« 成功の宣言文 4521 バローレ総研の設立 | メイン | 成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ »

成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■知識社会論の昨日の講義は、シードウインの福田さんによる、「
知識社会の言葉と思考」でした。福田さんは、言葉の分析で、20
年間、社会に貢献されつづけておられ、知識創造企業を経営されて
おられます。知識創造空間を現実のビジネスの対象にされておられ
るだけに、私も社会人も大きな発見いただきました。現空間と知空
間の二重構造が知識社会の特徴です。勝さんの言葉でいえば、現場
とITCの混じりあいです。知空間が時間できる場をいただきまし
た。昨日の勝さんの講義の、サーフィンのジェリーは「世界一波乗
りを楽しめる女の子になる」という知空間をもって、実空間に挑戦
しているだけにバローレを感じるのですね。福田さんからも知情意
社会や知空間のバローレを感じました。ありがとうございました。
本日は、現場で、知識社会の人間力開発を実践され続けているMB
I研究所の今井さんの講義です。(近藤)
●「知空間 社会の中で 意識する」   現状の姿
■「知識社会の言葉と思考」 シードウイン 福田豊志
知識社会とはなんであろうか。私は知識は知情意と考えています。
知は真理の体系であり、情は情念で、意は意識であり、目的の知覚
です。社会は人と人がある方向へ向かって活動している関係です。
安全・安心からはじまって、自由で自己実現へ向けての活動の関係
になります。人生の最後の目的は自己実現で、自己実現を満足する
あつまりがありたい社会です。自分が社会の中でどこにいて、方向
はどこへ向いているか知ることが大切です。そして、社会の中のど
の部分へ働きかけているかを思考している自分の知空間を意識する
ことです。従来の社会基盤は宗教でした。それが、軍事になり現在
は経済が基盤です。社会基盤から宗教を取り払ってはじめて宗教は
自由になりました。知識社会は知識が基盤でしょうか。現実に、皆
さんも専門の知識で食べている。知識社会は経済中心に動いてない
はずです。経済の基盤の上に安全やいろいろ確立されて、今は知識
が乗っています。科学的管理法が生まれ、大量生産が実現されて何
も知らない人が匠になれました。そして豊かになって、経済が確立
された。誰でもができる形におきかえていった。そこでできたもの
が技術になった。そこに技術を進化するために知識が生まれた。そ
の知識で技術を高度にしていき、進化技術が生まれた。さらに、こ
の知識をサポートする知識が生まれた。知識が3段階になっている
。知識は工学と文系と二つあります。自然科学だけではものは作れ
ない。ニーズがあるかどうかです。大学は細分化していき、産業界
は統合していっています。現在、自分がどの位置の知識にいるか。
どういう知識に向かわないといけないか、考えることです。技術を
使う知識、技術を進化させる知識か、知識を進化させる知識・・・
。自分が知識創造する知識はどの知識か。今の知識だけでは動きま
せん。知識をサポートする異質知識が必要です。自然科学と文化と
組み合わさって新知識が他の社会基盤になっていくのです。技術を
革新するために自分の技術範囲にあらたな知識が必要なのです。知
識を活性化する知識がエンジンです。経済の上に3知識がのったの
が現在です。米国では、経済に参加しているメンバーよりボランテ
ィに参加しているメンバーが多い。

講座の目的は、自ら知識と技術を持って、社会貢献を中心に行動す
るのが本来のテーマです。貢献が前提であるが、自らの得意を知り
、得意が卓越するのが先にあります。複数の専門を持って、社会を
見て、組織にあって自らの役割を的確に果たすために、思考形態と
視点を整理します。自らの卓越性を顕著化させりための視点と言葉
の基準、定義を考える足がかりをつくるのです。卓越性つかって、
卓越性をマネジメントするのがエグゼクティブです。個人と組織、
個人と社会のかかわりを考える足がかりを作ります。個人と組織、
個人と社会、組織と社会のかかわりを考え、仕事と社会での自らの
卓越化された、知識ととらえるのです。皆さんの事前課題で書いて
いただいて文章を文道分析してみました。この分析から、自分のポ
ジションを確認できます。 自身が考える位置を組織と、社会に分
類して、ベン図で表した。全体の枠を思想・概念としています。
社会が複数であるのは、コミュニティーとすべてのコミュニティー
を含む人間社会全体を現しています。社会を市場ととらえてもよい
のです。一人が一つのポジションだけではなく、必ず2つを持って
います。軸足となるのはA~Cで、A~CのひとつとDを持っている。
立っているのははどこか、そして軸足は二つ持つのです。
思想とか概念は、価値観が構成されるプロセスに類似しています。
知識と経験、そして生活環境によって大きく影響されてきます。組
織に身を置いているとすれば、B2とDを立脚点とするのが正しいの
ではないだろうか。公共機関、NPOなどに所属している場合はC2と
Dだろう。知覚できる社会は一つではなく複数です。できるだけ多
くの社会を知覚することが大切です。A~Cの同時に複数の位置に身
をおくことはできません。組織人であり、勤務時間外はNPOに所属
する場合はあるが同時ではないし、共に利害を共有できない。Dの
位置を外して、A~Cの位置にのみ軸をおくと、客観性が乏しくなり
ます。自己中心的な考え方になりやすくなります。文は人なりで、
自分はどっちに向いて書いているかわかります。思考するときに忘
れてはならないことは、考える方向、時間軸(過去・現在・未来)、
優先順位そして着地点です。

思考戦略と戦術についてお話します。
戦術は、自らが果たすべき目的に対しての自らの専門の範囲、もし
くは理