「友達に会いたい。外でご飯を食べたい」と盛んに言うので
、久しぶりに外食
●「ご予約二名様ご案内!」と威勢よく言われると「すごいね!ごひ
ゃくにんめ様だって」とマジで驚いていた。今時そんな繁盛店もな
いだろうと力なく笑う。早く友達に会わせてやりたいのだけれど。
●「友達にも はやくあわせて やりたいや」  俵万智  

成功の宣言文 心はデリケート  実践する姿
●新聞に「震災の映像を繰り返し子どもに見せるのはやめましょう」
とあった
●昨日1日、テレビをつけず、ボール遊びや本読みをして過ごすと、
息子の状態が劇的によくなった。震災以来、般若顔でテレビに見入
る時間のなんと長かった事か。子どもの心はデリケートだ。
●「テレビつけず ボール遊びと 本読みで」  俵万智 

成功の宣言文 西に向かう  実践する姿
●「西を目指す」と書いただけで、いろいろ言う人もいて、結構へこ

●細かいことは子どものためにも書かないけど、なんとか落ち着き
ました。途中、腹を空かした息子に、知らないおじさんがゆで玉子
をくれた。その味を、彼は一生覚えていると思う。
●「西に向かい なんとなく落ち着き 感じてる」  俵万智 

成功の宣言文 まだ恋もしていない 現状の姿
●昨晩無事仙台につきましたが、電波状態悪く、ツイートできませんで
した。余震かなり大きい
●放射能も心配です。息子を連れて、再び山形から西を目指すこと
にします。逃げ出すみたいで心苦しいですが、息子を守れるのは自
分しかいない、とも思う。この子はまだ、恋もしていない。
●「恋してない 息子を守れるは 自分だけ」  俵万智

成功の宣言文 もう一つの世界  現状の姿
●予定を記した手帳。明日はkスタ宮城で楽天の開幕戦、明後日は
仙台の奥山市長と対談。
●テーマは「子どもと読書」について、とある。どこかに「もう一つ
の世界」があって、そこで自分は野球を見たり、読み聞かせの話を
したりしているのではないかと、ふとそんな錯覚にとらわれる。
●「手帳には もうひとつの世界 あるのでは」  俵万智
(俵万智さんの最近のツイッターより引用し編集)

■「万智さんは 仙台にすみ どうされて」  近藤修司

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東日本の大地震の被災された皆さま、そして、いろいろな面で打撃
をこうむっておられる皆さまの、ご安全・ご健康、そしてご復興を
祈るばかりです。この逆境の時期にすこしでも貢献できるよう、4
画面思考による自分ごとの改革実践の輪づくりに、精進させていた
だいております。人間力と技術力を向上し、日本企業や日本社会を
、元気に・楽しく・美しくするために「成功の宣言文」を発信させ
ていただいています。この逆境の中でも、前向きに生きておられる
改革人材の人間力にふれて、ふたたび立ち上がり、ありたい姿を確
認して「私もやろう」と動き出し改革の輪ができる事が、最大なる
価値と考えております。
「成功の宣言文」の閲覧や常設している「宣言文写真館 」&「革
新図面館」&「4画面美術館」など、皆さんの「未来を創り出す改
革実践」のためご活用ください。http://www.success-poem.com/
(株)四画面思考研究所 代表   近藤修司
JAIST 知識科学研究科 客員教授
日本商工会議所 知産創育ネットワーク研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━