« 成功の宣言文 4119  先進企業を視察する   実践する姿 | メイン | 成功の宣言文 4161 人の生き様を感じる   現状の姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■MBI研究所の今井さんから、「自分ごとの4画面を持つ」にコ
メントを頂きました。自分ごとの4画面を持つことにより、感性が
高まり、感動する事が多くなりますね。その自分が感動したことを
伝える仲間がいることがしあわせなことです。その伝えた感動で相
手が変わりだすことは楽しいことです。そんなお互いの4画面を大
切にしあう輪が広がることは楽しいことですね。ありがとうござい
ます。(近藤)
●「4画面 人の生き様 変えていく」   現状の姿
■近藤先生 お世話になります。
今日の「成功の宣言文」は、若者からベテランまでの双方の4画面
がイメージできて面白いですね。1人ひとりの心模様、心や身体の
健康状態、分別基準の違い、組織文化の違い、人生観の違い、改革
に向かう姿勢の違い…意識しているかどうかに関わらず、「自分ご
との4画面」を持っているかどうかで、人の生き様というのは大き
く変わりそうですね。
人事評価などを一つ取り上げても、4画面がなければ人の匂いのし
ない味気ない制度になりますね。1通の成功の宣言文の中にも、た
くさんの「間」が存在しますね。
MBI研究所今井 雄二

■先週、近藤研を昨年卒業し、日立に入られた楊さんが、上司と共
に,私を訪問していただきました。楊さんの研究された「学習場の
モデル」で新事業展開を構想されており、そのために、4画面や改
革実践の交流にこられました。研究した理論モデルが企業で評価さ
れることは素晴らしいことです。われわれが目指している改革実践
は、企業が独自の改革モデルを持った事業展開を狙っています。そ
れが3つの組織によるマネジメントですし。知識創造を基盤にする
改革実践の特徴です。今後、交流が始まると楽しいと思っておりま
す。楊さんの上司の方は、皆さん素晴らしく、今後の展開が楽しみ
です。ありがとうございました。(近藤)
●「改革は まず第一歩 踏み出して」   実践する姿
■近藤先生 お世話になっております。
昨日お忙しい中、面会する機会を頂き、また講義もして頂き、あり
がとうございます。半年だけの社会人経験をして、もう一度近藤先
生の講義を受け、学生時代で理解できないことを共感することが出
来て、特に改革実践はまず何が大事だと考えて見ました。
改革実践は先生が言うとおり、自分ごとの意識改革がまず大事だと
思います。自分が何かをしないといけない思いがなければ、第一歩
が踏み出せなく、何も変わらないです。また意識があって、第一歩
を踏み出す勇気がないと、思いのままで終わります。改革実践はま
ず、勇気がある第一歩が大事ではないかと思いました。昨日出席し
て頂いたM1の学生さんに、伝えたいこと言い忘れました。それは学
生時代で他人と違う経験をする機会を大事にすることです。私はい
い先生に恵まれ、北國銀行のECを参加させて頂いた貴重な経験があ
るからこそ、今の自分があるだと思います。なので、昨日訪問させ
て頂いた件を含め、貴重な経験をさせて頂きた近藤先生に心から感
謝を申し上げます。これからも宜しく御願い致します。
日立製作所 楊 潔

●「人間力 技術力の 二刀流」   ありたい姿
■近藤先生
日立製作所の柿本でございます。
先日の貴校訪問に際しましては、ご多忙中にもかかわらず貴重なお
時間を賜り、誠にありがとうございました。ご研究の内容、実践さ
れている事例、そしてその学術的、思想的背景など、たいへん貴重
なお話をお聞かせ頂き、いっそう理解が深まりました。一同、多く
の学びと気づきを得ることができました。
また、「人間力と技術力で未来を創造し、改革を実践する人材・集
団」「異質な知識の混合から、新しい価値を創造」など、多くの大
切なキーワードが心に残りました。
今後は、弊社のお客様含めたコラボレーションの場等々で、ご教示
をお願いすることもあるかと存じます。これからもよろしくご指導
の程、お願い申し上げます。
なお、当日お渡ししました資料につきまして、パワーポイントのデ
ータを送付いたします。(四画面では作成していませんが、プリン
トいただけましたら四画面になるよう、印刷書式設定しております
)未だ稚拙なものですが、ブラッシュアップしていきたいと存じま
すので、ぜひご指導賜りたく、宜しくお願いいたします。
では、冷え込む季節となりましたので、お身体ご自愛くださいませ
。そして、ご出席いただきました学生の皆様にもどうぞよろしくお
伝えください。
またお目にかかれる機会を楽しみにしております。取り急ぎ御礼申
し上げます。
株式会社 日立製作所  柿本  薫 

●「新モデル 発見するで 価値生まれ」   ありたい姿
■柿本さん 楊さん 皆さん
先日は楊さんと JAISTに来ていただいてありがとございます
。論文を活用していただいて、私からもお礼を申し上げます。これ
からの未来の価値を創造する為には新しい視点が必要ですね。それ
も、実験の中から発見したものが有効と思うます。楊さんの発表を
、温かい目で、見守って、拍手されていた、本部長、柿本さん、メ
ンターの皆さんの姿が、印象に残り、楊さんは恵まれた環境で、仕
事に挑戦できて、ありがたいと存じます。私は人間力を向上して企
業と社会を元気にする研究と実践の一環で成功の宣言文を発信して
います。ご参考になればと思い配信させていただきます。今後とも
、宜しくお願い申し上げます。ありがとうございました。
近藤修司

■いしかわMOTスクールの2期生のYWT通信であるアニモ通信
をPFUの石黒さんから頂きました。先週の石川経営者協会の講演
会で輪島社長にもお会いしましたが、MOT改革実践や未来塾でト
ップが時間できるような改革が進んでいると言われていました。素
晴らしいことです。是非モデルとして産業界を先導していただきた
田と思いまます。改革は常に進化し続けることですし、その進化し
続けることが楽しいと実感する人と組織が増えていくと良いでよい
ですね。ありがとうございました。(近藤)
●「4画面 人と組織に 浸透が」   現状の姿
■メルモ通信(石川MOT2期生メールマガジン)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
近藤教授とMOT2期生に発信し、バーチャルで弱い紐帯を育む
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
6番バッター 2009.11.10 株式会社PFU 石黒 渉
―――――――――――――――――――――――――――
近藤先生、2期生の皆さん、
秋も深まって来ましたが、お元気ですか? 先週、蟹が解禁になり
ましたが、もう食べましたか?(私はまだです。。)
私は、昨年の10月に現在の組織 (Active-V推進室) に異動し、人と
組織活性化活動が主務になって早1年が経ちました。昨年度は、現
場状況把握と方針決定を中心に行い、今年度から具体的な実践を始
めています。Active-V推進室の今年度の活動をYWT でまとめてみま
した。
《Y》
-PFU 未来塾:兆し分析と未来年表を体験
PFU 未来塾は、今年第四期を開催し、近藤先生にも出席していただ
き、10月にファイナルを行いました。今年の新しい取組みの一つは
、兆し分析と未来年表です。皆さんも体験された通り、ありたい姿
をイメージすること、未来を予測することは簡単ではありません。
これを支援するツールとして、石川MOT 第五期から導入された兆し
分析と未来年表をPFU 未来塾でも導入しました。講師は、MOT第五
期卒業生にお願いし、自分も一緒に勉強しました。大変良いツール
なので、皆さんも、機会があったら勉強して、実践されたら良いと
思います。
-情報発信
Active-V推進室のホームページをリニューアルして、現場の人達が
実践している改革活動事例を定期的に発信する様にしました。
これにより、良い活動が横展開され、現場活動が更に活性化するこ
とを期待しています。
-成果の見える化
人と組織活性化活動を今以上に推進する施策として、成果の見える
化を開始しました。目的は以下の3つです。
1.良くなってきたことを実感する。
2.現状を把握し、次の施策に活かす (PDCAを回す) 。
3.ビジネス成果との相関を証明する。
具体的には、社員にアンケートを採り、結果を分析して、現場にフ
ィードバックする形で進めています。
3.はこれからの課題ですが、まずは、1.と2.について、見え
る化したいと思っています。
《W》
-大変な中で良いこともActive-V推進室に異動して1年間、自分な
りにはいろいろ積極的に活動しているつもりですが、なかなか現場
は変わりません。組織風土を変えることの大変さを今更ながら痛感
すると共に、やりがいも感じています。幸いながら、四画面思考法
が、役員を含め、かなりの人達に浸透してきたことが、今年の大き
な成果です。
《T》
-全社イベント:更なるステップアップ
来年度、当社は創業50周年を迎えます。50周年をきっかけに、人と
組織活性化活動を更にステップアップするための全社イベントを企
画しています。毎月、頑張った人やグループの良い活動を全社に広
め、祝福し、回りの人達に気づきを与える活動です。
具体的にはこれからですが、来期から開始出来る様に、いろいろな
部署と調整していきたいと思っています。そして、年間で一番輝い
た人には、素敵なプレゼントを進呈出来る様になれば、最高です。
最後に、読書の秋にちなんで、最近読んだ本をご紹介します。
-強い組織 著:わたみ渡邉会長
テレビにも良く出演される、渡邉会長が書かれた本。芳珠記念病院
の青島さんも推薦されていた本です。ありたい姿、未来創造、組織
のあり方、マネジメント、人財育成等、参考になる話し満載です。
-あの演説はなぜ人を動かしたのか 著:川上徹也
小泉元首相やオバマ大統領等の演説を基に、人を動かす演説のポイ
ントを説明した本。現場の人にどの様に話しをしたら、共感しても
らえるかのヒントを得るために買ってみました。書いてあることは
分かるけど、実践するのは大変そうです。
-ヴィヨンの妻 著:太宰治
松たか子さんが、妻役で映画化された短編小説。文学小説は殆ど読
まないのですが、松たか子さんのファンなので読んでみました。松
さんを想い浮かべながら読むと、とても面白かったです(動機が不順
ですみません)。
それでは、皆さん、新型インフルエンザを吹き飛ばす勢いで、元気に
行きましょう!
======================================================
次は、倉さん、よろしくお願いします。(*^-^*)

■月曜日は松本機械さんの全社改革成果発表大会がJAISTで行
われます。北陸でいろいろなスタイルの改革実践活動が始まってい
ますが、全社改革成果発表大会は初めてです。場所はJAISTで
すので、また新しい経験をして、この不況を乗りきるパワーが生ま
れると思います。JAIST近藤プロジェクトメンバーや大森さん
がお手伝いしています。大学で企業の改革実践大会のご支援するの
も初めてかもしれません。事務局の津田さんからご連絡をいただき
ました。明日は皆さんのお話を聞かせていただくのが楽しみです。
ありがとございます。(近藤)
●「改革の 成果発表 大会が」    実践する姿
■近藤先生
いつも大変お世話になっております。
11月16日(月)の成果発表会の「タイムスケジュール」と「テーマ
一覧表」が出来上がりましたのでお送りします。全社員、自分たち
なりに行ってきた活動の成果を、近藤先生や松本社長の前で発表で
きることを楽しみにしていると思います。また、先日総務部長の小
坂より、講演のご依頼の方もさせていただいております。久しぶり
に近藤先生のお話がお聞きできること楽しみにしております。ご多
用とは思いますがどうぞ宜しくお願いします。
<テーマ一覧表>
・製造部(ML2):テーマ「治具の保管」~見られる棚から、見せ
 る棚~
・製造部(旋盤):テーマ「汎用旋盤周辺ジグ棚の整理」~誰でも
 わかる化を目指して~
・製造部(研磨1):テーマ「多能工の推進」~今日からあなたも
 オペレーター~
・製造部(研磨2):テーマ「NC岡本2号機の有効活用」~何で
 も出来るNC機への道のり~
・製造部(ML1):テーマ「HG500機 治具保管改善」~ショー
 ルーム化に向けて~
・製造部(組立):テーマ「物探し時間の短縮」~ショールーム
 化に向けて~
・営業部:テーマ「営業部の情報の共有化」~営業業務の見える
 化推進~
・総務部:テーマ「先端職人集団の支援」~適正な「組織の形成」
 と「企業活動」にむけて~
・開発部:テーマ「固定費の削減 図面管理の新手法」~新しい
 図面管理の第一歩~
・品質保証部:テーマ「クレーム費用削減への取組み(Ⅱ)」~
 対象機種:アトリング~
・生産管理部:テーマ「生産管理改善ものがたり」~第2幕 原価
 管理~
********************************************************
松本機械工業株式会社 総務部 津田 美樹

━━■今日の一言:実践と感動の輪が大事にする━━━━━━━━
先週の土曜日は、第6期いしかわMOTスクールMOT改革実践論
の講義がありました。小松電子の滝川専務の講義、私の4画面振り
返りの講義、そして受講生の4画面振り返りの発表、そして懇親会
が行われました。懇親会にも滝川専務が参加していただきました。
今回の展開は6期生ならではの、講義と交流でした。小松電子の滝
川専務は、いしかわMOTスクールに毎期、メンバーを参加させ、
事業開発を実践されてこられました。滝川専務の講義「MOT改革
実践への取り組み」は下記の流れで、私も受講生も感動しました。
小松電子の滝川専務は小松電子さんだけでなく、MOT実践コミュ
ニティティのメンターでもあられます。「まずはやる事が大事で、
人脈が広がって輪でたすけられた」と言われていました。滝川専務
から頂いた「実践と輪が大事」と言う感動を、我々も伝えていき、
改革の輪を広げていきたいものです。ありがとうございます。
(近藤)
□会社概要と事業紹介
・会社概要
・小松電子の経営理念
・経営理念とは
・経営理念の意義
・ANAグループの経営理念
・小松電子の会社紹介(ビデオ)
・小松電子の事業紹介
・会社とは5人に対する使命と責任を果たすための活動
・企業のゴール
□MOTの導入と推進実践
・MOT導入の経緯と実践
・いしかわMOTスクールの歴史(創造→進化→改革の輪→経済危
 機克服→)
・MOTゼミナール:2006:わが社のヒューマン経営とMOT
 改革
・いしかわMOTスクールメンターとしてのありたい姿
□改革実践テーマの実績
・テーマ1 環境創造企業への挑戦:RECO
・テーマ2 さらに進化しつづける商品開発:ウルピュア
・テーマ3 FA事業提案力強化6作戦
□YWT振り返り
・小松電子全体でやった事Y
・自分自信で理解したことW(見える化・コミュニケーション・人
 間力の向上・諸制度の改革・
・今後自分で、会社全体としてやる事T(ひたすら考える・能動的
 戦略感・現場の確かな実行力への信頼・現場の柔軟な実行力・経
 営者の知性と教養)
自分を変えてまわりを変えるという、そういう仲間を創りたいと思
い、改革実践を続けている。今回も発表する事も自分を変えて回り
を変える場です。MOT改革実践は当社の信条の中に全て語られて
いると思うようになった。具体的にはヒューマンな経営で当社は物
づくりのDNAを普及する。職場を考える細胞ユニットと言ってい
る。お客さんの現場を私達の職場で持っている。物づくりの現場で
あたらしい価値をつくる。物づくりの現場で新しい感動をつくる。
知識は、知っていることと知らないことを認識して知らないことを
知ることが知ることです。知っていることは少ない。輪で知らない
ことを知ることで感動が生まれ、その感動で自分を変えて回りを変
えていく。しった知識でうまれた感動を言葉にして、言葉を形にし
て、形にノウハウを乗せる。これらのMOT実践が未来の小松電子
をつくることを期待しています。
●「実践で 感動の輪を 拡大す」 小松電子 滝川専務