« 成功の宣言文 3334 プロダクト・イノベーション なりたい姿 | メイン | 成功の宣言文 3342 感動をくれた人に近づく  ありたい姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■昨日は経営革新かが元気塾第二講が行われました。第一講との間
に一期生と二期生による合同ワークショップが行われました。守岡
さんの改革実践提案書の発表と一期生の4画面作成の相談会が行わ
れました。かが元気塾は商工会議所の青年部が主催されているだけ
に自律成長型の組織なっていきます。次回くらいからはYWT通信
も始まりそうです。第二講は「私の感動する改革実践提案書」と砂
崎さんの「いしかわMOTシンジケートの5年目」と「朝日電機に
おける改革実践活動」の実践講義でした。シンジケートや朝日電機
それぞれの改革実践活動の毎年の進化状況と成果をお話していただ
きました。見える成果を通じて、「自分ごと・4画面思考・改革の
輪」の意味と実践法を語っていただきました。
最後に3グループに分かれて、「改革実践成功の鍵」というテーマ
で、ワークショップをいたしました。
・砂崎さんの実践講義からの気づき(一人3件)
・グループ討議・まとめ
・発表
の流れです。学んだことや気づいたことを7文字以内にまとめて発
表する。そして、一人一人の気づきは異なり、それぞれの気づきが
つながって全体がつかめる。講師とメンバーの間で創造が生まれる
のです。各チーム、個性的な改革実践成功の鍵が知識化されました
。今後、各講義で成功の鍵の蓄積を進め、改革実践提案書に結びつ
けて参ります。
□砂崎さんの改革実践講義から学んだこち・気づいたこと
Aチーム(出山・池端・上野・平野)
「行動あってこその輪」
・行動:「まず行動」「思えばすぐ行動」
・場:「きっかけ作り」
・ひらめき:「新しいことのひらめき」
・こだわり:「こだわりを持って働く」
・見える化:「思いを形に見える化(アイディア→文字・図→製品
 →商品)」
・数値化:「目標を数値化」
Bチーム(井村・敷山・田中・庄田・新家)
「成功のサイクル」
・新発想:「発想を柔軟に」「何かオンリーワンをつくる」「新し
 い価値提供」
・ネットワーク:「出会い」「ヒント」「人とのつながり」「人と
 人とのつながり」「ネットワーク(人とのつながり)」
・実践行動:「ヒラメキをまず行動に」「やってみる」「持続」「
 楽しく」「実践からわかったこと振り返り」
・成果実現:「営業強化」「売り上げでなく利益率を向上」
Cチーム(定者・辻・片山・木村・前田)
「天・地・人」
・新型ネットワーク:「ネットワークの重要性の再認識」「人との
 つながり」「異業種との連携融合」
・成功の条件:「改革を継続する力」「続けること」「やりつづけ
 る事」
・アクション:「上を見て実行に移す行動力」「考えて→実践行動
 」「行動力」
・世界にひとつだけの花:「オリジナリティ・オンリーワン」
・石川愛:「地元に対する想い」
一緒に学んで、素直に気づいた事をベースに成功の鍵が見えてくる
とそれぞれのチームビルディングがなされていきますね。教師の仕
事は子供達からまなんだことを返してやる事といいます。改革実践
も同じようにお互いに学んだ事を見える化してお互いに返していく
ことなのでしょうね。そして感動をくれた人に近づいて行けばよい
のですね。 (経営革新かが元気塾 第2講より)
●「感動を くれた人には 近づいて」   かが元気塾

■能美ものづくり改革塾のYWT通信は二周目に入り、NO14は
浅井鉄工の東さんの「危機感を持って取り組む」を事務局のニッコ
ンの山本さんからいただきました。東さんの「日々の改善なくして
は仕事はいただけない」の気づきは、本当にそういう時代になった
のですね。日々で知識を創造して、仕事や製品を改善して価値を生
み出す社会に変わったのでしょうね。4画面+YWTを基盤に、改
革の輪を広げましょう。日々進化した分が利益になるのでしょうね
。ありがとうございました。(近藤)
●「改善が 無ければ仕事 いただけない」   現状の姿
■能美ものづくり改革通信 (Web版)
能美ものづくり改革塾二期生が振り返りと、知識混合で改善を進め
るためのプラットホーム
2009年7月7日   №14 『危機感を持って取り組む』
浅井鉄工 東です。
梅雨の蒸し暑い日が続き少々バテ気味となっております。2期生の
皆様は、気力、体力はいかがですか?
浅井鉄工 古田 NO.14「危機感を持って取り組む」
■四画面
○現状の姿:仕事量不足でも緊迫感がない。
○ありたい姿:お客様のニ-ズにお答えできる会社。
○なりたい姿:全員一丸となってスピ-ドがある。
○実践する姿:今日出来る事は、明日にしない。
■Y(やったこと)
○他企業への見学、勉強
○課内での加工技術検討会の継続
○部品加工の内製化
○管理システムの共同開発
■W(わかったこと)
○管理レベルの低さ
○世の中の価格の厳しさ
○改善なしでは、仕事はいただけない
■T(次にやること)
○更なる内製化の推進
○改善活動の効果の確認と水平展開
■七行コメント
皆様お元気ですか? 私達の職場では、まだまだ仕事量が不足の状
態が続いており大型の設備も停止している事があります。他の企業
の見学や受注活動の見積り等により再度、現状の厳しさを認識しま
した。厳しい時代にも対応でき自信を持ってお客様に提供できる製
品を作るということを意識し改善活動を実のあるものにしていきま
す。経済に明るい兆しが見えています。皆さんとともに明日に向か
ってがんばりましょう。
■次のvol.15は7月14日に㈱オノモリ 小野森さんお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
㈱日本コンサルタントグループ 山本 博康

■「自分ごと」「4画面」が浸透すると次に「改革の輪」になりま
す。「改革の輪」はリアルだけでなくバーチャルを活用すると知識
混合がやりやすくなります。いしかわMOTの5期生のYWT通信
であるアニモ通信に刺激されて、一期生が「やるぞ君通信」を準備
し始め、二期生も、交流を始めました。さすが、いしかわMOTの
同期生の改革マインドは高く、YWT通信が動き出すかもしれませ
ん。アニモ通信を見ていると、それぞれの参加企業の職場での紹介
や交流がすすんでいます。二期生の幹事の澁谷工業の村松さんから
の準備メールをいただきました。改革実践は知識創造の場の上で、
改革活動や事業活動を行うところに価値が生まれます。定期的に知
識創造の場をフォーローする事が本当に大事なのですね。村松さん
はじめ二期生の皆様ごくろうさまです。YWT通信のスタートまで
はいろいろ大変ですが、始めてしまえば、大変な分だけ喜びも大き
いと思います。二期生らしい交流の場づくりを期待しております。
幹事の皆さん、ごくろうさまです。(近藤)
●「活発な 意見交換 できる場を」   ありたい姿 
■IMS幹事の皆さん
2期生幹事 澁谷工業村松です。2期生メルマガの開始はまだ少し
かかりそうです。これまでに出された貴重な(わずかな)意見を2
期生の皆さんに投げ掛けてモチベーションのアップを図っていると
いったところです。
---------------------------------------------------------
MOTスクール2期生各位
毎日暑いですね。澁谷工業村松です。
標記の件で、2期生の皆さんからのご意見や「やってもいいよ」の
連絡を待っています。よろしくお願いします。
■2期生メールマガジンに関する途中経過とお願いです。
・いまのところの参加予定者(賛同者):まだ西坂さん、仲井さん
、村松 3名のみです。
近況報告、なんでも相談、気のついたこと等なんでも発信してみる
ことから始めれればと思いますので、「やってもいいよ」の連絡待
ってます。
・各位から出された意見です。
・「最近、どう?」みたいな感じで始められたらいいのかな。
・フォーマット(名前、日付、YWT等)を決めておくと書きやすい
 かな。
・発信の間隔は、参加者数にもよるが、一人が2~3ヶ月に1回位
 のペースで回ってくるので良いのでは。
・名前:「メルモ通信」でいかがでしょう
 仲井さんからナイスなネーミングが提案されました。他に意見が
 無いようでしたら、これでいこうと思います。
 ~仲井さんのメールから(抜粋)~
 2期生のネーミングは「メルモ通信」ではどうですか?アニモか
 らメルモを連想してしまいました。「不思議なメルモ」という漫
 画は私の世代では知らない人がいない手塚治虫の漫画です(詳し
 くはウィキペディアをご覧下さい)。幼稚園児のメルモちゃんが
 天国にいるお母さんからもらった赤や青のキャンディを飲むこと
 で大人の女性に成長したり、赤ちゃんになったり、動物になった
 りして、数々の困難や難事件を乗り越えて大人になっていくとい
 う物語です。医師である手塚治虫氏の生命に対する畏敬の念や、
 親子や男女の愛情の大切さなど、人としてのありたい姿へのメッ
 セージがあふれていました。主人公のメルモちゃんは赤ん坊にな
 ることで、過去を振り返り、大人になることでなりたい姿を経験
 し、いろいろな動物になることで人と動植物の輪を広げました。
 また、メルモと言う言葉は、生物学でいう変態や変身と言う意味
 のメタモルフォーゼから来ています。というわけで、四画面+Y
 WTのシナリオを書かれた近藤先生は手塚治虫氏、いろいろな経
 験を積んでやらされ君からやるぞ君に変身したわれわれ2期生は
 メルモちゃんではないかと思います。また、ネーミングには手塚
 治虫氏と同じヘルスケアサービス関係者がいる(手前味噌ですい
 ません)と言う意味も含んでいます。ちなみに、私は手塚治虫氏
 は大好きですが漫画お宅ではありませんので、それだけは誤解の
 無いようにお願いいたします。
--------------------------
■参考: 一期生のメルマガ情報です。
状況:先日より1期生の間で開始されました。MOT受講生14名
 ?中の10名参加参加者と近藤先生に配信
名前:「やるぞ君通信」
目的:日頃各人の改革実践や気づきを体験交流会だけでなくバーチ
 ャルでも共有することで弱い紐帯を育む
内容:MOT実践課題や業務での出来事、日常のたわいもない気づ
 きでも良いと思います。その他ビジネスのつながりができるかも
 しれませんので、業務の紹介もOKです!!
発信スパン:前の人が終了後2週間以内に発信する メールの中で
 次の人を記載(順番は予め決めておく)
途中参加:有
澁谷工業株式会社 グループ生産・情報統括本部
技術管理本部 電子総合技術Ⅱ部 村松鋭一(Eiichi Muramatsu)
URL http://www.shibuya.co.jp

●「メンバーは 5・6名には したいです」   ありたい姿
■村松さん
お疲れさまです。
なんとか5~6名にしたいですね。まず土倉さんと多河さんと石黒
さんと木村さんは必須ですね。返事しずらいかもしれませんが、参
加してくれるような気はしてます。よろしくお願いします。
砂崎

●「通信は 三方善も 良い名前」   ありたい姿
■ 村松さん、砂崎さん
お世話になります。土倉です。
参加の連絡をせず、申し訳ありません。「参加」と思いこんでいま
した。手法については、別段のアイディアは無く、集まっている意
見で良いと思います。名前ですが、「メルモ通信」は良いと思いま
す。一応私の意見を遅ればせながら、出してみます。
「三方通信」というのは如何でしょう。「三方善」は、近江商人の
理念で、売り手善し、買い手善し、世間善しと、利害関係者すべて
が得をするように考えるものです。メルマガに参加して、何か得す
る情報を発信し合うことができて、情報が形あるものに変わるなら
、おもしろいかも!と考えました。新しい産業構造や新しいビジネ
ススタイルに変化することが求められる時代だと感じていまして、
CLOSEではなくOPENであり変化したものが受け入れられるポイント
は、「三方善」だと考えています。以上です。幹事をお任せしっぱ
なしで、本当にごめんなさい。 土倉 浩

●「輪の上で 事業創造 できたなら」   なりたい姿
■村松さん みなさん
ご苦労様です。
一緒に学んで、それぞれの分野で改革実践されているメンバーと再
び交流の輪を創るのは、なかなか大変ですね。しかし、なんらかの
方法で少しづつ、輪が構築できたら素晴らしいですね。
やり方はどういう方法があるのか、分かりませんが、少しづつ継続
して、挑戦する意味はあるのではないかと存じます。難しいだけに
輪が広がり出したら素晴らしいことです。知識創造の輪の上で、事
業創造をすることが出来ますね。是はいしかわMOTシンジケート
のみの強みになっているはずですね。今、再び始まった、お互いの
個性を尊重しながらの、この交流に意味があるのでしょうね。
期待しております。 近藤修司

●「もうすこし 意見交換 続けたい」   実践する姿
■土倉さん、多河さん cc)近藤先生、砂崎さん
おはようございます。澁谷工業村松です。
土倉さん、多河さん連絡ありがとうございます。そして、近藤先生
激励ありがとうございます。多河さんも参加OKということなので
、これで2期生のメルマガ賛同者は5名になりました。
まだこれから連絡をくれる方がいると思います。今回のように「メ
ルマガしましょうか?内容を相談しましょう?」といった共通のテ
ーマでやりとりをすると、活発な意見交換が行えていいですね。
もう少し意見交換を続けたいと思います。メルマガを開始していく
にあたり、発信者からの情報提供のみならず、活発な意見交換が行
えるような内容も盛り込めたらと思います。
土倉さん情報の「三方善」には大変興味を持ちました。
「売り手善し」、「買い手善し」は、Win-Winの関係も合わせて日
頃から意識しているものですが、肝心の「世間善し」が忘れがちに
なっていました。
良い情報ありがとうございます。是非、メルマガでの紹介をお願い
します。それから、多河さんの単身赴任生活の様子もききたいです
し、のども渇く頃(←重要)なので、多河さんの帰省に合わせて久
々に2期生の飲み会しましょうか?
澁谷工業株式会社 グループ生産・情報統括本部
技術管理本部 電子総合技術Ⅱ部
村松鋭一(Eiichi Muramatsu)

━━■今日の一言:幸せを感じられる繊維━━━━━━━━
●加賀市の門出合繊(株)を加賀商工会議所の皆さんや平野先生と
訪問させていただいて、キモシ(加賀起毛糸)の開発物語を会長・
社長よりお聞きしました。幸せを感じる繊維づくり(キモシ)に成
功し、商品化されたかわいいアンダーウエアーを見せていただいた
。チョコレートのようなかわいい箱にはいって、幸せの肌さわりで
あり、早速、妻と息子達のお嫁さんにプレゼントとして、購入させ
ていただいた。本当に幸せ気分になりました。こんな、オンリーワ
ンにこだわる元気経営者・元気企業が加賀市にあったのです。本当
にすばらしいことです。かが元気塾との連携をさせていただいて、
幸せを感じさせていただければと思いました。会長も社長もご自分
の生き方を話されているので本当ににこやかで幸せ感に溢れていま
した。(近藤)
●機械にかかった時の糸の臭いが体から離れず、再び現場生活が始
まった私自身、今まで感じたことのない楽しい毎日・・・。経営者
の立場でなく、一人の技術者としての目線で見つめなおした結果、
私の中で「本当に造りたい物」が見えてきたのである。来る日も来
る日も昼夜問わず、糸と向き合う毎日が続く。一歩進んで二歩下が
る中、右往左往しながらも頭の中は糸の事で一杯。原点に返り、ど
うしたら、幸せを感じてくれる繊維が造れるだろうか? どうした
ら、私にしかできない繊維が生み出すことができるだろうか? 機
械を改造し、試行錯誤の結果、絹のような肌触りで加賀ブランド・
・いや、japanブランドとなりうる「キモシ」が完成したので
ある。人をつなぐように、重なり合い、絡み合い、奇跡の糸になり
ました。その糸のぬくもりは、限りなく優しく、どこまでもやわら
かな、ひだまりのような心地よさを、あなたの肌に届けます。軽や
かにフィットして、そのぬくもりを包み込む。シルクのような光沢
で高級感を、羽毛のような感触で心地良さを・・。たった一本の糸
が生んだ、今までにないもう一つの素肌です。私の情熱を注ぎ込み
誕生した「キモシ」をどうぞ思う存分ご堪能ください。
角出合繊(株) 門出市松&門出伸一
●「幸せを 感じることが できる糸」 門出市松&門出伸一
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━