« 成功の宣言文コミュニティメンバーからのメッセージ | メイン

成功の宣言文 4521 バローレ総研の設立

「バローレの 社会をつくる 研究所」

   
勝 眞一郎

●知識社会論の目的は社会改革のプロデューサーの育成です
●バローレを存在価値の実現することでイタリア語です。個のユニ
ークさが重要になって来ており、このロゴのバローレ総合研究所を
作りました。ロゴがあるとメッセージが伝わりますね。
●「バローレの 社会をつくる 研究所」  勝眞一郎  

成功の宣言文 4522 ありたい姿の実現  ありたい姿
●近藤先生が講義の基本を話し、私がありたい姿であるバローレを
話します
●その実現を福田さんは言葉から、今井さんは人材育成から、高達
さんはグローバルな社会から、そして総合的な実践例として関ヶ原
製作所の矢橋会長が、これからの経営の在り方を講義します。
●「ありたいの 実現のため 講義する」  勝眞一郎  

成功の宣言文 4523 ソーシャル・ワーカー  なりたい姿
●四季の会のメンバーは知識社会のソーシャル・ワーカーのコミュ
ニティです
●先日も、福田さん宅でたき火を囲みながら、ワイガヤをしました
。知識社会では、教えるは人も、教わる人からも、双方からエネル
ギーをもらえます。
●「四季の会 焚き火囲んで 知創造」  勝眞一郎

成功の宣言文 4524 10人の師匠たち   なりたい姿
●異質のものが、交わりあって、新たらしものを産み落とすことが
できるのです
●私は昔から異質分野の10人の師匠たちを、持っております。弟
子入りを。お願いすると、私の師匠というとOKと言ってくれる。
●「10人の 師匠たちに 弟子入りす」  勝眞一郎

成功の宣言文 4525 知識社会実践論   なりたい姿
●普通の知識社会論は考えて終わりですが、我々は知識社会実践論
です
●考えて、動いて、成果出して、さらに進化して、また考えて、進
化し続けます。基本は宣言→4画面→行動→YWTのサイクルを回
します。原動力がありたい姿、私のいうバローレになります。
●「考えて 行動をし 進化する」   勝眞一郎

成功の宣言文 4526 DNAのコピーミス  現状の姿
●オフィスの中で考えていても、良いアイディアではない
●行動して考える。進化はDNAのコピーミスといいます。いろい
ろ行動している間に、コピーミスがおきるのです。単なる向上では
なく、進化なのです。
●「行動し 動いているうち 進化する」   勝眞一郎

成功の宣言文 4527 社会的役割の増大  現状の姿
●社会形態は推移して、企業の社会的役割が増大しています
●見えない社会資産としてのバローレを、見えるようにすることが
社会的役割です。バローレをもったありたい姿を鮮明にすることで
す。思いを実現する力が、バローレです。
●「気がつかない ありたい姿 見える化を」   勝眞一郎    

成功の宣言文 4528 現場とITC   なりたい姿 
●マネー資本主義の次に向けて、進化し続けるしかない。
●私の仮説は、現場とICTの混合です。さらに、いろいろな混合
で進化し続けるのです。そのためには社会マップは有効です。現場
とITC混合のイメージをつくらないといけません。
●「進化する 現場とIT 混合で」   勝眞一郎  

成功の宣言文 4529 心の風景を   ありたい姿
●心の風景が大事なのです。ありたい姿の風景を持つことです。
●たんに製品作りに没頭していると、風景が見えずに間違える。持
ち運びは軽く移動できるものを作るか、足が不自由な人が参加でき
る社会を作るかです。社会を作ろうとする人達は、自分ごとで動き
ます。
●「ありたいは 心の風景 もつことで」   勝眞一郎  

成功の宣言文 4530 社会づくりの思い   ありたい姿
●社会づくりの思いを実現したいのです。何を解決したいか、知っ
ているのです
●自分のバローレを表現する言葉もち、システムとしてみている。
心地いい社会づくりのためのシステム、そして製品を考える。バロ
ーレとは、社会的貢献における存在価値です。
●「社会的 貢献をする 存在価値」   勝眞一郎

成功の宣言文 4531 バローレに気付かない 現状の姿
●現状の社員教育は、人材価値をにがしています。
●企業内の「業務プロセス・組織・設備配置・中長期計画・コミュ
ニケーション・顧客の口コミ・・・」などもそうです。見えていな
い資産を、社会マップであぶりだす事ができそうです。
●「マップにて 見えない資産 あぶりだす」   勝眞一郎

成功の宣言文 4532 戦略社会単位   なりたい姿
●おたがいに、シェア^-しあう、助け合うという視点で見ると、
、戦略社会単位が見えてくる
●今は社会の現場で人を育ててない。また、育った人が人を育てて
いない。会社は人を育てる場なのです。私の存在価値である社会マ
ップは、コンサル・研究・教育・サーフィンの混合です。
●「助け合う 視点からの ユニットや」   勝眞一郎

成功の宣言文 4533 バランスをとって滑る  実践する姿
●サーフィンの「滑る」という感覚で、企業や地域も海を滑ってい
ます
●いろいろなものを滑って、バランスを取っている。いろいろな時
間の使い方もバランスが大事です。ライフワークバランスにしても
、両方で価値を生み出す。そして社会のリズムを変えていく。
●「バランスを とって滑る 社会かな」   勝眞一郎   

成功の宣言文 4534 現場とITC   なりたい姿
●社会マップで、リズムを組み合わせるのです
●現場とITCの混合が基本です。ICTはつぎつぎ、新しい潮流
を生み出している。社会で人を育てて、育った人が社会を作る。現
場では人間の感覚を鍛え、ITCは使って見ることです。
●「進化する 現場とIT 組み合わせ」  勝眞一郎

成功の宣言文 4535 AとBのバランス   実践する姿
●バローレ軸からの、これからの社会と人を考えてみます。AとB
のバランスです。
●A(大企業 組織 安定 美人投票 教わる 与えられた目標 
減点評価 単一人種・言語密関係 狭い)B(個人企業 個人 挑
戦・志 個人の価値観 教える 自らが描く未来 20年後 加点
評価 他 人種・言語 疎関係 広い)
●「これからは デュアル路線の バランスや」   勝眞一郎

成功の宣言文 4536 波乗りを楽しむ   ありたい姿
●社会づくりの4画面実践者を紹介します。ジュリー17歳で、J
PSAグランドチャンピオン
●バローレは「世界で一番、波乗りを楽しむ女の子になる」です。
日本のチャンピオンになり、次は世界を狙う。「夢を持っている」
「二つのこと」「尊敬」「発信」でいけているにおです。
●「世界一 波を楽しむ 女の子」  勝眞一郎 

成功の宣言文 4537 ありたい姿10か条  ありたい姿
●ありたい姿の描き方10か条です。「10年先のイメージ」「ユ
ニークさ」「トップ」
●「社会に対する貢献価値」「利他的」「サポーターがいる」「ワ
クワクする」「感謝の情景が目に浮かぶ」「夢がある」「手本にで
きる師匠や先輩がいる」
●「10か条 ありたい姿 描き方」  勝眞一郎

成功の宣言文 4538 社会マップを作る   実践する姿
●わたしもさっそく、社会マップをつくって、バランスを取って波
乗りを楽しみます
●ありたい姿の十カ条を活用して、私たちは何を達成したいのか考
えてみましょう。・個人として・家族として・企業として・地域と
して・社会として・・。いろいろあるがバランス滑りです
●「私も 社会マップを 滑るんだ」  勝眞一郎