« 成功の宣言文メンバーからのメッセージ | メイン | 成功の宣言文メンバーからのメッセージ »

成功の宣言文 2829 丸亀のために動く  実践する姿

「日本一 丸亀つくる ため動く」

   
平川あつし

●JMAC・OBの平川さんが、丸亀市長選に挑戦中です。昨年,
JAISTにもこられて、北陸の地域再生のインタビューにこられ
ました。
●日本一の丸亀を作るため、丸亀元気塾もやりたいといわれていま
した。平川さんは、JMACで私と新事業開発のコンサルをやられ
て、銀行系のシンクタンクで新事業開発のコンサルを継続されてい
ました。新事業開発市長が生まれますね。頑張ってください。


成功の宣言文 2830 ちょっと後押し  実践する姿 
●ファイナルの時発表させて頂いた、毎日の「終業前5分間ミーテ
ィング」ですが、1日も欠かす事なく昨日でちょうど1ヶ月続きま
した。
●両グループの進行役をお願いしている係長と主任にヒアリングし
ましたが、課内の「見える化」が進んだと言ってもらい、私も喜ん
でいます。こうやって、毎日顔を合わせて話し、「ちょっと後押し
」をする事で変わっていくのだなと実感できました。
●「顔あわせ 毎日はなすと 変わってく」 澁谷工業 番   

成功の宣言文 2831 最北端から南下   実践する姿
●3月7日のファイナルプレゼンの後、3月9日~4月2日まで本州の
最北端から南下していました。(青森⇒仙台⇒栃木⇒長野⇒石川)
●やったことは、3Y製品について、出来るだけお客目線で装置を
眺めました。副産物(炭)のビジネスモデルのアイデアまとめ(
東北新幹線に乗っていていいアイデアが出ました。脳内が加速し
たのかもしれません。アイデアの実行し具現化します。
●「本州を 最北端から 南下して」  明和工業 畑中

成功の宣言文 2832 全員が変わりだす  実践する姿
●午前中は、各職場の改善4画面の素晴らしい発表を職場長の皆さ
んがされました。
●午後は、全社の発表を聞いて、「気づいたこと・学んだこと・感
動したこと」図表化と下期テーマ図表化と発表です。30分・30
分・30分で、本当に時間どうりの展開で、「自分ごと・4画面思
考・改革の輪」の4画面物語が全員で体験できたのです。
●「全員で 職場改善 変わりだす」 松本機械 桑本・堀内