« 成功の宣言文 3381 次はありたい姿   ありたい姿 | メイン | 成功の宣言文 3401 溜まり場の研究   ありたい姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■先日、JMACの大崎さんから「たばこルームに変わるもの」の
研究をされているJAISTの先生のお問い合わせをいただきまし
た。おもしろいテーマですね。JAISTのM2の大森さんから、
情報をいただきました。面白い視点だなと思い、宣言文でもご紹介
させていただきましたら、面白主義の渕野さんとMOTシンジケー
トの砂崎さんからも、ご返事をいただきました。皆さんが言われる
ように会社は労働の場でなく、会社は創造の場として考え、人の創
造性を引き出す場として考えると、たばこルームの効用や変わるも
のの研究も大切なのですね。JAISTの先生方の研究テーマも面
白そうですね。成功の宣言文コミュニティも「改革人材のたばこル
ーム」かもしれません。みなさんありがとうございます。(近藤)
●「インフォーマル コミュニケーション あり方は」ありたい姿
■大崎さん
先日は、ご多忙なところお越しいただき、ありがとうございました
。またJMACでお会いできること、楽しみにしております。さて、ご
相談についてですが、西本一志教授が一番良いと思います。
「たばこ部屋に変わるなにか」について、「インフォーマルコミュ
ニケーション」、「言い訳オブジェクト(特定の場所に集まり、コ
ミュニケーションをする言い訳)」で、論文検索(JAIST内)した
ところ、3つの研究室がヒットしました。
・西本 一志 教授
・國藤 進 教授
・杉山 公造 教授
特に西本教授は、いわゆる「溜まり場」となるような場を作り、イ
ンフォーマルコミュニケーションを促進するような仕組みの運営を
継続されているように思います。研究も、コミュニケーションに関
するものが多いと思います。以上、簡単ではございますが、ご紹介
しました。より詳しい情報がご希望でしたら、調べますので、ご気
軽にご相談くださいませ。
JAIST M2 大森靖之

●「連帯感 リラックスと 高頻度」   現状の姿
■近藤先生
いつも元気の出る宣言文をありがとうございます。今回は、
●「たばこ部屋 変わる何かの 研究を」(大崎真奈美 さん)に
興味を持ちました。
私もまだ愛煙家ですが、私の大学で教職員が
貴重な情報や意見交換されているのが、実は喫煙ルームのように感
じている一人です。
もちろんタバコは人に勧められませんが、飲
みにケーションと同様にタバコミュニケーションは侮れないほど、
貴重な対話・交流の場になっています。
なぜ上記2つの場は、対
話交流がスムーズにいくのか? を面白まじめに研究する価値は十
分ありそうです。「コミュニケーション」の本質に関わるアプロー
チだと思います。
私が現時点で体験上、感じている理由は次の3
つです。
①最初から同じ土俵、立場に乗っている。⇒連帯感
②息抜き。心の窓が開いている。心身ともリラックスしている。⇒
 信頼感
③繰り返し対面接触する機会が多い。⇒高頻度、高密度
私も酒やタバコに代わる貴重な心の対話・交流の機会と場を実は探
しています。妙案があれば是非、ご教示ください。
感謝富士♪

●「リラックス 気分転換 できる場所」   現状の姿
■大崎さん
RD大会、JAIST講演と大崎強化週間で勉強させていただきありがと
うございました。それなりの時間が空いてお会いすると変化が見れ
て良いですね。(^^!
「たばこ部屋」ですが、PFU時代でもコミュニケーションの場と
して、重要な意味があったことが思い出されます。砂崎は、残念な
がら吸わないのですが、話をしにわざわざ出向くこともありました
。次のような機能・性質を持っていたように思います。
<たばこ部屋>
○たばこを吸って気持ちをリラックスする
○少し汚れているような感じを持ってしまう空間
○会話の枠を少し広げられる雰囲気
○立ち話なので、時間の制約がある
「変わるなにか」を「コミュニケーション」機能の転換とするなら
ば、「足を運ぶ仕組み」と「やらかい会話をする仕組み」が必要だ
と思いました。「足を運ぶ仕組み」には、海外に在中出張した際に
経験した内容から、コーヒー、ジュース、スナック、ガムなどの無
料設置が一案かと思います。ブースでマジ切った企業ですが、コー
ヒールームでは偶然出会う人との会話が弾んでいました。週末には
、「ポップコーンパーティ?」と称してポップコーンやクッキーな
どが配備されて、1Hコミュニケーション時間が設けられていまし
た。「やらかい会話をする仕組み」は、趣味を活かせないでしょう
か?
金魚・熱帯魚を実際に育てることが学べるようなスペースであれば
、家庭でも活かせるので、興味が湧くような気がします。弊社では
、人口池を作って金魚をかっていて、社員や関係会社の方がご覧に
なります。子供が生まれると、お譲りもします。そのような空間の
中で金魚(ぽにょ)コミュニケーションがされています。
大手なら「野球」入れ込み情報とかでもいいかも女性は、アロマや
エステ、社内庭園なんかもいいかもあまり入り浸れると問題ですが
。。。  砂崎

●「ご紹介 たすかりました ありがとう」   現状の姿
■大森さん (CC:近藤先生、砂崎さん)
ご連絡ありがとうございます。 大変助かります。
この件は、直接コンサルティングとは関わらず クライアントの方
が直接先生とアポを取るということでした。 私自身も、これ以上
は関わらないと思うのですが 経過はまたクライアントより教えて
いただこうと思います。 そうしましたら、御礼もこめて、共有を
させてください。 取り急ぎ、御礼まで。  JMAC 大崎

■岸アートライフ研究所の岸さんと加賀聖城の平野先生との出会い
がうまれました。また新しい人間力が生まれそうですね。世のため
人のためのありたい姿をもってそれぞれの改革実践活動をされてい
くと、いつか、出会いが生まれるのですね。これが人間力向上によ
るイノベーションですね。最近は、人と人の間からの知識混合の成
果があちこちで、体験できるようになりました。これも皆さんと改
革実践を継続してきた成果ですね。本当にありがたいことです。今
後とも「自分ごと・4画面思考・改革の輪」の3原則に基づいて、
コツコツ継続しながら、小さな成果を連携していきたいものです。
かが元気塾と日程と岸さんの講義が会えば、私も参加したいのです
が・・。ありがとうございます。(近藤)
●「世のために 人のためにの 講話かな」   実践する姿
■加賀聖城高校 平野禎幸先生
岸弘市です。
この度は、貴校の生徒さんに対する進路講話の講師としてお声をか
けていただき誠に光栄に存じます。長らく定時制教育に関して、定
通教育振興会役員の立場、雇用主の立場で関わってきた者として、
定時制生徒が進学にしろ就職にしろ、いずれ世のため人のためにお
役に立てる社会人に育ってくれることが最大の願いであり、そのた
めに私がいささかでも貢献できることは何よりも嬉しいことです。
校長先生から講話の趣旨は十分伺っておりますので、生徒さん方の
今後の参考になることをやや人生の長期的な観点に立ってお話させ
ていただこうと思っております。
生徒さんは長い話を聞くことに耐えられないことは十分承知してい
ますが、正味40分では若干意を尽くせない嫌いもありますので、
少し時間が延びて次のロングホームの時間に食い込んでも良いとお
許しをいただいておりますが、担当の先生として学校スケジュール
的にこの点いかがでしょうか。
なお先生の私に対するご理解の一助として簡単なプロフィールを添
付させていただきます。生徒さんにはごく簡単に済ませていただい
て結構です。全てをご紹介されるには及びません。
この度の講話は、石川産業保健推進センターからの派遣講師として
ではなく、個人の立場でありますので、私の肩書きについては、末
尾の署名欄の肩書きにしていただいた方が適切かと存じます。
平野先生はご存知かどうか存じませんが、私も先端大の近藤修司先
生と先端大にご着任すぐから昵懇にさせていただいており、宣言文
に平野先生のコメントが度々引用されていることを承知しておりま
す。その意味でもこの度のご縁を大変有難く思っております。
このような機会をお与えいただいたことについて重ねて御礼申し上
げます。
岸アートライフ研究所 所長
産業カウンセラー、キャリアコンサルタント 岸 弘市

●「本当に ご縁というもの 不思議なり」   なりたい姿
■岸 弘市 先生
加賀聖城高校の平野です。
このたびは、当校生徒のための進路講話をお引き受けいただき、あ
りがとうございました。
私は進路指導を担当して今年で6年にな
ります。いずれは社会の一員として世の中に出て行かなければなら
ない生徒たちのために、毎年、社会の第一線で活躍されている方を
お願いして、生徒向けに、いろいろとお話をしていただいてきまし
た。
今年もそのような企画を予定していたところ、先日校長より
、ぜひ講師をお願いしたい方がいるのだが、との話がありました。
その方はとてもお忙しいので、お引き受けいただけるかどうかわか
らないが、とにかく一度お願いしてみるつもりだ、とのことでした

それが岸先生だったのですが、快くお引き受けいただいたとの
ことで、校長も大変喜んでおりました。
先生のお名前は、今年の
初めごろでしたでしょうか、近藤先生の「成功の宣言文」でお見か
けしておりましたが、まさか本校の講師に来ていただく方と、同じ
方だとは思いもよりませんでした。近藤先生の作り上げてこられた
ネットワークの広さとともに、まさに、ご縁というものは不思議な
ものだと改めて感じております。
その近藤先生には、昨年11月
に学生の皆さんと一緒にご来校いただき、4年次生のクラスで、「
高校生4画面」の特別授業をしていただきました。
もともと不登校経験者が多く、人前で発表するなど思いもよらなか
った生徒たちが、グループでの話し合いの後、一人ひとりが前に出
て自分の4画面を発表したのです。日頃生徒を見ているはずの私た
ち教員も、改めて生徒の可能性を見た思いでした。
本校昼間部は
、すでに生徒の募集を停止して2年。在校生は3,4年次合わせて
も20名そこそこにまで減っております。ますます元気のなくなっ
ている彼らに対して、岸先生のお話から、少しでも元気をもらって
ほしいと願っています。
それでは、のちほど学校の資料等もお送
りいたします。どうぞよろしくお願い申し上げます。
平野禎幸 勤務先:石川県立加賀聖城高等学校

●「お互いに 刺激しながら 進化して」   実践する姿
■かが元気通信の参加のみなさま
いしかわMOTシンジケート幹事朝日電機製作所の砂崎です。昨年
「かが経営元気塾」にお邪魔させていただいて以来、県内でお会い
して声をかけていただいたり、雑誌で活躍されている記事を読んだ
りと元気をいただいております。ありがとうございます。
今年2期も「かが経営元気塾」にお邪魔させていただきました。さ
らなるつながりを求めて、メルマガに参加させていただきます。メ
ルマガは、シンジケートでも始めたところです。お互いに刺激しあ
いながら取り組めたらと思います。今後ともよろしくお願いいたし
ます。 砂崎 友宏

●「輪を通じ 改革実践 日常に」   なりたい姿
■平野先生 かが元気塾 一期生のみなさん ご苦労さまです。
いよいよ、かが元気塾のYWT通信のスタートですね。出来るだけ
、気軽に「やったこと・わかったこと・やること」の交流に参加さ
れることをお勧めします。2週間か3週間単位の数行の発信ですが
、発信の輪に参加して、皆さんと改革実践で交流していくと、人と
人の間から生まれる人間力に気づきだします。一期生が動き出すと
、二期生・三期生と繋がって、加賀市に新しい改革の人と人のネッ
トワークができていくと思います。宜しく、お願い申し上げます。
近藤修司

●「がんばって おられる方々 応援す」  ありたい姿
■今井様 加賀聖城高校の平野です。
京都は蒸し暑い日が続いているとのこと、お体の具合はいかがでし
ょうか。今井様のご活躍やメッセージは、日頃から「成功の宣言文
」で拝見しております。また、先日は角出合繊(株)への訪問の記
事についてコメントをいただき、ありがとうございました。近藤先
生も書かれていましたように、角出会長は本当に、いきいきとして
いられました。「やりたいことがいっぱいあって、楽しくて仕方が
ない」といった感じにお見受けしました。私の方はたいした仕事も
していないのですが、地域でがんばっておられる方々を応援するこ
とが私にもできる「地域活性化」かな、と思っております。そのた
めの情報発信を、これからもこつこつと続けていくつもりです。今
井様も、どうかお体を大切にされ、これからも貴重なご意見をお聞
かせください。今後とも、どうぞよろしくお願いします。
平野禎幸

■シードウインの福田さんとニッコンの山本さんの接点が出来まし
た。福田さんは「文道」や「ちょっと頑張ろう」で、山本さんは、
「能美改革実践塾」などで、改革実践活動をされて、それぞれの輪
で活躍されていました。昨日の福田さんからのメールでつながりま
した。今後、おもしろい知識混合が生まれることと存じます。あり
がとうございました。何をグローズドにして何をオープンにするか
は大切な分別基準ですが、機密厳守は当然として、ありたい姿やバ
ローレは基本的にはオープンの姿勢のほうが応援団は味方してくれ
るのでしょうね。(近藤)
●「宣言文 お名前を観て 気になって」   現状の姿
■山本さま cc近藤先生 シードウィンの福田です。
北陸先端大の近藤先生に繋いでいただきました福田です。近藤先生
からのメールでありましたように、ニッコン様とこのたび業務提携
をすることになりました。私どもが開発しました文道(言語分析シス
テム)を御社のビジネスの一つとしてお使いいただくことになりまし
た。だいぶ前から「成功の宣言文」でお名前を拝見しており、気に
なっていました。昨日、近藤先生にお話したところ、近藤研のご出
身とか。昨日、当社の窓口になっていただいている杉山さんにお聞
きしましたら同じ場所にいらっしゃるとか。ますます、親しみを感
じてしまいました。杉山さんから何かお話があるかもしれませんね
。それとも、もう、ありましたでしょうか。今後、何等かの形で仕
事をご一緒させて頂くこともあるかもしれません。そのときは、よ
ろしくお願いします。また、私も近藤先生に触発されまして、「ち
ょっと頑張ろう」と言うメルマガを2005/11/7から平日の毎朝だし
ています。「成功の宣言文」でときくとぎご紹介いただいています
のでご存知かもしれませんね。明日から、お送りしますので、ご意
見等がありましたらお聞かせください。件名は「ちょっとガンバで
す。おはようございます」で届きます。受け取るのが面倒であれば
、ご連絡ください。時々、意見交換をいたしましょう。
福田 豊志 ㈱シードウィン サテライト大磯

●「このような 出会いあるとは すばらしい」   現状の姿   
■㈱シードウィン 福田様 cc:近藤先生
ご連絡ありがとうございます。日本コンサルタントグループ、山本
です。近藤先生の宣言文で、お名前と文道活用に関しましては知
っておりましたが、まさかこのような出会いがあるとは思いもしま
せんでした。大学院の頃に御社のHPを拝見し、文道分析にも少し
興味を持ちました。最近では、文道活用と年齢による人の行動パタ
ーンについてのご意見が一番記憶に残っております。弊社の杉山
から、福田様のことを昨日聞きました。私から連絡を取ろうとも考
えたのですが、少し遠慮をしてしまいました。ご連絡がいただけと
ても嬉しく思います。
また、「ちょっと頑張ろう」も楽しみにしておりますので、明日か
らよろしくお願いいたします。ご一緒に仕事ができると良いですね
。その時は、よろしくお願いいたします。また、ご意見交換もよろ
しくお願いいたします。 それでは、お会いできる日を楽しみにし
ております。失礼いたします。  ニッコン 山本 

●「発信で 出会い広がり 輪ができて」   実践する姿
■福田さん 山本さん
情報発信して、知識の輪と改革の輪にこだわっていくと、出会いが
広がっていくのですね。交流が進みその状況をフィードバックして
いただけるとありがたいと思います。自ら機会をつくって、その機
会で自分を変えていくのですね。山本さんも四季の会に入られると
いいかもしれませんね。 近藤修司

●「ありがたい 毎朝とどく 頑張ろう」  実践する姿  
■近藤先生 福田様
おはようございます。日本コンサルタントグループ、山本です。
まさか福田様とこのような出会いができるとは思っても見ませんで
した。早速本日から、「ちょっと頑張ろう」の読者になりました。
これも知識科学で分析できる成果ですね。改革の輪の面白さをさら
に実感することができました。また、四季の会へのお誘いありがと
うございます。是非、参加したいと思いますので、開催の際には御
連絡お願いいたします。それでは、失礼いたします。
ニッコン 山本

━━■今日の一言:直近の気づき発信━━━━━━━━━━━━
本日の新聞に、日本は世界一の長寿国という記事と、日本はイライ
ラ社会という二つの記事が並んでのっていました。現状の姿はそう
であっても、ありたい姿・なりたい姿・実践する姿の発信が大事で
す。現状はしっかり捉えた上で、強みを生かす改革物語を発信する
事で、「改革の輪」をつくります。まずは、改革人材が直近の気づ
きを発信することにより、人と人の出会いから自分が進化する事が
可能になります。とにかく自分の思いを発信してしまうことです。
お客さんや仲間や株主や社会に対して自分の思いを発信し輪を創る
。声賭けでも良し、朝会でもよいし、メールでもよい。メルマガに
たいするコメントでもいいのです。直近の思いの発信が知識創造の
基本なのです。直近の気づきを発信していると引き出しが少なくな
ってくるので、引き出しを増やそうとする欲求がうまれます。いろ
いろな体験をするようになって、感度と輪が高まっていきます。情
報発信をしないとお互いの存在意義がわからない。一人ひとりの自
分のマニフェストが問われているのでしょうね。「知恵社会」では
、営業力の前にきらりと光る宝石の「発信力」と「改革の輪」が問
われることになると思います。近藤修司
●「直近の 気づき発信 輪が生まれ」   実践する姿