« 成功の宣言文 7000 ミッションで生きる  実践する姿 | メイン | 成功の宣言文 7006 知識の価値を信じる ありたい姿 »

成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■昨日は、JAIST東京MOTコースで、知識社会論の二日目が
行われました。勝さんをゲストスピーカーに招いて、「バローレ」
について講義と討議を行いました。
メンバーの皆さんは問題意識は高い、企業や社会の改革実践をそれ
ぞれの専門から考えておられます。勝さんの講義の要点をご紹介し
ます。バローレやありたい姿が実現できるソーシャルメディアの環
境が整備されてきまた。いろいろな改革実践活動が連携して爆発す
る可能性を実感しました。しかし、バーチャルはリアルの補完であ
り、リアルが先行することが大事ですね。それぞれの現場で、リア
ルのありたい姿を追及して改革実践されている。宣言文の皆様にも
バローレ講義をご紹介いたします。ありがとうございました。
(近藤)
●「バローレは 社会資産で みえないや」 勝眞一郎
■バローレを追及する社会改革  バローレ総合研究所 勝眞一郎
0 自己紹介
 ・サーバー大学准教授 バローレ総合研究所 勝眞一郎
 ・知識の価値を強く信じて、知識労働者の働きか自分の体験で模
  索する。
 ・KPIはリピート率とバイラルによる新規顧客。
 ・研究と教育と実践。
1 社会資産としてのバローレ見えない
 ・コミュニケーションは定義が大事である。:定義があって安心
  して、コミュニケーションをとれる。いつも定義にこだわって
  います。
 ・バローレとは? 社会的貢献における存在価値
・何を解決したいと想像しているか? 解決したい問題は
 ・社員教育 人材の価値 b社員教育 人材の価値
 ・人材をP/Lの費用項目から、B/Sの資産項目へ
 ・見過ごされやすいバローレ
 ・見えていないバローレ 企業の例
   業務プロセス:組織:設備の配置:中長期計画:コミュニケ
   ーション:顧客の口コミ
2 ソーシャルメディアの動向
 ・何が新しい?
 ・本当実現したい社会は、実名でつながる社会を
 ・ソーシャルグラフができる
 ・ソーシャルグラフ上での情報のやり取りができる
 ・なぜこの仕組みが成り立つ?
 ・プラットフォーム側:広告収入
 ・コンテンツ側:宣伝広告
 ・ユーザー側:ネットワーク環境(低価格、無線、高速)、端末(
  PC、モバイル、スマートフォン)
 ・10人の師匠
   松田道夫(教育者) 丹下忠之(OR,システム) 北村三郎
   (企業人、生き方) 久保田 達也(遊び、インターネット
   、冒険) 西田文郎(メンタルトレーニング、大脳生理学)
   筒井真作(設計、コミュニティー、仲間、起業) 平山賢二
   (コンサル手法) 鈴江歳夫(開発設計者教育) トム・デ
   ・マルコ(プロジェクトマネジメント)
 ・マーケティング1.0:製品中心の時代:商品がニーズに対し
  て少ない時代。4P(Product, Price, Place, Promotion)
 ・マーケティング2.0:顧客中心の時代:商品が足りてきた時
  代。Bland, STP(Segmentation, Targeting, Positioning)CRM
 ・マーケティング3.0:人中心の時代:利用者がパートナーに
  :口コミ、紹介
3 ライフ&ワークバランス
 ・時間の使い方…クロックタイム、フィールタイム。私たちの時間
  分析
 ・クロックタイム:コスト、消費
 ・フィールタイム:感動、集中、共感
 ・新しいパラダイムと今のパラダイム
 ・新しいパラダイムと今のパラダイムの二重並存
 ・充実したライフの3つのカテゴリ(場、時間、アウトプット)
 ・活動の場、ハレとケ、貢献の仕方
 ・都会 ①官公庁②ビジネスオフィス③大規模ショッピングセンタ
  ー④大規模娯楽センター
 ・いなか ①住居②保育園、学校、老人ホーム③地域ボランティア
  センター④地域活動⑤農業、漁業、林業
 ・デュアルライフとバランス
 ・新しいパラダイムと今のパラダイム
 ・ライフの3つのカテゴリ
   「場:新しい場での活動」「時間:新しい時間の使い方」「ア
    ウトプット:新しいアウトプットの出し方」
 ・スパイラルアップ
 ・2つの軸を両方に足を置く「デュアル・ライフ」
 ・2つの軸でお互いに高め合う
 ・2つのバランスを取る「ライフ&ワークバランス」
4.バローレ軸で見たこれからの社会と人
 ・A空間:大企業・組織・安定・美人投票・教わる・与えられた目
   標・2年後・減点評価(けなす)・単一人種・言語・密関係・
   狭い
 ・B空間:個人企業・個人・挑戦・志・個人の価値観・教える・自
   らが描く未来・20年後・加点評 価(ほめる)・他人種・言語
   ・疎関係・広い
5.ありたい姿の描き方10か条
 ・4画面思考法の実践者
  割鞘ジュリ (18) 1992年生 初代JPSA ロングボード女子グラン
  ドチャンピオン
 ・何故イケてるのか?
  ①夢を持っている「世界で一番楽しく上手に波の上で遊べる女の
   子になる。」
  ②2つのことをやっている:通信制高校 + プロツアー 
  ③親・先輩をリスペクトしている
  ④自分の意見を持って発信している:ブログ:サーファーガール
   【イチゴの戦い】Part Ⅱ
 ・この法則は、他の人にも当てはまるか?
  ①夢を持っている
  ②2つのことをやっている
  ③親・先輩をリスペクトしている
  ④自分の意見を持って発信している
5ー1 ありたい姿の描き方10か条
 1. 10年以上先のイメージである
 2. 自分ならではのユニークさがある(only one)
 3. 際立っている、トップである(number one)
 4. 社会に対する貢献価値がある
 5. 利他的である(利己的でない)
 6. サポーターがいる
 7. ワクワクする
 8. 感謝する人たちの情景が眼に浮かぶ
 9. 夢がある(「べき」ではない)
 10.手本にできる師匠や先輩がいる
5ー2 ありたい姿の描き方10か条
 ・私たちは、何を達成したいのか?
   個人として、家族として、企業として、地域として、社会と
   して
6.社会改革プロデューサーとして
 ・私たちの現在を「20年後の人たちは、どう評価するだろうか
  ?」
 ・私たちは、社会改革プロデューサーとして何を、今すべきだろ
  うか?

ーーー■今日の一言:人が森を創り、森が人を創るーーーーーーー
勝さんや東京MOTコースのメンバーも、知識の価値の信じて、い
ろいろ改革実践活動をされています。メンバーのプロフィールと勝
さんの講義での気づきを、勝さんがまとめていただきました。
ソーシャルメディアの進展によって、リアルのありたい姿の追及が
加速することを実感をしました。そして、人が社会をつくり、社会
が人をつくる、そしてまた、人が社会をつくる循環が実感になって
きました。
社会を森に例えるとわかりやすくなります。人が森をつくり,森が
人をつくる。そして、また人が森をつくる。森が島でもよい、会社
でもよい、ものでもいい、大学でもいい、美術館でもいい。その手
段は知識になります。知識で森をつくるのです。
会社であれば、人が会社をつくり、会社が人をつくる、そしてまた
、人が会社をつくる。この人と会社の創造の循環を広げていけばい
いのです。そのエネルギーは人の思いであり、私の場合は、人の思
いを表現したのが4画面です。4画面は知識であり、改革の輪でさ
らに知識創造が出来るのですね。創造の循環で宣言文を考えてみま
した。人が宣言文をつくり、宣言文が人をつくる、そしてまた、人
が宣言文をつくる。宣言文社会でも、この人と宣言文の循環を広げ
ていけばいいのです。やはり、そのエネルギーは人の思いで、ミッ
ションやバローレの追及です。ありがとうございました。(近藤)
●「つながって 創造をする 自分かな」 勝眞一郎
■近藤先生、皆さんのプロフィールと、講義での気づきをお送りし
ましす。皆さんの気づきから、私も学びことができました。やはり
、「つながり」が大事なのですね。そしてつながって、何を創造す
るかがさらに大事と思いました。また、自分はそういうことをやっ
てきたという振り返りもできました。さらにつながって創造してい
こうとしている新しい自分も発見できました。ありがとうございま
す。(勝)
□受講生のプロフィール
・建設コンサルタント会社勤務(30代) 自然エネルギーを活用
 した社会づくりを目指す
・金融庁の外郭団体勤務(20代) 金融政策づくりに役立ちたい
・セキュリティ認証機関勤務(30代) 自主性を残した統制のた
 めのルールづくりを目指す
・中小経営コンサルティング会社勤務(40代) 技術軸でのコン
 サルティング手法をつくりたい
・化学メーカー研究職(30代) 研究開発分野に新しい知識体系
 を作りたい
・家電メーカーシステム開発職(30代) ゲームのプラットフォ
 ームを担当
・独立系コンサルタント(50代) 学ぶ意識強し
・総務省情報通信機構(30代) 行政的視点で日本をよくしたい
・IT開発会社勤務(30代) 開発より利用に力を入れたい
□今日の私の講義を聴いての皆さんの気付きワンフレーズ
今日は、バローレをキーワードにありたい姿について描いてもらえ
るように、未来をいかに見ていくかを話しました。 自分の四画面
のテーマと、ありたい姿の所を書いてもらい、発表しました。
皆さんの気づきをまとめさせていただきました。
・つながりの大切さ(根上さん)
・現実の世界をバーチャルに(原坂さん)
・共通の言語とフレームワークが大切(成瀬さん)
・働くことと生活のバランス(小川さん)
・関わりには色はある(戸田さん)
・人間関係とつながり(宮本さん)
・アチコチ関係(古目谷さん)
・つながりとバランス(高橋さん)
・人間ぢから(畑野さん)
明日は、福田さんですね。 またまた楽しみです。(勝)
■「高め合う ライフ&ワーク バランスで」 勝眞一郎


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
四画面思考により、人間力と技術力を向上し、日本企業や日本社会
を、元気に・楽しく・美しくするために「成功の宣言文」を 研究・
発信しています。皆さんと、改革人材を増やし、改革の輪づくりを
させていただけることに感動し、感謝しております。現場で、前向
きに、生きる改革人材の人間力にふれて、「私もやろう」と動き出
す事が、最大なる価値と考えております。いろいろな課題が山積み
されていますが、この現実も、喜び多き課題解決先進社会づくりの
機会にしてしまいましょう。過去の「成功の宣言文」の閲覧や常設
している宣言文写真館 &革新図面館&4画面美術館など、皆さん
の「未来を創り出す改革実践」のためにご活用ください。 
http://www.success-poem.com/
(株)四画面思考研究所 代表   近藤修司
JAIST 知識科学研究科 客員教授
日本商工会議所 知産創育ネットワーク研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━