« 成功の宣言文 3477 改革図面の蓄積   実践する姿 | メイン | 成功の宣言文 3481 自分ごとの4画面   なりたい姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■昨日は第三期北国銀行エグゼキティブ・カレッジの4講が行われ
ました。三期生の4画面の中間発表・討議、二期生の改革実践提案
モデル発表、そしてMBI研究所の今井さんの「4画面経営改革の
実際」の講義です。北国銀行エグゼキティブカレッジも、「現場が
教室、顧客ニーズが先生、改革実践成果がテキスト」の改革実践モ
デルになってきました。メンバーは全員経営者であることが特徴で
す。今回の三期生には改革実践の輪を期待しており、第4講では、
私の研究パートナーでもあるMBI研究所の今井さんに講義をお願
いしました。受講生の経営者やEC関係者だけでなく、私自身もい
ろいろな気づきを頂き、改革実践の進化のヒントをたくさんいただ
きました。成功の宣言文コミュニティには、今井さんファンは多く
いらっしゃいますので、講義内容をご紹介させていただきます。ま
た早速、今井さんからも、北国銀行エグゼクティブ・カレッジの経
営者の皆さんの改革マインドの高さにコメントをいただきました。
今井さん、北國銀行エグゼキティブカレッジの皆さん、ありがとう
ございました。(近藤)
●「自分ごと 4画面経営 改革す」   なりたい姿
■MBI研究所の今井雄二です。本日は「4画面経営改革の実際」
のお話をさせていただきます。
皆さんの4画面や改革実践提案書の発表を聞かせていただいて、現
場の熱意に感動しました。経営は、過去の延長に未来はなく、「三
分の一は新」に挑戦する事が大切です。未来を創り出すために、自
分ごとの4画面が求められています。4画面でが自分の改革物語を
表現するのです。そして実践してYWTで進化していく。自分が変
わって周りを変え、なにが何でもやりぬくのです。そのためには改
革の宣言をする。改革を宣言して自分が動いて見せていくのです。
結果を追求するだけでなく、プロセスを見せていく。プロセスを変
えるために、「彼は変わったという人」を見せていく。マインド・
イノベーション→プロセス・イノベーション→プロダクト・イノベ
ーションの順です。マインド・イノベーションは「自分を変えて、
回りを変える」からはじめます。自分を変えてチームで、変えるの
です。北国ECでは、お互いに相互コンサルティングします。過去
の事例でなく生きた生の実践を交流し、事実で事実を変えるのです
。自分が実践して、回りを変えるのができるのが知識社会の特徴で
す。個人知→チーム知→事業知→会社知→社会知、そして、社会知
→会社知→事業知→チーム知→個人知の知識を創造する組織で、社
会で自分を変えるのです。自分ごとの4画面も、いろいろの知識混
合で進化していく。そして行動して振り返る。
皆さんの4画面や改革実践提案者は未来を先取りしようとする思い
を感じます。すごいなと思うし、生がいいなと思います。生きるこ
とは学ぶことですし、そして学ぶことは変わることです。今の4画
面を自分ごと・改革の輪でさらに進化していただきたいと存じます
。そして知識混合して、自分が何処まで進化しているかの診断をし
てほしい。そして自分が持っている戦略をフルに活用し自分ごとの
行動を創り出していく。みなさんは改革3原則の実践者です。
近藤先生は皆さんは情熱と使命感を持っているといわれます。わた
しも皆さんは使命感を持って、覚悟が決まっているとおもいます。
ドラッカーはあらゆる組織にマネジメントは必要で、マネジメント
の責任を担うものには覚悟が必要と述べています。
・創造的環境適応業
・顧客の創造
・維持と革新の両立
・通しを立てて結果に責任を負うこと
・投資に対してリターンの最大化をはかること
あなたの使命感は何でしょうか。
オムロンの創業者の立石一真は独特の経営的哲学を持っていました
。特定解の使命感で独特のマネジメントが出来ていました。経営と
は創造的環境適応業で、死にものぐるいで全員の知恵を絞らないと
対応できません。過去の成功大体験を持ち出したら失敗で、全員主
役で4画面を描き、YWTをまわす。とまったら、おしまいです。
皆で知恵を出し合って、乗り越えるしかないのです。スポーツで言
えばサッカーチームで動きが止まったら負けです。みんなで知恵を
出し合って乗り越え、皆で適応する。それをやれるのが経営です。
近藤先生は「自分の言葉で語れ」というが、それが自分ごとの使命
感です。経営はこういうものをやればいいというのはない。変化に
対応するしかない。行動は市場に向けて動いていく。社会市場の中
に顧客を創りだしていくのです。顧客は誰か、今取引している顧客
は、取引していない顧客は、何処までを自分の市場か、お客さんは
どこか、何処までをお客さんにするか、を深く考えていく。なかな
か簡単でないが、実践して今までのものを蓄積し、変化に対応する
ためには溜め込んでいく。毎日の実践でで溜め込んでいくのです。
皆さんは、こういうことをやるのに、4画面で熱き思いを燃やして
おられます。経営危機の現在、4画面で大切なことは、だれを顧客
にしているか、どこへ売っていこうか、ということです。経営は「
どうにもならないことをどうにかする」ことです。どうにもならな
いといってはいかんのです。最後はどうにかするのです。それが使
命です。
最後にどうにかしようというのが、自分ごとです。マネジメントの
3つの責任を理解して、自分の言葉と行動にする事が大切です。
1その組織の特定解ろしての使命(目的)を果たさねばならない
2その組織に関係する人たちが、生産的な仕事を通して、生き生き
 と働けるようにしなければならない
3自らの組織が、社会(市場・顧客)に与える影響を処理する、あ
 わせて、社会の問題を解決しなければならない
この3つの責任は全ての人と組織に存在する。知識・技術・制度・
権力は人と組織を動かすこともあるだろう。しかし、大きな改革を
やり遂げた人たちは、自分ごとの人間力、自分ごとの4画面で成し
遂げています。
マネジメントは「どうにも出来ないことをどうにかすること」で、
特定解の使命感を持っています。皆んな持っているが、意外と気づ
いていません。近藤先生の言うように、自分の言葉を見つけてくだ
さい。そして、組織内で通じるだけでなく、市場で通じる、社会で
通じる力を持ってください。4画面でオンリーワン・ナンバーワン
というだけでは、まだ、自分ごとではありません。その中身を、自
分の言葉でいわないといけない。知識創造して、暗黙知を形式知に
して、自分の言葉で言うのです。制度や権力で、人と組織を動かし
ても改革は成功しないのです。一時的には成功しますが、すぐだめ
になります。自分ごとで、動かしているかです。人間力で、動かし
ているかです。人間力は特定解の使命感です。それがでていなと、
その企業をマネジメントしているとはいえないのです。そして人間
力の高い人に分身を作らせるのです。貴方しかできない事をやるこ
とです。なぜあなたが社長か、なぜあなたが専務か、自分ごとの特
定解です。あなたならではの経営をして欲しい。特定解の使命で、
貴方だからこそ任せた。「あなたならでは」は、だれも言ってくれ
ません。自分で考えるしかありません。それを深めるのが4画面+
YWTです。
私も偉い上司にであった体験があります。「今井さんは飛ばされた
と思っているだろう。見たら分かる。とんでもない誤解だ。俺はお
前がほしくて取った。何故かわかるか。原価計算や生産性向上は得
意という。仕事の効率を30%上がるそうだな。この事業所の生産
性を30%挙げてくれ。喧嘩してもいい。それで俺が取った。」
こういわれた。
こういわれたら、部下はやる気になる。特定解の使命を上司が示し
てくれたのです。多くの場合は、上司やお客さんはこんな風に特定
解の使命を教えてくれません。自分で考えないと教えてくれません
。それが、4画面や改革実践提案やYWTで、改革実践活動です。
「何故、お客さんは貴方とビジネスしないといけないか」をきちっ
と考えるのです。お客さんが「うちの会社から買いたい」といって
くれるのは、特定解の使命です。改革実践で一人ひとりの人間力を
引き出していくのです。OJTは仕事をあたえれば人は育つといっ
た。しかし、仕事ベースで人をつかたらあかん。人に仕事を選ぶの
です。その人にどんな強みがあるか、どう強みを磨くか、何が出来
て何が出来ないか、など人を見ます。人を見ます、強みを見ま、そ
して、能力を思う存分発揮してもらう。その人の自分の持ち味を生
かして、社会のどんな問題を選択して解決するかです。世の中の問
題は全てはできません。何処を顧客にして、どんな問題解決をする
かの選択のために、自分の戦略をしっかりします。施策の選択です
。自分の行動開発となる分別基準が大事です。そうすると自分ごと
になるのです。
自分の選択が間違っているとお客さんは逃げています。現状でも、
新たな問題を選択していないとお客さんが逃げているのです。そし
て自分も逃げています。多くの場合、無意識に選択をしないで判断
をしない行動選択をしています。新しい改革実践をやらないことが
常識になって、出来ないということが日常になっています。4画面
で言えばありたい、なりたいが電気が消えて、YWTが出来ていな
い。新しい行動開発ができていない。新しい行動開発が出来ていな
いと、お客さんが逃げていくのです。従来どうりでは、お客さんは
逃げるし、仲間も逃げる。そしていつの間にか自分もにげている。
こういう状態がやらされ感です。我々は何処まで市場にするか、逃
げたらいかん、選択しないといけない。現在の顧客はだれ、未来は
何処を市場に、そのための見える化であり、そのためのコミュニケ
ーション、そのための生産性向上で、そのための人材育成です。た
だ知識を教えればいいのではありません。4画面は、市場や社会に
向けて新しい行動を創り出すことです。そのためにありたい姿は、
世のため人のためで、ステークホルダーへの価値提供なのです。そ
のためには現状を知ることです。「どうにかならないことをどうに
かする」をすることからして持ち味ができる。立石一真が言ってい
ましたが、人を幸せにする人が最も幸せになるのです。機械のでき
ることは機械にさせて、人間は創造です。そして4画面でも、現状
の姿をもっともっと議論していく。こんなことも出来る、こんな強
みがある、こんな変化が機会である。強みをいかして変化を機会に
戦略的に選択するのです。
今の時期はなりたいは5年は長いです。数値目標にしてもっと前に
もってくることです。なりたい姿に期限と数字目標で、それを実現
する戦略は数字が無いのはありえないです。数値になってないのは
自分ごとになってないからです。4画面による戦略経営の原点は現
状の姿を自分ごとできっちりと見ることです。いろいろの人に出会
って現場で混じり合っていくのです。きづいて、気づいたことメモ
して、実践して,YWTをしていけばいいのです。
自分ごと・4画面・改革の輪です。その改革実践の生産性を向上す
るためには知識創造の3原則(メモを取る・自分のDBを持つ・情
報発信)の実践です。近藤先生が言われるように、改革3原則と知
識3原則で特定解の使命を実践していくのです。北国ECの経営者
の皆さんが改革実践を先導されることを期待しております。ありが
とうございました。 MBI研究所 今井雄二

●「選択し 集中をしていく 道筋を」   なりたい姿
■近藤先生
今日は、北國銀行ECにお誘いいただき、ありがとうございました
。やっぱり経営改革の現場は、楽しいですね。帰りの車中でもお話
しましたが、北陸の皆さんは、大都市圏とは経営者の気質が少し違
うように感じますね。経営改革者各位に、粘り強さとか根底のたく
ましさのようなものを感じました。
プレゼンテーションをさせていただく前に、参加者各位やOBの皆
さんの4画面発表をお聴きすることができてよかったと思っていま
す。直前になりましたが、参加者各位の経営者としての生々しい発
表を伺うことで、少しでも皆さんの期待にお応えできることができ
ていれば良いのですが…
まずは、取り急ぎ、このような機会をいただいたことが、本当にあ
りがたく、お礼を申し上げます。
MBI研究所 代表 今井 雄二

━━■今日の一言:選択と集中の道筋━━━━━━━━━━━━━
北國銀行エグゼクティブ・カレッジで、今井さんのお話を聞いてい
て、改革実践は「選択と集中」だなと思いました。人生も改革実践
も大切なのは、「選択と集中」ですね。たしかに、わたしがいろい
ろさせていただいた未来を創り出す活動は、道を選択し、集中して
いくことでした。道を選択しても、目の前の課題解決が次々あらわ
れて、またその道の選択と集中の連続です。スタート時点では、ま
ったく分かりませんが、いろいろ、現状の姿を調査して、体験蓄積
していると、分別基準が決まってきます。そして選ぶ道が見えてき
ます。改革物語も、改革人材が実践しながら、お客さんや社会のニ
ーズを感じて、選択と集中をしていく道筋です。限られた時間や資
源の制約の中で、何を選択し、何に集中するかです。4画面思考は
4つの姿で選択し集中します。良い選択と集中をすると、よい言葉
が見つかって、日々の出会いで繋がっていくのです。そして自分ご
との特定解の使命感が見えてきます。
●「選択し 集中していく 道筋を」   近藤修司