« 成功の宣言文 3437 ありがとうカード   実践する姿 | メイン | 成功の宣言文 3439 人のぬくもり   現状の姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■いしかわMOT一期生のやるぞ通信第一号の多賀先生の「ありが
とうカード」にMBI研究所の今井さんから、「ぬくもり」のコメ
ントをいただきました。たしかに、芳珠記念病院には、「ぬくもり
を感じる場」が沢山あるのですね。やるぞ通信第二号をニッコーの
滝本さんからいただきましたが、「現場への感謝」でした。やるぞ
通信の命ともいえるDNAは、「ありがとう」「感謝」など人間力
が軸になっていくのでしょうか。すばらしいことです。ぬくもりは
通信やコメントや、ちょっとした声賭けでも感じるのですね。また
、物にも地域にも、ぬくもりは感じますね。ありがとうございまし
た。(近藤)
●「町全体 人のぬくもり 支えあい」   現状の姿
■近藤先生 お世話になります。
「ありがとう カードを配り 感謝する」多賀様からのメールには
本当に心から感激ですね。
こんなに「人のぬくもり」を感じさせてくれる感謝の連鎖を味わっ
たのはいつ以来だったでしょう。厳しかった祖父、とびっきり優し
かった祖母、面倒見が良くてしっかりものだった母、滅多に怒った
ことのない優しかった職人気質の父…「雄ちゃん、お前のとこは忙
しいのう。昼飯、食ったんけぇ」河内弁で口は悪いが、気立ての良
い近所のおばちゃんたち…多賀様のメールで、子供のころは、長屋
全体で、いやいや町内全体でみんな支えあって生きて行くのが当た
り前だったことに気付きました。そのことに、今まで感謝の気持ち
を持てなかった自分が恥ずかしいですね。芳珠記念病院さんの経営
改革は、多くの感謝の輪が繋がって実現されているんですね。
MBI研究所今井雄二

●「創るんだ 人のぬくもり 感じる場」   ありたい姿
■今井さん
本当にそうですね。人と人のぬくもりを感じますね。人と人のぬく
もりを感じる場を造ることが出来る芳珠病院は素晴らしいと思いま
す。患者さんも心を癒すことが出来ますよね。ぬくもりは人だけで
なく、物や言葉からも感じる懐かしい感情です。近藤修司

●「感謝する 現場で支える 皆さんに」   ありたい姿
■やるぞ君通信(^o^)/(MOT1期生メールマガジン)
近藤教授とMOT1期生に発信して、バーチャルで弱い紐帯を育む
場 NO2「ありがとうカード」(滝本)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
滝本です。多賀さんの影響力はさすがだと思いました。
メンバーの反応がすごく、今見ていましたがみんながんばっている
なと皆さんの顔がうかんできました。MOTシンジケートの本質を
あらためて感じています。感謝という言葉は私も6日で52歳にな
りましたがだんだん心にしみるキーワードになってきています。
歳を取ると涙もろくなるといいますが、いろんな人との出会いや経
験の深さが気づきを生み感情を膨らませるのでしょう。
感謝
我々の商品開発、研究開発の仕事は、お客さんは誰かを探すこと、
お客さんの期待の応えようとして価値を探り高めようとすることな
ど外部に対してスポットライトが当たりがちですが、内部の現場で
働いている人たちの支え(資金面、運用面)があって始めて成り立
っています。
現場の皆さんに感謝。
また、お客さんからも厳しく技術を育てていただいて商品化をバッ
クアップしていただいておりお客さんにも感謝。新製品に協同で開
発したアプリケーションが業界で始めて搭載されました。泣かせる
のは、我々と共に製品を開発してゆきたいという開発担当課長の言
葉です。なんとしても次の機種(ほぼ決まりました)に採用できる
よう微力ながらがんばります。ハートだけは大事にしたいです。
近況
埼玉の事業部で新製品開発のプロジェクトがスタートし、大學との
連携(共同研究)、事業部の開発スタッフへ私の部下から開発員2
名(結構思い切りました)の長期派遣を実施し、走り出しています
。私ができることは調整と体制つくりです。実際に毎日汗を流して
いる開発メンバーが主役です。毎日エールを送っています。7月末
のマイクロマシン展に出展(参考出展ですが)します。ビックサイ
トなので東京に出張等でかけられてお時間あればよってみてくださ
い。新しい技術を世に問うことが目的です。どういった反応がある
か緊張しています(この反応で研究開発を継続するかどうか、予算
を取れるかどうかが決まりますので)。なんか長くなりました。
次は清水さんですね。よろしく。

■JAISTの近藤プロジェクトの小島さんから院生コンサル通信
をいただきました。私を含めて、多くの人の仕事のやり方は「後だ
れ型」になります。それが定常化すると、悪循環に入り、悪魔のサ
イクルに入ります。小島さんもそんな体験をされました。体験し、
振り返り、悪循環を断ち切りことに気づかれました。「フロントロ
ーディング型」にするのがコンサルの役割ですね。「先の得」で、
仮説を描いて先にやってしまいます。直近の気づきに価値があるの
です。フロント・ローディング社会を創っていきましょう。
(近藤)
●「リポートは フロント・ローディング 実践す」 なりたい姿
■院生コンサル通信(近藤プロジェクトメールマガジン)
近藤プロジェクトメンバーが、梅本先生・近藤先生・メンバー内・
JAIST内外で知識混合する場  2009年7月24日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
近藤プロジェクトの皆様へ M1 小島陽文です。
院生コンサル通信が大変遅れてしまい申し訳ありませんでした。
後に続く方々、そしてコンサル通信のメンバー全員に対し、知識
混合する場を乱してしまったと感じております。そのような行為
を再び起こさないことを今回のコンサル通信のテーマに設定しま
した。そして自分の課題提出期限に遅れるといったことを、YWT
によって見える化したいと思います
●Y(やってしまったこと)
1.提出期限の確認を怠る
2.レポートの提出期限間際まで課題を溜め込む
3.2の行動をたびたび繰り返す
●W(わかったこと)
1.提出期限までの時間を自分の中で逆算を行っている
2.タイムマネンジメントがうまく機能していない
3.期限までに提出することができるといった楽天的な考えをも
 っている
4.提出期限に追われた状況下で作成されたレポートは内容が薄
 くなる
●T(次にやること)
1.時間の逆算を行わない
2.まず提出期限にとらわれず、まず課題が提出されたら一度行
 動に移してみる
3.期限間近での状況下では内容の濃いレポートを作成すること
 は難しいことを十分理解する
4.1~3の行為を継続する

●「先の得 仮設描いて 先にやる」   なりたい姿
■小島さん  皆さんご苦労様です。
ご苦労さまです。
多くの人は、小島さんのように、後だれ型になります。それが
定常化すると、悪循環に入り、悪魔のサイクルに入ります。悪
循環を断ち切り、フロントローディング型にするのがコンサル
の役割です。「先の得」で、仮説を描いて先にやってします。
直近の気づきに価値があるのです。おいておくと鮮度が落ちて
しまう。大森事務局長のコメントも最近は、「夏ばて」でしょ
うか。成功の鍵は勝つまでつづけることですね。ここらあたり
で、コメント復活を期待したいですね。
復活するまでは私が代行しますが・・・。
コンサルを目指すなら、フロントローディング力や継続力は基
本です。昨日の能美機器のグループ討議のフィードバックは感
動しました。本理事長やメンバーにもお願いします。直近の気
づきは新鮮でエネルギーを生み出すのですね。フロントローデ
ィングで戦略を実務に落とせるのです。 近藤修司

●「エンジンを かける力の 大切さ」   実践する姿 
■小島です。
ご指摘どうもありがとうございます。近藤先生のご指摘を受け
、車の例を思い出しました。最初に行うエンジンをかけるとい
う行為はとてもパワーがいりガソリンも多く消費します。
しかし一旦走り出すと徐々に少ないパワーで、かつ少ないガソ
リンの量で車は実際に走ることができます。ここで重要になっ
てくるのはエンジンをかける力そして車を走らせ続ける力です
。これを車から人間へ置き換えると、フロントローディング力
や継続力になっきますね。フロントローディング力や継続力は
確かに自己をマネンジメントする際もとても大切な行為だと改
めて思います。 JAIST 小島

●「実践を している姿 提案す」   なりたい姿
■小島さん  近藤先生  メンバーの皆さん
院生コンサル通信、ご苦労さまです。
近藤先生が言われるように、私も悪循環に陥っていますね。通
信のコメントも、「夏バテ」気味でした。猛省します。
昨日の能美改革実践塾の講義での気づきの一つにも、「自分モ
デルからの提案」がありました。つまり提案する内容は、自分
か仲間が行っているモデルを、提案することが基本、というこ
とです。コンサル企業の中にも、自社でできていないことは、
クライアントに提案しない、言っていました。だから自社で成
功モデルを作るのだと。人も同じですね。まずは、フロントロ
ーディング力と継続力を、意識して実践します。ありがとうご
ざいました。
昨日の能美機器のグループ討議のフィードバックを添付します。
皆さんの参考になれば幸いです。本理事長には、送付済みです
。 大森靖之

━━■今日の一言:地域の命━━━━━━━━━━━━━━━
地域を元気にする仕事をさせていただいていて、地域の現場を
体験させていただいていると、それぞれの地域には命があるよ
うな気がします。小さな対象の中にも小さな命があり,その命
を言葉にして、魅力を引き出していき、人から人へ伝えていく
のが改革実践です。地域の人にいろいろお話を聞いていると命
が見えてきます。
今年も秋に日本商工会議所の政策担当者研修が浜松のカリアッ
クで行われます。全国の政策担当者が集まって、地域を元気に
する政策立案の講義と実践交流で、私が担当させていただいて
今年で7回目です。JAISTへいく以前からさせていただい
ており、知産創育のコンセプトで実践しています。今年も私と
磨き屋シンジケートの高野さん、日本銀行の専門家のチームで
させていただきます。従来は、事前課題研究はVLRPの価値
創造モデルで、各地の商工会議所のたな卸しをお願いして、交
流し代表グループを4画面で改革提案をしていました。現在、
各地の商工会議所はビジョンの構築と実践を取り組んでいる面
もあり、各地の商工会議所4画面やプロジェクト4画面を事前
課題研究にさせていただこうと思います。昨日、日本商工会議
所の近藤理事や企画調査部のメンバーと討議させていただきま
した。今年は4画面思考で各地の商工会議所のビジョンやプロ
ジェクトそして改革人材が見てて来ると思います。私の北陸に
おける地域を元気にする体験からでも、地域には独自の文化と
技術、そして地域愛をもった改革人材がおられます。地域には
独自の命をもったは生き物であると思います。その地域独自の
命を発見すると共に、命を引き出して魅力を創造することに命
をかけている方々との出会いが楽しみです。4画面思考で北陸
を元気にしようとされている皆さんにも声をかけて、ご一緒に
参加できればと思います。
●「会議所は 地域の命 引き出して」   近藤修司