« 成功の宣言文メンバーからのメッセージ | メイン | 成功の宣言文メンバーからのメッセージ »

成功の宣言文 3452 部活の親睦会   実践する姿

「先生に 励まされてに 感謝して」

  
宮本悟司
 
 

●子供の部活の懇親会では、全員が一言ずつしゃべってくれました
。3年生が部活動での辛かった思いと、先生に励まされ乗り越える
ことができたことへの感謝の言葉を語ってくれました。
●その中でレギラーになれず、落胆し自分を見失いかけていたとき
に先生からいただいた言葉として紹介してくれました。先生はむし
ろレギラーになれなかった生徒のメンタルに気をつかい、多くの言
葉と行動で生徒を励ましていることが分かりました。


成功の宣言文 3453 全員が同じ目標に   なりたい姿
●チームが強くなるためには、一部のレギラーを鍛えればいいわけ
ではありません
●全員が同じ目標に向かって進むことが大切です。これは全く、組
織を活性化し強い製品をつくることと同じであり、ひとり一人に目
をくばり、会話する事の大切さを、部活動の指導から学びました。
●「晴れてよし曇りてもよし富士の山、元の姿は変わらざりけり」
 宮本悟司

成功の宣言文 3454 感動する提案書   ありたい姿
●能美改革実践塾第2講は感動する改革実践提案書がテーマでした
●その原点は改革実践への思いで、思いを4画面で表現します。、
現状の姿、ありたい姿で繋げ、思いを繋げる。北陸企業はニッチト
ップの思いが強い企業が多く、改革物語を持っています。グループ
ワークでは感動する提案書の条件を討議しました。
●「感動の 提案書とは 討議して」  JAIST 大森

成功の宣言文 3455 エネルギーの魂   ありたい姿
●本田宗一郎氏の人生をみてみると、この人こそ本当に「エネルギ
ーの塊」の人だと思いました
●みなぎるエネルギーが、人を惹きつけ、世界的視野の製品を実現
するのかもしれないと思いました。平野先生に本田宗一郎を調べて
みてはと、ご示唆頂いたことは、村田にとっては、とても勉強にな
るところが大きかったです。ありがとうございます。
●「エネルギー 人をひきつけ 創造す」  村田康一

成功の宣言文 3456 両方の喜び  ありたい姿
●本田宗一郎4画面分析から学んだ事
●①目標はサービス提供者と受容者の両方の満足度(喜び)がある
こと(CSとES) ②仕事が道楽(趣味)である事は強み(好き
こそ物の上手なれ) ③井の中の蛙でなく、広い世界で認められる
ような存在 の3つです。
●「お客さま 従業員の 喜びを」  青島敬二

成功の宣言文 3457 縦糸と横糸   ありたい姿
●吉川幸次郎先生が、経営の経の字はタテ糸だ、と書いておられる
んですが、大変うまいことをいわれる布を織るとき、タテ糸は動か
ずに、ずっと通っている。営の字の方は、さしずめヨコ糸でしょう
●タテ糸がまっすぐ通っていて、はじめてヨコ糸は自由自在に動く
わけですね。一本の太い筋は通っていて、しかも状況に応じて自在
に動ける。これが経営であると思うんですよ。 縦糸である「経」は
、「技術」で横糸である「営」は、「経営戦略」や「営業」でしょ
うか。
●「経営は 縦と横糸 布になる」   平野禎幸    

成功の宣言文 3458 思い実現の理論   現状の姿
●思想の土台の上に理論を積み上げ、アイデアと時間を投入して商
品化していく
●つまり、まず「モノづくりに対する熱い思い」があって、その思
いを実現するための「理論」を構築し、フレキシブルな「アイデア
」と地道な努力である「時間」を投入する。そうして始めて、「商
品」として思いが目に見える形となるのだという事だと思います。
●「その思い 実現をする 理論かな」  平野禎幸   

成功の宣言文 3459 気づきて4画面  なりたい姿
●我われが行動する場合には、気づくことが先決条件であり、技術
以前に気づくということが必要になる。これはまさに、近藤先生が
常々提唱しておられる「気づきの大切さ」ですね
●そのために必要なのが「未来を創り出す3原則」のうち、「自分
ごととしてとらえる」です。常日頃から「自分ごと」として物事を
とらえ、「気づきメモ」をとり、それを「4画面思考」に反映して
、「改革の輪」を広げていく・・・・このサイクルが重要なのでし
ょう。
●「自分ごと 気づきメモして 4画面」  平野禎幸

成功の宣言文 3460 マン島レースの宣言   なりたい姿 
●本田宗一郎はマン島レースでも、まず「ありたい姿」「なりたい
姿」を宣言し、その実現に全力を尽くす。思ったらまず動いてみて
、「やらされ君」から「やるぞ君」へのチェンジです
●まさに「成功の宣言」の考え方で、近藤先生の提唱されている改
革実践の中心的な考えです。加賀市の角出合繊(株)への訪問もそ
うで、「お会いしたい」が「行ってみましょう」にすぐ結びつくの
が近藤先生流の「やるぞ君」ですね。
●「マン島も ありたい・なりたい 宣言し」  平野禎幸

成功の宣言文 3461 宗一郎の人間力   現状の姿
●本田宗一郎の人間力には圧倒されますね。今回は、次の新しいキ
ーワードを学びました
●「明日咲かせる花は、今種を蒔いておかなきゃいけない」「企業
発展の原動力は思想である」「そこで働く者の思想こそ優先すべき
だ」、の文章には、とくに感動しました。
●「原動力 働くものの 思想なり」   近藤修司

成功の宣言文 3462 価値ある特性発見   現状の姿
●本田宗一郎は純粋経験を重ねる中で、思いを実現する理論を掴んで
いたのかもしれません
● 改革現場で人間力で思いを高め、技術力を向上して実現する。これ
は顧客現場の特定解で、現場で特性理解の力です。価値ある特性の発見
です。人間力と技術力の視点で価値ある特性を発見することで、情緒的
にも論理的にもしっくりくる表現です。
●「価値のある 特性発見 集中し」  平野&近藤