« 成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ | メイン | 成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ »

成功の宣言文 6716 CB/SB 4画面」  実践する姿

「輝業塾 CB/SB 4画面」

  
中国輝業塾
 

●中国地域ニュービジネス協議会 藤原さんや鍋島さんと、広島で
輝業塾をスタートしています
●コミュニティビジネス、ソーシャルビジネスの4画面思考の活動
です。本年は第二回輝業塾で、2月に4画面思考による改革実践提
案書のファイナル・プレゼンテーションが行われます。

成功の宣言文 6717 輝業塾活動リポート  実践する姿
●私は、スタートの基本講義と2月のファイナル・プレゼンテーシ
ョンに参加させていただきます
●中間は、鍋島さんや藤原さんそしてメンターの皆さんのファシリ
テートで進められています。毎回の輝業塾リポートで、皆さんの熱
い思いを、写真を多用して伝えるすばらしいリポートです。
●「輝業塾 リポートにより 元気出る」 中国輝業塾

成功の宣言文 6718 95%の改革人材比率  現状の姿
●私は、いろいろの塾活動で、毎回、改革人材比率をお聞きします
●輝業塾でお聞きした時、私の周りは95%といわれる塾生がおら
れました。自営業をおやりになりながら、広島を映画で元気にする
会の方でした。広島にも、元気な方が多いのですね。
●「映画の会 人材比率 95」 中国輝業塾 

成功の宣言文 6719 リポートでやる気に  なりたい姿
●中国NBCの藤原です。年末年始はいかが過ごされましたか? 
第3回輝業塾レポートをお送りします
●事務局の期待効果は、『おー!レポート読んだら頭が冴えてきた
ぞー!やる気が出てきたぞー!』です。健やかに新年をお迎えにな
られていることを、心より祈念しております。
●「リポートで 頭がさえて やる気でる」  藤原 穂

成功の宣言文 6720 4画面を提案書に  実践する姿
●皆さんの「四画面」を「改革実践提案書」に進化・深化していた
だきたい
●前回(第2回)でモデル発表してくれたコーチズ代表児玉氏の四
画面が、どのように提案書になるかをご覧いただき、ご参考にして
いただきたい。
●「4画面 提案書に 深化して」 鍋島ファシリテイター

成功の宣言文 6721 立体的流れに  なりたい姿 
●最終回(2月)には、皆さんに発表していただき、近藤先生から
直接コメントを頂戴します
●皆さんには、是非とも10枚くらいでまとめていただきたい。自
分の夢を見える化した「四画面」をより立体的により分かり易く、
進化・深化させる流れができます。
●「自分の夢 立体的な 流れにし」 鍋島ファシリテイター

成功の宣言文 6722 ただがむしゃらに  現状の姿
●これまで、こうした手法も知らず、ただガムシャラにやってきた
●のたび、四画面シートに続き改革実践提案書を作ってみたら、す
べて埋えいました。ものの見事にハマった。改めて、事実として非
常に「実践的的」な手法・思考法だと実感しています。
●「従来は ただがむしゃらに やってきて」 コーチズ 児玉

成功の宣言文 6723 国民総幸福づくり  ありたい姿
●私の一番大きな目標は「ガンバルーンで国民総幸福づくり」
●ガンバルーンで、どれだけの人を幸福にできるかという事がテー
マ。このテーマを旗印に全国を飛び回っています。走り回ることで
、その地域で「何が欲しいのか?」という現状の把握ができます。
●「ガンバルーンで 国民総幸福 つくりだす」 コーチズ 児玉 

成功の宣言文 6724 8割が集まって  現状の姿 
●地域によって異なる気候や事情に関する気付きに合わせて柔軟に
対応しています
●例えば、赤ちゃんの体操教室をやろうとお母さんに集まってもら
ったところ、わずか8組。しかし、聞けばその自治体には10組し
かいないとの事で、8割が集まってくれたのかとびっくりです
●「8割が 集まってくれ びっくりし」 コーチズ 児玉

成功の宣言文 6725 最初は真似をする  実践する姿
●この提案書は近藤先生から示された他者の事例に当てはめる形で
、非常に事務的に作りました
●事務的に整理をして書き出してみると、ものすごく多くの気づき
があった。最初は、真似をすることから始めるのも良いと思います

●「事務的に 真似することから 始めるや」 コーチズ 児玉

成功の宣言文 6726 自分に向けた提案書  なりたい姿
●作るにあたっては、自分がアクションを起こすための、自分に向
けた「提案書」として作りました
●何より自分が行動を起こさないと何も始まらない。この改革実践
提案書を誰にでもわかる事業マニュアルとして活用したい。書いて
残すということが事業の継続・発展にとって非常に大切です。
●「改革は 自分に向けた 提案書」 コーチズ 児玉

成功の宣言文 6727 日頃の気づきの活用  実践する姿
●児玉さんは、日頃の気づきなどのメモを、「改革実践提案書」に
どんどん張りつけていった
●普段から自分の気づきメモを蓄積しておき、気に入った言葉を提
案しに入れていくのです。自分を変えて周りを変える改革実践提案
書になります。
●「提案書 日頃の気づき 貼り付けて」 鍋島ファシリテーター

成功の宣言文 6728 困ったの解決  ありたい姿
●私は元アパレル企業に勤めていました。今の事業に結び付けられ
るものは「何もない」状況だった
●ある時、「皆が『困った!』と言っていることを何とかする」こ
とが「売れる秘訣」だと気付いた。時にはニーズを創ることもある
。「ほら楽しいでしょ」と見せることでニーズを創りだす。
●「こまったこと なんとかするに 集中し」 コーチズ 児玉

成功の宣言文 6729 人を幸福にできるか  ありたい姿
●私にとって良いこととは、『どれだけの人を幸福にできるか』を
基準としている
●皆が「困っている=欲しい」と思っていることを見つけて何とか
する、何とかしなければならない、ということです。
●「どれだけの 人を幸福 できるのか」 コーチズ 児玉
 
成功の宣言文 6730 現場で解決する  実践する姿
●現場に立つ⇒「皆が困っている=欲しい」に気付く(探す)⇒メ
モする(貯める)
●⇒仲間に語る(気づきと「今あるもの」を育てる)⇒気付きと「
今あるもの」が結びつく瞬間を捉える⇒現場でちょっと試す⇒手応
えを感じる⇒小さく始めて大きく育てる。事務局の気づきです。
●「現場たち 困っているを 解決す」  事務局の気づき

成功の宣言文 6731 自治体に提案  実践する姿
●ガンバルーンのプログラムは、自治体に買ってもらうことが多い
●本来こうしたサービスは公共が実施していた。しかし、今ではで
きなくなっているのが実態。ならば私たちに任せてくれ、コストダ
ウンにもつながると自治体に提案し一緒に取り組んでいる。
●「自治体に 提案をして 一体で」 コーチズ 児玉
 
成功の宣言文 6732 行政の困っていること  現状の姿
●要するに行政に「困っている=欲しい」がある
●もちろん顧客は自治体だけではないので、イベントなどを通じ、
「困っている=欲しい」と思っている人たちにプログラムを広く知
ってもらうようにしています。
●「行政も 困っていること 存在し」 コーチズ 児玉
 
成功の宣言文 6733 バンバン使う  実践する姿
●児玉さんの発表を参考にするなどし、本日配付した「様式」に書
きこんでもらいたい
●第4回(次回)までに自分にあった頁をチョイスして10枚くら
い作ってもらいたい。第5回(最終回)には、改革実践提案書をパ
ンパンと使いながらご自身の思いや夢を語ってもらいたいです。
●「提案書 バンバン使い 語るのや」 鍋島ファシリテーター

成功の宣言文 6734 今日は1枚だけ  実践する姿
●近藤先生にも来てもらい、直接アドバイスを頂きたいと考えてい

●とりあえず今日は1枚だけ、5分程度で作成してください。表紙
でもよいし、書き易いのは「7:提案目的」「10:ありたい姿」
だと思います。
●「本日は 表紙だけでも 作成し」 鍋島ファシリテーター

成功の宣言文 6735 メンバーに説明する 実践する姿
●記入後、メンバーの方に.説明してあげてください
●メンバーの方へ説明することで自身の思いや夢を「強化」し、自
分以外の方の説明からアイデアや閃きを盗むなどしながら、改革の
輪を広げてもらいたいです。
●「メンバーに 説明するで 気づき出る」 鍋島ファシリテーター

成功の宣言文 6736 メモを貼り付けて  実践する姿
●塾生の皆さんが2チームに分かれ、メンターの先生を交えてフリ
ーディスカッション
●テーマは「改革実.提案書を作ってみよう!」。メンバー同士い
ろいろと論議し、メモしたものをご自身の提案書にどんどん張り付
けてください。
●「気づきメモ 提案書に 貼り付けて」 鍋島ファシリテーター

成功の宣言文 6737 思いを強化する  実践する姿 
●メンバーの方へ説明することで自身の思いや夢を「強化」しまし
ょう
●メンバーの.明から、アイデアや閃きを頂戴しましょう。改革の
輪をドンドンつなげましょう! 児玉さんの事例は14枚だが、皆
さんには10枚程度で良いのでまとめてもらいたい。
●「話をし 自分の思い 強化して」 鍋島ファシリテーター

成功の宣言文 6738 なりたい姿の文化  なりたい姿
●芳授記念病院では未来創造会議や和楽仁塾などが、定着して改革
実践が文化になりつつある
●毎年、なりたい姿は、なりたい姿ワークショップを開いて、重点
プロジェクトを決められています。今年はありたい姿であるモット
ーや基本方針も進化されようとされています。
●「定着す なりたい姿の 文化かな」 森田&近藤

成功の宣言文 6739 なりたい姿のメンバーに  実践する姿
●森田さんは、その中核メンバーとして改革実践をされているので
すね
●また昨年は、いしかわMOT7期生への、「その後の改革実践」
講義で、メタサービスという言葉を使われ、皆さんに刺激していた
だきました。
●「メンバーに なりたい姿 委員会」 森田&近藤 

成功の宣言文 6740 メタサービス事例  なりたい姿
●そのメタサービスの事例紹介をお願いしました。MOTスクール
事例をまとめていただきました
●物理的空間と思考空間のコラボレーションで新しい知識や価値が
生み出されて知識社会になっていくのですね。私は、4画面思考や
改革実践提案も、メタサービスの一つと考えています。
●「MOT メタサービスの 事例かな」 森田&近藤

成功の宣言文 6741 なりたい姿ワークショップ 実践する姿
●Y:やったことは「2013年 なりたい姿ワークショップ」です
●当院における2013年の”なりたい姿”を描くためのワークシ
ョップメンバーに選ばれ、9月2日のキックオフミーティングから、
昨年末までに計5回のワークショップに参加しました。
●「やったこと なりたい姿 委員会」 芳珠記念祈念病院 森田

成功の宣言文 6742 実現されたものと課題が  現状の姿
●W:わかったことは、以前のなりたい姿と比較し実現されたもの、
引き続き今後の課題が見えた
●病院の事業は6つに分類することができるという事がわかった。
1)予防・健康増進事業 2)医療事業 3)介護・福祉事業 4
)研究事業 5)提携事業 6)連携事業の6つに分類される
●「わかったこと 実現成果と 新課題」 芳珠記念祈念病院森田

成功の宣言文 6743 予防健康増進の兆し  ありたい姿 
●私は予防・健康増進事業に関する独自の兆し分析から、2013
年なりたい姿を描きました
●当院の”モットー”や”基本方針”は時代背景などからみると、
全てにおいてはマッチしていないということがわかった。
●「兆し分析 予防健康 増進の」 芳珠記念祈念病院 森田

成功の宣言文 6744 中期計画の作成に  なりたい姿
●T:次にやること1月末までに、予防・健康増進事業の中期経営
計画を作成します
●本日1月4日朝、新年例会にて仲井理事長より、2013年なり
たい姿ワークショップの発表がありました。今後は、なりたい姿を
含め、当院のモットー・基本方針”も見直しをかけていきます。
●「次にやる 中期計画 策定を」 芳珠記念祈念病院 森田

成功の宣言文 6745 本質を考えて訓練する  なりたい姿
●メタサービスは、ある具体的なサービスについての活動をまわす
ことだけを目的ではありません
●その活動の本質が何であるかというレベルで考え、活動を組織し
、まわす方法を教育・訓練していく事がメタサービスなのです。メ
タサービス事例をMOTスクールの事例でスライド作成しました。
●「サービスの 本質考え 訓練す」 芳珠記念祈念病院 森田

成功の宣言文 6746 市役所内の成果発表会  実践する姿
●昨年12月に、のと七尾人間塾は6期生のファイナルが終わりま
した
●地域改革モデルを創るために、10期を目指す事になった。10
期を目指すとすれば、真の全国モデルにする事が必要。七尾市役所
内で、人間塾6期生の4名の成果発表会を行う事になりました。
●「市役所で 成果発表会を 実践す」  関森&近藤

成功の宣言文 6747 市役所の改革実践  なりたい姿
●人事課主催で部門長や武本市長も出席され、4画面による市役所
改革実践の可能性が出てきた
●武本市長も、市役所は、市民や地域に対する、行政サービス会社
といわれています。4画面思考は、のと七尾人間塾の1期生の時に
、中島で生まれました。それが全国に普及されつつあります。
●「市役所の 改革実践 モデルかな」 関森&近藤

成功の宣言文 6748 今年の仕事始め  実践する姿 
●私の今年の仕事初めは、昨日1月4日の上田未来塾のファイナル
・プレゼンテーションでした
●新年に、非常に元気の出る体験をさせていただきました。中小企
業基盤機構の皆さんのご支援で、昨年より未来塾を行ってきました
。上田運輸とお客様の未来がみえてきました。
●「元気でる 上田運輸 未来塾」 上田運輸未来塾

成功の宣言文 6749 社長の思いの全社展開  実践する姿
●上田社長が、一昨年に、北國銀行エグゼクティブ・カレッジを終
了されました
●その時に宣言された改実践提案書を全社に広げるために、上田未
来塾をスタートされました。今回は、役員および、リーダーが塾生
で、主要事業毎の改革実践提案書を全社員と共有化しました。
●「未来塾 社長の思い 展開す」 上田運輸未来塾

成功の宣言文 6750 北陸からアジアへ  ありたい姿
●上田社長の宣言、営業部の宣言(常務+個人4画面)、業務部の
宣言(部長+個人4画面)、
●物流部の宣言(部長+個人4画面)、管理部4画面のながれで、
「アジア市場を中心に北陸から全国にの社長の思い」が部門にブレ
ークダウンされて共通化され、全員主役経営のスタートです。
●「北陸から アジア市場へ 思いもち」 上田運輸未来塾

成功の宣言文 6751 物心両面の物流  ありたい姿
●来年には50周年を向かえ、さらに100年企業宣言を実現する
プロ集団を活動に入ります
●物心両面の物流にこだわった物流商社に育っていく。皆さんは発
表の後に、小松の安宅神社にいかれ、健康と安全と成長を誓かわれ
ました。企業や社会を元気にする価値創造の物流の旅たちです。
●「プロ集団 物心両面 物流の」 上田運輸未来塾