« 成功の宣言文コミュニティメンバーよりのメッセージ | メイン | 成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ »

成功の宣言文 6696 哲学の革新を  ありたい姿

「自分ごと どんな生き方 していくか」

   
今井&近藤

●今の時代の再生は、知識や技術も大切ですが、基本は哲学の革新
です
●自分ごとで、どんな生き方を大切にするか考えて、表現して、仲
間と実践の輪をつくっていく。成功の宣言文コミュニティは、そん
な改革実践者の交流の場になっているのですね
●「自分ごと どんな生き方 していくか」 今井&近藤

成功の宣言文 6697 人と組織の活性化  なりたい姿 
●私の都合で、しばらく、宣言文をお休みすることで、仲間の交流
の大切さに気づきました
●皆さんとのワイガヤで、関ヶ原人間村カンパニーのように、人づ
くり、組織づくり、そして事業づくりの輪を進化していく活動をし
ていきましょう。
●「ワイガヤで 人と組織を 活性化」 近藤修司

成功の宣言文 6698 一貫した哲学が背骨に  ありたい姿
●久しぶりの成功の宣言文の配信、ありがとうございます。今回は
、非常に盛りだくさんですね。
●関ヶ原さんを筆頭に、北陸のいろんなところで、ユニークな改革
が成果を生み始めているようですね。対象となる組織・企業は様々
ですが、近藤流の一貫した哲学が背骨になってるのを感じます。
●「近藤流 改革哲学 背骨なり」  今井雄二

成功の宣言文 6699 自分ごとの改革  実践する姿  
●すべての発表が4画面美術館、革新図面館、改革人材館‥技術力
と人間力の見える化に通じます
●集まった人達すべてが、自分ごとで学び、自分ごとで改革に生か
そうとされている。近藤先生の進めておられる改革塾は、本当に重
要な戦略だと思っています。
●「自分ごと 学んで改革 実践す」 今井雄二

成功の宣言文 6700 自分のマネジメントを 現状の姿
●10年前に支援をさせていただいた戦略経営への改革の参加者が
、執行役員に昇格しています
●現在の部門長クラスは4画面思考のベースを経験しています。新
任の執行役員に会う機会がありました。「戦略経営への改革が、自
分のマネジメントを創り上げた」という言葉をいただきました。
●「改革が 自分のマネジメント 創り上げ」  今井雄二

成功の宣言文 6701 全員主役の6期生  なりたい姿
●いしかわMOTスクール6期生の忘年会が、塩田さんの幹事で行
われました
●六期生は全員が役割を持った全員主役の組織づくりです。その一
つとして、七期生への改革実践のモデル講義も六期生がかって出て
いただきました。
●「六期生 全員主役の チームかな」 いしかわMOT6期生  

成功の宣言文 6702 その後の実践講義  実践する姿
●4名の皆さんは、ファイナルの発表よりは、数段迫力があり、7
期生に刺激をいただきました
●小松電子の福村さん、石川松任中央病院の西さん、朝日電機の堀
内さん、芳珠記念病院の森田さんの4名のみなさんによる「改革実
践提案とその後の実践」の講義です。
●「提案書 その後の実践 講義する」 いしかわMOT6期生

成功の宣言文 6703 改革川柳  実践する姿
●6期生の忘年会では、新しい試みとして、改革川柳を楽しみ、思
いを交流しました
●塩田さんが短冊とサインペンを用意していただいて、本格的な句
会です。皆さんの短冊は、私に記念品としていただきました。 改
革の思いが入った短冊で、改革エネルギーを感じます。
●「6期生 改革川柳 楽しんで」 いしかわMOT6期生

成功の宣言文 6704 MOT6期生の忘年会 実践する姿
●近藤先生、三野さんをはじめ、総勢10名でMOT6期生の忘年
会を行いました
●その中で1年を振り返る為に、川柳大会を実施しました。皆さん
の作品は以下のように、すばらしい改革川柳です。そして、皆さん
からベストMOT賞、3作品が選ばれました。
●「6期生 改革川柳 楽しんで」 PFU 塩田

成功の宣言文 6705 改革川柳を楽しむ会  実践する姿
●MOT6期生忘年会では、お互いの改革実践の思いを川柳で表現
しあうことを楽しみました
●俳句・川柳も、世界一短い言葉の芸術で、作者の心の動きを写生
する。塩田さんの準備されたハーフ短冊とサインペンで、不思議な
事に、自然にみんなの手が動きました。日本人のDNAなのです。
●「忘年会 改革川柳 楽しんで」 いしかわMOT6期生

成功の宣言文 6705 ハーフ短冊で工夫  なりたい姿
●短冊も半分に切った物でなじみやすいです。奥さまと相談されて
、工夫して準備されました
●素晴らしい、改革川柳の発見です。同じ改革実践体験をしている
仲間だけに、他の人がつくったものでも、すぐつながっていくので
す。創意工夫で二倍楽しめる場ができるのですね。
●「工夫して 二倍楽しめる 場が出来て」いしかわMOT6期生

成功の宣言文 6706 ヒラメキや直感力  現状の姿
●6期生の心の動きが、5・7・5の川柳で、お互いに確認し合い
ました
●改革は、ヒラメキや直感がその推進力になる。ヒラメキや直感を
5・7・5で表現する事で、お互いの心が深く結びつく。元気のあ
る仲間の川柳に触れていると、人間力が向上してくるのです。
●「ヒラメキや 直感力が MOT」 いしかわMOT6期生

成功の宣言文 6707 MOTの風通し  現状の姿
●三野さんは、12月のヘヤースタイルを、かえました。
●何かあったのだ、そのうわさが、6期生の間で、疾風のごとく流
れました。その風とうしの良さに感動しました。皆さん、私の頭を
見て、ボンバー三野といわれています。MOTは風です。
●「恐ろしや MOTの 風通し」 ボンバー三野

成功の宣言文 6708 やらねば成果はない  実践する姿
●筑波の研究所で、ローリング作戦をされた結果、ウルピュアの受
注が数台決まりました
●その成功を振り返ってみて気づいた事は、新製品の受注には、ま
ぐれはない。しっかりマーケティングして、コツコツと顧客訪問す
ることの努力が数字に表れる。MOTはやることです。
●「まぐれはない やらねば成果は 生まれない」小松電子 福村

成功の宣言文 6709 仲間といつも前のめり  実践する姿
●品質保証部長の大役を、仲間の皆さんと、いつも前のめりで、は
たしています
●日々、何が起こるかわからない緊張の中で、仲間の力を信じてい
ます。仲間の人間力と技術力を引き出すことで、自分も仲間と共に
進化しています。MOTは当然、前のめりです。
●「持っている! 仲間はいつも 前のめり」 PFU 二塚

成功の宣言文 6710 持ってるな  現状の姿
●世界シェアートップを保証する、品質保証活動を仲間の力を信じ
て、実践しています
●お客様と共に進化する、仲間と共に進化する、そして社会と共に
進化する気持ちを表現してみました。5・7・5では足らずに、+
7・7で、思いを表現しました。MOTは幸運です。
●「持ってるな 問題招く 幸運を この能力で 品質向上」 
PFU 二塚

成功の宣言文 6711 なつかしい  現状の姿
●福村さんが、7期生に講義されたというお話をきき、7期生の頑
張りを感じました
●昨年、新部長に昇格できて、提案書(月曜日の朝が楽しい)を思
い出してます。ファイナルが終わってホッとするとともに、MOT
が終了する寂しさも感じられました。MOTは懐かしさです。
●「7期生 大変そうだが なつかしい」 渋谷工業 松本

成功の宣言文 6712 結局やります  実践する姿
●最近は職場でも、自分ごとでやるぞ感の高田の評判が流れて、挑
戦課題が多くなってきた
●新年1月には、MOTシンジケートの体験交流会が松本機械であ
ります。私のテーマでもあった、工場ショールーム化をみていただ
きたいと存じます。やりきるのがMOTですね。
●「ぼやいても 結局やります 6期生」 松本機械 高田

成功の宣言文 6713 世界一目標  なりたい姿
●世界一目標は、相変わらず一貫された哲学になっています。MO
Tは世界一目標です。
●今でも6期生の仲間から刺激を受けています。交換日誌も継続し
ています。今後は個人別にコミュニケーションを変えていきます。
少年テニスの指導も継続しています。
●「6期生 本当みんな すごい人!」 東振動精機 東

成功の宣言文 6714 元気だぜ、今しんどくても 現状の姿
●二塚部長から信頼されている品質保証リーダーとして、飛び回っ
ている心境を歌いました
●中国の大連の寒さの中で、必死に品質保証活動をしました。新人
メンバーも連れて行って、「今、しんどくても、元気出せ、必ず未
来は開ける」と、自分と新人を激励した。MOTは元気です。
●「元気だぜ! 今しんどくても 先をみて」 PFU 増田

成功の宣言文 6715 年の暮れの振り返り  現状の姿
●前のめり通信にもかきましたが、中国の大連での品質サポート体
験が特に思いだされます
●2月にMOTファイナルが終わり、あっという間に、年の暮れで
す。二塚部長とチームを組んで、全員主役で前のめりでやっていま
す。MOTは振り返りです。
●「自分ごと 振り返りつつ 年の暮れ」 PFU 増田

成功の宣言文 6716 MOTは最高だ  現状の姿
●すばらしい仲間と出会って、6期生の永久幹事をしたいです。M
OTは最高です
●MOTの素晴らしい仲間とであい、幹事は自分ごとで手を上げま
した。三野さんに支援していただいて、リポートを出しきったのも
、なつかしいです。レポートの採点もほしいものです。
●「MOT レポートなければ 最高だ!」 PFU 塩田

成功の宣言文 6717 動けば変わる  実践する姿
●MOT終了してからも、学習の文化が出きて、定期的に研修を受
けています
●先日の研修で、講師は、「未来だけでなく、過去もかえられる」
と言われていました。過去は感謝する気持ちでかえられるのです。
MOTは感謝です。能登島のフルマラソンにも出たいと思います。
●「自分ごと 動けばかわる 過去未来」 PFU 塩田

成功の宣言文 6718 人づくり会社づくり なりたい姿
●お互いに自分の思いや気づきをワイガヤで交流する場で、自分も
人も育ちます
●6期生の皆さんが、自分づくり・人づくりを継続し、その上で学
習組織づくりに注力し、さらに、ニッチトップの事業づくりの成功
を願って、思いを歌いました。MOTは人づくりです。
●「人づくり 会社づくりで 事業かな」  近藤修司