« 成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ | メイン | 成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ »

成功の宣言文 4788 第6期MOTファイナル  実践する姿

「第6期 MOTスクール ファイナルが」 

  
近藤修司
 

●第六期いしかわMOTスクールのファイナル・プレゼンテーショ
ンが行われます
●経済危機からの脱却を狙った、新視点の改革実践活動の提案が学
習できます。みなさんのご支援で全国的にユニークな改革実践組織
になってきました。ぜひご参加ください。
●「第6期 MOTスクール ファイナルが」  近藤修司

成功の宣言文 4789 いしかわMOTの5特徴  現状の姿
●①知識科学を基盤にしたMOT改革実践活動 ②企業・職場の課
題解決の提案・成果実現活動
●③改革3原則の実践活動(自分ごと・4画面思考・改革の輪)④
企業内メンター組織と連携して改革企業づくり活動⑤MOTシンジ
ケートによる改革コミュニティづくり活動 
●「IMS 5つの特徴 見えてきて」   近藤修司

成功の宣言文 4790 食べものをつくる  実践する姿
●我が家では子供に食の楽しさを教えるため、できるだけ手作りで
食べ物を作っています
●近所の子供達が家に遊びに来ることが多く、おやつに薪ストーブ
で焼き芋や餅を焼いてあげる。みんな最初は珍しそうに、恐る恐る
手を出しますが、食べ始めると奪い合いです。
●「手作りで 食の楽しさ 学習す」  小松精練 森

成功の宣言文 4791 子供たちと味噌づくり  実践する姿
●2月には毎年、親戚からもらった大豆と鶴来の麹を使って、自家
製味噌を作っています
●今年の味噌作り日も近所の子供達が遊びに来たため、子供達に一
通り作り方を教えて、あとは子供達だけでやらせてみました。みん
な一緒に飽きることなく一生懸命作ってました。
●「子供たち 味噌づくりの 体験を」 小松精練 森

成功の宣言文 4792 子供たちの笑顔  ありたい姿
●終わった後、手伝ってくれた子達に、一年前に仕込んだ味噌をお
土産にあげました
●”ほんとにお味噌になるんだー”って喜んで帰っていきました。
子供達の笑顔には夢や希望があふれていて、癒されますねー。 笑
顔にふれて、ありたい姿を思いだしています。
●「子供たち 笑顔に触れて ありたいを」 小松精練 森
  
成功の宣言文 4793 親子雪遊びイベント   実践する姿
●冬のイベントは「親子雪遊びイベント」として以下のような内容
で企画し、実施した
●大かまくら作り・スノーチューブ・雪合戦・かんじき体験・お汁
粉・アイスクリーム作り。いままでと異なり企画段階から多くの父
親がリーダとなって、企画&検討しました。
●「親子にて 雪遊びイベント 企画して」  六反田峰孝

成功の宣言文 4794 企画から実行まで  なりたい姿
●多くのメンバーで進めて、企画から実行までしました
●イベントが終わった時は、みんなで1つゴールに達成したという
、仕事にもないような充実感や満足感が非常にありました。企画&
検討&準備は大変ですが、達成感は格別です。
●「企画から 実行までで 達成感」 六反田峰孝

成功の宣言文 4795 個人が動く  実践する姿
●改革の輪づくりは、個人が動き出して、それぞれが繋がっていっ
ていくのが原則です
●改革イベントにしても、味噌イベントにしても、雪遊びイベント
にしても、個人が動き出して、動いた個人が繋がっていくのです。
個が動き、個がつながって、協働していく。
●「個が動き 動いた個が つながって」  近藤修司

成功の宣言文 4796 広場にあつまる   ありたい姿
●イベントの場では、異分野の人が集まって、知識や人材が交流で
きる
●ひとりひとりが広場に集まって、つながるのが、これからの組織
や社会です。自分ごとでメンバーが広場に集まって、つながって自
分の持ち味を深めていく。
●「つながりで 自分の持ち味 深まって」  近藤修司

成功の宣言文 4797 リーダーの熱意   なりたい姿
●異分野のメンバーがつながる時に、大切なのはリーダーが、とこ
とん考える熱意です
●成功する改革リーダーを見ていても、いたたましいほどの熱意で
す。いたましいほど、とことん考えています。リーダーのとことん
考える姿を見て、個が目覚めて、自分ごとでつながるのです。
●「リーダーの 熱意まわりに 伝わって」  近藤修司

成功の宣言文 4798 気もちがつながる  ありたい姿
●つながりの本質は気持ちがつながる事です。心の対話や交流です
●コミュニケーションの目的は気持ちがつながり、揺らがない信頼
関係を築くことです。心がつながれば、勢い・元気・知恵が不思議
と出てきます。
●「本質は 気持ちつながる ことなのだ」  近藤修司 

成功の宣言文 4799 つながりで生きている  現状の姿
●改革実践提案書をつくる活動も、人は人とつながるために生きて
いる
●人は未来につながる能力を持っています。本日も、いろいろなス
テークホルダーに参加していただいて、いろいろなつながるができ
、個人のイキイキが広がっていくのが楽しみです。
●「人は人 つながるために 生きている」  近藤修司