« 成功の宣言文 6646 能力開発大会2010  実践する姿 | メイン | 成功の宣言文 6696 哲学の革新を  ありたい姿 »

成功の宣言文コミュニティメンバーよりのメッセージ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■MBI研究所の今井さんより、宣言文の復活にコメントをいただ
きました。今の時代の再生は、知識や技術も大切ですが、哲学の革
新のような気がします。自分ごとで、どんな生き方を大切にするか
考えて、表現して、仲間と実践の輪をつくっていく。成功の宣言文
コミュニティは、そんな改革実践者の交流の場になっているのです
ね。私の都合でしばらく宣言文をお休みすることで、仲間の交流の
大切さに気づきました。皆さんとのワイガヤで、関ヶ原人間村カン
パニーのように、人づくり、組織づくり、そして事業づくりの輪を
進化していく活動をしていきましょう。ありがとうございます。
(近藤)
●「近藤流 改革哲学 背骨なり」  ありたい姿
■近藤先生
久しぶりの成功の宣言文の配信、ありがとうございます。
今回は、非常に盛りだくさんですね。関ヶ原さんを筆頭に、北陸の
いろんなところで、ユニークな改革が成果を生み始めているようで
すね。
対象となる組織・企業さんは様々ですが、近藤流の一貫した哲学が
背骨になっているのを感じます。すべての発表が、成功の宣言文の
サイトで実践されている4画面美術館、写真館、革新図面館、改革
人材館‥近藤先生の技術力と人間力の見える化に通じますね。また
、集まった人達すべてが、自分ごとで学び、自分ごとで改革に生か
そうとされているようです。
近藤先生の進めておられる改革塾は、本当に重要な戦略だと思って
います。約10年前、オムロン在職時に支援をさせていただいた戦
略経営への改革の参加者が、執行役員に昇格してきています。現在
の部門長クラスは、ほとんどが4画面思考のベースを経験していま
す。先日、新任の執行役員に会う機会がありました。そこで、「あ
の戦略経営への改革が、今の自分のマネジメントを創り上げた」と
いう言葉をいただきました。生意気なことを言って申し訳ありませ
んが、近藤先生の改革塾の花が咲き乱れるのは3年~5年先ではと
思います。少しでも早く、お客様に成果をプレゼントできると良い
ですね。
来年は、オムロン、芳珠さん、関ヶ原さんやPFUさんなどと4画
面を活用した異業種交流などができると面白いですね。また、とき
どき連絡をさせていただきます。
今後とも、よろしくお願いします。


MBI研究所 代表 今井 雄二

■いしかわMOTスクール6期生の忘年会が行われました。六期生
はPFUソフトウエヤーの塩田さんが幹事です。全員が役割を持っ
た全員主役の6期生です。その一つとして、七期生への改革実践の
モデル講義も六期生がかって出ていただきました。小松電子の福村
さん、石川松任中央病院の西さん、朝日電機の堀内さん、芳珠記念
病院の森田さんの4名のみなさんが、「改革実践提案とその後の実
践」の講義をしていただきました。ファイナルの発表よりは、数段
迫力があり、7期生に刺激をいただきました。7期生も6期生のパ
ワーに刺激されて、いまから「七輪会」という名前を決めて、結束
を強めておられます。これも、6期生の皆さんの刺激のおかげです
。6期生の忘年会では、新しい試みとして、。改革川柳を楽しみま
した。塩田さんが短冊とサインペンを用意していただいて、本格的
な句会です。皆さんの短冊は、私に記念品としていただきました。 
改革の思いが入った短冊で、改革エネルギーを感じます。やはり、
改革の仲間との思いの交流する場は楽しいですね。ありがとうござ
いました。(近藤)
●「6期生 改革川柳 楽しんで」 実践する姿
■前のめり通信 (MOT6期生メールマガジン) 発信日2010年12月27日
6期生の行動 第19号
---------------------------------------------------------
PFUソフトウェアの塩田です。
皆さん、お疲れ様です。先日のMOT6期生の忘年会、楽しかった
ですね。やはり仲間っていいですね。
それでは、YWTです。
Y: やったこと
(1)「MOT6期生の忘年会」
近藤先生、三野さんをはじめ、総勢10名でMOT6期生の忘年会を
行いました。その中で1年を振り返る為に、川柳大会を実施しまし
た。皆さんの作品は以下のように。
そして、皆さんからベストMOT賞を選出してもらい、見事3作品が
選ばれました。
(*印の3作品)
近藤先生:「人づくり 会社づくりで 事業かな」
*  三野さん:「恐ろしや MOTの 風通し」
*  福村さん:「まぐれはない やらねば成果は 生まれない」
*  二塚さん:「持っている! 仲間はいつも 前のめり」
「持ってるな 問題招く幸運を この能力で 品質向上」
松本さん:「7期生 大変そうだが なつかしい」
高田さん:「ぼやいても 結局やります 6期生」
東さん :「6期生 本当みんな すごい人!」
増田さん:「元気だぜ! 今しんどくても 先をみて」
向井さん:「自分ごと 振り返りつつ 年の暮れ」
塩田  :「MOT レポートなければ 最高だ!」
「自分ごと 動けばかわる 過去未来」
最後に、皆さんの作品を近藤先生にプレゼントしました。
(2)「アホ会(セミナー&懇親会)に参加」
http://ahokai.com/

ーーー■今日の一言:MOT改革川柳を楽しむ会ーーーーーーーー
MOT6期生忘年会では、お互いのMOT改革実践の思いを俳句・
川柳で表現しあうことを楽しみました。俳句も川柳も、世界一短い
言葉の芸術で、作者の心の動きを写生するものです。塩田さんの準
備された短冊とサインペンで、不思議なことに、自然に手が動きま
した。5・7・5は日本人のDNAなのですね。短冊も半分に切っ
た物でなじみやすいです。奥さまと相談されて準備されました。素
晴らしい、改革川柳の発見です。同じ改革実践体験をしている仲間
だけに、他の人がつくったものでも、すぐつながっていくのです。
6期生の心の動きが、5・7・5の川柳で、お互いの思いを確認し
合いました。改革実践は、人間のヒラメキや直感がその推進力にな
ります。自分のヒラメキや直感を5・7・5で表現することで、お
互いの心が深く結びつきます。元気のある仲間の川柳に触れている
と、人間力が向上してくるから不思議ですね。もう一度、解説をつ
けてご紹介いたします。(近藤)
●「恐ろしや MOTの 風通し」 三野さん
 三野さんは、12月のヘヤースタイルを、かえられました。「何
 があったのだ」そのうわさが、6期生の間で、疾風のごとく流れ
 ました。その風とうしの良さに感動して・・
●「まぐれはない やらねば成果は 生まれない」 福村さん
 筑波の研究所で、ローリング作戦をされた結果、ウルピュアの受
 注が数台決まりました。その成功を振り返って・・
●「持っている! 仲間はいつも 前のめり」 二塚さん
 品質保証部長の大役を、仲間の皆さんの人間力と技術力を日々、
 引き出されることで、果たされています。その心境を歌われまし
 た。
●「持ってるな 問題招く幸運を この能力で 品質向上」二塚さん
 世界シェアートップを保証する品質保証活動を、仲間の力を信じ
 て、お客様と仲間と共に進化している気持ちを表現されました。
●「7期生 大変そうだが なつかしい」 松本さん
 福村さんが、7期生に講義されたというお話をされ、7期生の頑
 張りに刺激を受けました。松本さんは部長に昇格されて、自分の
 提案書(月曜日の朝が楽しい)を思い出させれていました。
●「ぼやいても 結局やります 6期生」 高田さん
 最近は職場でも、自分ごとでやるぞ感の高田さんの評判が流れて
 、いろいろ挑戦課題が多くなってきたようです。お若いのにすご
 いですね。
●「6期生 本当みんな すごい人!」 東さん
 世界一目標は相変わらず一貫された哲学になっておられます。少
 年テニスの指導も継続されていて、今でも、6期生の仲間から刺
 激を受けられているそうです。
●「元気だぜ! 今しんどくても 先をみて」 増田さん
 二塚部長から信頼されている品質保証リーダーとして、飛び回わ
 りながら、先導するぞという気持ちを歌われました。
●「自分ごと 振り返りつつ 年の暮れ」 増田さん
 今年は、中国の大連での品質サポート体験が特に、思いだされる
 といわれていました。2月にMOTファイナルが終わり、あっと
 いう間に、年の暮れとも、いわれていました。
●「MOT レポートなければ 最高だ!」 塩田さん
 6期生の永久幹事の塩田さんの気持ちです。MOTの素晴らしい
 仲間の幹事は自分ごとで手を上げられました。三野さんには感謝
 されつつ、レポートも完了しました。レポートの採点がほしいと
 いわれていました。
●「自分ごと 動けばかわる 過去未来」 塩田さん
 MOT終了してからも、学習の文化が出きて、定期的に研修を受
 けられています。未来だけでなく、感謝により、過去もかえられ
 ると言われていました。能登島のフルマラソンに出られるようで
 す。
●「人づくり 会社づくりで 事業かな」  近藤
 6期生の皆さんが、「自分づくり・人づくりを継続し、その上で
 学習組織づくりに注力し、さらに、ニッチトップの事業づくり」
 の成功を願って、・・・。
■「ヒラメキや 直感が力 MOT」 いしかわMOT6期生

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
四画面思考により、人間力と技術力を向上し、日本企業や日本社会
を、元気に・楽しく・美しくするために「成功の宣言文」を 研究・
発信しています。皆さんと、改革人材を増やし、改革の輪づくりを
させていただけることに感動し、感謝しております。現場で、前向
きに生きる改革人材の人間力にふれて、ありたい姿を持って「私も
やろう」と動き出す事が、最大なる価値と考えております。過去の
「成功の宣言文」の閲覧や常設している「宣言文写真館 」&「革
新図面館」&「4画面美術館」など、皆さんの「未来を創り出す改
革実践」のためご活用ください。http://www.success-poem.com/
(株)四画面思考研究所 代表   近藤修司
JAIST 知識科学研究科 客員教授
日本商工会議所 知産創育ネットワーク研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━