« 成功の宣言文 4721 人材基盤の上に連携体 なりたい姿 | メイン | 成功の宣言文 4739 宣言し実践する   実践する姿 »

成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■イベントは参加するのが目的ではありません。自分のありたい姿
を実現する戦力の拡大の場です。そんな、自分で自分を育てる改革
が始まっています。自分で自分を育てる改革は、社会・組織・制度
・場・・などを再設計することがスタートです。のと七尾再生祭り
には、MOTシンジケートメンバーや加賀元気塾メンバーも参加し
ていただきました。皆さん、自分ごとで改革を宣言して、その実現
のために、改革の輪をひろげておられますので、七尾市の皆さんの
ご苦労と成果を祝福するコメントをいただきました。しかも、人間
力や改革力は無限です。みなさん、進化し続けることで、自分を変
えて周りを変えるのが改革であることを体験されておられますので
、次の課題をご提案していただきました。
ありがたいことですね。イベントは、参加するのが目的になりがち
です。これでは自分ごとではありませんね。イベントは、気づきに
よって、自分の戦力の拡大の場なのです。自分ごとのありたい姿・
なりたい姿をもっていると、イベントは自分の戦力の拡大のチャン
スになるのです。出会った方、ふれあった方、知った方の戦力を自
分の戦力でできるのです。また、逆に自分の戦力を出会った方のあ
りたい姿の実現の戦力になるのです。そんな、全員主役の人間広場
のイベントに進化していきたいですね。平野先生、高村さん、砂崎
さん、小川さん、原先生、の交流をお伝えします。この交流に中に
、企業や地域の改革実践の新たな課題を見つけることができると思
います。小松電子さんは、滝川専務や吉田常務も参加されてました
。それにこたえて、小川さんは、翌日、お礼に行かれたのですね。
すばらしい対応力です。行政の世界でも、小川さんのようなすばら
しい改革実践者がおられます。改革実践共同体でつながっていきま
しょう。ありがとうございます。(近藤)
●「一歩先 ゆく先輩の 姿見て」   現状の姿 
■『かが元気塾』(一期生)の皆さんへ
さて、今回は昨日の日曜日に七尾市で行われたのと・七尾再生まつ
り2010のご報告です。
『のと・七尾再生まつり』とは、七尾市にある数多くの地域資源(
ヒト・モノ・情報)をひろく紹介し、さまざまな分野の人たちが交
流する場の創出と、地域に「元気」を与えようと開催されるイベン
トで、今回で4回目だそうです。
『かが元気塾』の先輩である『のと・七尾人間塾』のリーダーであ
る七尾市役所産業部次長の小川さんが重要な役割を果たしておられ
ます。
今年は七尾市内や市外から40以上の企業や団体が参加し、伝統工
芸や地域資源を活用した商品の展示や販売、試食や試飲などのブー
スが会場の内外に並んでいました。
今回のテーマは「のと・七尾のまいもん発見!」ということで、農
商工連携がメインテーマ。
今年初めて、七尾市役所産業部でも産業政策課が所管している『の
と・七尾再生まつり』と、農林水産課が所管している『能登ななお
の美味いもんシンポジウム』の同時開催という、新しい企画にチャ
レンジされたとのこと。
『かが元気塾』でも2期生のリーダーを務めていただいた定者さん
が、農商工連携の可能性を模索されていますが、大いに参考になる
展示や発表が盛りだくさんでした。(参考資料は私が何部かもらっ
てきましたので、いつでもご連絡ください。)
ただ、楽しくおいしいだけのイベントではなく、『のと・七尾人間
塾』や『のと・七尾女性起業塾』卒業者の活動発表もあり、第3期
を迎える私たちの『かが元気塾』にとって、一歩先をゆく先輩の姿
を見ることができたことは、とても良い体験でした。
なかでも、のと共栄信用金庫の浜田さんという若い男性は、『かが
元気塾』2期生の上野さん(北國銀行)にそっくり!
(顔やスタイルではありません。その人物像が、です)
ぜひ、一度二人を合わせてみたいと思ったくらいです・・・(笑)
最後に近藤先生がコーディネーターを務められ、「のと・七尾再生
元気大賞2010」の表彰式と事例発表が行われました。本当にい
ろんな人と出会い、エネルギーと智恵をいただくことができた一日
でした。
今後、石川県の南(加賀市)と北(七尾市)で交流できれば、もっ
といろんな活動が生まれ、元気が生まれるとおもいます。『かが元
気塾』特派員として、写真やビデオも一生懸命撮ってきましたので
、また皆さんにも見ていただければと思っています。
---------------------------------------------------------
平野禎幸 勤務先:石川県立加賀聖城高等学校

●「和太鼓の ど迫力で 活気づき」  実践する姿   
■七尾市役所産業部産業政策課 小川様、瀧音様、青木様、泉様
チャイルドケアハウス小丸山 原様 みなさま
小松電子 高村です。
先日の「のと七尾再生祭り」は本当にお疲れ様でした。また、小川
さん、昨日はご丁寧に来社頂きまして本当にありがとうございまし
た。 最初にオープニングの和太鼓の“ど迫力!”で、活気づきまし
た! 太鼓は迫力があって、いいですね!
お腹に染み入る太鼓の振動でわたくしの細胞が踊り始めた感じです
。「ミニガールズダンスショー」も期待感?をもたせたアトラクシ
ョンでよかったです。ほんとに“かわいかった”です。
子どもたちが集まると保護者の方も来場されるので輪が広がります
ね。「継続は力」と言うように本当に「継続し、進化してゆく姿」
を実感しました。七尾人間塾の方々や原さんのパワフルさに圧倒さ
れました。みなさんのパワフルさが七尾を活性化していることは間
違いないことです。ただ、もっともっと七尾市民の方々に参加して
もらい聞いて頂きたかったと思いました。せっかくの力の入った再
生祭りがもったいないと思いました。もっと動員できる仕掛けがあ
ればよいかなと思います。
ところで、我が社のRECO環境事業も5
年が経過しました。「山あり、谷あり」ですんなり行かないのがこ
の事業です。いろいろな方々と交じり合い、応援や元気をもらって
ここまで来れました。本当にありがたいです。
シンジケートや七尾のイベントに参加することはお風呂に入るよう
なもので、垢を落とし、気分すっきりで元気になります。よく考え
ると「みんなが集まると必ず笑いがあり、楽しい!そして気づきが
ある!」このことが次に繋がっているのでしょう。時には傷の舐め
合いもしますが・・・。
またしても今回の再生祭りで、収穫がありました。農業関係の方と
繋がりが出来ました。やはり、外に出て、交流することはチャンス
が生まれ前進できます。堆肥も35kg売れました。消臭石鹸も身内で
売れました。
お互いに進化しながら継続してゆきましょう! 
応援します!また応援してください! 次回もぜひ、参加させて頂
きます。
本当にありがとうございました。

*********************************************************
小松電子株式会社 商品部 高村昌克
mma.takamura@komatsu-ec.co.jp
http://www.komatsu-ec.co.jp/

●「もっと上 目指す姿勢を 感じ取れ」  なりたい姿  
■七尾市のみなさん
砂崎です。先日はお疲れさまでした。
我々も4回目を迎えて、毎回少しずつよくなっていく姿を拝見でき
て良かったです。いろいろ刺激を受けました。今回は、七尾市メン
バーがかなり入れ替わりましたが、感じさせない協力体制で出来た
と思います。今回の交流で、「七尾発全国行き」と、もっと上を目
指す姿勢を感じれて良かったです。改革実践はゴールがなくて、進
化し続けるのですね。
MOT見本市でもそうですが、塾が入り口で、改革実践の成果発表
会が出口です。出口の課題は人集めと思います。今回の再生祭りの
コンテンツは非常に良かったと思いますが、それをもっとたくさん
の人に見てもらう仕組みが、「七尾発全国n行き」の課題だと思い
ました。
小川さんが指摘されていたように、我々も含めて、「顧客目線」を
高めことが次の課題と思います。サービスの基本は「自分の当たり
前を当たり前と思わないこと」で、顧客がこうなんだと決め付けず
、相手の要求を感じることだと思います。
顧客を思うと、必然的に「超自分ごと」になります。七尾再生祭り
ファンとして、次回への進化課題を風の人コメントさせていただき
ました。次回も必ず参加しますので、企画段階からでも参加させて
いただいて、いしかわMOTシンジケートとも連携して、七尾発全
国行きを実現できれば幸いです。北陸の改革実践の仲間が連携して
、みんなで次のステップに昇りましょう!!
P.S次は片町飲み会ですね。川原さん♪
ありがとう,ございました。   砂崎友宏

●「宣言し 改革実践 継続し」  実践する姿
■皆さん 七尾市の小川です
今日から議会が始まり、まだ市役所です。
のと七尾人間塾の指針である、「自分ごとで宣言する・改革実践す
る・輪をつくる」の3原則で5年ほど、やってきました。今回の第
4回再生祭りでも、いろいろご意見をいただき、感謝です。やっぱ
り自分たちだけでやっていると、視野が狭くなります。市役所は毎
年異動がありますが、当課の職員は本当に頑張ってくれています。
ありがたいことです。実践して見えた課題を乗り越えて、れからも
七尾で人材育成して、その仕組みを全国に広めます。今後ともご指
導よろしくお願いします。 
七尾市役所 小川幸彦

●「混合す 子どもと大人の こころ基地」   ありたい姿
■こんばんわ 
只今、夜の23時・・・原は仕事です。
25時までの勤務の保護者がいます。働く人のための保育園業務。
命のためですね。
何事に対しても私事でやりたいですが、なれと共に私事になってい
かないようにと思います。皆さんとも話したのですが、そろそろ少
し世の中を見て歩きたいねと。学ぶ時間が来たのかなとも思います
。 この4年間、その前の経験があって実現に向けての努力ができ
ました。ネタというか、もっと色々なものをみていかないと、頭
の中のアイディが湧いてこなくなりそうで、世の中を探検したくな
ってきました。自分とばかりでなくそのとき出合った人との縁で
、いろいろな事がつながっていることに気づき。多くの人の目線と
視線の違いに気がつきました。目線には本人の感情や気持ちに気づ
くこと、本人(相手)の人となり、心なりになることが重要ですよね
。視線は、周りからの目線ですから。自分を周りからもう一度見つ
めてみること。
慣れは過失につながると保育では思います。命を常にそばに置くも
のは慣れはタブーです。 でも、慣れが練れになっていくことで技
術の深みや味を生みだすから私は、これからは再生から熟成になっ
ていくのかなー。あの醤油と美味しいお酒や自慢の味わいのように
・・・・・。
娘がある人に、言っていたそうです。『お母さんは、頑張るねー。
ほんと次々とやり出し、やっていくね』ということばに『お母さん
は何者になるつもりなのかなぁー』って。きっと呆れながらも、子
どもの目線では受け入れて、頷き、考えていて応援していたのかも
。大人の視線ではいいんじゃないのって、少し呆れながらも見守っ
てくれた言葉のように思います。
今日の言葉、子どもの目線、大人の視線 気づきの糧になる。
私は、今回は自分の4年間を凝縮しての発表の場をいただき感謝。
感謝。
子どもの世界を、大人の世界に混ぜ込むことのきっかけになった
かなと思います。 近藤志塾を創ってよかった。絶対に心の基地に
できると・・・。四画面のふるさと。
近藤先生。近藤志塾の皆様。皆様がいるから、『何かをやっていき
たい。』と継続の気持ちを高めていけるのです。そんな人たちの集
まりがあってもいいですよね。
感謝。感謝。皆様の顔を想って、『ありがとう』って百回書き留め
ています。 小丸山保育園 原

ーーー■今日の一言:イベントで戦力倍増ーーーーーーーーーーー
改革実践には、入口とプロセスと出口があります。
入口は、人材育成塾で、プロセスは4画面の実践で、出口は成果発
表会のイベントです。イベントをどう仕掛けるが勝負です。改革実
践のイベントは、単に参加したり、楽しんだり、交流したい、学習
したり、コーディネイトしたりする場だけではありません。それは
当然として、参加者の戦力の倍増の場です。異質の人に、触れ合っ
て、まじりあって、知識混合や人脈混合を起こす場であるのです。
全員参加で、お互いの気づきや思いを交流する場も必要です。イベ
ントを計画どうりにするのでは、マンネリ化してしまいます。常に
戦力倍増を考えるのです。そのためには、企画が勝負になります。
イベント5画面をつくって、準備して、行動開発して,YWT振り
返りです。そうすれば、主催者も笑顔になり、参加者も笑顔になる
。戦力の倍増のヒントは、MBI研究所の今井さんに、ヒントをい
ただきました。今後は、私たちが企画するイベントは、4画面思考
で実践します。イベントや業務で戦力を拡大し課題解決すると考え
れば、マンネリ化することはありません。
それでも、イベントが継続していると、イベントづかれて、マンネ
リ感が漂ってきます。そういう時は、イベントを開催している間に
、交流して課題を集めてしまいます。そして、イベントの最後に、
次のイベンの中身を宣言してしまうのです。そして、イベント中に
その次の準備に入るのです。今のイベントを消化しながら、次のイ
ベンの準備に入る。そんな、同時並行の仕事のやり方をすることで
、知識創造ができ、自分ごとになっていきます。
自分ごとになれない状況はすべて自分の責任なのですね。だから今
こそ、真剣に自分で自分を育てる改革が求められているのですね。
私も、改革イベント4画面をつくって行動開発いたします。
■「イベントで 戦力倍増 はかるんだ」  近藤修司

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
四画面思考により、人間力と技術力を向上し、日本企業や日本社会
を、元気に・楽しく・美しくするために「成功の宣言文」を 研究・
発信していきます。皆さんと、改革人材を増やし、改革の輪づくり
をさせていただけることに感動し、感謝しております。過去の「成
功の宣言文」の閲覧や常設している「宣言文写真館 」&「革新図
面館」&「4画面美術館」など、皆さんの「未来を創り出す改革実
践」のためにご活用ください。 http://www.success-poem.com/
●昨年のパソコントラブルのため、成功の宣言文メールマガジンを
ご希望の方は再登録させていただいております。申し訳ありません
が、配信希望の方はご連絡をお願い申し上げます。
四画面思考研究所 所長   近藤修司
JAIST 知識科学研究科 客員教授
日本商工会議所 知産創育ネットワーク研究会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━