« 成功の宣言文 4739 宣言し実践する   実践する姿 | メイン | 成功の宣言文 4766 イベントの4画面   なりたい »

成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■MBI研究所の今井さんから、イベント4画面にコメントをいた
だきました。たしかに、イベントを戦力倍増や、顧客市場の創造の
場と考えて、イベント4画面を持って運営すると変わってきますね
。参加者も自分4画面を持って、知識混合の場ができたら面白い。
それが知識社会づくりなのでしょうね。これからはイベントを社会
づくりの場と考えて行動開発してみます。ありがとうございます。
(近藤)
●「共通の 4画面を持ち 運営を」  なりたい姿
■近藤先生
お世話になります。北陸の皆さんは、本当に熱いですね。
4画面がエネルギーになって、改革の炎が燃え盛っているように感
じます。イベントの実施は、大変ですが面白いですね。
近藤先生のお言葉にありましたが、参加するのを目的にしてはつま
らないですね。イベントは、主催する人や運営する人たちが、しっ
かりとした共通の4画面を持って、企画し運営すると面白いですね
。いろんな人たちが、それぞれの4画面を持ち寄って集まります。
人の輪が拡大するでしょう。それぞれの人が、新たな戦力を見つけ
ることができると思います。
もっと面白いのは、そんな専門家同士の交流、異業種間の新たな輪
の広がりは、同時に新たな顧客・市場を創り出していることが多い
ですよ。イベントに参加した人達がカストマーなら、参加しなかっ
た(できなかった)人達は、ノンカストマーですね。
カストマーは大切にしなければなりませんが、眼を向けなければな
らないのは、むしろノンカストマーです。次回には、ノンカストマ
ーをどれだけカストマーに変えることができるか? これも楽しい
変革への挑戦になります。
新しい知識・技術に触れて喜び過ぎると、マーケット創出の機会を
見落としがちになります。イベントの実施を仕掛けた人たちが、し
っかりとしたねらいを持って、機会を逃さないようにすることが大
事ですね。失礼な表現で恐縮ですが、小川さんや砂崎さんからは、
どんな小さな機会もつかまえてやるという気魄を感じ、本当に頼も
しく思います。 MBI研究所 今井 雄二

■改革実践は、改善・革新・創造の3レベルから構成されています
。改善は自分たちでできる知識で今の状況をよりよくする事です。
革新は自分たちはやってないが、どこか外部でやっている知識で、
現状をよりよくすることで、外部との知識混合が必要になります。
創造は、内外でやっていない自分の独自の知識を創造して、現状を
より価値あるものにすることです。この創造レベルの改革に成功す
ると、それがモデルとなり他地域にも広がっていきます。4画面思
考は最終的にはそれぞれの創造的な改革を狙っています。そのため
に、自分で自分を育てる改革と言っています。創造レベルの改革に
は、創造者や創造チームが必ず存在します。MOTシンジケートで
も、のと七尾人間塾でも、能美改革実践塾でも、かが元気塾でも、
最後は、創造を狙っています。加賀市では、乗り合いタクシーの創
造モデルが生まれつつあります。加賀市公共交通の改革実践の中で
廣田さんたちが創造されました。勅使・東谷口地域では、路線バス
の廃止に伴い、「これは大変だ、地域が見捨てられる」と地域の人
々が立ち上がり、市役所と連携して、乗りあいタクシーモデルを創
造されました。先日、3000人達成記念祝賀会が行われ、私も、
長年の皆さんの努力と成果を賞賛させていただくために参加させて
いただきました。乗り合いタクシーモデルは、第一交通さんのご協
力で、地域の皆さんの手作りの公共交通です。北陸や全国の、地域
や企業の改革実践のモデルになりつつあります。私は、新しい学問
や行動規範は賞賛から生まれると考えています。加賀市の公共交通
会議は、「乗りあい・ふれあい・助けあい」をコンセプトしていま
すが、今回、祝賀会に参加させていただいて、「あい」は「愛」で
あることを、発見させていただきました。皆さん、地域を愛してお
られるのです。改革実践者の廣田さんから、コメントをいただきま
したので、ご紹介させていただきます。加賀市役所の山本さんは公
共交通担当で、その親身なご努力で、廣田チームが創造されました
。七尾市役所の小川さんも、加賀市役所の山本さんも、行政マンで
ありながら、企業人以上の改革実践力をもった方がおられますね。
減点主義の行政の中で、こういう方が評価される仕組みを育ててい
きたものです。廣田さんたちは、乗合いタクシーの協賛金活動をさ
れています。年間、一口5000円ですので、ふるさとを守る活動
にご参加ください。2010年は、加賀商工会議所の第三期かが元
気塾が始まります。先日は、新市長もご参加していただきました。
元気塾とも連携して、元気の輪を広げていきましょう。ありがとう
ございました。(近藤)
●「あいは愛 納得をした のりあい号」   現状の姿  
■先日は、のりあい号3000人達成記念式に、ご出席頂きありが
とうございました。お忙しい中、しかも遠い片田舎まで来て頂いた
事は感謝し、感激いたしました。
今までは、運行協議会で先生の言葉を話しても、皆さんはピンとき
ませんでした。先ずは、北陸先端科学技術大学院大学と言っても、
「何、それ、大学?」 となり、辰口の丘陵地にあることを説明す
ると、「ああ、あれか」と言うのみで、次に来る質問で、その次は
「何で、その先生なの、加賀市と どんな関係の人、加賀市出身か
?」 でした。 
今回、お話をして頂いた結果、運行協議会関係者(役員、各町区長
)だけでなく、会場にきていた利用者の皆さんは、納得できる本当
の話でお話が分かりやすかったとの感想でした。 
失礼な言い方で申し上げますが、「何だか難しそうな大学の先生の
話だから、難しいことを言われると思っていたが、一番分かりやす
く、一番本当の話で、優しそうな方だった」との印象を受けたよう
でした。
特に、印象に残ったのは、『のりあい、ふれあい、たすけあい』の
『あいは 愛』 の一言で有ったようで、多くの方から 「納得した
、この 『のりあい号』 は全くそのとおり」との声を多く聞きまし
た。私自身、前からこのフレーズを聞いていましたが、「あいは、
合い」しか浮かんできませんでした。 又、もし理解したとしても
、この歳で照れくさくて使えないと思いますが、先生が直接話して
頂いた後は、照れないで使わせてもらいます。聞く方も先生の受け
売りと理解して貰えると思います。
25日朝の北國新聞、北陸中日新聞、地元のケーブルTVニュース
等で 「のりあい号 成功!、好評!、人気上々!」 との見出しで
式典が報道されました。
地区内地区外外の人からも「良かった、すごい」等の感想を聞きま
したが、私の本音は、未だ不安が一杯です。 
・ 国庫補助は 3年間限定であり、その先はどうなるのか?
・ 私を含め5人は、全員19年度区長ばかりの推進委員で、後が続
 くか? 
・ 二つの地区の友好協力関係がいつまで保たれるか?
(微妙な温度差は今もあり、1年交代制の区長会システムもある) 
・ 場面場面で 少し強引に推し進めてきた面もあり、通常状態で
 維持できるのか?
・ 市担当者として、山本さんがいつまで居てくれるか?
(山本さんも市職員として、同じ部署に留まるのは本人のためには
 ?)
賛助会員へのご加入ありがとうございました。地区内個人会員への
感謝状と同じものしか表現できませんでしたが、山本さんに託しま
した。川端会長からも、感謝の気持ちを伝えてくれといわれていま
す。うれしい事に彼から、「区長会長になったからの宛職と思って
いたが、1年では何もできなかった。やっと理解したきたし、大事
な事だと分かったから、来年度も関わっていきたいとの意志がある
」と話してくれました。彼は顔が広く、地区外の賛助会員加入に早
速動き出してくれました。市議員へ理解を求める場合なども力を発
揮してくれると思います。
毎年一人でも良いから、理解者を増やして生きたいと思います。こ
の地区にはまだまだ居ると信じて、今までは作るためを最優先でし
たが、安定した維持継続と利便性の向上が課題と思います。このた
めの人材を発掘する必要があり、中でも女性の参加を必要と思いま
す。 
これらのために、今後とも、のりあい号の応援、ご助言をお願い致
します。ありがとうございました。御礼のご挨拶と思いながら、お
願いになりました。 
勅使東谷口乗合タクシー運行協議会   廣田

■㈱根上工作所の西谷さんから、能美ものづくり改革通信をいただ
ききました。4画面思考は、7つのレベルで診断してみると、今の
自分の立ち位置を発見して、次に挑戦する方向が見えてきます。L
0は4画面思考の学習でまずは知ることです。知ったら、つぎに、
できるレベルに挑戦します。L1は実践レベルで、宣言した毎日や
ること、毎週やることを実践することです。スポーツの練習と同じ
です。実践していると変化する自分に気づき、現状の姿の変化をつ
かんで実践するというL2にはいります。L3は自分で目標と戦略
を定めて実践で検証できるようになります。L4は4画面に点灯し
て、仲間とともに改革実践できるようになります。L5は高度4画
面で、お客様と共に進化し、L6は先端4画面で社会とともに進化
する水準です。西谷さんの4画面+YWTを拝見して、高度4画面
の水準に入られたと思います。改革実践も継続しているとマンネリ
になります。マンネリになたら、あたらしい改革法が必要と考える
とよいと思います。サッカーのオシム監督は、次から次と面白い練
習を考えて、選手たちを巻き込んでいきました。改革実践もスポー
ツで、次から次とアイディアを出していくのです。西谷さん、高度
4画面実践すばらしいですね、期待しています。(近藤)
●「感動の 新たな価値を 研究す」  ありたい姿
■能美ものづくり改革通信 (Web版)能美ものづくり改革塾二期生
が振り返りと、知識混合で改善を進めるためのプラットホーム
おはようございます。㈱根上工作所の西谷 正広です。
私の振り返りを報告させていただきます。
2010年3月2日 vol4-8 「お客様をリードする」 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■四画面  
○ 現状の姿 : お客様に引っ張られている
○ ありたい姿 : お客様の目標を熟知する
○ なりたい姿 : お客様をリードする
○ 実践する姿 : お客様を信頼し、提案を継続する
■ Y(やったこと)
○ 損得を気にせずお客様の立場で提案
○ お客様を信頼し、技術を隠さない
○ 足りない技術はお客様に代わって探索し、輪を広める

■ W(わかったこと)
○ すべてを自社に持ち込む必要はない
○ 信頼すれば、信頼される
○ 行動(挑戦)すれば、新しい物が生まれる

■ T(次にやること)
○ 知識混合を促進し、挑戦の輪を広める
○ ビジョンを持った仲間を増やす
○ 「思ったら、考えついたら」とにかく行動
■七行コメント
㈱根上工作所の西谷正広です。皆さん、お元気ですか。ご無沙汰し
ております。世界的不況と騒がれて、バタバタと何年?大きな流れ
は確かに有りますが、正直なところ「今がチャンス」と挑戦してい
る人(企業)は沢山おられます。ひとりでは、何も進みませんが挑
戦・改革の輪を広げることによりビジョンがはっきりと見えてきま
す。お互いに「笑顔」で頑張りましょう。ありがとう ございます。
■次のvol.4-9は3月9日に㈱根上工作所 中田さんお願いいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
㈱日本コンサルタントグループ 山本 博康
E-mail:hiroyasu1104@gmail.com

■東京MOTコースの改革実践論2009のクラスのYWT通信
である「自分ごと通信」を、佐々木さんからいたきました。一流企
業の研究所であっても、「やらされ君→やるぞ君」が課題なので
すね。これは知識社会の特性ともいえる基本課題です。専門化す
すみ、組織の歯車になる一方、情報や知識の自由は高まって自分
の存在価値を求めている。この答えは、我々が実践しているよう
に、「自分で自分を育てる改革」や「社会で人をつくり、人が社
会をつくる改革」にあると思います。佐々木さんは、理論研究と実
践研究の二面から深めていただけるとあり方と存じます。ありが
とうございます。(近藤)
●「感動の 新たな価値を 研究す」  ありたい姿
■MOT改革実践論2009参加者各位
MOT改革実践論2009のクラスという場での皆さんとの出会い
を大切にし各自の振り返りと、知識交流・混合で個人と組織の改善
を進めるためのプラットホームです。
2010年2月14日(日) 
No.21『顧客感動の新たな価値を創造し続ける研究所を目指して』
みなさま,こんばんは.6期佐々木です.最近の状況をご報告しま
す.
■4画面
○現状の姿:多忙,やらされ感の研究所
○ありたい姿:顧客感動の新たな価値を創造し続ける研究所
○なりたい姿:研究員がやるぞ感をもって研究開発に取り組んでい
 る研究所
○実践する姿:
研究員への情報発信
異分野交流の場づくり
自分で仲間と成功事例をつくる
4画面は前回のままです.実践する姿がまだまだ不十分です.
■Y(やったこと)
○研究所内の中長期的な研究テーマを見つけるワークショップ形式
の検討会にオブザーバー参加
○研究テーマの選定方法を改定
○小坂研ゼミで修論の方向性について報告
■W(わかったこと)
○議論の場ができたことは研究員に好評,場のマネジメントの大事
さを改めて認識
○研究テーマの選定についての問題意識は共有できていた
○修論の方向性が定まっていない
■T(次やること)
○研究員への情報発信(戦略室掲示板)
○異分野交流の場づくり
○仲間と新たな事業やサービスを考える会をスタートさせる
■今週考えたこと
小坂研ゼミで研究テーマを見つける検討会の話をしたところ,小坂
先生から,新しいアイデアを生み出すには,やわらかい場で話をす
るのが大事,「新しいアイデアはワインボトルの底に眠る」とアド
バイスをいただきました.早速,実践してみたいと思います.情報
発信をすると思っていると,気づきに対する意識が高まる気がしま
す.次回は山下さんです.よろしくお願いします.
東京MOT6期 佐々木康人

ーーー■今日の一言:改革実践はスポーツーーーーーーーー
改革実践はスポーツと知識混合しても面白い。
オシム監督のサッカーは、考えて動くサッカーを追及しました。練
習も同じ動きをしていたらあきるといいます。ハワイもいいところ
であるが、長くいたら飽きるという。飽きないように、オシム監督
は、とにかく練習を変えた。
サッカーはどんなスポーツかを考えて、新しい練習法を常に考えた
。魔法のような練習法を考えつき、選手を感動させる。選手が夢中
になって強いチームを作った。改革実践も同じである。イノベーシ
ョンは継続が必要であるか、継続していると飽きる。飽きないよう
に、改革法をどんどん開発して変えていくことが我々の存在価値で
ある。
スポーツでも改革実践でも、大切なことは一人ひとりの個性を活か
すシステムである。システムが人間の上に君臨してはならない。人
間力を引き出すことが基本で、そのために必要なのはアイディアで
ある。4画面をもって実践して、YWTで振り返り、あたらしいア
イディを開発して実践で検証する。自分で自分を育てる改革である
。スポーツや音楽などアートの世界と比較すると、我々の改革実践
はまだまだ思考の水準が低いことが分かる。4画面思考とYWTも
、元気で楽しく美しくする行動開発法であるのだ。
■「考えて 動くサッカー 追求し」   オシム監督

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
四画面思考により、人間力と技術力を向上し、日本企業や日本社会
を、元気に・楽しく・美しくするために「成功の宣言文」を 研究・
発信していきます。皆さんと、改革人材を増やし、改革の輪づくり
をさせていただけることに感動し、感謝しております。過去の「成
功の宣言文」の閲覧や常設している「宣言文写真館 」&「革新図
面館」&「4画面美術館」など、皆さんの「未来を創り出す改革実
践」のためにご活用ください。 http://www.success-poem.com/
●昨年のパソコントラブルのため、成功の宣言文メールマガジンを
ご希望の方は再登録させていただいております。申し訳ありません
が、配信希望の方はご連絡をお願い申し上げます。
四画面思考研究所 所長   近藤修司
JAIST 知識科学研究科 客員教授
日本商工会議所 知産創育ネットワーク研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━