« 成功の宣言文 3342 感動をくれた人に近づく  ありたい姿 | メイン | 成功の宣言文 3358 楽しんで農業を   実践する姿 »

成功の宣言文メンバーのメッセージ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■かが商工会議所で行われた、かが元気塾の第2講の講師をしてい
ただいた石川MOTシンジケートの砂崎さんから、コメントをいた
だきました。一期生は「改革パワー」を、二期生は「改革センス」
が特徴といわれています。平野先生が、かが元気通信の発足を提案
されていますので、近いうちにスタートされると思います。楽しみ
ですね。次の第3講は七尾市の小川さんに講師を願いしております
。ありがとうございました。(近藤)
●「元気塾 知識創造 スパイラル」   ありたい姿
■定者さま、近藤先生
朝日電機製作所 砂崎です。先日はありがとうございました。
今回の2期生では、1期生の特徴である「改革パワー」とは違った
「チームワーク」と「センス」の良さを感じました。平野先生もお
っしゃっていましたが、ワークショップもテキパキとチームでこな
されていました。この輪がYWT通信(メルマガ)でパワーアップ
すると良いなあと思いました。是非砂崎もYWT通信の仲間に入れ
てください。今回2年目の講義をさせていただき、自分の1年の振
返りと、また2期生の方からの気づきを頂いて、ありがとうござい
ます。Aチーム(出山・池端・上野・平野)にありました”数値化
:「目標を数値化」”を”成功の鍵”と出していただいて、我々が
学んだときに強くこだわった項目が、今は多少薄らいだ感を受けま
した。四画面のなりたい姿での数値化をこだわれるように工夫した
いと思います。
また驚いたのは、模造紙にまとめられたものが、「改革実践の知識
創造スパイラルモデル」と言って良い表現でした。
すばらしい(パチパチ)。
暗黙知    暗黙知    形式知
┌────┐ ┌────┐ ┌────┐
│ひらめき│←│場   │←│つながり│
│(創出) │ │(基盤)│ │(結合)│
└────┘ └────┘ └────┘
↓   ┌──────┐   ↑
↓   │  行動  │   ↑
↓   │(エンジン)│   ↑
↓   └──────┘   ↑
┌────┐ ┌────┐ ┌────┐
│こだわり│→│見える化│→│数値化 │
│(深化)│ │(発信)│ │(価値)│
└────┘ └────┘ └────┘
超暗黙知   形式知    形式知
Bチーム(井村・敷山・田中・庄田・新家)の「成功のサイクル」
は、図も上手く構成されてセンスが良いなあを感心しました。
Cチーム(定者・辻・片山・木村・前田)では、”石川愛:「地元
に対する想い」”と女性ならではの感性で、個人的にはうれしい鍵
でした。これからファイナルまでがんばってまいりましょう!!
砂崎 友宏 
株式会社 朝日電機製作所 技術本部 電子設計部
北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 博士後期課程

■松本機械工業の吉田さんから、アニモ通信NO44をいただきま
した。今回は先週行われた「じゃれじゃれ祭り」です。最低限の予
算で、全員主役で楽しみながらの研修は素晴らしいと思います。改
革総務が支援されて、先端職人経営の防衛を目指して、不況との戦
い、ほんとうにご苦労様です。お正月の不況克服の宣言大会も、き
ちんと振り返り、改革サイクルを回されています。ありがとうござ
いました。(近藤)
●「環境も 経費的にも じゃれじゃれを」   実践する姿   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■Animo通信(MOT5期生メールマガジン)
MOT5期生各自が近藤教授とMOT5期生に向けて、情報発信する場
No.44「個の充実創造実践」
2009年7月10日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
西端さんから連絡を頂きましたので先に発信させて頂きます。
蒸し暑い日が続き内蔵機能の低下とともに夏バテの気配を感じます
ね。ついついエアコンに頼ったり、冷たい飲み物を一気に飲みたく
なりますが暑い夏こそ温かいお茶やハーブティーなどをゆっくりと
飲む方が適切な水分補給にも内蔵機能の低下防止にも自律神経の維
持にも良いそうです。また、ついついシャワーで済ませたくなる事
も多いですが37度前後の低めの湯船に20分程入浴すると熱帯夜でも
睡眠導入が比較的容易で朝の目覚めも良いそうです。日々のちょっ
とした心がけで暑い夏をECOに健康に過ごしたいものですね。
さて本題ですが、7/3無事に全社員参加でじゃれじゃれ祭2009を終
了することができました。今回のじゃれじゃれ祭は下記の内容で行
いました。
テーマ:
公共施設を有効的に利用し、環境にも経費にもECOな創業記念祭
目 的:
・コミュニケーション能力UP
 ⇒ 環境を変え、新たな一面を知り理解を深める。
・不況克服宣言フォローアップ
 ⇒ 1月に行った宣言をYWTで振返る。
・ECOを考える。
 ⇒ 個で出来る事の体験を通して
   企業として何ができるかを見つめるきっかっけをつくる。
・メンタルヘルスケア
 ⇒ 心と身体の健康保持及び増進することの大切さを知る。
効果の予測:
・雇用調整及び教育訓練という慣れない環境下でのストレスの低減。
・自ら考え行動する場の創出。
・社内では見ることの出来ない互いの一面を知ることで縦横の距離
 が近くなる。
・個の実践で出来るヘルスケアとエコへのきっかけを掴み仕事や日
 常生活に活かす。
場所:医王山スポーツセンター
日時:2009年7月3日 09:00~17:00
内容:
ワークショップ①
 ●不況克服宣言大会フォローアップ
  ⇒ 1月にはまだ実感に薄かった受注量生産量減という現実を
    不況克服宣言文を四画面にしてYWTで振り返った。
  ⇒ 40分間のチーム討議の後、発表では3分/部門の枠を大幅に
    超えるほど真剣にYWTでこれからを語って頂きました。
  ⇒ 発表終了後、村田講師より総評を頂いた。
ワークショップ②
 ●カレーづくり
  ⇒ ECOや時短調理方法等の工夫を課題に小グループ内のリー
    ダーシップとチームワーク力UPの研修も兼ねた。⇒ 前日
    までに予算内の材料買出し、レシピ設定、役割分担等をチ
    ームで行う。
  ⇒ 少しですが社内菜園でとれた野菜も浅漬けやカレーの具材
    として活用。
  ⇒ 食器やスプーンは使い捨てではなく各自が自宅から持ち寄
    る。
  ⇒ 美味しい空気と共に野外での食事を楽しむ。
  ⇒ 来たときよりも美しくを基本に。
ワークショップ③
 ●スポーツ大会(晴れたのでサッカー)
  ⇒ 20人/チーム×4チーム ・ 20分/ゲーム ・ リーグ戦
  ⇒ 1等賞金(打ち上げの軍資金として)あり
  ⇒ 年齢役職者問わず和気藹々、プレーも応援も白熱していま
    した。
ワークショップ④
 ●メンタルヘルス講習(ストレッチ講習メイン) 元橋美津子ヘル
  スケアトレーナーに講師依頼⇒ ヒーリング音楽と共にこの日
  1日使った筋肉の疲労回復と日常や仕事の合間に出来るストレ
  ッチの実践講習
 早稲田大学博士後期課程の村田様にも講師として全てのワーク
  ショップにご参加頂きました。たくさんのご指導・アドバイス
  ・サポート・ご活躍等を頂きました。また、ストレッチの指導
  をお願いした元橋先生は以前から当社とお付き合いのある産業
  保健センターの方にご紹介頂きました。村田様、元橋先生にご
  協力頂き今回のじゃれじゃれ祭りは雇用調整教育訓練助成金の
  申請をさせて頂きました。
総務としては総務四画面で掲げた
 ・個の充実創造
 ・個々の能力開花
などの“刺激やきっかけとなる場づくり”を心がけています。なの
で今回は企画の大枠は総務で行いましたが、リーダー研修を兼ねて
カレーづくりとスポーツ大会は各々ワークショップリーダーを設定
し、ルールや詳細、運営等をお願いしました。
更にチーム内に役割担当を設け、全員が各役割に責任を持って取組
める様にしました。
皆さん色々な準備や工夫をして頂いたので中身の濃い1日になりま
した。 この日ばかりはくたくたで心や神経疲れて最近眠れなかった
なんて方もぐっすりと眠れたのではないかと思います。翌日は筋肉
痛でロボットの様に歩いている社員があちこちで見受けられました
が...(笑)また翌日の会話の話題としても、どこどこのカレーはど
うだったとか~の昔の部活動は~だったとか、次は~がしたいなど
などの言葉が交わされていて、なかなかじゃれ合えた1日だったの
ではないでしょうか...。
個人的にコミュニケーションや協同・協調といった人間力に欠かせ
ない部分がとても苦手な私は企画段階、企画説明段階、チームの一
員としての準備段階、そして当日の社員の皆さんの協力や配慮し合
う姿等々を通して今回も自分の未熟さを痛感し、考えさせられた事
、反省する点がたくさんありました。反面、社員の方々の仕事とは
また違った活躍や笑顔を見ることができて嬉しく思いました。
実際には社員の方々一人ひとり±感じたことも学んだことも異なる
と思います。それがプラスのものでもマイナスのものであってもこ
の日に感じたことや刺激の中の何かひとつでも個々人の日々の仕事
や人間関係、日常生活にとってはプラスの方向へとつながって行け
ば良いなぁ...と願っています。
直ぐに効果や実感が現われてく
る様な取組みではないかもしれませんが少しずつ一歩ずつですが総
務部のなりたい姿“料理の塩=MMKの総務”に近づけるように前を
向いて行きたいと思っています。
ご協力頂いた皆さん本当にありがとうございました。
● Y(やったこと)
・じゃれじゃれ祭り2009の企画と開催
● W(わかったこと)
・個々に秘められた能力・魅力・可能性
・個が組織に埋もれない企業づくりの大切さ(全員参加⇒自律⇒全
員主役)
● T(つぎやること)
・総務四画面の継続実践
・総務四画面の実践とMMKプロダクトイノベーション活性との接点
及び未来像を考える
以上です。次は 西端さん お願します。
*********************************************************
松本機械工業株式会社 総務部  吉田 麻友美

■本日は、JAISTの近藤プロジェクトの基本講義が行われます
。午前中は近藤研OBの村田さんに、「改革図面の活用と創り方」
です。「改革図面」はわれわれが創造したコンセプトですが、改革
図面DBは改革実践企業で使っていただいています。院生コンサル
メンバーに改革図面の使い方・創り方を習得してもらうのが本日の
課題です。午後は改革実践提案書の発表と交流です。感動する改革
実践提案との出会いを楽しみにしております。プロジェクトメンバ
ーの曹さんから院生通信をいただきました。M1は研究室配属が決
まって、研究内容を決める段階ですね。学生だけでなく、社会人も
自分の研究テーマを持っていただけると人生が豊かになりますね。
ありがとうございます。(近藤)
●「サービスの 本質つかむ 心なり」   ありたい姿
■院生コンサル通信 「研究内容を決める」 曹 陽
■近藤プロジェクトの皆様へ
M1の曹です。院生コンサル通信が遅れてしまい申し訳ありません。
2週目のテーマは「研究内容を決める」です。
●Y(やったこと)
1.本を読む(「加賀屋の流儀 極上のおもてなしとは」 )
2.本心から興味がある研究内容(好きではない研究をするのは大変
だと思う)
3.課題をやる
●W(わかったこと)
1.ずーと「サービスの本質とは何ですか?」という質問があります
。「加賀屋の流儀」という本を読んだ後、私にしてみれば、サービ
スの本質は「心」です。その形のない、つかみどころのない機微を
、多少の個人差があります、だれも共有していることが加賀屋の不
思議な魅力の源です。
2.ディズニーランドのサービスを研究したいと思う(香港と日本の
対比。異文化経営の角度)
3.時間をうまく利用になる
●T(次にやること)
1.研究テーマを決める(具体的内容、角度など)
2.様々な分野の本を読み視野を広げ、研究に対する有利だと思う。
3.生活を楽しむこと。
曹 陽 (CAO Yang) 小阪研究室(kosaka Lab)
知識科学研究科、北陸先端科学技術大学院大学 (JAIST)

■今井さんから、YWT通信イツいて特定加井の狙いを明確荷とい
うコメントをいただきました。たしかに、いろいろなYWT通信が
始まりつつあるだけに、それぞれの特定解が見えてくると素晴らし
いネットワークになりますね。今井さんと、某企業で共同コンサル
ティングが始まっていますが、今井理論の深さと実践性は本当に素
晴らしいものです。今後のお互いの特定解の知識混合が楽しみです
。ありがとうございます。(近藤)
●「私たち こんな狙いの 通信を」   ありたい姿
■近藤先生
お世話になります。
昨日、今日と成功の宣言文が届かないので、おかしいと思ってホー
ムページを見に行きました。いろんなところで、YWT通信が始ま
りそうですね。スタートのときに、その塾らしい名前を考えるのは
楽しいですね。せっかく特定解の名前を考えたのですから、通信そ
のものにも「そのYWT通信ならではのねらい」が欲しいですね。
実際の改革実践組織で活発な交流が始まるときには、必ず絞り込ま
れた特定解の狙い・目標があるものですね。YWT通信をはじめよ
うとされているのですから、きっと、皆さん持っているのだと思い
ます。私達のグループは、「こんなメンバーの集まりで、こんな特
徴があるから、こんなことをねらいにした、こんな名前の通信にし
よう」なんてね。名前にプラスして仲間を募ると、集まりやすいと
思いますよ。 MBI研究所 代表 今井 雄二

■前回、近藤プロジェクトで講義していただいた,JMACの大崎
さんから、「たばこルームに変わる何かの研究・・」というおもし
ろい質問をいただきました。JAIST知識科学研究科はユニーク
な研究をされている先生方が多いので、大森さんと調査してご連絡
いたします。松本機械のじゃれじゃれ祭りもそうかもしれませんね
。人間力向上のために総務の役割が大きくなっていると思います。
(近藤)
●「たばこ部屋 変わる何かの 研究を」    なりたい姿
■近藤先生 (CC:砂崎さん、大森さん)
先日は、JAISTでお話をさせていただく機会を与えていただき
ありがとうございました。
今日はまた新しいことでご相談です。
クライアントから「たばこ部屋に変わるなにかをつくりたい」とい
うことでご相談をいただいております。以前、JAISTでこのよ
うなことを研究していた研究者がいましたよということでお話をし
たら、強く興味をもっていただきました。
その研究者の方はもう卒業をされていますが(元杉山研究室の臼杵
さん)、「たばこ部屋に変わるもの」を構築するにあたって一番近
い研究をされている先生、もしくはこのようなことを議論するのに
ふさわしい先生を、教えていただけないでしょうか。
HPは見ましたが、実際どなたが近いのか、現状がわからないとこ
ろもあります。お忙しいところ申し訳ありませんがご意見をいただ
けると幸いです。 JMAC 大崎真奈美

■厚木市で厚木未来塾を厚木商工会議所に提案されている吉沢さん
から、推進状況のご報告をいただきました。吉沢さんの地域愛・厚
木愛をすばらしい動力を生み出しています。北陸で生まれた改革実
践活動がそれぞれの地域にひろがり、知識混合を展開され始めたら
素晴らしいですね。七尾市や加賀市や白山市でも商工会議所の定例
会から始まっております。本年も、浜松のカリアックで、日本商工
会議主催の、全国の商工会議所のメンバーと政策担当者の4画面セ
ミナーが行われます。今年は近藤理事とご相談して、事前学習は4
画面を課題にさせていただこうと思っております。4画面思考が全
国へ広がり、産学診官NPO連携が始まりそうですね。吉沢さん、
ありがとうござます。(近藤)
●「会議所も 興味津津 テーマなり」   なりたい姿
■近藤様
吉沢です。早速ですが表題の件、本日打ち合わせを行いました結果
、7月16日(木)に開催される、商工会議所議員月例会の幹事会
に上程されることになりました。認められると、9月17日(木)
の議員月例会で、ご講演をお願いするこことになりますので、仮予
約をお願いします。もしご都合悪ければご連絡下さい。時間は12
時20分から13時10分までの50分間です。商工会議所として
は、興味津津のテーマであり、近藤さんのご講演を強く押すとの言
質をもらいました。最終結果は、別途ご連絡致します。拝 吉沢

━━■今日の一言:改革図面━━━━━━━━━━━━━━━━
柔道の田村亮子は300くらいの自分の基本技を持っているという
。自分の基本技を繰り返して、連続的に仕掛けて、相手に勝つとい
う。我々は自分の改革図面を何枚もっているだろか。我々は「日々
新」の改革実践を通じて、どんどん改革図面を蓄積していく。実践
し、気づきをメモして、自分の改革図面をふやす。その自分の図面
を組み合わせ、活用して現状を変える。変えた事実で、さらに図面
を変更する。進化した改革図面を活用して俊敏に生産性とイノベー
ションを実現できる。
●「価値つくる 改革図面 活用し」   近藤修司