« 成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ | メイン | 成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ »

成功の宣言文 7166 救助隊が出発  実践する姿

「被災地へ 救助隊が 出発し」

   
芳珠記念病院 徳山

●東日本が大変な状態になっています、こころより、関係者のご安
全と復興をお祈り申し上げます
●7輪会に皆さまお元気でしょうか。病院にも震災の影響が出てき
ています。本日、病院より被災地に向けて援助隊が出発・・。何か
をしたいと思っても、何もできない自分がもどかしいですね。


成功の宣言文 7167 皆さまのご安全を  ありたい姿
●東日本大地震で、皆さまや関係者の方々のご安全を祈念しており
ます
●私の家は浦安市ですが、家族や家は無事です。戦後最大の災害で
、被災されたみなさんの安全や早期の復興を祈るばかりです。人間
力を向上して、社会を元気にする活動の実践に貢献していきましょ
う。
●「皆さまの ご安全を 祈念して」 近藤修司

成功の宣言文 7168 危機を7輪の輪で  実践する姿 
●いしかわMOT7期生のファイナル・プレゼンテーションも終了
しました
●7輪会は、自分ごとの素晴らしい発表でした。その後、震災地の
ご支援を考えながら、改革実践の交流をしあっておられます。この
社会的危機を7輪の輪で、乗り越えようとされています。
●「この危機を 7輪の輪で 乗り越える」 近藤修司

成功の宣言文 7169 電子部品の供給が  現状の姿
●被災地の皆さんの安全・健康と再生を祈っております
●現状の姿のSWOT分析の脅威に災害を追加しないといけません
。東北には日本の多くの電子部品企業の工場があります。幾つかの
工場が稼動してない状況で部品の供給がストップしそうです。
●「東北の 電子企業が 心配で」 PFU 牧

成功の宣言文 7170 代替製品の選定と評価  実践する姿
●この対応で、代替部品の選定と評価・確認の日々になりそうです
●新規製品の開発どころではなくなりそうです。新課題に対応し、
われわれも、日本社会の元気づくりのためにも、気持ちを強く持っ
て、ファイナル提案を実践していきたいと存じます。 
●「新課題 強い気持ちで 対応す」 PFU 牧

成功の宣言文 7171 大変な逆境に  現状の姿
●日本が大変な逆境に立たされていますね。先日も飲み代積立金を
募金箱に入れました
●創業記念式典も全員で黙祷から始めます。お客様でも福島県や埼
玉県で震災の影響を受けており、設備がズレ、棚が倒れ、床には部
品が飛散している状況で、復旧には時間がかかりそうです。
●「震災で 大変な逆境 立たされて」 東振精機 紺谷匡紀

成功の宣言文 7172 底力を見せてやれ  実践する姿
●我々もMOTで学んだ「ピンチをチャンスに!」の精神で、現在
も逆境と戦っています
●ニュースで、被災されたご老人が「日本人はそんなに柔じゃない
ですよ!」といわれてた。陰ながら復興に向けて「頑張れ日本!底
力を見せてやれ!」と叫び続けたいと思います。
●「頑張れ日本! 底力を 見せてやれ!」 東振精機 紺谷匡紀

成功の宣言文 7173 私がすべきこと  ありたい姿
●牧さんにいただいた近況報告と全く同じことがナナオでも起こっ
ています
●日本の電機・電子機器メーカーの多くで似たような状況でしょう
…。各メディアの映像・写真を見るたびに徳山さんと同じ無力感を
感じながら、被災地から遠くに住む私がすべき事を考えてます
●「無力感 感じながら すべきこと」 ナナオ 米田

成功の宣言文 7174 しっかりサポートできるよう なりたい姿 
●募金だけでなく、被害が少なかった我々が通常の企業活動・生活
に戻るよう努力する事も大事
●被災地の方々が元の状態に戻るよう努力できるステージに入った
時に、我々がしっかりサポートできるように…。そんな事を思いな
がら、地震対応業務に加えて自分ごと活動も地道に継続してる。
●「自分ごと 改革実践 継続す」 ナナオ 米田

成功の宣言文 7175 社内報WEBサイトにアップ 実践する姿
●Y : 社内報WEBサイトにファイナルプレゼンの様子を掲載し
、全社員へお知らせ
●W: あまり交流がなかった方3名から「プレゼンの内容に刺激
を受けた」という連絡をいただき、嬉しいと同時にモチベーション
アップ! T : 雨宮とともにナナオ未来塾を活性化していく。
●「社内報 WEBサイトで お知らせす」 ナナオ 米田

成功の宣言文 7176 6期生が7期生を支援  実践する姿
●今回のMOT7期生は、6期生が支援して、展開されて、6期よ
りも進化して感動しました
●7期生の支援をされた6期生の皆さんも参加していただきました
。6期生のメルマガである前のめり通信を、ファイナルの参加して
いただいたPFUの二塚さんからいただきました。
●「6期生 7期生を 支援して」 二塚&近藤

成功の宣言文 7177 もう一度初心に  実践する姿
●皆さんの改革実践は順調でしょうか、MOTファイナルを見て、
もう一度初心に返ってと考えた
●また、6期ではPFUは塩田さん、それから松任中央の西さん、
芳珠記念の森田さん、東振の東さんらの懐かしい顔を見ることがで
きました。
●「もう一度 初心になって ファイナルに」 PFU 二塚

成功の宣言文 7178 部下が開始した見える化 実践する姿
●見える化に関心を示さない課長が、見える化の実践ということで
社内プレゼンをやりました
●新製品開発における品証での量産製品の評価過程で、技術部と課
題と対応計画を共有する見える化ボードでした。中身は簡単で、横
軸は日程(日割り)、縦軸は量産機の問題点、改修計画です。
●「自主的に 見える化ボード 工夫して」 PFU 二塚

成功の宣言文 7179 技術部に好評  現状の姿
●これが、実は意外と技術部に好評で、皆が見える所にあるので情
報共有ができる
●自分の作業が全体工程との兼ね合いが理解できる。毎日これでや
るので手間要らず、エクセルを作らなくても済む。といった意見。
●「毎日で 見える化をやり 手間いらず」 PFU 二塚

成功の宣言文 7180 簡単でメンテが出来る  実践する姿
●また、当の本人も、自分の頭が整理できる。とてもシンプルなの
で、長続きしている
●評価場所にいつも表示できるので、メンバにいちいち言わなくて
も済む。自分が必要で始め、自分で簡単にメンテナンスできるもの
が、長続きできるものです。自分ごとなんですね。
●「簡単で メンテが出来ると 長続き」 PFU 二塚
  
成功の宣言文 7181 先が見える仕事を  なりたい姿
●見える化をやりなさいではなく、自分が自分に必要で始めたもの
は強い
●職場がどうやって先が見える仕事ができるのか、それをやること
で周りにも良い影響を与える。見える化の成否は、現場にあるです
ね。当たり前なのですが、そう思えた楽しいプレゼンでした。
●「職場にて 先が見える 仕事やる」 PFU 二塚

成功の宣言文 7182 必要から自然発生的に ありたい姿
●見える化(朝会)とは、ビジョンと目標共有、コミュニケーショ
ンの活性化、本気で語り合う場
●このような出来事が、必要から自然発生的にどんどん生まれてゆ
き、それを振りかえれば見える化だったと気づく。そのようになれ
ばいいなとつくづく思っています。
●「必要から 自然発生的 ひろがれば」 PFU 二塚

成功の宣言文 7183 ファイナルで初心に  実践する姿
●MOTファイナルプレゼンにて、僭越ですが、やっぱり近藤先生
はすごいと思いました
●静かな語りは詩人だし、何事にも前向き思考で、皆に勇気を与え
るパワーがある。自分ごと・自分を変えて周りを変える・改革の輪
。この言葉を聞き、まさに初心に返る良い機会でした。
●「ファイナルは 初心に帰る 良い機会」 PFU 二塚

成功の宣言文 7184 周りにも輪をなして  なりたい姿 
●7期生は既に同期会を発足していて「七輪会」です。7期と輪と
でしゃれている
●良い名称ですよね。改革の火種に自分ごとで点火し、周りにも輪
をなして火が大きくなる。そして、一人一人の成果の餅が焼けて膨
らんでいく。そんな想いだそうです。
●「7輪会 まわりの輪に 火がついて」 PFU 二塚

成功の宣言文 7185 MOT精神を思いだす  現状の姿
●こんな話を聞くとだんだんと皆さんもMOTの精神を思い出しま
せんか?
●皆のプレゼンを聞きながら、自分の時を思い出したりして楽しい
時間でした。今回のファイナルプレゼン聴講の成果=今、前のめり
通信を書いていることです。
●「ファイナルで MOT精神 思いだし」 PFU 二塚

成功の宣言文 7186 ベクトルと活力  ありたい姿
●皆のベクトルを合わせること、開発を推進するのに必要な力、だ
けど凝り固まる
●だから活性化させて、発散することも重要なのである。そういえ
ば、SECIモデルもそうだったよなぁ~。ベクトルと活性化の共
存が開発の力である。
●「ベクトルと 活性化とを 力にす」 PFU 二塚
 
成功の宣言文 7187 世界初のブレスト  なりたい姿
●知識創造の場を設けている「ブレスト会」を定期に開催
●そこで新たな世界初の機能を考える前向きな創造を行っている(
知識混合の場づくり)。これはいいかも!(うちでできるかなぁ?)
●「世界初 機能考える ブレストを」 PFU 二塚

成功の宣言文 7188 迅速に対応した種が  現状の姿
●最も強い種が最後に残るのではない。変化に対して迅速に対応で
きる種が最も長く生き延びれる
●今、私の周りも目まぐるしく変化している。自分は生き延びるの
が下手なのか、上手いのか? 頑固な人は??? 良いと思う変化
に強く順応しようと考えた! それしか無い!
●「迅速に 対応をした 種のこる」 PFU 二塚

成功の宣言文 7189 ぼーっと考えていた  現状の姿
●四画面思考を実践し改革を進めると、自分では描けない予想外の
未来の姿ができる
●これは、ファイナルの場でちょっとすごいと感じた。改革画面に
描けない五画面目を発表していると、ぼーっと考えていた。どんな
図になるのか? 品証はどんなことがそれなのか? 
●「4画面 予想外の 姿みえ」 PFU 二塚

成功の宣言文 7190 次は何を始めるか  現状の姿
●開発には次は何を始めるか、それが課題ですね
●もう、2011年度に入ります。事業計画も作らんといけないし
、前向きに攻める品質保証。そうだ!今、必要だから、これをもっ
と具体的に実践して行こう! やっぱりこれですね!! 
●「開発は 次に何を 始めるか」 PFU 二塚

成功の宣言文 7191 なすべきことをなす 実践する姿
●自然からの大災害を目の前にして、人や組織の無力感を感じてい
ます
●こういう時に大切なことは、7輪会のメンバーがいわれているよ
うに、自分ごとでの「なすべきことをなす」ことです。「なすべき
こと」をして、「なすべきでないこと」はしない。
●「自分ごと なすべきことを なす仲間」 近藤修司

成功の宣言文 7192 短い言葉で明確に  実践する姿 
●「なすべきこをなす」は、非常に意味の深い言葉です
●今なすべきこと、次になすべきこと、その次の次になすべきこと
、・・・。なすべきことはミッションであり、世のため人のために
何を目的としているのか、短い言葉で明確にする。
●「ミッションや なすべきことを 明確に」 近藤修司

成功の宣言文 7193 お互いの心に響く  ありたい姿
●7輪会のメンバーの改革ミッションは、徳山さんは「パートナー
」・・
●牧さんは「見える化チーム」、紺谷さんは「土の香りのする言葉
」、米田さんは「世界初の機能」、二塚さんは「前のめり」・・で
あった。なすべきことは、お互いに響いている。
●「ミッションは お互いの心 響いてる」 近藤修司

成功の宣言文 7194 わかりやすく  ありたい姿 
●だれでもがわかる改革ミッションにしておくと周りにも伝達する
のである
●世のため人のために、ありたい姿の視点から「なすべきこと」を
素直に実行しておこう。実行していく方向は未来であるし、世のた
め人のために向かっていく。
●「だれでもが わかりやすいが ミッションや」 近藤修司

成功の宣言文 7195 これでいいのか  現状の姿
●そして、4画面+YWTで、これでいいのかとふりかえって、お
互いの感覚を磨きあげていく
●この大災害を乗り越えるためにも、これでいいかと毎日で、見直
し問いかけ、「なすべきこと」を深めていこう。その真摯な思いは
伝わって、輪になっていく。
●「YWT これでいいかと 振り返る」 近藤修司