« 成功の宣言文 5936 経営者教会のPFU見学 実践する姿 | メイン | 成功の宣言文 5946 アニモ通信100号記念 実践する姿 »

成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今日は七夕ですね。今日も、良い出会いが出来るとよいと思って
います。先週の土曜日は、いしかわMOT5期生の第二回同窓会が
、金沢で行われました。良い出会いが出来ました。一生懸命に、学
習して、ファイナル提案を修了し、1年半になります。5期生は、
終了後に、改革の輪を継続するために、アニモ通信を始められまし
た。今回で、ちょうど100回になりますが、100回を記念して
,オフ会が、行われました。
100回続けていると、メンバーの歴史が出来ます。5期生は、ア
ニモ通信を継続されているので、懇親会の話題も、それぞれの改革
実践や趣味のテーマになりました。番さんのお嬢さんはソフトボー
ルの試合は・・、宮本さんの弟子入りの制度は・・、西向さんの兼
業農家は・・、桑本さんの全員主役は・・、吉田さんのやるぞちゃ
んは・・・なども、話題になりました。通信でお互いにつながって
いるだけに、参加できなかったメンバーも、登場するのです。みな
さんは、「自分ごと・宣言する(4画面思考)・改革の輪」の3原
則を、無意識に実践されている。今回の出席メンバーは、私服です
ので、5歳くらいは若く感じました。若いのは私服でなく、自分ご
とにで取り組んでいるかもしれません。
改革実践塾を修了して、改革通信を継続されているグループは2割
です。この改革通信は、5期生が創造されました。通信をやってる
グループと、やっていないグループを比較すると、違いが見えてき
ます。通信をやられているグループは4画面診断の水準が上がって
、つねに進化しているのです。そして、改革現場や改革製品や改革
人材が見えてくるのです。改革の場は、仕事の場でも生活の場でも
よいのです。一生懸命にやっている姿が美しいのですね。
成功の宣言文も、改革通信の一つです。成功の宣言文は、6000
になろうとしています。継続していると、「これが知識創造だ」を
、実感できます。改革実践は、リアルの実践が基本ですが、通信で
補完されて、進化していきます。通信で、知識創造する組織や改革
する組織、さらに事業する組織を刺激しているのです。知識が創造
されて、技術が創造され、価値になっていくのです。
ちょうど、PFUの本川さんから、アニモ通信100号をいただき
きましたので、記念すべき100号の、ご紹介いたします。さらに
、懇親会での皆さんのYWTコメントも、ご紹介いたします。素晴
らしい仲間との交流で、私も元気をいただきました。皆さんにも、
お知らせいたします。幹事の畑中さん、ありがとうございました。
(近藤)

●「皆さんの 近況を聞け たのしいや」  現状の姿
■Animo通信(MOT5期生メールマガジン)
MOT5期生各自が近藤教授とMOT5期生に向けて、情報発信する場
No.100「自分のやりたいことを本当にやってのけるってスゴイこと」
2010年07月04日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
PFUの本川です。
お疲れ様です。
記念すべきAnimo通信100回目を送らせていただきます。
昨日、MOT5期生と近藤先生を囲んでの同窓会に参加しました。
今回吉田さんの元気な声が聞けなかったのは少し残念でしたが、み
なさんの近況を聞けて楽しかったです。
松井さんと阿部さんの医療コンビが両名共激ヤセしてたのにはビッ
クリしました。
過労ではなくダイエットだということで少し安心しました。
畑中さんは毎回何か新しい取組成果を披露してくれるので、今回の
炭色した竹筒を見せてもらった時はキターって感じでした。
今回来られなかった人は何言ってるのか分からないと思います・・
すみません。
英さんは最近睡眠時間2時間ということで、これも過労かと心配し
ましたが、サッカーW杯観戦ということでした・・・
秦さんは、活発な他社訪問等されているそうで、感心しました。
西端さんは今回も悩み多き子羊でした。しかしゴルフの話しになる
と狼に変身していました。
六反田さんはMOT5期生の引っ張り役として風格が漂いイイ感じでし
た。
前置きはこれくらいにして、100回記念として
「自分のやりたいことを本当にやってのけるってスゴイこと」をみ
なさんに伝えます。
元私の上司であり、1年前にPFUを辞めて農業者に転身された稲本さ
んという方がおられます。今では石川県の人と環境にやさしい「エ
コ農業者」に認定されるまでになられました。
今月からPFUの食堂に 河北潟いなもと農園で作った小松菜が使わ
れることになりました。こんなことやれればいいなーみたいな空想
段階は誰でもできますが、本当にそれをやってのけるってスゴイこ
とだと思いました。
次は「PFU)宮本さん」よろしくおねがいいたします。
========================================================
□情報発信の順番は以下のとおりでお願いします。次回の情報発信
者は●の方です
・PFU)六反田・PFU)西端さん・松本機械)吉田さん・PFU)本川
さん●PFU)宮本さん・小松電子)西向さん・松任石川中央病院)松
井さん・松本機械)桑本さん・朝日電機)英さん・東振精機)秦さ
ん・芳珠記念病院)阿部さん・明和工業)畑中さん・澁谷工業)中
川さん・澁谷工業)番さん
□ルール
担当日に出張などでAnimo通信が発信できない場合、戻られた時に
Animo通信を発信してください。なお、長期出張などで3日以上発
信ができない場合には、通信を1回休みとして、次の担当者の方以
降で通信の再開をお願いいたます。
□Animo通信の由来について
スペイン語で一人称「頑張ろう!」って意味です。
吉田さんから頂いた言葉、負けそうな時に自分の心の中で、唱える
ことで壁を乗り越えていけるとの意味があります。(吉田さんはス
ペイン語学科卒業)
=========================================================
株式会社PFU イメージプロダクト事業部
第三技術部 本川 浩永 (Hongawa Hironaga)

●「改革を 実践する輪 拡大し」   実践する姿
■いしかわMOT5期生の同窓生 参加メンバーのYWTコメント
□東振精機:秦
のんびり、統進私塾で改善をやっている。
モデル職場を、統合志塾メンバーで改善して、経営サイドに成果を
アピールする。能美改革実践塾にもメンバーを出している。芳珠記
念病院和楽仁塾ファイナルや石川経営者協会事務生産性委員会、日
本経営工学会にも参加した。改革実践の輪を広げていきます。事業
する組織、改革する組織、知識創造する組織の3つの組織が、体験
できてます。
□朝日電機:英
改革実践は、出来る範囲で地道に行っている。先日、小松電子さん
にスマイル運動の見学会にお邪魔しました。総務のメンバーが玄関
でお迎えしていただいた。素場らしい水準です。全員が、アニモ通
信の命名者の吉田さんみたいな「やるぞさん」でした。当社と比較
すると、レベルが高すぎます。しかし、不思議なことに、見学して
からは、社内でも挨拶がされるようになってきました。水準を高め
ていきます。
□4画面思考研究所:近藤
皆さんと、改革実践2010モデルを展開しています。塾活動が広
がるとともに、塾間連携が増えてきました。学んで、改革実践提案
書をファイナルで提案して終るのでなく、現場で実践成果の見える
化を注力しています。各社で自分の得意とする改革ショールームや
4画面美術館が見えるようになるとよいと思っています。それをお
互いが賞賛して連携する。改革実践で先行した現場が先生になる。
私は、最近は現場を歩きまわることが多くなり、10年ぶりに体力
強化のために、アスレティッククラブに通うようにしています。
□芳珠記念病院:阿部
先日、和楽仁塾ファイナルが終わりました。秦さんや六反田さんも
来ていただいて、盛り上がりました。ファイナルの発表は盛り上が
りますが、継続が課題です。熱気がさめないようにしたい。30点
でも、継続できればよいと考えるようになりました。和楽仁塾4期
生がスタートします。継続して、改革人材が増えていくことがよい
ことです。塾間の交流で発表すると成長します。そういう機会をつ
くっていきたい。お蔭様で、理事長先生と企画のコミュニケーショ
ンは非常によいです。経営と現場の橋渡しが企画の役割と考えてい
ます。4画面美術館は今年もレベルアップします。見学された方は
感動していただけます。先日も別川未来塾のメンバーが見学に来ら
れました。われわれも、やりがいが出ます。
□明和工業:畑中
いしかわMOTには、個人で参加しましたが、改革実践の意味と喜
びと仲間を手に入れました。アンダーグランドですが、竹プロジェ
クトは、土・日でやっています。エコイノベーションを目指してい
る会社にとっても、よいことです。世のため人のための、竹の商品
開発をやっていると、いろいろ学べます。少しづつ、竹のネットワ
ークが広がっています。今回は、今日のために、竹の杯をつくって
きました。成果を出してから、組織を巻き込もうと思っています。
□PFUソフトウエヤ:西端
ここまで元気にやってこれたのは、皆さん仲間のおかげです。マニ
ュアル作成プロセスの改革をトップダウンでやっています。ミドル
の私は、トップと現場の戦力の融合です。現場の立場から推進して
います。それぞれの分野で専門のベテランが多いので、良いチーム
をつくるのが課題です。ゴルフの方は、極めて順調です。会社のゴ
ルフの広場づくりに貢献しています。
□PFU:六反田
PFUの藤田さんからコーチングを受けています。2週間に一度、
コーチングしてもらえます。自分の思いを引き出してもらえます。
自分の業務の推進と、自分も将来コーチングリーダーになれればと
思います。今年は全社で、改革実践大会が予定されています。いろ
いろ支援したいと思います。アニモ通信も100回になり、皆さん
と改革の輪が継続できることは、うれしいことです。
□PFU本川
中国へいったり、輪島塗のスキャナー開発など、楽しく仕事をして
います。今年は、全社改革実践大会が行われます。MOT卒業生や
未来塾生で、相談して企画しています。部門では昨年は、未来塾生
が事務局になって、自慢大会を行いました。今年は、非未来塾生が
事務局になって、イベント委員会をつくり、気づき大会を行いまし
た。つぎつぎと改革の交流の場がつくられていきます。私の先輩も
農業のソーシャルイノベーションに挑戦されていますが、その先輩
の有機野菜がPFUの食堂で食べられる事になりました。
□松任石川中病院:松井
医療連携室の仕事をしています。新しいスペースが出来て、地域の
お医者さんに使っていただいています。公立病院ですので、事務部
門の出来る範囲で、改革実践しています。MOT修了生も増えてき
たので、近いうちにチームが出来ればと思います。個人テーマの体
力増強計画はやり遂げました。今後、みなさんとの交流を促進した
いと思います。

ーーー今日の一言:一生懸命やっている姿が美しいーーーーーーーー
アニモ通信は100回目を迎えました。すばらしいことです。アニ
モ通信のスタートで、あちこちで、通信が始まり、改革通信という
歴史を残されました。改革の輪も、継続が力になるのですね。
塾通信の意味は、仲間もこういう風に、一生懸命やっていることを
知ることです。人間が一番美しいのは、一生懸命やっている姿です
。仕事でも生活でも趣味でも、自分ごとで生き抜くことを決めて、
頑張ることです。通信をやっていると、頑張っている仲間から、自
分が元気がない時は、元気をもらえます。仲間が元気がない時は、
応援していけばよい。
一生懸命に勉強して、ファイナルプレゼンを、一緒にやったメンバ
ーは、人生の故郷になります。「故郷は遠くにありて思うもの」と
いいますが、一生懸命にやった姿を、通信で思いだす事が出来ます

改革人材として一番大切なことは、「まじめに、一生懸命やること
」です。お客さんもこの一生懸命さに反応してくれるのです。一生
懸命に、心技体を生かしきることです。現状は、この心技体を使い
切っていないのです。自分ごとで鍛えぬいてないのです。ひとりで
、継続するのは難しいので、通信の仲間と、楽しみながらやります
。改革人生の同好会ですね。
塾間連携で、交流すると、この一生懸命の度合いが少しばかり、上
まわっている人たちに会うことが出来ます。そして、その一生懸命
やっている人たちは、感謝の気持ちをベースにしています。身近な
ものの中に、自分の目標を見つける事ほど、うれしいことはありま
せん。アニモ通信も、仲間の身近な人の生き方から刺激を受ける事
が出来るのです。改革や創造は、身近のもので、自分の意識を変え
ることです。身近なものとの触れ合いの奥にある真実をつかむこと
ができるのですね。
日本企業や日本社会は成熟しています。成熟した社会では、異質の
知識混合からの気づきで活力を作る事が可能です。しかも、その知
識混合が身近であれば、リアリティが高まってパワーになります。
改革実践とは毎日で、知識混合して、進化し続けて、歴史を残す活
動なのです。アニモ通信のみなさんが、今後、200号をめざして
、いろいろな出会いをつくり、どんな歴史が残せるか、楽しみです
ね。
■「毎日で 進化をするで 美しく」   近藤修司