« 成功の宣言文 3333 成果実現のプロセス技術  なりたい姿 | メイン | 成功の宣言文 3334 プロダクト・イノベーション なりたい姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」、第三巻「改革の輪」に続いて、「4画面思考の基本」
が発刊されました。「成功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより
可能です。皆さんの企業防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てくだ
さい。 http://www.success-poem.com/book.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ひさしぶりに、PFU未来塾に参加させていただいて、講義をさ
せていただいたJMACの汪さんから、石黒さんに、返信コメント
をいただきました。3つのイノベーションに中で、プロダクト・イ
ノベーションの必要性と自分ごとの「実践っぽい提案」をされたの
は素晴らしいですね。この文章にはパワーがありますし、我々も刺
激をいただけますね。若い人の感性とパワーはたいしたものです。
私も30代に技術マトリックスによる新製品新事業探索」に挑戦し
たのを思い出します。今は4画面思考による新製品新事業探索に進
化しています。ありがとうございます。(近藤)
●「新製品 新事業への 改革を」   なりたい姿
■(株)PFU ニュービジネス推進統括部
Active-V推進室  石黒様
cc:Active-V推進室 皆様、近藤先生
お世話になっております。JMACの汪 小芹です。
先日、皆様の先進事例に参加させて頂きまして、こちらこそ勉強に
なりました。ありがとうございます。
PFUのDNAでもある自立・粘り強さには強く感じ、感動しました。
そういう方々に私どもも是非応援したいと思っています。
また、「次のテーマ」について勝手にお話させて頂きましたが、シ
ンジケートを「未来づくり実践塾」のような、実践っぽい活動を展
開できればと本当に思っています。
次のカープに行く時代にあたり、プロダクトイノベーション・新規
ビジネスは重要な切り口だと思いました。 もちろん、プロセス改
善でも、マインドの進化でも、何でもいいのですが・・。 メンバ
ーを組み合わせば、実現できるではないかと思います。
ご希望の資料ですが、あくまでも、今から自分が深めていきたい内
容です。 ライジングーVや商品企画などに参考できるなら嬉しい
と思います。
最後に、微力ながら、いつでも声をかけて頂ければ、応援に参りま
す。 改革・改善・未来づくりに頑張ってください。
以上、宜しくお願い申し上げます。
株式会社 日本能率協会コンサルティング(JMAC)
コンサルタント 汪 小芹

■本日は、加賀商工会議所主催の第二期かが元気塾の第二講があり
ます。かが元気塾の平野先生から、日本地域政策学会へ参加されて
研究発表と交流のご報告をいただきました。「いしかわメモリー」
「加賀のりあい号」のお話もしていただいたようです。改革応援団
がいるだけでも改革実践に元気が出ますね。第二講は私と砂崎さん
が講師です。二期生は元気な方が多いので講義と交流が楽しみです
。講義前に、専務がお話されていた、繊維イノベーションに成功し
た改革経営者にお会いしてインタビューをさせていただこうと想っ
ております。かが元気塾での講義もお願いしたいと想っております
。ありがとうございました。(近藤)
●「乗り合いの 先進事例 生み出され」  なりたい姿
■近藤修司 先生 山本昌幸 様
いつもお世話になっております。
かが元気塾(一期生)の平野です。先週末の土曜日曜と、日本地域
政策学会の全国研究大会に参加してきました。私の発表は一日目の
一番最初でしたが、こちらの方は、朝日電機製作所の砂崎さんたち
の「いしかわメモリ」をはじめ、県内の意欲的な新事業を積極的に
PRする営業活動に徹して終わり、つづく二日目の午後は、都市分
科会に参加してきました。分科会のテーマは「交通と土地利用から
みた持続可能な都市づくり」です。
どうしてこの分科会を聞きに行ったのかというと、報告者のひとり
が新潟県上越市総合行政研究所の人で、「農山村地域における拠点
形成と交通ネットワークのあり方について」というテーマでしたの
で、上越市における交通ネットワーク構想について聞けると思った
からです。
上越市は、先年行われた平成の大合併で14市町村が合併し、人口
は1.5倍に、面積はなんと4倍に膨れ上がった自治体です。当然
、中山間部にも市域が拡大しました。課題は、とくに限界集落と呼
ばれる高齢化の進んだ地区を多く抱えるようになった上越市が、今
後いかに地域の交通網を維持していくかということです。
また、コメンテーターの一人として、群馬県前橋市の交通政策に携
わってこられた人もおり、加賀市で山本さんが中心になって進めて
こられた地域交通網の再編整備に、何かの参考になる情報が得られ
るのでは、と期待したわけです。
しかし結果から言えば、上越市の取り組みも前橋市の取り組みも、
加賀市の取り組みに比べれば、数年遅れているのではというのが実
感でした。かえって、加賀市の先進事例に興味を持って質問をされ
たくらいです。これも、近藤先生のご指導と、山本さんたち加賀市
役所の皆さんのこれまでの着実な取り組みの成果だと、あらためて
感心しました。加賀市におけるこの取り組みは、きっと先進事例と
して、同様の課題に悩む多くの自治体の参考になることと思います
。今後ともどうぞよろしくお願いします。
平野禎幸  hirano@kagacable.ne.jp 石川県立加賀聖城高等学校

■渋谷工業の番さんから,アニモ通信NO43「部長の宣言に乗って
」をいただきました。お父様や本部長のご逝去、心からお悔やみ申
し上げます。私も父を亡くしたときに、父から「一生の生き方を教
わった」という実感でした。先輩や同僚を失ったときに、優秀な彼
らの生き方や言葉から、自分の生き方を教わりました。我々の改革
実践も先人達の生き方を4画面にして、形の残そうとしているので
しょうね。渋谷工業さんは素晴らしい改革文化をお持ちの企業です
。さすが部長さんですね。部長が番さんの「エンジニアリング道場
」を宣言するとは素晴らしいですね。また、アニモ通信を朝礼で紹
介されるとはすごい。思わず、拍手してしまいました。人生は悲し
いこともありますが、耐えていると、嬉しいこととも出会うのです
ね。悲しい中での元気なお話、ありがとうございました。それぞれ
の企業でアニモ通信の成果が出始めていますね。すばらしい。
(近藤)
●「道場の 宣言、部長 取り上げて」   実践する姿
■Animo通信(MOT5期生メールマガジン) 2009年7月7日
MOT5期生各自が近藤教授とMOT5期生に向けて、情報発信する場
№43「部長 の宣言に乗って」           
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
澁谷工業の番です。
6月27日に父が亡くなり、先週一週間のお休みを頂きました。父は
約2ヶ月病院に入院しておりましたが、その間いろいろとあった為
、同窓会にも出席せず失礼しました。私の実家は小松にあります。
この10日の間は、小松に滞在していたのですが、その間市役所や
銀行、お寺さんや葬儀社他いろいろな事務処理を行いました。
母も疲れからかちょっと体調をくずしたりしてあっという間に時間
が過ぎました。
ようやく、昨日会社に出勤しましたが、私の所属する技術本部の本
部長が53歳の若さではありましたが、日曜日に逝去され昨日もお通
夜に行ってきました。私も含め皆様お体をくれぐれも大切にお過ご
し下さい。
さて澁谷工業は、6月決算で、7月より新しい期が始まっています。
6月17日に自部門で前期の報告と今期の活動の発表があり、そこで
部長が私のファイナルプレゼンに発表した、『エンジニアリング道
場の宣言』について、今期のテーマとして行なうと発表しました。
(社長や専務も聞かれている場です。)
これで、私としてもやるしかなくなったのですが、前向きに《チャ
ンス》ととらえ行動していこうと考えています。
アニモ通信 No.43 「部長の宣言に乗って」
■ Y(やったこと)
・フロアの朝礼当番でAnimo通信の紹介をしました。
・部の改革の構想として、部門での発表をした。
 (実際の発表は部長がしましたが、一応OHP係として横におり、
質問にそなえてました。)
■ W(わかったこと)
・宣言することでやるしかなくなった。
(前向きに言い換えて、やるチャンスをもらえた)
■ T(次にやること)
・実際に行なう為のプランをたてる。
----------------------------------------------------------
次は 西端さん  お願いします。

■院生コンサル通信の牧野さんから、今井さんの成功の宣言文「母
の教え」にコメントをいただきました。素晴らしい人間力を持って
いる方が本当に多いですね。私も同感で、人間力とは人と人の間か
ら生み出される力と考えて、実践しております。牧野さんも課題解
決技術の開発をライフワークにされておられので、素晴らしい人間
力をお持ちのお一人だと思います。ありがとうございます。近藤プ
ロジェクトの事務局の大森さんから基本講義3のご案内をいただき
ました。今回は村田さんに、一緒に蓄積してきた改革図面の講義を
お願いしました。自分のDBをもつを知識創造の3原則にしていま
すが、改革図面集も、自分のDBの一つです。学生がどう反応する
か楽しみです。村田さんの改善市場での発信をご紹介いたします。
(近藤)
●「講義する 改革図面 活用法」   なりたい姿
■近藤修司 先生
成功の宣言文を配信して下さり、有難うございます。
今回、拝見させて頂いた「成功の宣言文 3320 母の教え あ
りたい姿」に関して、思ったことを、次のように、電送させて頂き
ます。
伝承に関して一考しました。今井様が述べられていますように、4
画面で大切なことを伝承するのが最善の方法であると思われます。
現在の情報化社会では、玉石混淆の大量の情報が目の前を通り過ぎ
て行きます。また、大切なものも捨てられる使い捨ての世の中にな
ってきていると思われます。一方、世の中には、多くの素晴らしい
人達がいると思っています。このような人達に積極的に、世の中が
変化しても変わらない基本的な考え方や人生哲学等を次の世代の人
達に伝えて頂きたいと思っています。これらの基本的な考え方等を
採用するかしないかは次世代の人に決めて頂けば良いと思います。
先ず、後世の人達が見ることができる形で残していく必要があると
思われます。後世の世のためになると思われます。私は、若い時に
先輩の方から基本的なことを教えて頂き、その教えはその後の人生
で私を支えてくれました。 牧野逸夫

●「土曜日に 近藤プロの 基礎講座」   実践する姿
■近藤プロジェクトの皆様  cc:梅本先生 近藤先生 村田さん
事務局の大森です。
今週の土曜日の基礎講義3について、再度ご連絡します。
場所は、知識科学研究科3棟7階セミナールームです。
次回の近藤プロジェクト基礎講義3(基礎講義は是で終了、今後は
実践講義に)
日程  7月11日土 10時~11時
テーマ 10時~12時 1 改革図面300の使い方・創り方:
              :村田康一
     1時~3時   2 私の改革実践提案書(前回発表さ
              れなかった方)
     3時~4時   3 YWTの理論と実践
講師 近藤+村田康一(近藤研OB・早稲田大学博士課程)
場所 知識科学研究科3棟7階セミナールーム
北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科  社会知識領域
小坂満隆研究室 博士前期課程 2年 大森 靖之

●「講義する 改革図面 活用法」   なりたい姿
■今週の土曜日に、「JAIST近藤プロジェクト」の「基礎講義
3」として「改革図面の活かし方・創り方」のお話をさせて頂きま
す。「JAIST近藤プロジェクト」は、JAISTの梅本先生の
ご提案ではじまりました。近藤先生がJAISTにいらっしゃった
6年間で広がった改革活動を実践されている企業や人財の皆様の更
なる発展の為に、近藤先生の指導の下で、現在の大学院生の皆様が
「院生コンサル」として現場に入り、お手伝いすることで、企業と
学生が共に「改革実践力」を高め、「改革の輪」を広げることが目
的です。
私が学んだ「改革実践活動支援」は「事実で事実を変えること」で
す。今回の私の役割は、近藤先生をはじめFMICの皆様や近藤研
究室メンバーの皆様とまとめてきた「改革図面」の「活かし方・創
り方」について、実践事例を通してお伝えすることです。そこで今
日から3回にわけて、その事前学習として、参加される大学院生の
皆様にお伝えする内容を「かいぜん市場(いちば)」の読者の皆様
にもご紹介させて頂き、これまでの振り返りができたらと考えてい
ます。
近藤プロジェクト基礎講義3事前学習1:改革図面とは?
近藤プロジェクト基礎講義3事前学習2:改革図面例①(改革実践
 技法)
近藤プロジェクト基礎講義3事前学習3:改革図面例②(改革実践
 ケース)
「改革図面」は、「改革実践活動」の「知識タンク」です。先人が
発見した「知識」を、今に生きる「改革人財」が「改革実践活動」
に活かすことができるように「図面化」したものです。「知識」の
表現には「図・表」「条件」「言葉」などありますが「1知識1図
面」でまとめ、その「図面」と「解説」と「参考文献(原著等)」
がまとめられています。
文献研究からスタートしました。調べた分野は「ソーシャルネット
ワーク」「イノベーション」「経営戦略」「顧客価値創造」「未来
開発技術」「リーダーシップ」「モチベーション」「マネジメント
」「コミュニケーション」「アイデア創造法」「経営管理技術」「
改革実践技法」「改革実践ケース」「現場改善実践技法」「人材育
成」「環境・資源」「芸術・文化」「哲学」です。今の時代の「改
革実践活動」に活用できる「知識」を調査しました。今は226枚
の「改革図面」が「改革図面館」に蓄積されています。
「改革図面」は「4画面思考」とつながっています。「改革図面」
は、調査分野別分類に加えて、4つの姿(現状の姿・ありたい姿・
なりたい姿・実践する姿)の分類がされています。「4画面思考」
をベースとした「改革実践活動」の「知識タンク」でもあります。
「改革図面」は「MOT改革実践論」「いしかわMOTスクール」
「PFU未来塾」「別川未来塾」プロジェクトリーダー研修」「加
賀元気塾」などで活用されています。世界中に、時代を超えて、多
くの実践者や研究者がいます。そして、その人達の生み出した「知
識」や「技術」は、私たちの「改革実践活動」に有効なものが沢山
あります。これからも「知識タンク」を充実し、皆様のご支援でき
ればと思います。 むらた こういち
かいぜん市場 http://blog.goo.ne.jp/kaizen_ichiba

■シードウインの福田さんかちょっと頑張ろう884号で「人間力
ってなんだろう」をいただきました。私は人間の力でなく、人と人
の間から生み出される力と考えています。人と人の間から生まれる
知識創造の力であるし、人と人の間から生み出される価値の創造の
力です。宣言文のネットワークでも、この6年で多くの知識と価値
が人と人の間から生みだされました。「日々新」が実践でき本当に
ありがたい事と感謝しております。福田さんと同じように人間力を
もう一度考えてみようと思います。ありがとうございます。
(近藤)
●「人間性 求め続ける 姿勢かな」   ありたい姿
■ちょっと頑張ろう-884号「人間力ってこんなことかしら?」
2~3年前、人間力って何だろうと考えたことがありました。
「ちょっとガンバ」の本も「人間力」と言うタイトルが付いていま
すが、ただ、何となく付いている気がしています。
表現力とか、創造力などではないのは確実だと思っています。「力
」と言う単語がついているからおかしなことになるのではないかとも
思っています。「人間力」って「人間らしさ」を発揮するみたいなモ
ノではないか思うようになっています。
人には遠い未来が見えます。無いモノを作り出せます。自らの知恵を
進化させられます。もっとも重要なのは、例えば、空腹を抱えていて
も、自らが満足できる気持ちのような気がします。そこで「人間力」
をこのように考えてみました。
a.内と外(自分に向かって、自分に向かうのと同じように外の向かっ
 て)
b.今と未来
c.改革と創造
を意識して、自らができる、または、できるようにする姿勢。
そして、これらを求めて
①自らの感性を高める。
②行動を自らの中で充実させる。
③和を安定させ、輪を広げる。
④個人のクオリティ・オブ・ライフを目指し続ける。
a~cと①~④が組み合わされて「人間力」が発揮できるような気がし
ます。自らと、自分の周りの人、また、その周辺の人のクオリティ・
オブ・ライフを求めようとする姿勢にこそ人間力があるような気がし
ます。だから、完成された人間力などはありません。人間性を求め続
ける姿勢ではなかろうかと思います。内と外、常に外に向かって、モ
ノを考え行動する、それでいて自分を知っている、そんな人です。
よく視て、聴いて、共に考えて、などなど。自分勝手ではなくて、よ
り良くありたいと思うことも人間力でしょう。
条件を挙げれば挙げるほど、自分と遠くなっていくのが面白いですね
。振り返れば贖罪しなければならないことがたくさんあります。
できると思ってしたことで、できなかったこともたくさんあります。
でも、止めなければ、諦めなければまだ終わっていないのですから、
できる日がくるかもしれません。
善だと思ったことが悪であったこともあるでしょう。社会での善悪で
はなくて、自分と自分の周辺に対しての善悪です。後悔は、後悔にし
ないためにあるのかもしれません。今朝は久々、人間力を想ってしま
いました。人間力について、話しあったことなど余りないですね。
一度、四季の会の方々と議論したことがありました。毎日の「ちょっ
とガンバ」が始める前でした。もう一度、皆さんの人間力を聞いてみ
たいです。四画面思考法の近藤先生、MBI研究所の今井さん、バロ
ーレ総研の勝さん、守山さん、如何でしょう。高齢でもモノ作りを実
践し、持てる力を出しているミラノの高達先生。
ブログと実生活を一体化して表現していらっしゃるポレポレ父さん、
思想を持った子育てをしているお父さん、第二の人生をボランティア
に捧げている方々もいらっしゃいます。仕事抜きで海外と日本の橋渡
しをしている人もいます。そうそう、手話に生涯をかけようとしてい
る方もいます。定年までは程遠いのだけれども、会社を辞めて、これ
からの生き方をもう一度考えなおそうしている方々います。私の周辺
で、この7月で退社されて、今までと違う道を行こうとしている方が
3人もいます。皆さん、自分をちょっと横において、周りを見て考え
ています。既に定年を過ぎて、ご自身の経験と知恵を、更に学びなが
ら、第二のステージで発揮している方々がいます。
人って、凄いですね。私も、腰を据えて、人間のやり直しを考えてみ
ます。思い切り「生の時間」を過ごしてみたいですね。
福田 真 shin_fukuda@seedwin.co.jp
http://www.seedwin.co.jp/tdiary/
SKYPE名: bundou144

━━■今日の一言:新製品・新事業探索(NBP)━━━━━━━━
■今日は、JMACの汪さんの「時代のカーブにはプロダクトイノベ
ーションを」に刺激を受けました。私も30代に、技術マトリックス
による新製品・新事業探索(NBPプログラム)を創造し、産業界の
事業創造に貢献しました。歴史は繰り返すのですね。今は、4画面思
考による新製品新事業探索ですね。しかみ、今回は産学診官NPOの
5軸連携で展開できますね。
●「新製品 新事業探索 復活す」   近藤修司
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━