« 成功の宣言文メンバーからのメッセージ | メイン | 成功の宣言文メンバーからのメッセージ »

成功の宣言文 3358 楽しんで農業を   実践する姿

「楽しんで 農業やって 能登の四季」

   
久木詞集

●元荒地だったので、今年は植えても育たないだろう~と、ダメモ
トで植えた野菜ですが、意外に育っています
●キュウリは既に3本ぐらい食べました。ジャガイモを植えたつも
りが、プチトマトのような実が付きました。<ラズベリー>は、5
0個ぐらいなりましたが、上の方は鳥に、下はゆずにほとんど食べ
られてしまいました。こんな感じで楽しんで、農業もやってみてお
ります。

成功の宣言文 3365 ホットさせてくれる   ありたい姿
●この厳しい経済情勢で、一つの商品が売れる売れない、ある市場
のレスポンスが良い、芳しくない…周りでは、心にも時間にもゆと
りのない会話が飛び交っています
●小さな動きに拘って、一喜一憂するよりも、久木さんのように中
期的な視点で大きく構えて動き出す方が、うまく行きそうですね。
今回は、久木さんに辛いときの生き方を学んだようです。やっぱり
、能登の四季は、どこかホッとさせてくれますね。
●「能登の四季 大きく構え 動く出す」   今井雄二

成功の宣言文 3366 講義の振り返り   実践する姿
●Y(やったこと)は「改革図面の活かし方・作り方」の講義と振
り返りです
●W(わかったこと)は、「自分から輪の中に入る大切さ」「メモ
には最後に名前を」「円の大きさ」「データーベースの大切さ」「
改革図の有効性」「改革図面集の使い方(選択)から活用へ」「メ
モが財産」「振り返りは自覚」・・。
●「講義して 振り返りして 新発見」   村田康一   

成功の宣言文 3367 主客合一   ありたい姿
●自分を白紙にし、素直にして、相手に対応する事で気づき多くな
り、気づきを交流して、主客合一の状態をめざす
●振り返りは、はお互いの気づきを大切にすることで主客分離を主
客合一にする。振り返りで気づき、思考・進化がはじまり、お互い
の顔が綺麗になる。振り返りの方法論は、やったこと・わかったこ
と・次やることで、理論は間の理論だ。
●「振り返り 主客合一 きれい顔」   近藤修司 

成功の宣言文 3368  YWT通信で刺激を  実践する姿
●浅井鉄工 東さん、次にやることは「改善活動の効果の確認と水
平展開」で、更に改善の輪が拡がりますね
●能美機器協同組合の理事会でも、稼働日が少なくなって「やる気
の低下が心配」の声が多く上がっています。私は毎週配信される『
改革通信』で「間をおく反復」の刺激を受け、「やる気、元気、振
り返り」の実践をさせていただいています。
●「低稼働 やる気の低下 心配で」   本 理事長

成功の宣言文 3369 生きるという体験を   実践する姿
●一人ひとりのDNA、技術力、知識力、支える経営状況も違うが
、一人ひとりに与えられた24時間は同じです
●今の低稼働時代に何をやってきたかで、未来が決まる。今の苦し
い時に、あれだけ前向きで生きたという体験をしてしまう。不器用
でもいい、目の前の課題に向きあい、問題に向かって解決していく
ことが生きているということであろう。
●「前むきに 生きた体験 してしまう」   近藤修司