« 2011年03月 | メイン | 2011年05月 »

2011年04月 アーカイブ

2011年04月09日

成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2011年は、日本社会や日本企業を、自分ごとでもう一度つく
り直す時代になりました。わたしにとって、つくり直す新視点は、
「自分ごと・4画面・改革の輪」の経営の仕組みの導入です。20
10年は広島でも、輝業塾がおこなわれ、CB/SBの4画面思考
による改革実践が展開されました。今後は、さらの中国地域に展開
を考えておられます。事務局をやられた中国地域CB/SB推進協
議会(中国NBC)の藤原さんから、最終報告をいただきました。
藤原さんの「こんな時こそ、四画面思考法を使って、輝かしい未来
をしっかりと描きながら、YWTで前進していきましょう」の言葉
には共感いたします。広島での展開は、ファシリテーターをやられ
た鍋島さんが、中国電力へおられたころからのお付き合いです。や
はり、どんな時でも、自分ごとでの人と人のつながりが最大なる価
値になるのですね。ありがとうございました。(近藤)
●「4画面 未来を描き 前進す」 藤原高穂 
■『輝業塾2010』関係者各位
いつも大変お世話になっております。中国地域CB/SB推進協議
会(中国NBC)の藤原です。輝業塾2010では、先生・塾生と
してご活躍いただき、本当にありがとうございました。心よりお礼
申し上げます。
さて、大変遅くなりましたが、2月24日に開催した同塾最終回の
レポートをお届けいたします。当日は、塾生の皆さんに、プレゼン
テーションという形で自らの「夢」を語っていただき、北陸先端科
学技術大学院大学客員教授の近藤先生をはじめ、馬場先生、馬上先
生にご講評いただきました。
塾生の皆さんにおかれましては、輝業塾22010にご出席いただ
いたこと、種々の資料作成などカリキュラムに熱心に取組んでいた
だいたこと、そして、自らの取り組み等に関して様々な経験や情報
を提供してくださったことなど、全てにおいて心から感謝しており
ます。
また、近藤先生におかれましては、全5回講座のうち2回も北陸か
らお越しいただき、本当にありがとうございました。
本塾の“肝”は四画面思考であり、近藤先生の講義には、数多くの
事例と「実践」に裏打ちされた「充実したリアル感」が凝縮されて
いました。塾生の皆さんには、四画面思考の使い方と良さを実感し
てもらえたことと信じております。
メンター役の馬場先生、馬上先生におかれましては、全講座を通じ
て塾生の皆さんに常に情熱的に接して頂き、誠にありがとうござい
ました。とりわけ、毎回実施した意見交換会では、非常に懇切丁寧
にご指導いただき、塾生の皆さんの悩みや不安の解消、そして今後
の道筋に光を当ててくださったのではないかと感じています。
児玉さんにおかれましては、第一期生というお立場で2回も講師役
をお務めいただき、加えて四画面シートのブラッシュアップ、改革
実践提案書の作成にも取り組んで頂きました。児玉さんのお話や存
在は、自分ごとのCB/SBにおける成功事例として、塾生の皆さ
んの大きな励みとなったことと存じます。
最後に、鍋島先生。企画・プログラムの立案から講師の先生方との
調整に始まり、塾の運営においては、毎回ファシリテーター役をお
務め頂きました。鍋島先生のファシリテートのお陰で、塾において
最も大切な「場」が、毎回非常に綺麗に出来上がり、裏方の私とい
たしましては、本当にスゴイことだと感謝をし、感動すら覚えてい
ました。本当にありがとうございました。
年度の変わり目で大変なことが起こり、今もなお日本中が復興・再
生に向けて喘いでいます。こんな時こそ、自分ごとで四画面思考法
を使って、輝かしい未来をしっかりと描きながら、YWTで前進し
ていきましょう。これからも引き続き、よろしくお願いいたします
。皆さんに頂いた 笑顔と知恵とエネルギーに 感謝をこめて。
平成23年4月7日
中国地域CB/SB推進協議会 藤原高穂
http://chugoku-cb-sb.net/

ーーー■今日の一言:改革実践の経営の仕組み化ーーーーーーーー
2011年4月新年度は、北陸を中心に、人間力を向上して日本企
業や日本社会を元気に、楽しく、美しくする改革実践活動を初めて
8年目に入ります。皆さまの努力で多くの改革の輪が出来ました。
人間軸にこだわった自分ごとのMOT改革実践モデルは、この7年
間でも、激変する経営環境に対応して、毎年進化してきました。毎
年の激変する環境に対応し実践する中で、「自分ごと・4画面思考
・改革の輪」の3原則の正当性も証明されました。
しかし、先月の東日本の大災害に伴う社会危機に対応するためには
、さらなる新視点からの改革実践活動の加速化が求められています
。新視点は、従来の改革実践活動のみでなく、改革実践経営として
、経営の仕組み化が急務になってきました。
改革実践活動だけでなく、経営としての仕組み化は、関ヶ原製作所
の関ヶ原人間村カンパニーへの挑戦が先行されておられます。現、
大平体制は、100億企業から200億企業を実現され、事業成果
を上げられました。さらに、200億でのセキガハラ人間村カンパ
ニーとして、100年企業を目指すために、この半年、チーム知経
営研究会による新体制作りとそのマニフェストを研究してきました
。3月28日のチーム知経営研究会では、半年の成果としてのマニ
フェストと今後の実践展開を討議しあいました。
半年のまとめの討議発表を聞かれて、最後に、矢橋会長からアドバ
イスをいただきました。このアドバイスの中には、関ヶ原人間村カ
ンパニーの本質の発見が含まれています。この発見は、新しい日本
的経営の発見ともいえる部分があります。
2011年4月からの新年度を目指す宣言文コミュニティの皆さん
にも、ご参考になると思い、ご紹介させていただきます。日本社会
や企業をもう一度、自分ごとで作り直すこの時期に、大切な哲学で
もあります。セキガハラ人間村カンパニーのミッションリーダーの
みなさんや矢橋会長の思いが響きわたっていると思います。201
1年4月の新年度スタートに当たり、われわれも、関ヶ原人間村カ
ンパニーの皆さんの挑戦に共感共鳴して、改革実践経営の仕組みを
深めて、日本の危機を乗り越えていきましょう。 近藤修司
■「自立した 行動規範 追及す」  矢橋会長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東日本の大地震の被災された皆さま、そして、いろいろな面で打撃
をこうむっておられる皆さまの、ご安全・ご健康、そしてご復興を
祈るばかりです。この逆境の時期にすこしでも貢献できるよう、4
画面思考による自分ごとの改革実践の輪づくりに、精進させていた
だいております。人間力と技術力を向上し、日本企業や日本社会を
、元気に・楽しく・美しくするために「成功の宣言文」を発信させ
ていただいています。この逆境の中でも、前向きに生きておられる
改革人材の人間力にふれて、ふたたび立ち上がり、ありたい姿を確
認して「私もやろう」と動き出す事が、最大なる価値と考えており
ます。
「成功の宣言文」の閲覧や常設している「宣言文写真館 」&「革
新図面館」&「4画面美術館」など、皆さんの「未来を創り出す改
革実践」のためご活用ください。http://www.success-poem.com/
(株)四画面思考研究所 代表   近藤修司
JAIST 知識科学研究科 客員教授
日本商工会議所 知産創育ネットワーク研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


成功の宣言文 7244 創りなおす時代  現状の姿

「もう一度 創りなおす 時代なり」

   
近藤修司

●2011年は、日本社会や日本企業を、自分ごとでもう一度つく
り直す時代になりました
●わたしにとって、つくり直す新視点は、「自分ごと・4画面・改
革の輪」の経営の仕組みの導入です。広島でも輝業塾がおこなわれ
、CB/SBの4画面思考による改革実践が展開されました。
●「もう一度 創りなおす 時代なり」  近藤修司

成功の宣言文 7245 4画面で前進を  実践する姿
●中国地域CB/SB推進協議会(中国NBC)の藤原さんから、
最終報告をいただきました
●こんな時こそ四画面思考法を使って、輝かしい未来をしっかりと
描きながら、YWTで前進していきましょう。鍋島さんが中国電力
へおられたころからのお付き合いで、輝業塾につながりました
●「4画面 未来を描き 前進す」 藤原高穂 

成功の宣言文 7246 自らの夢を語る  ありたい姿
●大変遅くなりましたが、2月24日に開催した輝業塾の最終報告
をさせていただきます
●同塾最終回は、塾生の皆さんに、プレゼンテーションという形で
自らの「夢」を語っていただき、北陸先端大学客員教授の近藤先生
をはじめ、馬場先生、馬上先生にご講評いただきました。
●「塾生が 夢を語った 輝業塾」 藤原高穂

成功の宣言文 7247 熱心に取り組んで  実践する姿 
●塾生の皆さん、輝業塾2010にご出席いただいたこと、ありが
とうございます
●種々の資料作成などカリキュラムに熱心に取組んでいただいたこ
と、そして、自らの取り組み等に関して様々な経験や情報を提供し
てくださったことなど、心から感謝しております。
●「熱心に 輝業塾に とり込んで」 藤原高穂 

成功の宣言文 7248 充実したリアル感  実践する姿
●本塾の“肝”は四画面思考であります
●近藤先生の講義には、数多くの事例と「実践」に裏打ちされた「
充実したリアル感」が凝縮されてました。塾生の皆さんは、四画面
思考の使い方と良さを実感してもらえたことと信じております
●「4画面 充実をした リアル感」 藤原高穂

成功の宣言文 7249 塾生の不安解消  実践する姿
●メンター役の馬場・馬上先生には、塾生の皆さんに常に情熱的に
接して頂きました
●とりわけ、毎回実施した意見交換会では、非常に懇切丁寧にご指
導いただき、塾生の皆さんの悩みや不安の解消、そして今後の道筋
に光を当ててくださったのではないかと感じています。
●「塾生の 不安解消 メンターは」 藤原高穂

成功の宣言文 7250 成功事例モデル  なりたい姿
●児玉さんにおかれましては、第一期生というお立場で2回も講師
役をお務めいただきました
●加えて四画面シートのブラッシュアップ、改革実践提案書の作成
にも取り組んで頂きました。児玉さんのお話や存在は、CB/SB
における成功事例として、塾生の大きな励みとなりました。
●「塾生の 成功事例 モデルにし」 藤原高穂

成功の宣言文 7251 ファシリテイター  なりたい姿
●鍋島先生は、企画・プログラムの立案から先生方との調整に始ま
り、全体を推進していただいた
●塾の運営においては、毎回ファシリテーター役をお務め頂きまし
た。鍋島先生のファシリテートのお陰で、塾において最も大切な「
場」が出来上がりました。裏方の私も感動すら覚えていました
●「毎回の ファシリテイトで 場ができて」 藤原高穂

成功の宣言文 7252 輝かしい未来を  実践する姿
●年度の変わり目で大変なことが起こり、今もなお日本中が復興・
再生に向けて喘いでいます
●こんな時こそ、四画面思考法を使って、輝かしい未来をしっかり
と描きながら、YWTで前進していきましょう。皆さんに頂いた笑
顔と知恵とエネルギーに 感謝をこめて。
●「輝かしい 未来を描き 前進す」 藤原高穂

成功の宣言文 7253 改革実践8年目 現状の姿
●2011年4月新年度は改革実践活動を初めて8年目になります
●人間軸にこだわったMOT改革実践モデルは、この7年間でも、
激変する環境に対応して、進化してきました。自分ごと・4画面思
考・改革の輪の3原則の正当性も証明されました。
●「8年目 改革実践 スタートす」 近藤修司

成功の宣言文 7254 改革経営の仕組み化  なりたい姿 
●東日本大災害に伴う社会危機に対応するためにも、新視点の改革
実践活動が求められています
●新視点は改革実践活動のみでなく、改革実践経営として経営の仕
組み化です。理念経営としての仕組み化は、関ヶ原製作所の関ヶ原
人間村カンパニーへの挑戦が、先行されておられます。
●「新視点 改革経営 仕組み化を」 関ヶ原製作所&近藤

成功の宣言文 7255 チーム知経営研究会  実践する姿
●大平体制は、100億企業から200億企業を実現され、事業成
果を上げられました
●さらに、200億でのセキガハラ人間村カンパニーとして、10
0年企業を目指すために、この半年、佐久間さんをリーダーとして
チーム知経営研究会による新体制作りとそのマニフェストを研究し
てきました。
●「新体制 チーム知経営 研究会」 関ヶ原製作所&佐久間

成功の宣言文 7256 経験からの自覚と創造  実践する姿
●3月28日のチーム知経営研究会では、半年成果のマニフェスト
最終確認と実践展開を討議しあいました
●半年のまとめの討議発表を聞かれて、最後に、矢橋会長からアド
バイスをいただきました。このアドバイスの中には、関ヶ原人間村
カンパニーの本質の発見が含まれています。
●「発見す 人間村カンパニー 本質を」 関ヶ原製作所&近藤

成功の宣言文 7257 理念経営を自覚  ありたい姿
●この自覚は、新しい日本的経営の発見ともいえる部分があります
●日本社会や企業をもう一度、作り直すこの時期に、大切な哲学で
す。セキガハラ人間村カンパニーのミッションリーダーや矢橋会長
の思いをご紹介いたします。宣言文の皆さんにも響くと思います。
●「新しい 日本的経営 自覚する」 関ヶ原製作所&近藤 

成功の宣言文 7258 人間村カンパニーの経営者 ありたい姿
●全員主役が、関ヶ原人間村カンパニーの目指す姿です
●トップダウンでなく、全員主役経営でやっていく、そういう経営
者にならないといけない。広場という学習企業を、つくっていく経
営者になる。そういう広い価値感やイメージをもつことです。
●「経営者 広い視野と イメージを」  矢橋会長

成功の宣言文 7259 人間村カンパニーが始まる  現状の姿
●限りなく人間村広場を求めてやってきて、これからは人間村カン
パニーが始まる
●大平社長は、100億から200億に変わるのをになわれた。人
間ひろばが人間村カンパニーに進化し、ここまでたどりついた。限
りなく人間広場を求めての、経営の仕組みが、人間村カンパニー。
●「人間村 カンパニーが 始まるや」 矢橋会長

成功の宣言文 7260 経営の仕組みを  ありたい姿
●経営とは経営の仕組みである。経営とは活動ではない
●改革実践の活動は行われるようになった。改革実践の経営の仕組
みはこれからである。われわれは人間村カンパニーの経営の仕組み
を求めている。
●「経営は 活動でなく 仕組みなり」  矢橋会長

成功の宣言文 7261 同志を増やす  実践する姿
●我々のやってきたことは、同志を増やすことです
●ミッションを共有化して、仲間を増やします。人間力と技術力で
社会に貢献します。限りなく人間広場をもとめてです。関ヶ原はみ
んなの会社で、その実践の仲間を増やしてきたのです。
●「ミッションの 同志を増やす 経営を」 セキガハラ&近藤

成功の宣言文 7262 価値の継承  なりたい姿
●このマニフェストの中に、ひろば経営とか、関ヶ原のやってきた
価値の継承がにじみ出ている
●それを実現するためにマニフェストがある。マニフェストは人間
村カンパニーの目指す姿で、行動規範がよって立つものです。そう
いう言葉が、すぐ自分から出てくるようにしたい。
●「やってきた 価値の継承 にじみでて」  矢橋会長

成功の宣言文 7263 いい続けて文化に  実践する文化
●「人を大事にする」という事をいい続けて、いい続けて、そうい
う文化ができてきた
●ひろば経営のそういう経営を長年、自分がやってきた。そこで出
てきたのがチーム知経営です。是を菊地さんが出された。これが3
0年の成果です。
●「ひと大事 いい続けるで 文化でき」  矢橋会長

成功の宣言文 7264 違った視点で  実践する姿
●行動規範をまとめたが、人間村カンパニーに所属するメンバーの
規範です
●いままでとは、違った視点で、行動規範を創りこんでいく。いま
までのやり方を、どういう方法に変えて、行動規範を創り込んでい
くのか。
●「いままでと 違った視点で 創り込む」  矢橋会長

成功の宣言文 7265 日々管理で共鳴を  実践する姿
●舶用事業の実態を原点回帰して把握した
●船用の実態をしっかり、把握して、見極めた。活動計画におとし
こんで、日々、管理して共鳴していこうと思っている。オーケスト
ラのように響かせていきたい。
●「計画に 落とし込んで 日々管理」 森田

成功の宣言文 7266 仲間がチェックしあう 実践する姿  
●メンバーとしての行動規範を核にするのが責任者です。それがリ
ーダーなのです
●行動規範はメンバーシップです。商いはするが、それだけでなく
、うちはメンバーで仲間です。仲間がこういうふうになってと、チ
ェックしあっていくのがひろば経営です。
●「メンバーと しての行動 規範なり」 矢橋会長

成功の宣言文 7267 自立の行動規範  なりたい姿
●真の行動規範のよって立つものに対峙して、自分に向き合って変
えることに気づいた
●どなたかに命令されてやる行動規範なら普通でいい。関ヶ原は、
自立した経営にこだわる行動規範である。そこが変わらないと経営
者は変われない。まだ経営者の話がない、チーム知経営の話がない
●「自立した 行動規範 追及す」  矢橋会長

成功の宣言文 7268 どこまで高まってるか  現状の姿
●皆の気持ちが、どこまで高めているか。何処までミッションにな
っているか
●自分に向き合って、話し合って情熱を高めてほしい。何ができて
いるのか、何ができていないのか。どこまで、気もちが高まってい
るのか。ミッション・マネジメントも、皆でここまでできた。
●「みなの気もち どこまでたかまって いるのかや」 矢橋会長

成功の宣言文 7269 どこにもないビジネスモデル なりたい姿
●話し合って、決める。気づいて、理解を深めて、展開する
●目指すものが、なんであるかが一番です。うちの経営はひろば経
営で、チーム知経営です。そして、どこにもないビジネスモデルを
つくることです。それを全員でやっていきます。
●「どこにもない ビジネスモデル 創ること」 矢橋会長

成功の宣言文 7270 技術を議論する場  現状の姿  
●昔はそういう場があった。そういう時代があった。技術が好きだ
●技術の議論を話し合う場がなくなった。全体に技術に対しても、
仕事になってしまった感じです。そして仕事の希薄化で、もう少し
技術を話しこんでいく。
●「最近は 技術の議論 なくなって」 藤井 

成功の宣言文 7271 技術ミッション軍団を  ありたい姿 
●技術が好きだ。もう一度、そういうひろばをつくるのです
●技術が好きな集団に。話しているうちに、ミッションを感じられ
るか、そういう技術ミッション軍団をつくる。技術に対するミッシ
ョン革命が起こらないと・・。
●「もう一度 技術ミッション 軍団を」 矢橋会長

成功の宣言文 7272 人間村のコアーコンピタンス なりたい姿
●技術・技能は、人間村カンパニーのコアーコンピタンスです
●そういうものを、起こそうとしていると感じる。物作りでは岐阜
県がナンバーワンになっている。その物づくりひろばが、20年か
けて出来た。次は技術の広場。
●「技術とは 人間村の コアーコンピタンス」 矢橋会長

成功の宣言文 7273 自分が変わっていく  実践する姿
●今までなぜできなくて、これからきちんとやっていくことを、話
し合った
●自分がどう変わっていくのか、どうかえていくかを、明確にした
。まず自分が変わってまわりを変えていく。そのなかで、大事なの
ひろば経営です。そして、次はつないでやっていく。
●「ひろばにて 自分自身を 変えていく」 小寺

成功の宣言文 7274 基本を守る  実践する姿
●あいさつ運動は、リーマンショック以後からやっている。今も、
つながれている
●今も、職場のリーダーもそうさせている。基本を守るということ
をしていこう。基本を大事にしよう。それをでやろうとすると、日
常の触れ合いが大事です。広場なので、飲んだりもする。
●「触れ合いで 基本を守る こと徹底」 小寺

成功の宣言文 7275 方針が伝わる  実践する姿
●マニフェストを、自分が自分の物にする。今、舶用でおこってい
ることはなにか
●作業の繰り返しである。マニフェストとは程遠い。一人ひとりの
エネルギーは、どこから、出てくるのか。方針が一人ひとりまで伝
わっているかです。末端まで伝わっているかです。
●「方針が ひとりひとり つたわって」  森田

成功の宣言文 7276 自分のものに  実践する姿
●人とつながって、やるぞ感になっていく。さあ、いこう
●4月では、自分の物にして、しっかり説明できるようにしていく
。責任を自覚していく。いろいろなテーマがあり、優先順序をつけ
ていく。
●「4月では 自分のものにし 説明を」 森田

成功の宣言文 7277 歴史と全体を見て  現状の姿
●ここの人が全員でやっていく。全体が見えるし、自分の役割が見
える
●歴史の流れと全体が見てないといけない。自分の所で見て、全体
を見ていないと、チーム知経営にならない。本当のミッション経営
にならない。日本の経営はチーム知経営の追及です。
●「歴史見て 全体を見て チーム知に」 矢橋会長

成功の宣言文 7278 全体を知って自分ごとに ありたい姿
●災害がおこってもわかるが、これだけ、すごい民族は世界にいな
いと思う
●関ヶ原の経営は、全体を見ている。歴史を知っている。そこから
自分ごとになっている。そういうことはもう少し前の時代から呼び
かけた。ニューセキガハラを呼びかけたからできたのである。
●「歴史見て 全体を見て 自分ごと」  矢橋会長

成功の宣言文 7279 歴史を深化する  実践する姿 
●新しい物を取り込むのでなく、歴史を進化する。ふりかえりが基
本です
●言葉も絞って深める。いままで使った言葉を深めて組み合わせて
深化する。人間村カンパニーの構想に沿って、こだわって、深めて
、決着をつけていく。経験からの自覚と創造です。
●「振り返り 歴史を進化し 創造す」 矢橋会長

成功の宣言文 7280 探求で気づく  実践する姿
●改革実践はありたい姿の探求です。知識創造のエネルギーはあり
たい姿からです
●ありたい姿の探求は気づきからです。ひとりひとりがありたい姿
を強化することにより、気づく頻度が多く、深くなっていきます。
その気づきを交流して知識創造をするのです。
●「ありたいを 探求するで 気づきでる」  近藤修司

成功の宣言文 7281 チーム知の確立  なりたい姿
●人間村カンパニーは人間広場が進化した。人間広場づくりの到達
した姿が人間村カンパニーです
●その人間村カンパニーを改めてつくりなおす。それが新体制の役
割です。学習企業、進化する経営、それをチーム知経営で継承する
。それが本当にチーム知の確立であることが分かってきた。
●「本当の チーム知の確立 わかったや」 矢橋会長

成功の宣言文 7282 勉強してわかった  現状の姿
●かぎりなく人間広場を追及し、勉強し続けてわかってきた
●学習の仲間、進化するビジネスモデル、仕事をとうして社会に貢
献する。それをチーム知でやる知識創造。西洋の知識創造は個人で
、日本は役割があって、協力の中からつくるチーム知の創造
●「協力の 中からつくる 知創造」 矢橋会長  

成功の宣言文 7283 語りこむ  実践する姿
●ニューセキガハラ人間広場が人間村カンパニーになった
●関ヶ原で人間村カンパニーを語る。チーム知経営研究会メンバー
がそれぞれの立場で、関ヶ原人間村カンパニーマニフェストを語り
こむ。語りこんで実現イメージと実践感覚を物にする。
●「語りこみ イメージと感覚 物にする」 矢橋会長

成功の宣言文 7284 ありたいで深いレベルに  実践する姿 
●4画面思考はありたい姿の探求です。ありたい姿を探求してると
深いレベルで振り返りができる
●現状の発見で、ありたい姿・なりたい姿が鮮明になって、実践を
通じて知識創造が可能になるのです。ありたい姿・なりたい姿が、
電気が消えていると単なる業務になってしまう。
●「ありたいで 深いレベルで 探求が」  近藤修司

成功の宣言文 7285 これがチーム知経営  ありたい姿
●すごい。これがチーム知経営です。ひろば経営、事業経営をチー
ム知で継承する
●毎回で、進化する。自分の熱心さで、自分を変えて、周りを変え
る。歴史を知り、全体を知り、その活動を仕組みにするのです。こ
れなら人間村カンパニー100年企業はできる。
●「これなんだ 熱く引っ張る 経営は」  矢橋&近藤

成功の宣言文 7286 一人ひとり聞きたい  現状の姿 
●セキガハラ人間村カンパニーを実現するチーム知経営はミッショ
ン経営です
●ここに集まっているメンバーが経営者として変わってきている。
一人ひとり一言を聞きたい。ここに見えてこないことを聞きたい。
マニフェストは形式知になったが新たな暗黙知を聞きたい。
●「メンバーが 経営者に 変わってき」  矢橋会長

成功の宣言文 7287 本当の知識創造  実践する姿
●矢橋会長は、それぞれの暗黙知で形式知の先を聞きたいといわれ
る。聞く事で暗黙知が生まれる
●これが本当の知識創造です。セキガハラ人間村カンパニーは知識
創造の経営をおこなっている。マニフェストの説明よりは、この中
身を聞きたいといわれる。聞くことで知創造を促す。
●「それぞれの 暗黙知をも 聞き出して」 矢橋&近藤

成功の宣言文 7288 暗黙知を引き出す  実践する姿
●形式知をはなしながら、その先にある暗黙知をはなす
●先にある暗黙知を引き出して、周りの暗黙知を引き出すのです。
是がチーム知経営研究会でできるようになったらすごいです。これ
がセキガハラ人間村カンパニーのチーム知経営です。
●「形式知 話しながらで 暗黙知」  矢橋&近藤

2011年04月11日

成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■MBI研究所の今井さんから、ゆうさんの行動開発で「さりげな
く 生きる姿に使命感」をいただきました。今井さんは、破壊の体
験の中で気づかれたのは、特定解の使命感だったのですね。そして
、懸命に、それぞれの現場で、生きる姿に使命感を感じられた。今
井さんの最近の表現は、俳句つきです。今井さんのマインドが、一
言に凝縮されています。私たちも刺激をいただけます。俳句は対象
全体を、一部分で表現し、一言で凝縮します。一言の方が、それに
接した人が、それぞれの体験と知識混合して、自分ごとの本質を産
み落とす事が出来るのですね。わたしも、現場で必死に耐え、動き
出した人々の姿に使命感を感じます。そして事故現場で日本を守ろ
うとして、仕事されている現場の人の姿に、使命感を感じます。本
当にありがとうございます。(近藤)
●「さりげなく 生きる姿に 使命感」  今井雄二
■週刊「雄さんの誰でも行動開発!」No.35
No.35 2011.04.10
1.愉快に行動開発 「さりげなく 生きる姿に 使命感」
日本中の人・組織が、何らかの形で、今回の東日本大震災の影響を
受けています。
人も組織も、一人で生きているのではないことが、証明されました
。ほとんどのお客様が、2次あるいは3次的に関係しています。事
業の原料・材料に不足が出ています。サプライ・チェーンが、途切
れてしまっています。
顧客や市場そのものを、失ってしまう危機に、立たされているとこ
ろもあります。経営の危機であり、厳しい行動選択に迫られている
と思います。ところが、お客様の行動は、変わりません。逆に、い
つも以上にたくましくなっているようです。
顧客だけでなく社会の窮状を、自分ならでは、自社ならではの支援
で、救いたいという思いが強く働いているようです。みんな、目の
前の顧客を、全力で支援することが、地域や国を元気にすることに
今井 雄二なると信じているのです。
今回の大震災は、日本全土が受けた災害なのです。個人や一企業の
力に任せるのではなく、組織、地域の力を結集して、乗り越えなけ
ればならないのです。
日本全国の企業のリーダーで、事業を自粛した人は、いないでしょ
う。今こそ、自らの使命を果たさねばという思いを強くされていま
す。困難な状況が連続する中で、組織・企業の使命が、より鮮明化
されています。そんなリーダーの使命感に基づく行動は、地域の人
たちに、安心と元気を与えます。
すべての企業が、復旧と復興を目指して動き始めています。
被災された人たちは、今も、大変な状況だと思います。今は、頑張らな
くても良いです。できる人から動き始めれば、良いのです。
今は、悲しみや苦しみに耐え抜き、生き抜くことが使命の人がいま
す。私たちは、今の東北、北関東には、そんな人たちが、たくさん
おられることを知っています。人や組織にとって最も大きな使命は
、他の人たちからの生き抜いて欲しいという期待に応えることだと
思います。困難な状況の中で、多くの人たちが、「人が人としての
道を貫いて、生き抜く」という使命を果たそうとしています、その
使命を果たすためなら、いかなる支援も惜しむ人はいないと思いま
す。

2.四方山話(噺)
大震災から約1カ月が、経過しました。
未来に向けて、新たな構想を立てなければならない時期です。
テレビの報道番組で、福島原発事故について、3/11の大地震と
津波発生直後からの政府、官僚組織や東京電力の対応を振り返る特
集を予告していました。その放送の中で、「我々(テレビ報道)の
役割は、分かったことを正しく伝えること」とされていました。
テレビ放送というのは、役割だけではなく、番組ごとに使命・目的
があると思います。報道番組の使命は、現在の原発事故の状況を招
いた犯人を捜すことではないと思います。
誰も経験してはならない事故が、不幸にして起こってしまいました
。今回のような原発事故を過去に経験した国は、2カ国しかありま
せん。放射能問題に関わった経験を持つ人も、限られています。
政府、官僚組織や東京電力を弁護するつもりは、まったくありませ
ん。しかし、過去を振り返って、現在の(問題)状況の真因を突き
止めることにどんな価値があるのでしょう。
誰を顧客にして、どんな感謝を期待しているのかが分かりません。
番組の中で、犯人を見つけ出し、問題の真因を見事に探り出したと
しても、時間を遡って解決策を実行することはできません。
災害復旧とか、復興という事業は、過去に原因を追究し、真因を掴
んだとしても、現在の状況を解決することはできません。
あるがままの現状を受け入れ、しっかりとした目標を持ち、その達
成のための行動で、新たな未来を築き上げなければならないのです
。今の日本国民、世界中の人たちは、今回の事故の早期解決を願っ
ています。そして、このような事態が、二度と発生しないようにす
るための課題と解決策を、期待していると思います。
今の政府、官僚組織、東京電力、そして、メディア各社には、明確
な顧客に対する使命感と目的意識が必要だと思います。
最悪な環境状況にある事故現場で、悪戦苦闘されている人たちから
は、たくましい使命感を感じます。
MBI研究所 代表 今井 雄二 URL:http://mbi.r-cms.biz
MAIL:yusan@kyoto.zaq.ne.jp

ーーー■今日の一言:俳句は絵、和歌は音楽ーーーーーーーー
俳句や和歌は、全体を観察して、その一部を切り取ります。本質を
つつかみ、心の深いレベルから自己表現が出来きます。カメラのよ
うな道具を使わなくても、心の深いレベルからの自己表現ができま
す。まわりとも共感共鳴ができる知識創造の様式です。成功の宣言
文でも、この俳句様式です。一人ひとりの改革人材の心のひびきを
、学び、普及させていただいています。
宣言文は、発表していないものも含めると1万以上になります。改
革者たちがおたがいに感じているものをはきだします。そして響い
ていくマインドイノベーションの実践です。
特に、使命や目的にこだわり、限りなくありたい姿を追及する生き
方に意味があります。その生き方は感性が基本であります。宣言文
様式はミッション経営に最適と思っています。宣言文で目覚めてい
る状態をキチとして会社全体で共有できます。全員が方向を共有す
る中で、自分が何をしないといけないかミッションを明確にできま
す。
俳句は絵で自然をありのままに表現できます。和歌は音楽で時間の
流れがあり、心の喜びを歌いあげることができます。宣言文も俳句
だけでなく、和歌で歌い上げることも大切とかんがえています。
私の好きな歌人で、俵万智さんがおられます。仙台に住んでおられ
るので、震災が心配になりました。さっそく、俵万智さんのツイッ
ターを拝見して、ご無事な状況を確認させていただきました。
一時、息子さんと西に避難されたのですね。俵万智さんは、自分を
裸にして、自分を見つめられます。自分の感じた事をどんどん出し
て、知創造される。改革実践だけでなく、全ての芸術や創造は、自
分を見つめるところからスタートする。それが魅力的ですね。継続
していると、セキガハラ人間村カンパニーのようにチーム知経営に
なっていくのです。
ツイッターは宣言文と通じるところがあります。さっそく、俵万智
さんのツイッターを宣言文にさせていただきました。不思議なこと
に、私にとっては、宣言文にさせていただいた方が、心の奥での響
き合いが起こります。そして感性が磨かれる体験が出来るのです。
ツイッターですと知性レベルの交流です。宣言文様式にすると感性
レベルの交流が出来ます。皆さんにもご紹介させていただきます。
 近藤修司

成功の宣言文 日常の顔で  実践する姿
●多くのリプライに、励まされる。ありがとう、子どもは元気。こ
こ数日は指しゃぶりが激しい
●息子なりにストレスを感じていることを知る。私の心が、どんな
に非日常でも、子どもにはできる限り日常の顔で接してやりたい、
と思う。子どもにとって一番の環境問題は、母親だから。
●「子供には 日常の顔で 接したい」  俵万智  

成功の宣言文 子を守る  実践する姿
●昨日、息子とテレビの動物番組を見た。なりふり構わず子を守り
、育てる親の姿
●野生動物も鳥も虫も同じだ。これだよ、今の私は!と思う。それ
にしても、虫にまで感情移入してしまうというのは、やはり平常心
じゃあない。
●「動物も なりふず構わず 子を守る」  俵万智

成功の宣言文 友達にあわせたい  ありたい姿
●息子が「友達に会いたい。外でご飯を食べたい」と盛んに言うので
、久しぶりに外食
●「ご予約二名様ご案内!」と威勢よく言われると「すごいね!ごひ
ゃくにんめ様だって」とマジで驚いていた。今時そんな繁盛店もな
いだろうと力なく笑う。早く友達に会わせてやりたいのだけれど。
●「友達にも はやくあわせて やりたいや」  俵万智  

成功の宣言文 心はデリケート  実践する姿
●新聞に「震災の映像を繰り返し子どもに見せるのはやめましょう」
とあった
●昨日1日、テレビをつけず、ボール遊びや本読みをして過ごすと、
息子の状態が劇的によくなった。震災以来、般若顔でテレビに見入
る時間のなんと長かった事か。子どもの心はデリケートだ。
●「テレビつけず ボール遊びと 本読みで」  俵万智 

成功の宣言文 西に向かう  実践する姿
●「西を目指す」と書いただけで、いろいろ言う人もいて、結構へこ

●細かいことは子どものためにも書かないけど、なんとか落ち着き
ました。途中、腹を空かした息子に、知らないおじさんがゆで玉子
をくれた。その味を、彼は一生覚えていると思う。
●「西に向かい なんとなく落ち着き 感じてる」  俵万智 

成功の宣言文 まだ恋もしていない 現状の姿
●昨晩無事仙台につきましたが、電波状態悪く、ツイートできませんで
した。余震かなり大きい
●放射能も心配です。息子を連れて、再び山形から西を目指すこと
にします。逃げ出すみたいで心苦しいですが、息子を守れるのは自
分しかいない、とも思う。この子はまだ、恋もしていない。
●「恋してない 息子を守れるは 自分だけ」  俵万智

成功の宣言文 もう一つの世界  現状の姿
●予定を記した手帳。明日はkスタ宮城で楽天の開幕戦、明後日は
仙台の奥山市長と対談。
●テーマは「子どもと読書」について、とある。どこかに「もう一つ
の世界」があって、そこで自分は野球を見たり、読み聞かせの話を
したりしているのではないかと、ふとそんな錯覚にとらわれる。
●「手帳には もうひとつの世界 あるのでは」  俵万智
(俵万智さんの最近のツイッターより引用し編集)

■「万智さんは 仙台にすみ どうされて」  近藤修司

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東日本の大地震の被災された皆さま、そして、いろいろな面で打撃
をこうむっておられる皆さまの、ご安全・ご健康、そしてご復興を
祈るばかりです。この逆境の時期にすこしでも貢献できるよう、4
画面思考による自分ごとの改革実践の輪づくりに、精進させていた
だいております。人間力と技術力を向上し、日本企業や日本社会を
、元気に・楽しく・美しくするために「成功の宣言文」を発信させ
ていただいています。この逆境の中でも、前向きに生きておられる
改革人材の人間力にふれて、ふたたび立ち上がり、ありたい姿を確
認して「私もやろう」と動き出し改革の輪ができる事が、最大なる
価値と考えております。
「成功の宣言文」の閲覧や常設している「宣言文写真館 」&「革
新図面館」&「4画面美術館」など、皆さんの「未来を創り出す改
革実践」のためご活用ください。http://www.success-poem.com/
(株)四画面思考研究所 代表   近藤修司
JAIST 知識科学研究科 客員教授
日本商工会議所 知産創育ネットワーク研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

成功の宣言文 7289 生きる姿に使命感  現状の姿

「さりげなく 生きる姿に 使命感」

  
今井雄二

●今井さんから、ゆうさんの行動開発で「さりげなく 生きる姿に
使命感」をいただきました
●最近のものは、今井流の俳句つきで、今井さんのマインドが、一
言に凝縮されています。自分も刺激されます。俳句は対象全体を一
言で凝縮され、本質の追及です。
●「さりげなく 生きる姿に 使命感」  今井&近藤

成功の宣言文 7290 サプライチェーンが途切れる  現状の姿
●日本中の人・組織が、何らかの形で、東日本大震災の影響を受け
てます
●人も組織も、一人で生きているのではないことが、証明されまし
た。ほとんどのお客様が関係しています。事業の原料・材料に不足
が出てます。サプライ・チェーンが途切れてしまってます。
●「なんらかで サプライチェーン 途切れてる」 今井雄二

成功の宣言文 7291 行動開発をたくましく  実践する姿
●顧客や市場そのものを、失ってしまう危機に、立たされていると
ころもあります
●経営の危機であり、厳しい行動選択に迫られています。ところが
、お客様の行動は、変わりません。逆に、いつも以上にたくましく
なっているようです。
●「危機の中 いつも以上に たくましく」 今井雄二

成功の宣言文 7292 組織、地域の力を  なりたい姿
●顧客だけでなく社会の窮状を、自分ならでは、自社ならではの支
援で、救いたいという思いが強い
●みんな目の前の顧客の全力支援が、地域や国を元気にすると信じ
てる。今回は日本全土が受けた災害です。個人や一企業の力に任せ
るのではなく、組織、地域の力を結集し、乗り越えるのです。
●「乗り越える 組織・地域を 結集し」 今井雄二

成功の宣言文 7293 使命感ある行動  ありたい姿
●企業リーダーで事業を自粛した人はいない。今こそ使命を果たさ
ねばという思いを強くもつ
●困難な状況が連続する中で、組織・企業の使命が、より鮮明化さ
れています。そんなリーダーの使命感に基づく行動は、地域の人た
ちに、安心と元気を与える。
●「使命感 ある行動で 安心し」 今井雄二

成功の宣言文 7294 悲しみに耐え抜く  現状の姿
●すべての企業が、復旧と復興を目指して動き始めています
●被災された人たちは、今も大変な状況だと思います。今は頑張ら
なくても良いです。できる人から動き始めれば良いのです。今は悲
しみや苦しみに耐え抜き、生き抜くことが使命なのです。
●「悲しみや 苦しみ耐えて 使命みえ」 今井雄二

成功の宣 7295 生き抜いてほしい  ありたい姿    
●私たちは、今の東北、北関東には、そんな人たちが、たくさんお
られることを知っています
●東北や北関東の人や組織にとって最も大きな使命は、他の人たち
からの生き抜いて欲しいという期待に応えることです。
●「生き抜いて 期待にこたえる 使命かな」 今井雄二

成功の宣言文 7296 生き抜くぞ  ありたい姿  
●困難な状況の中で、多くの人たちが、いきぬく使命を果たそうと
してる
●「人が人としての道を貫いて、生き抜く」という使命を果たそう
としてる。その使命を果たすためなら、いかなる支援も惜しむ人は
いない。
●「生き抜くぞ 人としての道 貫いて」 今井雄二

成功の宣言文 7297 未来に向けて構想を  ありたい姿
●大震災から約1カ月が経過した。未来に向けて新たな構想を立て
なければならない時期です
●テレビの報道番組で、福島原発事故について、大地震と津波発生
直後からの政府、官僚組織や東京電力の対応を振り返る特集を予告
していた。
●「新構想 未来に向けて 創る時期」 今井雄二

成功の宣言文 7298 番組は使命を持て  ありたい姿
●放送の中で「我々(テレビ報道)の役割は、分かったことを正し
く伝える事」とされていた
●テレビ放送というのは、役割だけではなく、番組ごとに使命・目
的があると思います。報道番組の使命は、現在の原発事故の状況を
招いた犯人を捜すことではないと思います。
●「番組は 役割だけでなく 使命持て」 今井雄二

成功の宣言文 7299 経験してはならない事故  現状の姿
●誰も経験してはならない事故が、不幸にして起こってしまった
●今回のような事故を過去に経験した国は、2カ国しかない。放射
能問題に関わった経験を持つ人も限られてる。過去を振り返って、
現在の状況の真因を突き止める事にどんな価値があるのか。
●「経験を してはならない 事故発生」 今井雄二
 
成功の宣言文 7300 犯人探しだけでは  現状の姿
●番組は誰を顧客にし、どんな感謝を期待しているのかが分かりま
せん
●犯人を見つけ出し、問題の真因を見事に探り出したとしても、時
間を遡って解決策を実行することはできない。災害復旧は、過去に
原因を追究し、真因を掴んだとしても、状況解決はできない。
●「犯人を 探すだけでは 解決が」 今井雄二

成功の宣言文 7301 しっかりした目標  なりたい姿 
●あるがままの現状を受け入れ、しっかりした目標を持つ事です
●その目標達成のための行動で新たな未来を築き上げなければなら
ない。世界中の人が今回の事故の早期解決を願っています。二度と
発生しないようにする課題と解決策を、期待してる。
●「現状を 受け入れしっかり した目標」 今井雄二

成功の宣言文 7302 使命感と目的  ありたい姿
●政府、官僚組織、東京電力、メディア各社には、明確な顧客に対
する使命感と目的意識が必要
●最悪な環境状況にある事故現場で、悪戦苦闘されている人たちか
らは、たくましい使命感を感じます。最悪の事故現場で、必死に課
題解決されている皆さんには、本当に使命感を感じます。
●「最悪の 事故現場での 使命感」 今井雄二 

成功の宣言文 7303 改革者のひびき  ありたい姿 
●俳句や和歌は、全体を観察しその一部を切り取って、心の深いレ
ベルからの自己表現をする
●カメラのように道具を使わなくても、心の深いレベルから表現で
きる。共感共鳴ができる知識創造の様式です。私も宣言文様式で改
革人材の心のひびきを、学び普及させていただいている。
●「改革者 心のひびき 自己表現」  近藤修司

成功の宣言文7304 マインドイノベーションの実践 実践する姿 
●私の場合は、宣言文は、発表していないものも含めると2万以上
になります
●改革者たちがおたがいに感じているものをはきだして響いていく
。マインド・イノベーションの実践です。限りなくありたい姿を追
及する生き方は、感性が基本であり、宣言文様式は最適です。
●「宣言文 マインドイノベーション 実践す」  近藤修司

成功の宣言文 7305 目覚めてる状態  現状の姿
●目覚めている状態をキチとして、共有するのです
●全員がそういう方向へ行く中で、自分が何をしないといけないか
ミッションを明確にします。そのため改革実践では、感性ベースで
創っていく。宣言文様式を創造し、活用しています。
●「目覚めてる 自分自身を 表現す」  近藤修司

成功の宣言文 7306 俳句は絵、和歌は音楽  ありたい姿
●俳句は絵で自然をありのままに、凝縮した言葉で表現します
●そして、和歌は音楽で時間の流れがあり、心の喜びを歌いあげる
ことができます。宣言文も俳句だけでなく、和歌で歌い上げること
も、今後、大切とかんがえています。
●「俳句は絵 和歌は音楽 真実を」  近藤修司

成功の宣言文 7307 仙台に住んで  現状の姿
●私の好きな歌人で、俵万智さんがおられます
●仙台に住んでおられるので、震災が心配になりました。さっそく
、俵万智さんのツイッターを拝見して、ご無事な状況を確認させて
いただきました。一時、息子さんと西に避難されたのですね。
●「万智さんは 仙台にすみ どうされて」  近藤修司

成功の宣言文 7308 自分を裸にして  実践する姿
●俵万智さんは、自分を裸にして、自分を見つめて、自分の感じた
事をどんどん出していかれる
●知創造しておられる。改革実践だけでなく、全ての芸術や創造は
、自分を見つめるところからスタートするので魅力的です。セキガ
ハラ人間村カンパニーのようにチーム知経営になっていく。
●「裸にし 自分見つめて 表現し」  近藤修司

成功の宣言文 7309 感性の交流  ありたい姿
●ツイッターは宣言文と通じる面があり、俵万智さんのツイッター
を宣言文にさせていただいた
●不思議なことに、私にとっても、宣言文にさせていただいた方が
、心の奥で感性レベルで響き合う。ツイッターですと知性レベルの
交流ですが、宣言文様式にすると感性レベルの交流ができる。
●「宣言文 感性レベルの 交流や」  近藤修司

成功の宣言文 7310 日常の顔で  実践する姿
●多くのリプライに励まされる。ありがとう、子どもは元気。ここ
数日は指しゃぶりが激しい
●息子なりにストレスを感じていることを知る。私の心が、どんな
に非日常でも、子どもにはできる限り日常の顔で接してやりたい、
と思う。子どもにとって一番の環境問題は、母親だから。
●「子供には 日常の顔で 接したい」  俵万智  

成功の宣言文 7311 子を守る  実践する姿
●昨日、息子とテレビの動物番組を見た。なりふり構わず子を守り
、育てる親の姿
●野生動物も鳥も虫も同じだ。これだよ、今の私は!と思う。それ
にしても、虫にまで感情移入してしまうというのは、やはり平常心
じゃあない。
●「動物も なりふず構わず 子を守る」  俵万智

成功の宣言文 7312 もう一つの世界  現状の姿
●予定を記した手帳。明日はkスタ宮城で楽天の開幕戦、明後日は
仙台の奥山市長と対談。
●テーマは「子どもと読書」について、とある。どこかに「もう一つ
の世界」があって、そこで自分は野球を見たり、読み聞かせの話を
したりしているのではないかと、ふとそんな錯覚にとらわれる。
●「手帳には もうひとつの世界 あるのでは」  俵万智

成功の宣言文 7313 友達にあわせたい  ありたい姿
●息子が「友達に会いたい。外でご飯を食べたい」と盛んに言うので
、久しぶりに外食
●「ご予約二名様ご案内!」と威勢よく言われると「すごいね!ごひ
ゃくにんめい様だって」とマジで驚いていた。今時そんな繁盛店も
ないだろうと力なく笑う。早く友達に会わせてやりたいのだけれど
●「友達に はやくあわせて やりたくて」  俵万智  

成功の宣言文 7314 心はデリケート  実践する姿
●新聞に「震災の映像を繰り返し子どもに見せるのはやめましょう」
とあった
●昨日1日、テレビをつけず、ボール遊びや本読みをして過ごすと、
息子の状態が劇的によくなった。震災以来、般若顔でテレビに見入
る時間のなんと長かった事か。子どもの心はデリケートだ。
●「テレビつけず ボール遊びと 本読みで」  俵万智 

成功の宣言文 7315 西に向かう  実践する姿
●「西を目指す」と書いただけで、いろいろ言う人もいて、結構へこ

●細かいことは子どものためにも書かないけど、なんとか落ち着き
ました。途中、腹を空かした息子に、知らないおじさんがゆで玉子
をくれた。その味を、彼は一生覚えていると思う。
●「西に向かい なんとなく落ち着き 感じてる」  俵万智 

成功の宣言文 7316 まだ恋もしていない 現状の姿
●昨晩無事仙台につきましたが、電波状態悪く、ツイートできませんで
した。余震かなり大きい
●放射能も心配です。息子を連れて、再び山形から西を目指すこと
にします。逃げ出すみたいで心苦しいですが、息子を守れるのは自
分しかいない、とも思う。この子はまだ、恋もしていない。
●「恋してない 息子を守れるは 自分だけ」  俵万智

2011年04月22日

成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■JAIST東京MOTコースでお世話になっている奥和田先生か
ら水産業×ICTの船上直売のビジネスモデルの健闘ぶりの話題を
いただきました。震災で漁港は壊滅的な打撃を受けましたが、独創
的なビジネスモデルは健在しているのですね。奥和田先生は世界的
な未来予測の研究者で、見識が豊かな方です。奥和田先生の新視点
は、ほかの業界にも通じると思います。ビジネスモデルも知識混合
による多様化が求められているのですね。全国からの応援で、船上
直売モデルの成長を加速しましょう。ありがとうございました。
(近藤)
●「船上の 直売モデル 復活し」 奥和田先生
■近藤先生
奥和田です。お元気でしょうか。以下、余談ながら・・・。
以前から面白いと思って陰ながら応援していた「三陸とれたて市場
」というビジネスモデルがあります。「魚船から漁をしているライ
ブ映像を流し、獲れた魚に船上で値段を付けて、船上から産直する
」という、「水産業×ICT」といった感じのものです。
もともと、このビジネスモデルは、ある大学生の「卒業研究」で、
実験的に行なわれていたものでした。サイトは、かなり人気があり
、いつも午前中の漁のあいだにほとんどが売り切れていました。
しかし、ご存知のように、今度の震災で岩手の漁港は壊滅的になり
、この業者も建物などがすべて崩壊しました。ただし、漁船は無事
だったようで、今週あたりから漁を再開したようです。
昨日から、上記の直売スタイルが復活しているようなのです。
http://www.sanrikutoretate.com/supertimesale/
港や会社の設備はすべて無くなっても、このビジネススタイルだけ
が、まず先に復活できた模様です。当分は、このモデルでやるしか
ないのだと思いますが、漁師さんも希望が持てるのではないでしょ
うか。応援という意味もあるのだと思いますが、今朝は1匹30、000
円もするカレイでも完売しています。奥和田
p.s. どうか、三陸の海で放射能レベルが上がりませんように!

●「リスクには 知識混合にて 対応」 近藤修司
■奥和田先生
元気が出る話題、ありがとうございます。
船上直売モデルは、素晴らしいですね。知恵を出すと、いろいろの
多様なモデルが創造できそうですね。私も顧客になってみます。
また、成功の宣言文でも発信させていただきます。多リスク時代に
は、多様なモデルが求められているのですね。ありがとうございま
した。北陸でも、ビジネスモデルの多様化を提案してみます。単な
る多様化というよりは、知識混合モデルと思いますが・・。
近藤修司

●「三陸は 汚染される 危険なし」 文科省発表
■近藤先生
文科省発表の「拡散予測」によれば、三陸の海が汚染される危険性
はほとんど無いようですので、安心して皆さんに紹介してあげてく
ださい。
http://www.asahi.com/national/gallery_e/view_photo.html?n
ational-pg/0413/TKY201104130293.jpg
ただし、これだと宮城・福島あたりの漁港の復活は難しいのかもし
れません。 奥和田

■学習企業で人間村カンパニーに挑戦している関ヶ原製作所や、北
陸のMOT企業塾や地域塾では学習する文化が改革活動の底辺に根
付いてきています。学習する文化で成功している組織は、学習に先
行して、人と人のまじりあいを大切にしています。関ヶ原人間村カ
ンパニーのひろば経営です。徹底的にまじりあって話し合うことで
個性的になっていく。北陸でも、いろいろなひろば経営のワイガヤ
の上に事業活動を展開する企業が多くなりました。
いしかわMOTスクール7期生のファイナルプレゼンテーションが
終わって40日が経ちます。7期生の改革実践提案書は2011年
モデルで、もっとも進化されていて、他の企業塾や地域塾を先導し
ています。7期生はワイガヤ七輪会を結成して、メールでもひろば
経営を実践されています。4月の火付け役は芳珠記念病院の徳山さ
んでした。和楽仁塾で兆し分析のファシリテートを依頼されました
。5月の楽仁塾では七輪会の代表メンバーとの兆し分析交流も企画
されています。私は紺谷さんや福永さんを推薦しています。
また、5月には別川製作所の未来塾とMOTシンジケートの第22
回のワイガヤ体験交流会を砂崎さんが企画していただいています。
七輪会の米田幹事からもご案内をいただきました。未来塾メンバー
と経営革新とのつながりが体験できると思います。シンジケート、
企業塾、地域塾の皆さんも参加されませんか。別川トータルソリュ
ーションの力を体験できます。そして、話すことで個性が磨かれ、
勇気をいただけると思います。(近藤)
●「苦労して 工夫したこと 教授して」 芳珠記念病院 徳山
■芳珠記念病院 徳山です。
皆さん、お元気でしょうか? 震災の影響で色々と大変ですが、が
んばりましょう! MOTスクールを修了して40日たちました。
改革実践はいかがですか? 話しが少しずれますが、つい最近「
もしドラ」が部署内でちょっとブームになりました。今更…って笑
われる方がいるかと思います。私も今まで気になっていましたが、
この機会に読むことができました。読んでない方がいたら是非、読
んでみてください。部署内で何人かが、読んで「もしドラ」効果が
…「イノベーション大切やぁ…」って急に頑張りだした技師(効果は
短かったですが…)また、別の技師は患者さんの事を考えて、「こ
うしてもいいですか?」と聞いて来たり…。私が話すより、思いもよ
らないところから始まることもあるんだと感じました。この連鎖が続
くように、今は色々と仕掛けを考えています。
来週19日に和楽仁塾が行われます。
その塾の時に、「兆し分析」についてのグループワークに私も参加
してほしいと…「兆し分析」…非常に悩んだ記憶が蘇ります。
七輪会の皆さん!もしよかったら、「兆し分析」で苦労した事、工夫
した事など覚えていたら教えてもらえませんか?ご協力お願いします。
追伸
先ほどTVでアメリカ人(たしか?)で四肢が生まれつきなかった
方の話しがありました。(アンビリバボーです)
プラス思考で苦難を乗り越えた方です。この方が、講演会等で最後
に伝えること…『あきらめないこと! 決して、絶対に、永遠に あき
らめないこと!!』私も、もう一度気合を入れて…! 最近 メモを
とることがなくなっている自分に気づきました。少しだけのイノベー
ションを…長くてすいません… では、また 徳山でした。

●「情報や 方針踏めて 創造す」 東振精機 紺谷 
■芳珠記念病院 徳山さま
土の香りのする組長です。
お久しぶりです。めちゃ元気です!日本が復興のために戦う元気を
まき散らしています。
「もしドラ」って何ですか?あんまりテレビ見ていない
ものですみません・・・。
「兆し分析」ですか・・・懐かしいですね・・
私の場合は、「社会・顧客・自社・仲間」で層別して営業情報や生
産管理情報が主体で、社内報や社長方針の内容を踏まえて「未来を
創造」しました。
「きっと○○なるだろう」的な発想でメモ書きし、キーとなる言葉
や単語を残し、まとめました。近藤先生のアドバイスは、「実践内
容で出てくるキーワードを入れると良い」との事でした・・。
延期になった「七輪会同窓会」で、また飲むことを楽しみにしてい
ます。【和楽仁塾】頑張ってください。
以上  よろしくお願い致します
株式会社 東振精機 生産課FD係 兼工務係 紺谷匡紀

●「見直して 話すことにて 進化して」  近藤修司
■徳山さん 紺谷さん  七輪会のみなさん  
徳山さんやm七輪会のみなさんの、改革マインドに触れて、元気を
いただいています。 徳山さんが 和楽仁塾の講師をされるとは素
晴らしいことです。 私の兆し分析も、今回の大震災で一部見直し
てみました。 自然災害は入っていたのですが、重要度はすくなか
ったです。 見直すといろいろ気づきをもらえます。 現実で兆し分
析を進化させて、自分の感性を高めていけるのですね。
和楽仁塾の事務局の鈴木さんから、兆し分析の解説のご依頼をいた
だきま した。
ご参考までに、兆し分析の解説文をご紹介いたします。 兆し分析
は七輪会のメンバーが先行されていますので、和楽仁塾へも交流を
すすめています。 来週の和楽仁塾は私も参加させていただきます
ので、徳山さんの講義ぶりは 皆さんにもご報告いたします。
近藤修司

●「発見す 震災にたち向かう やるぞ君」 澁谷工業 北元
■七輪会の皆さん 米田さん
澁谷工業の北元です。ご無沙汰しております。
ファイナルが終了し、少し落ち着いたかと思いましたが一週間もし
ないうちに、今回の震災があり、被災地の報道に胸を痛める日々が
続きました。それでも、被災された方々の中にも、この震災に自ら
立ち向かう多くの「やるぞ君」を見つけ、くたびれかけた自分に鞭
打って、頑張っている今日この頃です。今こそ、本当に「日本を(
未来を)元気に」の言葉を感じ、自分が、今できることから、動き
出す時ですね。
さて、今回の「改革体験交流会」ですが、先に予定が入っていて今
回は欠席させていただく事になります。申し訳ありません。
「前向きに、今はひたすら 前向きに」の気持ちで、今は頑張り続
けます。「改革実践」も然りで、強力推進します。
「振り返り」は、もう少し前に進んでから、足跡を確かめてみます
。米田さん、いつも、お声掛けありがとうございます。これからも
、宜しくお願い致します。澁谷工業(株) 北元 宏明

●「交流会 改革火種 再点火」  ナナオ 米田
■七輪会の皆さん
株式会社ナナオの米田です。いつもお世話になっております。
自分自身のファイナルプレゼン作成時、発表時間の制約にかこつけ
て「兆し分析」を端折っていたため、徳山さん・紺谷さん・近藤先
生の議論に入れず寂しく感じていたところ、いしかわMOTシンジケ
ートの砂崎さんから「改革体験交流会」のご案内をいただきました
。詳細は下記メールおよび添付pdfを参照ください。
良い機会ですので、改革の火種に再点火すべく私は参加しようと思
っています(ナナオ七輪の火種が早くも途絶えた、というわけでは
決してありません…)。石川MOTスクール7期生としての参加を取り
まとめますので、お手数ですが添付xlsに沿って皆さんの参加可否
を返信いただけませんか?
砂崎さんへの連絡期限はまだ先ですが、GWも挟みますので期限は「
今週中(~4/22)」とさせてください。皆さんの近況も軽く挟みなが
らのご返信、お待ちしております。以上、よろしくお願いいたします。
ナナオ 米田

●「別川と シンジケートの 交流会」 砂崎&米田&別川未来塾
■いしかわMOT七期生幹事 米田さま 福永さま 塩谷さま
一期生幹事 砂崎です。こんにちは。
七期生(七輪会)も加わり、シンジケートの本年度活動を開始いたし
ます。最初は別川製作所さんの体験交流会です。各期の幹事さんに
は、取りまとめをお願いしており、七期生幹事でも最初のお仕事よ
ろしくお願いいたします。また5月or6月に新幹事歓迎会を開きま
すので参加をよろしくお願いします。
さて、株式会社別川製作所さんは、いしかわMOTスクールメンバ
ーではないのですが、近藤先生のご指導の下で別川未来塾で活動し
ています。昨年より我々の活動に参加して刺激を受けて、ぜひ社内
に風を起こしてほしいとの要望で開催が実現しました。近藤先生も
もちろん参加され、この震災に立ち向かうモチベーションとしても
みなさんと活動の共有を図りたいと思います。
つきましては、添付の案内のとおり開催いたしますので5/9までに
参加者を砂崎までお願いします。
<第22回改革体験交流会(株式会社別川製作所)>
日程:5月14日(土)
時間:13:30~17:00(懇親会19:00~21:00)
場所:株式会社別川製作所 本社工場
〒920-8560 石川県白山市漆島町1136番地
TEL<076>277-6700(代表)
http://www.betsukawa.co.jp/
スケジュール:
12:45 受付開始 別川製作所
13:00 開会
13:05 挨拶 別川社長 近藤先生
13:15 自己紹介
13:30 別川製作所活動事例紹介 六角、長田、小野木、
14:30 休憩
14:40 工場見学
15:20 休憩
15:30 グループ討議「気づき+α」 出席者
16:00 討議結果発表 出席者
16:25 講評 近藤先生
16:30 閉会
19:00 懇親会(場所は後日連絡)
懇親会は金沢駅周辺で会費5,000円程度以上、よろしくお願いいたしま

●「仏像に 新たな感動 いただいて」 シブヤマシナリー 戸瀬
■七輪会の皆様、如何お過ごしですか? ファイナルプレゼンから
一月半が過ぎ幣部門ではメンバーにプレゼン内容や学んだ知識を紹
介し、序々に改革の場づくりに取り組んでいきたいと思っておりま
す。小生にはもう一つやらないといけないことがあります。奈良・
興福寺北円堂収蔵の国宝・世親菩薩立像の模写像を来月上旬に完成
させ師匠の厳しい審査をパスしなくてはなりません。この仏像は春
と秋のごく僅かな時期しか開扉されません。国宝のため撮影は勿論
、スケッチすることも不可で、脳裏に焼き付けるだけのために2年
間奈良へ通っております。半年振りに出会う仏像の姿・表情にはそ
の都度新たな感動があり、まさに一期一会ではないかと思います。
米田様 何時もお世話になりありがとうございます。改革体験交流
会の件、申し訳ありませんが当日所用で外出しており、欠席とさせ
ていただきます。以上宜しくお願い致します。
シブヤマシナリー株式会社 生産本部津幡工場 技術部 戸瀬治夫

●「視点かえ 仲間を増やし 夢かなえ」 芳珠記念病院 徳山
■芳珠記念病院 徳山です。
4/19(火)和楽仁塾に参加しました。ちょっと報告します。
本日のテーマは「夢をかなえるために、兆しを読むことはどうして
必要か?」和楽仁塾4期生は、兆し分析に苦労しています。その
ために「兆し」についてのグループ・ワークをしました。
Aグループの報告
『兆しを共有して仲間を増やす』ために必要
Bグループの報告
『視点を変えて自分が変わり、未来を変える』ために必要
・・・とまとめました。
MOT6期生の森田さん(体操のあんちゃん)はAグループ、私は
Bグループに参加しました。
今日の気づき
久しぶりの和楽仁塾の参加…古巣に戻ってきた感じで懐かしかった
です。しかし、その古巣が凄くPOWER UPしていました。
かなりびっくりです。 「錆びつかない自分でいよう!」とあらた
めて感じました。たまに、給油しないと改革が失速しますよ…
また、明日から頑張ります。
近藤先生 久しぶりに力をいただきました。ありがとうございます
。 紺谷さんのメッセージ 4期生に伝えました。ありがとうござい
ます。芳珠記念病院 徳山

ーーー■今日の一言:学ぶ前に交じり合いが先ーーーーーーーーー
私の改革実践を振り返ってみると、交じり会ってないのに、学習し
ても、改革しても駄目です。交じり会いや、触れ合い、出会いとい
うのはそんな簡単なものではなく、本当に真剣に、繰り返し、丁寧
にやらないと駄目です。関ヶ原製作所の人間村カンパニーや北陸の
改革実践コミュニティのように丁寧に継続して、ミッションを持っ
てやらないと価値創造につながりません。先にまじりあって話す場
をつくるのです。人間はまじりあいの場で話すことで個性的になっ
ていく。そういう経営をするのです。芳授記念病院のMOT病院改
革や和楽仁塾は丁寧に触れ合いと学習や改革を企画・経営されてい
ます。4月の和楽仁塾も、テーマは「兆しを読むことが大切か」を
グループワークで理解されようとしています。事前に、事務局の阿
部さん・鈴木さんからの進め方案をいただきました。(近藤)

■近藤先生 おはようございます! 芳珠記念病院、阿部・鈴木で
す。本日の和楽仁塾、どうぞよろしくお願いします。
先日から兆し分析について、いろいろとまとめていただき、本当に
ありがとうございました。本日は、以下のような流れで開催したい
と思っています。
GWテーマ:「夢をかなえるために、兆しを読むことがどうして必
要か?」
・2Gに分かれる。MOTスクール卒業生の森田さん・徳山さんに
、実体験からの感想を織り交ぜてファシリテートをお願いする。テ
ーマについて、話し合ってKJ法でシマを作り、「~のために必要
」という形にまとめる。(30分)
・Gごとの発表(5分×2)
・2Gの結果を合わせ、4期生として「~のために必要」という形
に話し合ってまとめる。(20分)
和楽仁塾事務局 阿部・鈴木

阿部さん、鈴木さんが事務局で進められている和楽仁塾は、仲井理
事長のご指導のもとで、常に進化していますね。同じことの繰り返
しでは情熱がなくなってしまう。常に新しく、常にスタートです。
今回も、答えを与えるのでなく、皆と一緒に話し合って探索し、自
分で探す機会を誘導されようとしている。そして、事務局も、探索
を楽しもうとしている。そして、その先にある、発見の喜びをしか
けておられる。子供のころの磯遊びで、かいや魚を見つけた時の楽
しさです。一緒に見つけると自然に絆が出来るのです。兆し分析は
心の未来予測です。心は一人ひとりのもので、外からは見えない。
兆し分析で、未来の心や気もちを準備しておくのですね。準備して
いくと、出会ったときに、瞬時に自分のものにできます。その出会
いの探索が楽しくなります。いろいろの出会いや体験をつくろうと
します。人間は、どうしても知性で考がえてしまう。知性だけでは
わかったと思うと、満足して、実践しません。本当は無になって、
素直に、感性で思いをかいていけばよい。それを知性で整理する。
大切なのは感じることです。心底感じれば実践できるのです。感じ
るように経営をするのです。
今回の大震災でも、私の兆し分析を見直しました。忘れていた大切
な心の持ち方が見えました。日本、故郷、地域、日本人、家族、仕
事、お客様、供給責任、つながり、歴史、世のため人のため、頑張
り、・・・・元気、楽しく、美しく、やさしさ、日常、仲間、・・
・・・普通の生活や仕事に夢があったのです。普通の生活や仕事に
お互いの心を見つけることです。つながりを感じることです。普通
の仕事も生活も、その中に自分や相手の心を見つけることです。そ
して心の組み合わせやつながりをたのしむことです。大切なのは心
の触れ合いと発見です。家族も生活も仕事も・・・心の触れ合いの
場なのですね。つい忙しいと心を忘れてしまう。忙しいという字は
「心を失う」とかく。心をうしない、日常だけではマンネリになっ
てしまう。だから、時々、非日常体験が大事なのです。そんな自分
の心の未来図なので、自分が響く言葉を、探索して選んでいるので
すね。MOTスクール卒業生の森田さんの兆し分析での発見は「パ
ートナー」で、徳山さんの兆し分析での発見は「画像の先に患者さ
んが見える」でした。これも仲井理事長とのワイガヤの話し合いで
出てきました。5月は他社の達人との交流で、東振の紺谷さんやサ
イバーステーションの福永さんの感性も素晴らしいもので、兆し分
析交流をおすすめしています。紺谷さんは「土の香り」、福永さん
は「声」でした。自分を裸にして感性でふれあう仲間が増えて、話
し合っているうちに個性が磨かれてことが楽しいことです。しかし
、感性だけでは弱く、戦う時は、まけてしまう。知性・技術で補強
することも大事です。それで4画面は、ありたい姿は心で感性中心
で、なりたい姿は知性中心や技術中心です。実践する姿は、感性・
知性を仲間にして、信じて動く世界です。それで4画面は、単純だ
が、謎めいて奥が深く、常に無限の発見があり、面白いのでしょう
ね。七輪会と和楽仁塾の交じり合いで、いろいろ気づきをいただき
ました。やはりまじりあって話すことで個性的になっていくのです
ね。個性的になれというのでは委縮してしまうだけです。近藤修司
■「学ぶ前 交じり合いと 触れ合いを」 近藤修司


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本列島全体は桜から新緑に変わり、東日本の大地震の被災地にも
、不安の中で、復興の兆しが見え始めました。皆さんの人間力のた
くましさには驚くばかりです。そして、いろいろな面で打撃をこう
むっておられる皆さまの、ご安全・ご健康、そしてご復興を祈るば
かりです。この逆境の時期にすこしでも貢献できるよう、4画面思
考による自分ごとの改革実践の輪づくりを、精進させていただいて
おります。私は毎年4月に進化する改革実践2012モデルとその
構築の年間スケジュールを決定します。人間力と技術力を向上し、
日本企業や日本社会を、元気に・楽しく・美しくするために改革実
践2012モデルを開発・発信していきます。この逆境の中でも、
前向きに生きておられる多くの改革人材の人間力にふれて、ふたた
び立ち上がるパワーをいただきたいと存じます。私にとっても、皆
さまとありたい姿を学び「私もやろう」と動き出し改革の輪ができ
る事が、最大なる価値と考えております。「成功の宣言文」の閲覧
や常設している「宣言文写真館 」&「革新図面館」&「4画面美
術館」など、皆さんの「未来を創り出す改革実践」のためご活用く
ださい。http://www.success-poem.com/
(株)四画面思考研究所 代表   近藤修司
JAIST 知識科学研究科 客員教授
日本商工会議所 知産創育ネットワーク研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

成功の宣言文 7317 船上直売ビジネスモデル  なりたい姿

「船上の 直売モデル 復活し」

 
奥和田先生

●奥和田先生から水産業×ICTの船上直売モデルの健闘ぶりの話
題をいただきました
●震災で漁港は壊滅的な打撃を受けました。しかし、独創的なビジ
ネスモデルは健在なのですね。奥和田先生は世界的な未来予測の研
究者で見識が豊かな方です。この新視点はほかにも通じますね。
●「船上の 直売モデル 復活し」 奥和田先生&近藤

成功の宣言文 7318 復興は知識混合で  なりたい姿
●ビジネスモデルも知識混合による多様化が求められている
●全国からの応援で、船上直売モデルの復活を加速しましょう。そ
して「❍❍産業×ICT」さらに「❍❍産業×新感性・新知性」の
ビジネスモデルを、普及していきましょう。
●「復興は 知識混合 モデルにて」 奥和田先生&近藤

成功の宣言文 7319 三陸とれたて市場  ありたい姿
●以前から面白いと思って、陰ながら応援していた「三陸とれたて
市場」ビジネスモデルがあります
●「魚船から漁をしているライブ映像を流し、獲れた魚に船上で値
段を付けて、船上から産直する」という、「水産業×ICT」とい
った感じのものです。
●「三陸の とれたて市場 直売す」 奥和田先生

成功の宣言文 7320 大学生がライブモデルを  現状の姿
●このライブモデルは、ある大学生の「卒業研究」で、実験的に
行なわれていたものでした
●サイトは人気があり、いつも午前中の漁のあいだにほとんどが売
り切れていました。震災で岩手の漁港は壊滅的になりこの業者も建
物などがすべて崩壊しました。しかし、このモデルは先に復活した
●「震災で 漁港や建物 崩壊し」 奥和田先生

成功の宣言文 7321 船上モデルの復活  現状の姿
●漁船は無事だったようで、今週あたりから漁を再開し直売スタイ
ルが復活しているようです
●http://www.sanrikutoretate.com/supertimesale/ 港や会社
の設備はすべて無くなっても、このビジネススタイルだけが、まず
先に復活できた模様です。
●「漁再開 船上モデル 復活す」 奥和田先生

成功の宣言文 7322 漁師さんの希望  なりたい姿
●当分はこのモデルでやるしかないと思いますが、漁師さんも希望
が持てるのではないでしょうか
●応援という意味もあるのだと思いますが、今朝は1匹30、00
0円もするカレイでも完売しています。 どうか、三陸の海で放射
能レベルが上がりませんように! みんなで応援しましょう。
●「漁師さん 希望が持てて 支援者が」 奥和田先生

成功の宣言文 7323 復活の知識混合  なりたい姿
●船上直売モデルは素晴らしいですね。知恵を出すといろいろのモ
デルが創造できそうですね
●私も顧客になってみます。また、成功の宣言文でも発信させて
いただきます。多リスク時代には、知識混合での多様モデルが求め
られているのですね。北陸でもすすめてみます。
●「リスクには 知識混合にて 対応」 近藤修司

成功の宣言文 7324 人と人のまじわり  ありたい姿
●人間村カンパニーの関ヶ原製作所や、北陸MOT企業では学習文
化が根付いてきています
●学習する文化で成功している組織は、学習に先行し、人と人のま
じりあいを大切にしている。関ヶ原人間村カンパニーのひろば経営
です。北陸でもいろいろな広場の上のワイガヤ活動が多くなった。
●「先行し 人と人の まじわりを」 近藤修司

成功の宣言文 7325 発表で個性的に  実践する姿 
●いしかわMOT7期生のファイナルプレゼンテーションが終わっ
て40日が経ちます
●発表する事で人は個性的になっていく。7期の改革実践提案書は
2011年モデルで、もっとも進化されて、他の企業塾や地域塾を
先導しています。7期生は七輪会を結成し、ひろば活動を実践。
●「発表を することにより 個性的」 七輪会&近藤

成功の宣言文 7326 和楽仁塾と七輪会  実践する姿 
●七輪会の4月のひろば活動の火付け役は芳珠記念病院の徳山さん
でした
●和楽仁塾で兆し分析のファシリテートを依頼されました。5月の
和楽仁塾では七輪会の代表メンバーとの兆し分析交流も企画されて
います。私は紺谷さんや福永さんを推薦しています。
●「和楽仁塾 七輪会と 交流を」 徳山&近藤

成功の宣言文 7327 別川未来塾とシンジケート 実践する姿
●5月には別川製作所の未来塾とMOTシンジケートの第22回体
験交流会を砂崎さんが企画
●七輪会の米田幹事からもご案内をいただきました。シンジケート
、企業塾、地域塾の皆さんも参加されませんか。トータルソリュー
ション別川の力を体験でき、勇気をいただけると思います。
●「別川未来塾 シンジケートと 交流会」 砂崎&米田&別川未来塾

成功の宣言文 7328 もしドラがブームに  現状の姿 
●皆さん、お元気でしょうか? 震災の影響で色々と大変ですが、
がんばりましょう!
●MOTスクールを修了し40日たちました。改革実践はいかがで
すか?
話しが少しずれますが最近「もしドラ」が部署内でちょっ
とブームになりました。この機会に読むことができました。
●「部署内で もしドラブーム なりました」芳珠記念病院 徳山  

成功の宣言文 7329 もしドラで頑張る  実践する姿
●何人かが、読んでいます。「もしドラ」効果で「イノベーション
大切やぁ…」って急に頑張りだした技師など
●別の技師は患者さんの事を考えて「こうしてもいいですか?」と
聞いて来たり…。私が話すより、思いもよらないところから始まる
こともある。連鎖が続くように、今は色々と仕掛けを考えてます。
●「もしドラで 頑張りだした 技師たちが」芳珠記念病院 徳山 

成功の宣言文 7330 兆し分析の気づきを  現状の姿
●19日に和楽仁塾が行われます。その時に「兆し分析」のグルー
プワークに私も参加します
●「兆し分析」…非常に悩んだ記憶が蘇ります。 七輪会の皆さん!
もしよかったら、「兆し分析」で苦労した事、工夫した事など覚え
ていたら教えてもらえませんか? ご協力お願いします。
●「苦労して 工夫したこと 教授して」 芳珠記念病院 徳山

成功の宣言文 7331 永遠にあきらめない  実践する姿
●四肢が生まれつきなかった方の話しに出会いました。プラス思考
で苦難を乗り越えた方です
●この方が伝えることは、『あきらめないこと!決して、絶対に、
永遠に あきらめないこと!』。私も、もう一度気合を入れて…!
最近、メモをとることがなくなっている自分に気づきました。
●「あきらめない 決して、絶対 永遠に」 芳珠記念病院 徳山

成功の宣言文 7332 兆しで未来を創造  実践する姿
●兆し分析は、懐かしいですね。私は「社会・顧客・自社・仲間」
で層別しました
●営業情報や生産管理情報が主体で、社内報や社長方針の内容を踏
まえて未来を創造しました。「きっと○○なるだろう」的な発想で
メモ書きし、キーとなる言葉や単語を残し、まとめました。
●「情報や 方針踏めて 創造す」 東振精機 紺谷 

成功の宣言文 7333 話すことで個性的に 実践する姿 
●徳山さんが和楽仁塾の講師をされるとは素晴らしい。 私も兆し
分析も、大震災で見直した
●見直ししたり話したりで、個性的になっていく。 現実で兆し分
析を進化させて、自分の感性を高めていける。兆し分析は七輪会
が先行されていますので、和楽仁塾と交流されるとよいですね。
●「見直して 話すことにて 進化して」  近藤修司

成功の宣言文 7334 火種に再点火  実践する姿
●いしかわMOTシンジケートの砂崎さんから「改革体験交流会」の
ご案内をいただきました
●良い機会ですので、改革の火種に再点火すべく私は参加しよう
と思っています。ナナオ七輪の火種が早くも途絶えた、というわけ
では決してありません。改革は毎日がスタートなのですね。
●「交流会 改革火種 再点火」  ナナオ 米田

成功の宣言文 7335 シンジケート2011  なりたい姿 
●七期生(七輪会)も加わり、シンジケートの本年度活動を開始いた
します
●最初は別川製作所さんの体験交流会です。各期の幹事さんには、
取りまとめをお願いしており、七期生幹事でも最初のお仕事よろし
くお願いいたします。
●「別川未来塾 シンジケート2011 スタートす」朝日電機 砂崎

成功の宣言文 7336 別川製作所交流会  実践する姿
●別川製作所さんは、近藤先生のご指導の下で別川未来塾で活動し
ています
●昨年より我々の活動に参加して刺激を受けて、社内に風を起こし
てほしいとの要望で開催が実現しました。震災に立ち向かうモチベ
ーションとしても皆さんと活動の共有を図りたいと思います。
●「震災に 立ち向かう モチベーション」 朝日電機 砂崎

成功の宣言文 7337 立ち向かうやるぞ君  現状の姿 
●ファイナルが終了し一週間もしないうちに、今回の震災があり、
胸を痛める日々が続きました
●それでも、被災された方々の中にも、この震災に自ら立ち向かう
多くの「やるぞ君」を見つけ、くたびれかけた自分に鞭打って、頑
張っている今日この頃です。日々新を実践します。
●「発見す 震災にたち向かう やるぞ君」 澁谷工業 北元

成功の宣言文 7338 今はひたすら前向きに 実践する姿
●本当に「日本を(未来を)元気に」の言葉を感じ、自分が今でき
ることから、動き出す時ですね
●「前向きに、今はひたすら 前向きに」の気持ちで、今は頑張り
続けます。「改革実践」も然りで、強力推進します。「振り返り」
は、もう少し前に進んでから、足跡を確かめてみます。
●「前向きに 今はひたすら 前向きに」 澁谷工業 北元

成功の宣言文 7339 世親菩薩立像の模写像  ありたい姿
●一月半が過ぎ幣部門ではメンバーにプレゼンを紹介し、改革の場
づくりに取り組でます
●小生にはもう一つやらないといけないことがあります。奈良・興
福寺北円堂収蔵の国宝・世親菩薩立像の模写像を来月上旬に完成さ
せ師匠の厳しい審査をパスしなくてはなりません。
●「模写像を 完成をさせ 審査パス」 シブヤマシナリー 戸瀬

成功の宣言文 7340 その都度の感動 現状の姿
●この国宝・世親菩薩立像は春と秋のごく僅かな時期しか開扉され
ません。撮影、スケッチは不可
●脳裏に焼き付けるだけのために2年間奈良へ通っております。半
年振りに出会う仏像の姿・表情にはその都度新たな感動があり、ま
さに一期一会ではないかと思います。
●「仏像に 新たな感動 いただいて」 シブヤマシナリー 戸瀬

成功の宣言文 7341 視点を変える仲間を増やす ありたい姿
●本日GWのテーマは「夢をかなえるために、兆しを読むことはど
うして必要か?」です
●Aグループの報告は『兆しを共有して仲間を増やす』ために必要
。Bグループの報告『視点を変えて自分が変わり、未来を変える』
ために必要・・・とまとめました。
●「視点かえ 仲間を増やし 夢かなえ」 芳珠記念病院 徳山

成功の宣言文 7342 懐かしかった  現状の姿
●MOT6期生の森田さん(体操のあんちゃん)はAグループ、私
はBグループに参加しました
●今日の気づきは久しぶりの和楽仁塾の参加…古巣に戻ってきた感
じで懐かしかったです。しかし、その古巣が凄くPOWER UP
していました。かなりびっくりです。
●「和楽仁塾 古巣に帰って 懐かしく」 芳珠記念病院 徳山

成功の宣言文 7343 紺谷メッセージ  実践する姿
●「錆びつかない自分でいよう!」とあらためて感じまた。たまに
給油しないと改革が失速ですね
●また、明日から頑張ります。 近藤先生、やはり話す事が大事で
すね。久しぶりに力をいただきました。紺谷さんの兆し分析メッセ
ージは4期生に伝わりました。ありがとうございます。
●「紺谷さん 兆しメッセージ 伝わって」 芳珠記念病院 徳山

成功の宣言文 7344 交じり合いが先  ありたい姿
●私の改革実践を振り返ってみると、交じり会ってないのに、学習
しても、改革しても駄目です
●交じり会いや、触れ合い、出会いというのはそんな簡単なもので
はなく、本当に真剣に、繰り返し、話し合いを丁寧にやらないと駄
目です。関ヶ原にように丁寧にやるの経営が成功の鍵なのです。
●「学ぶ前 交じり合いと 触れ合いを」 近藤修司

成功の宣言文 7345 丁寧に触れ合う 実践する姿 
●関ヶ原人間村カンパニーや北陸の改革実践コミュニティのように
丁寧に継続して、まじりあう
●芳授記念病院のMOT病院改革や和楽仁塾は丁寧に触れ合いと学
習や改革を企画されています。4月の和楽仁塾も、テーマは「兆し
を読むことが大切か」をグループワークで理解される。
●「丁寧に 触れ合い気づき 企画され」 近藤修司

成功の宣言文 7346 なぜ兆しを読む事が必要か ありたい姿
●本日の和楽仁塾は「夢をかなえるために、兆しを読むことがどう
して必要か?」をGWします
●2Gに分かれる。MOTスクール卒業生の森田さん・徳山さんに
、実体験からの感想を織り交ぜてファシリテートをお願い。KJ法
でシマを作り、「~のために必要」という形にまとめます。
●「なぜなんだ 兆し読むこと 必要か」 和楽仁塾 阿部・鈴木

成功の宣言文 7347 常にスタート  実践する姿
●和楽仁塾は常に進化している。同じことの繰り返しでは情熱がな
くなってしまう
●常に新しく、常にスタートです。今回も、答えを与えるのでなく
、皆と一緒に探索し、自分で探す機会を誘導されようとしている。
そして、事務局も、探索を楽しもうとしている。
●「常にスタート 一緒に探索 楽しんで」 和楽仁塾&近藤

成功の宣言文 7348 発見の喜び  なりたい姿
●そして、その先にある、発見の喜びをしかけておられる
●子供のころの磯遊びで、かいや魚を見つけた時の楽しさです。一
緒に見つけると自然に絆が出来るのです。兆し分析は心の未来予測
です。心は一人ひとりのもので、外からは見えない。
●「その先の 発見の喜び 企画して」 和楽仁塾&近藤

成功の宣言文 7349 未来の気持ちを準備  なりたい姿
●兆し分析で、未来の心や気もちを準備しておくのですね
●準備していくと、出会ったときに、瞬時に自分のものにできます
。その出会いの探索が楽しくなります。いろいろの出会いや体験を
つくろうとします。
●「兆し読み 未来の気もち 準備する」 和楽仁塾&近藤

成功の宣言文 7350 土の香りのする言葉  なりたい姿  
●人間はどうしても知性で考がえてしまう。知性だけではわかった
と思うと、満足して実践しない
●本当は無になって、素直に、感性で思いをかいていけばよい。そ
れを知性で整理する。大切なのは感じることです。心底、感じれば
実践できるのです。紺谷さんの土の香りのする言葉です。
●「無になって 素直に感じ 言葉にす」 和楽仁塾&近藤

成功の宣言文 7351 震災で兆しの見直し  実践する姿
●今回の大震災でも、私の兆し分析を見直しました。忘れていた大
切な心の持ち方が見えました
●日本、故郷、地域、日本人、家族、仕事、お客様、供給責任、つ
ながり、歴史、世のため人のため、頑張り、・・・・元気、楽しく
、美しく、やさしさ、日常、仲間、・・新感覚の発見です。
●「震災で 兆し見直し 新感覚」  近藤修司

成功の宣言文 7352 普通の生活に夢が  ありたい姿
●普通の生活や仕事に夢があったのです。普通の生活や仕事にお互
いの心を見つけることです
●日常でつながりを感じることができる経営をすることです。普通
の仕事も生活も、その中に自分や相手の心を見つけることです。そ
して心の組み合わせや繋がりを楽しむことです。
●「生活に 心の触れ合い 見つけるや」  近藤修司

成功の宣言文 7353 心の触れ合いと発見  実践する姿
●大切なのは心の触れ合いと発見です。家族も生活も仕事も学校も、
心の触れ合いの場なのですね
●つい忙しいと心を忘れてしまう。忙しいという字は「心を失う」
とかく。日常だけではマンネリになってしまう。だから、時々、非
日常体験で、日々新の心を取り戻す事が大事です。
●「日常で 心の触れ合い 取り戻し」  近藤修司

成功の宣言文 7354 未来に響く言葉を ありたい姿
●そんな自分の心の未来図なので、自分が響く言葉を、探索して選
んでいくのですね
●MOTスクール卒業生の森田さんの兆し分析での発見は「パート
ナー」で、徳山さんの兆し分析での発見は「画像の先に患者さんが
見える」でした。仲井理事長とのワイガヤで出てきました。
●「画像の先 患者さんが 見えている」 和楽仁塾 徳山&森田

成功の宣言文 7355 触れ合いで個性が  なりたい姿
●東振の紺谷さんやサイバーステーションの福永さんの感性も素晴
らし達人交流をすすめてます
●紺谷さんは「土の香り」、福永さんは「声」でした。自分を裸に
して感性でふれあうと仲間が増える。そして、個性が磨かれてこと
は楽しいことです。
●「触れあいで 個性磨かれ 未来見え」 和楽仁塾&七輪会

成功の宣言文 7356 感性を知性で補強  実践する姿 
●しかし、感性だけでは弱く、戦う時はまけてしまう。知性・技術
で補強することも大事です
●4画面は、ありたい姿は心で感性中心です。なりたい姿は知性中
心や技術中心です。実践する姿は、感性・知性を仲間にして信じて
動く。4画面は単純だが、奥が深く、無限の発見があります。
●「感性を 知性・技術で 補強して」 近藤修司