« 成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ | メイン | 成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ »

成功の宣言文 5910 心のありよう  ありたい姿

「はくさんの 俳句館にて 元気塾」

   
近藤修司

●俳句も改革実践も、心のありようの表現。価値は大切ですが、よ
り大切なものはマインド
●はくさん元気塾の次回は、千代女の俳句館です。館長の講義をお
聞きし、千代女の世界と改革実践の世界の知識混合が行わます。マ
インド・イノベーションの知識混合を期待しています。

成功の宣言文 5911 祭りの気分  なりたい姿 
●夏まつりの季節になり、あちこちの夏祭りを楽しめます
●祭りは気分がよく、いろいろな元気なマインドをもらえます。4
画面でいえば、ありたい姿・なりたい姿そして実践する姿に、電気
がつく。また、苦しい時も祭りを思い出すと元気になれる。
●「夏祭り 元気な気分 楽しめて」  近藤修司

成功の宣言文 5912 踊りの夕べ  実践する姿
●白山市のお祭り「松任まつり」の1イベント、「踊りの夕べ」に
病院チームとし参加しました
●各町内会や企業毎にチームをつくって、商店街を松任じょんがら
、松任音頭、炭坑節に合わせて踊るもので、踊りの審査もあり良い
チームは表彰されます。
●「じょんがらに 病院チーム 参加して」  松井隆史

成功の宣言文 5913 総勢50名で踊る  実践する姿
●当院としては毎年参加しているのですが、私自身は初めての参加
でした
●当院は医師、看護師、技師、事務の各部署から総勢50名程度の
参加となりました。一曲20分、松任じょんがらは2回踊ることに
なっており、計1時間20分おどることになります。
●「病院も 総勢50名 参加して」  松井隆史

成功の宣言文 5914 職員の交流に  実践する姿
●お祭りに向けて、業務後に踊りの練習をしたり、準備をします
●他部署の職員と仕事以外のことで話すことができ、職員の違った
一面も見ることができます。院内の交流にもつながります。
●「祭りにて 他部署職員 交流し」  松井隆史

成功の宣言文 5915 職員一丸に  実践する姿
●ちなみに審査の結果、当院が最優秀賞をもらうことができました
●小さなお祭りでの賞ではありますが、職員一丸となって結果を出
せたことは、今後の業務においても良い影響を与えてくれるのでは
無いかと期待しています。
●「職員が 一丸になり 最優秀」  松井隆史

成功の宣言文 5916 気を感じる   現状の姿
●本理事長は、「能美機器協同組合4画面美術館で気を感じた」と、
コメントされています
●私も本理事長と一緒に、その「気」を体験しました。塾生の、あ
りたい姿・なりたい姿を達成しようという、心のありよう(マイン
ド)が伝わってくるのです。
●「塾生の 気を感じるや 美術館」  本&近藤

成功の宣言文 5917 ロマンや楽しさ  現状の姿
●改革実践の雰囲気や大気の動きを感じるのです
●素朴なコツコツとした改革もあれば、スケールが大きい改革もあ
ります。いろいろな改革を見ていると健康な心臓の動きを感じさせ
てくれます。改革提案するロマンや楽しさを感じられる。
●「改革の ロマンや楽しさ 感じられ」  本&近藤

成功の宣言文 5918 夢を誘ってくれる  ありたい姿
●4画面美術館で、塾生の気持ちを見ることができます。どんな仕
事にも夢があるのです
●4画面を見る人が、自分の創造で見る事が出来るのです。いろい
ろな4画面美術館が、広がってきて、どっかに、自分の夢を誘って
くれる4画面があると思うと、ワクワクした気持ちになります
●「自分の夢 誘ってくれる 4画面」  本&近藤

成功の宣言文 5919 自分の言葉を  実践する姿
●経営の外部環境と内部環境の変化に応じで、改革実践も工夫され
ておられるのですね
●素晴らしいことです。 マンネリ化を避けて、継続力を高める工夫
として、独自の言葉を使うことも有効ですね。 テニスの杉山愛は、
実践を継続するために、自分の言葉を使いました。
●「継続は 自分の言葉 活用す」 小野森&近藤

成功の宣言文 5920 新しい風景が  現状の姿 
●見える化、段取り改善、他社観察など、改革改善への取り組みは、
ワクワクします
●刺激的な言葉が並んでいますね。小さな成果が積み上がってくると
、ありたい姿もレベルアップして、新しい風景が見られるようになる
と思います。
●「新風景 小さな成果 積みあがり」 本理事長

成功の宣言文 5921 壁面からオーラが  現状の姿
●能美改革実践塾第2講の研修会場には、1期・2期・3期の4画面が壁
一面に貼り出されました
●皆様が苦労して作られた、ファイナルプレゼンテーションの4画面
が並んだ壁面からは、オーラというか「気」が感じられた。4期生に
とってもよい刺激になり、私も元気をもらいました。
●「4画面 壁面からは オーラ出て」  本理事長

成功の宣言文 5922 プロジェクトマネジメント なりたい姿
●プロジェクトマネジメントを学んでます。その一つにPMBOK
という手法があります
●プロジェクトを統合,スコープ,時間,コスト,品質,人的資源,コミ
ュニケーション,リスク,調達の9つの切り口で管理しております。
管理技術を高めることは無駄の減少とエコにつながります。
●「PMBOK 無駄減少と エコになる」  東&山本

成功の宣言文 5923 PDCAで良い評価  現状の姿
●村井さまは、PDCAが素晴らしく機能しているように思われま
した
●PDCAの考えは一般的に皆様知っておられますが、きっちり成
果まで落とし込める方・組織は、あまりお会いしたことがございま
せん。PDCAのショールームができあがりそうですね。
●「きっちりと 成果までに 落とし込む」  村井&山本

成功の宣言文 5924 自社の言葉  ありたい姿
●小野森さまは、自社の言葉を真摯に行動に移されておりますね
●宣言を行動に、その行動からしか新たな成果はでてこないように
思います。仕事量が増えるなかでも、自社の言葉がよりどころにな
れば、さらなる成果が出てきそうだと感じました。
●「知創造 自社の言葉を よりどころ」  小野森&山本

成功の宣言文 5925 今ここから、工芸7人展  実践する姿
●JAISTの伝統工芸イノベータユニットの卒業生で展示販売会
を行います
●今までに無い伝統工芸の商品を発信します。ご興味のある方はぜ
ひ足をお運びください。当日は、浅野川園遊会による川床も設置さ
れており、風情のある「夏の金沢」仕様になっております。
●「今ここから 伝統工芸 7人展」  砂崎友宏 

成功の宣言文 5926 自分の言葉をたくさん持つ ありたい姿  
●「気づきの頻度」は、人によって異なります
●気づき頻度の高い人は、自分の言葉をたくさん持っている方です
。北國銀行の安宅頭取のいわれる、引き出しをたくさんもつのです
。福田さんも自分のキーワード群を持てと言われています。
●「気づくには 自分の言葉 持つことや」  福田&近藤

成功の宣言文 5927 気づかなければ存在しない 現状の姿
●情報に気付かなければ、情報は存在しない。情報を見なけれぱ、
情報ない
●森の大木が倒れても、そこに人がいなければ、大木もなかったの
と同じだ。情報が氾濫していると言われている。情報は本当に氾濫
しているのか。
●「情報は ほんとに氾濫 しているか」  福田 真  

成功の宣言文 5928 情報にのみ込まれていない 現状の姿
●氾濫していると言われているが、情報に飲み込まれた者はいない
●一つの情報に惑わされた者はたくさんいるだろう。しかし、彼ら
も情報に飲み込まれていない。一つの事柄を有効情報だと信じたに
すぎない。
●「情報に のみ込まれた ものいない」  福田 真

成功の宣言文 5929 使われてない   現状の姿
●インターネットを駆使している人たちですら、すべての情報には
出くわさない
●一日、検索を続けたとこで、有効な情報を手に入れたかどうかも
分からない。取り出せる状態にはあるが、情報は使われていない。
情報が氾濫しているのでもない。
●「とり出せる 状態にあるが 使われない」  福田 真 

成功の宣言文 5930 出会いを待っている  現状の姿
●ただ、そこにあるだけで、1つのデータが僅かな人との出会いを
待っているだけだ
●使われないで終わってしまうかもしれない。知識も同じで、知識
は日々誕生している。どこかに使われるために、いつの日か使われ
るために生まれてくる。
●「いつの日か つかわれるため 生まれてる」  福田 真

成功の宣言文 5931 その知識が有効か  現状の姿
●一つの知識が着目されとしよう。多くの人が見たとしよう
●それでも、その知識が有効であるかどうかは分からない。画期的
発明ですら、使うところがなければ何の意味もない。
●「意味がない 使うところが ないならば」  福田 真

成功の宣言文 5932 自分が必要としなければ  ありたい姿
●情報も知識もインターネットの向こうにはない
●すべて、必要とする自分にある。自分が必要としなければ、情報
も知識もない。必要でないところに情報はない。情報は氾濫してな
どいないのだ。
●「必要で ないところには 情報なし」  福田 真

成功の宣言文 5933 どこで使うのか  なりたい姿
●自らの知識をどこで一番使うのが適切なのか、自らで分かってい
るだろうか
●いろいろに考えて、いろいろに工夫し、一つの活用を自覚する。
こんな場面で使えると確信をしたところで、欲求がなければ、ゴミ
でしかない。
●「自らの 知識をどこで 使うのか」  福田 真  

成功の宣言文 5934 キーワード群をもつ  ありたい姿
●情報らしきものがたくさんある。うんざりするほどを遥かにこえ
て存在する
●情報は見えない。触れられない。味もない。だから、自らの中に
気にかかるワード群をぎっしりと詰めておかなければいけない。そ
のキーワード群を持っていない人には、情報は存在しない。
●「気にかかる ワード郡を もつことや」  福田 真

成功の宣言文 5935 八徳会4画面  実践する姿
●北國銀行大徳寺支店で、若手経営者の勉強会、八徳会で、4画面
セミナーをさせていただいた
●30代から40代の経営者で、講義・各社の4画面・4画面交流
・懇親会の流れです。各社の4画面が見えてくると、大徳寺地域の
成功モデルが自然に見えてくると思います。
●「八徳会 4画面思考 交流会」 北國銀行八徳会

成功の宣言文 5936 90分知創造プロセス  実践する姿
●90分セミナーで「講義・実習・発表・気づき」の知識創造プロ
セスを体験していただきます
●みなさんの気づきは私の気づきDBの引き出しに蓄積されて、ま
た社会に還元でき、知識増殖が出来るのです。経験からの自覚と創
造を体験していただきます。
●「90分 知識創造 プロセスを」 北國銀行八徳会

成功の宣言文 5937 八徳会の7文字気づき  実践する姿
●八徳会の7文字気づきを交流いたしました
●みなさんの気づきは、「自分の言葉」「書く」「ノート」「話す
」「宣言」「毎月かいて話す」「伝える」「夢を叶える物語」「改
革の輪をつくる」「改革発表会をする」などの基本動作が多い
●「八徳会 7文字気づき 共有化」 北國銀行八徳会

成功の宣言文 5938 基本動作に集中  実践する姿
●みなさん自営業の経営者だけに忙しく、時間がありません
●しかし、お客様や社会と進化しようという思いは、大企業のメン
バー以上に強いです。その場合は、基本動作に集中することが成功
のカギなのですね。
●「経営者 基本動作に 集中し」 北國銀行八徳会

成功の宣言文 5939 動作が本質  現状の姿
●基本動作は、物事の本質なのです。基本動作を肝識まで深めるの
です
●肝識まで深めることで、改革を実践できます。改革人材は基本動
作を深めて成果を挙げるのです。経営の課題発見や課題解決に当た
り本質を掴み取ることで、成功できるのですね。
●「物事の 本質こそが 動作なり」 北國銀行八徳会

成功の宣言文 5940 物と心を動作で統合  実践する姿
●とくに、目標を簡単にし、それを追いかけるという動作をやらせ
てしまう
●行動の基準を作ってしまう。動作は物と心をつないでくれるので
す。現代は物と心が対立しているがそれを統合する物が動作です。
●「動作にて 物と心を つなぎとめ」 北國銀行八徳会

成功の宣言文 5941 改革実践のうねり  実践する姿
●八徳会は、北國エグゼクティブ・カレッジの運営をされた村中支
店長が始められました
●支店長に栄転されて、支店でも改革実践塾をされて素晴らしいこ
とです。北國銀行さんのネットワークでも、人間力を向上し、企業
と地域を元気にする改革実践のうねりがおこっているのです。
●「支店でも 改革実践 ネットワーク」 北國銀行八徳会