« 成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ | メイン | 成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ »

成功の宣言文 6160 真中に立つ  ありたい姿

「ありたいは 真中に立つ ためにある」

   
PFU増田
 

●「前のめり通信」は、今回は,PFUの増田さんからの,YWT
です
●娘さんの運動会と仕事でのYWTが、話題になっています。顧客
のため、仲間のため、会社のため、家族のための、社会のための真
中にたって、ありたい姿を描いているのですね。


成功の宣言文 6161 娘の運動会  現状の姿 
●昨日娘の運動会でこの夏の暑さを初めて実感できたような気がし
ます
●出張で北京に行ってきました。北京の空はスモッグで真っ白で、
空気が悪かった。朝6時に見える朝日が、白い空気の中で浮き上が
り、真っ赤で輪郭がハッキリ。初めて見る変わった朝日でした
●「運動会 夏の暑さを 実感し」  増田 稔

成功の宣言文 6162 3Sプロジェクトの立ち上げ 実践する姿
●Y:やったこと開発環境があまりにも汚いので、事業部内での3
Sプロジェクトを立ち上げた
●3S(整理/整頓/清掃)活動のしくみ改善に取り組みました。月
曜朝一10分間で3Sする。 わかった事は皆がやるようになり、以
前よりもキレイになりました。今後は継続のしくみ作りです。
●「3Sの プロジェクトを 立ち上げて」  増田 稔  

成功の宣言文 6163 説明できるまでの理解  実践する姿
●PFU未来塾で、MOTの卒業生ということで以下の講師をしSE
CIモデルの説明しました
●SECIモデルの説明をするのに、資料を引っ張り出し大変でした。
「なんとなくわかっている」⇒「説明できるまでに理解する」は大
変で、改めてSECIを回すことの大切さを認識できました。
●「SECIモデル 説明できる まで理解」  増田 稔

成功の宣言文 6164 振り返りで気づく  現状の姿
●未来塾の講義で、最近の活動とMOTの提案書を振り返ることができ
、以下のポイントに気づいた
●「できるしくみをつくる」「メリットを伝え、共有する」「ねぎ
らう、 気持ちよくさせる」そして、「すべては、Communication
から」 なのですね。
●「提案書 振り返りにて 気づくこと」  増田 稔

成功の宣言文 6165 部長とのコミュニケーション 現状の姿
●部員は我々PMとのコミュニケーションは日々あるが、部長とは
足りないとの意見がある
●現在、部長と部員のコミュニケーション向上に取り組んでいます
。部長に提言したところ、早速C.C.Timeを利用したディスカッショ
ンをしてくれました。部内の信頼関係強化に取り組みます。
●「部長とは CCタイム 活用し」  増田 稔

成功の宣言文 6166 改革通信の創造  実践する姿
●いしかわMOT5期生の改革実践通信である「アニモ通信」が1
05号になりました
●改革実践塾の修了後のクラスメンバーの改革実践の通信を創造さ
れたのは5期生です。いまや、改革実践コミュニティの重要な道具
になりました。思考的現実と物理的現実の二つを交流できる。
●「改革の 実践通信 創造す」  アニモ通信

成功の宣言文 6167 事実で事実を変える輪  なりたい姿
●今回は秦さんです。東振精機さんもすっかり改革実践のモデル企
業になってきています
●次回の能美改革実践塾は、東振精機さんの見学です。秦さんや東
振志塾のメンバーが企画していただいております。事実で事実を変
える現場見学が毎週のように行われるようになりました。
●「MOT 事実で事実 かえる輪が」  アニモ通信

成功の宣言文 6167 さわやかな笑顔   ありたい姿
●先日県内のある工業高校での会議に出席しました
●すれ違う学生のほとんどが笑顔で「こんにちは~」と声を掛けて
くれた。とても爽やかな気分にさせていただき、この笑顔、この爽
やかさが今の世の中に足りないものなのかな~と感じました。
●「こんにちは~ 笑顔の声掛け さわやかに」  秦 恵介

成功の宣言文 6168 笑顔でさわやかに仕事を  ありたい姿
●業務が忙しいからといって、眉間にしわを寄せてカリカリせず、
笑顔で爽やかに仕事しましょう
●歳をとると、「アク」も「加齢臭」も強くなります。せめて笑顔
だけは、と今も、笑顔で爽やかにキーを叩いています。
●「いそがしい ながでも笑顔 さわやかに」  秦 恵介

成功の宣言文 6169 能美様式の確立  なりたい姿
●能美ものづくり改革通信が、4画面思考+YWTの様式が確立さ
れています
●その能美様式が確立された来たのは、メルマガマネジャーの山本
さんの存在です。次回は私の番ですが、山本さんから投稿のご案内
をいただけます。この陰の努力でコミュニティが育っていく。
●「能美様式 陰の努力で そだってく」  山本&近藤

成功の宣言文 6170 能力の底上げ  実践する姿
●成功の宣言は『自分を改革で成長させる3』です
●現状の姿は仕事をこなしているだけの自分が垣間見える時がある
。ありたい姿は常に進化できる社員、なりたい姿は確実に実行する
体質。実践する姿は、自分の能力の底上げと新しい事への挑戦
●「挑戦と 自分の力 底上げを」 本裸子製作所 美谷

成功の宣言文 6171 山本流で改革実践支援 実践する姿
●現状の姿は、改革実践の研究と支援を初めて4年目
●ありたい姿は輪を広げ改革知識を創り人と組織を元気にする。
なりたい姿は改革知識を掘り下げ、改革人材のプロを毎年応援し増
やしたい。実践する姿は自分を実験台に→改革人材の発掘支援
●「山本流 改革実践 支援する」 ニッコン 山本

成功の宣言文 6172 自分の4画面を持って  実践する姿
●4画面実践率は低くても、自分の4画面持って、現実の仕事に挑
戦していることに、意味がある
●人間は、思考的現実と物理的現実の二つの現実を持っています。
思考的現実が小さいと、物理的現実に取り込まれて、やるぞ感がな
くなってしまいます。
●「4画面 もって挑戦 することや」 近藤修司

成功の宣言文 6173 思考的と物理的  ありたい姿
●思考的現実と物理的現実のバランスをとっていくのが、4画面や
改革の輪です
●みなさんとの活動で、改革実践の本質が、「自分ごと・4画面・
改革の輪」で、あることが、正当化されてきたような気がします。
秋を迎え、思考的空間と物理的空間を進化していきましょう
●「改革は 二つの現実 大切に」 近藤修司

成功の宣言文 6174 自分の感性を信じて  なりたい姿
●自分流や深みを求めるスタイルをつくるには、「守・破・離」や
「序・破・急」の言葉です
●お二人共、「守・破」や「序・破」のステージは終えている。自
分の感性を信じてモデル化していただければよい。スタイルができ
ると更に応用で、どんどん改革実践が加速される。
●「スタイルは 自分の感性 信じるや」 能美機器 本

成功の宣言文 6175 気づきはエネルギー  現状の姿
●直近の気づきは、鮮度が高く、創造エネルギーを持っています
●それを自分の思考的現実の中に取り込んで、実践して物理的現実
を変えて、また気づいて、実践するのが、自分を変えて周り変える
改革です。それをチームで行うと、エネルギーが倍増します。
●「直近の 気づき創造 エネルギー」 近藤修司

成功の宣言文 6176 ワイガヤ講義   ありたい姿
●はくさん元気塾第4講で滝本さんと石黒さんの講義のあとに、塾
生全員でワイガヤをした
●ワイガヤ型講義です。その塾生の気づきを4画面でまとめてみま
した。石黒さん、滝本さんの思いと塾生の思いがまじりあって、は
くさん元気塾の改革文化になっていくと思います。
●「全員で ワイガヤ講義 知創造」 はくさん元気塾

成功の宣言文 6177 外部から変える  実践する姿
●継続しているとマンネリ化する。社内は内部より外部で変わる
●耳に残っている言葉は、タコつぼ、チャリン。100年企業であ
っても風力発電など、研究開発をやり遂げる雰囲気がある。常に新
しいことをやっていくが大切だ。
●「壁があり タコつぼ変える 外部から」  はくさん元気塾

成功の宣言文 6178 ありたい姿の実現  ありたい姿
●未来の創造は、ありたい姿・なりたい姿を実現する
●4画面をはってある。そしていつもありたい姿なりたい姿をグラ
ンドルールにしている。自分をさらにして発想していく。100年
企業の研究開発で空間をつくる。
●「ありたいと なりたい姿 追及す」 はくさん元気塾  

成功の宣言文 6179 アイディアを生み出す場  なりたい姿
●アイディアを生み出す場をつくることが大事
●視点が新しく、人や組織を巻き込んでやる。畑の違う商品は、手
を組む相手が大事。アイディアを創造する組織体質づくりは継続力
の強さ。研究開発をシステムにし、チャリンが聞こえるように
●「アイディアを 生み出す場を つくる事」 はくさん元気塾

成功の宣言文 6180 毎月やること   実践する姿
●ファイナルで提案された研究開発会議を6年継続。月に一回の研
究開発企画会議
●販売を自らやる。本や文献から学ぶのでなく実際にやっている人
に会いに行く。継続力と忍耐力で追及していく力が大事。挫折して
も乗り越える。出張したらお客さんを5社回る。
●「毎月の 開発会議 6年目」  はくさん元気塾

成功の宣言文 6181 数人が最小改革単位  実践する姿
●答えはありそうでわからない、追及し続けることが大事。マンネ
リを乗り越える継続力
●ただ、感じ入ってびっくりした。まめにやることで進化する。大
PFUが数人のチーム単位に見える化をしている。二つの現実がP
FUの見える化でわかった、自分も実践する
●「大企業 最小単位の 改革を」 はくさん元気塾

成功の宣言文 6182 楽しく仕事するのは人間 ありたい姿
●ありたい姿は、楽しく仕事する、それをするのは人間で、ありた
い姿を共有が大事
●楽しく仕事することが大事、それをするのは人間、楽しく楽に開
発をするのは人間だ。育てる側の姿勢が大事。ありたい姿をいうこ
とで思考的現実が動き出す。
●「ありたいは 楽しく仕事 することや」 はくさん元気塾

成功の宣言文 6183 はりもの文化に共感  現状の姿
●4画面でお互いのありたい・なりたい姿が見えて、仲間になる
●ポストイット文化には共感した。それぞれの気持ちが見えること
が大事。工場の見える化をしている、営業の見える化をしろと言わ
れている。目標の持つことの重要性を理解した。
●「すばらしい はりもの文化 共感す」 はくさん元気塾

成功の宣言文 6184 にこにこカレンダー  実践する姿 
●デジタルの最先端を走るPFUがアナログの見える化をやってい

●見えるかと振り返りの大切さがわかった。いろいろ面白いやり方
に挑戦している。とくににこにこカレンダーはすばらしい。コミュ
ニティ力は見える化や振り返りでできることがわかった。
●「おもしろい にこにこカレンダー やってみる」 はくさん元気塾

成功の宣言文 6185 思考的現実の共有  ありたい姿 
●見える化や振り返りで、いつのまにか思考的現実が共有できる
●振り返りは良かったことから入り、悪いことにいく。グランドル
ールを見える化することが大事。継続する事の大切さ。継続してす
そ野を継続続けることの大切さ
●「いつのまに 思考的現実 共有化」 はくさん元気塾

成功の宣言文 6186 改革実践コミュニティモデル 現状の姿
●みなさんのご支援で、石川県でMOT改革実践のコミュニティ・
モデルが構築されてきました。
●地域モデルが一つ出来れば、全国を変えることはできると思って
ます。全国には必ず、ありたい姿を追及している人はいる。素晴ら
しい産学診官連携ができれば、全国に広がる。
●「北陸で 改革実践 コミュニティ」 はくさん元気塾  

成功の宣言文 6187 顧客とともに進化する  実践する姿
●本日も、第4期北國銀行エグゼクティブ・カレッジの先進企業P
FUの見学交流会があります
●真田副社長から講義をいただけ、石川企業を元気にするあたらし
い直近の気づきが生まれると思います。顧客と共に、進化するマネ
ジメントがPFUモデル体験できます。
●「PFU 顧客とともに 進化する」 北國銀行エグゼクティブカレッジ