« 成功の宣言文 2823 実態価値の創造   ありたい姿 | メイン | 成功の宣言文 2826 石川県中に輪が   実践する姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」に続いて、第三巻「改革の輪」が発刊されました。「成
功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより可能です。皆さんの企業
防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てください。 
http://www.success-poem.com/book.htm


■高橋さんから、昨日の宣言文への、ご紹介のお礼をいただきまし
た。あと2回ご紹介させていただいて、振り返りをして、次にいき
ましょうか。人間の脳にとって情報発信することや、振り返りをす
るということは、非常に快適な状態と思っています。この経済危機
の克服は今井さんは特定顧客の変化を掴むことといわれました。高
橋さんは、人間力・価値創造といわれました。お二人とも改革リー
ダーだけに知識混合が楽しみです。(近藤)
●「大きな輪 広げることを 期待して」   ありたい姿
■近藤さん 態々ご連絡恐縮です。
ご紹介いただけるならもう少し丹念に推敲しておけばよかったと思
いました。愈々北陸に一区切りですね。しかし多年にわたる人間力
の向上、地域の活性化へのお取り組みは今後も継続し大きな輪を広
げることと期待いたします。近藤先生の退官記念の集いには参加で
きず申し訳ありませんが落ち着かれたら浦安で粗酒差し上げたいと
存じます。多年にわたるご指導に感謝と敬意を表し今後のご発展を
祈念します。 高橋博秋

■第一期かが元気塾の平野先生から、退官のお祝いのコメントをい
ただきました。本当に人との出会いで組織や社会は創造されていく
のですね。組織や社会を創るのは人で、その人の思いを継続するの
も人ですね。北陸で改革の輪が広がっていくのを見ると、未来は創
造できるものと実感するようになりました。これからの課題は継続
ですね。平野先生は10年継続と宣言されていましたが、頑張りま
しょう。来週には第二期かが元気塾の計画を提出いたします。
(近藤)
●「4画面 自分見つめて 新発見」   現状の姿
■近藤先生
いつもお世話になっております。「かが元気塾」の平野です。
6年間の素晴らしい業績を残されてのご退官、おめでとうございま
す。最後の一年という短い間ではありましたが、大変お世話になり
ました。
先生の講義を最初に拝聴したのが、一年前の6月でした。元気がな
くなっている地域経済の活性化を志し、自分にまずできることから
と中小企業診断士の資格は取ったものの、具体的な方向性を見いだ
せず、迷っていたのがそのころでした。
そんなときに出会ったのが、「かが元気塾」です。
そしてそこで近藤先生に出会い、4画面で自分を見つめ直していく
うちに、次第に私の目指す方向性がはっきりとしてきました。また
、近藤先生と「かが元気塾」のおかげで、わずかな間に驚くほどた
くさんの人たちと交流をはじめることができたのです。
石川県に生まれ育ち、石川県で長年生活していて、自分が石川県の
ことはなんでも知っているつもりになっていたのですが、それがま
ったくの「井の中の蛙大海を知らず」であったことを痛感しました。
1月に「かが元気塾」の最終講義が終わったあとも、「やるぞ君」
の精神でいろんな機会を求めて人との出会いを続けています。2月
にはお世話になっている石川県産業創出支援機構(ISICO)が主催
して金沢で行われた「経営革新シンポジウム」に参加しました。
3月には砂崎さんのお誘いで「石川MOTスクール」と「産地MO
T実践塾」の成果発表会も拝聴しました。それぞれの機会に、また
新たな出会いがありました。その他にも、できる限りたくさんの人
を訪ねてお話を伺っています。今後はその出会いを、大切に育てて
いきたいと思っています。
近藤先生は、石川県に来られたのが5年前とお聞きしています。そ
の6年という長いようで短い期間に、能登から加賀まで石川県中に
、ネットワークの輪(和)が広がってきました。私もその中に加え
ていただくことができ、本当に感謝しております。
先生はこれからまた新しいこと(4画面研究所の設立)にチャレン
ジされていくと伺っております。どうぞまた、多くの人を結びつけ
る核としてのお仕事をお続け下さい。そして2期生以降の「かが元
気塾」についても、どうぞお力をお貸しいただけますよう、お願い
いたします。
平野禎幸  勤務先:石川県立加賀聖城高等学校

■今週の土曜日に東京MOTコースのメンバーが退官のお祝いパー
ティを企画していただいております。講義やゼミ指導は継続させて
いただくのですが、区切りを創っていただけると自分の振り返りが
出来てありがたいことです。経産省の山本さんと中村さんからコメ
ントをいただきました。お二人からの激励で私もいつも元気をいた
だいていました。自分のことは自分で分からないものです。皆さん
からのコメントで自分の特性を掴んでいます。私が熱意や実践が終
わった時は宣言文も終わるときなのですね。自分だけでは熱意や実
践は難しいので今後ともよろしくお願いいたします。「顧客現場が
教室、先生は顧客ニーズ、テキストは課題解決」ですね。ありがと
うございます。(近藤)
●「宣言文 有気と元気 いただいて」   ありたい姿
■近藤先生殿
お世話になっております。MOT3期生山本です。
お礼が遅れてしまい恐縮です。JAIST-MOTでは講義・ゼミ
で熱意あるご指導いただき誠にありがとうございました。近藤先生
が退官されるまでに体調を崩してしまい卒業できず残念ではありま
すが、先生が退官されても「成功の宣言文」メールを送られ続けら
れていること、その元気をいただき、ささやかながらお礼と抱負を
述べさせていただきたいと思います。
先生の「成功の宣言文」メールは、元気なときも、メールを見忘れ
たときも、自分が病気や怪我で床に伏しているときも毎日熱い思い
のメッセージが届きます。他の人から見れば何気ないメールなのか
もしれませんが、私はこの「成功の宣言文」メールで、どれだけの
勇気と元気をいただいているかわかりません。
床に伏して意気消沈していたときでも先生からメールで「元気にし
ているか?」と聞こえてくるのです。どんな境遇・状況になっても
、一筋のつながりでもって支えられていることの大切さを思いかみ
しめる次第です。
今日、病気と怪我でしばらく休んでいた電子政府・省庁情報システ
ム導入のための実践研究会の再開を仲間に宣言をしたところです。
仲間は私の復帰と研究会の再開を喜んでくれました。
今後も山あり谷ありの研究会かもしれませんが、先生のメールのよ
うに一筋の支えになるような研究会にしていきたいと思います。
4月4日の退官慰労会には出席できず申し訳ございませんが、先生
のご健康とご活躍をお祈り申し上げるとともに、これまでいただい
た元気に深く感謝お礼申し上げます。
これからも先生からの一筋の支えのメールという実践知を携え、自
分も微力ながら一筋の支えになるような貢献をしていきたいと思い
ます。
山本 晃  経済産業省
大臣官房情報システム厚生課情報システム室

●「サービスの 新コンセプト 見えてきて」  ありたい姿
■近藤先生へ
中村孝太郎@JAIST-DC生です。
JAIST入学以来、4年半にわたり、お世話になっております。
ご報告が遅くなりましたが、博論の予備審査を6月初旬に持ってい
ただくことが決定し、現在、論文作成に集中しております。まだ研
究上の克服すべき壁はありますが。。
ようやくここまで到達できましたのも、諸先生のご指摘・激励のお
かげですが、近藤先生には、いつもサービスコンセプトの提示や実
際の実践にもとづいた貴重なご指摘をいただきました。
博論の中にも、明示的・暗黙的また意識的・無意識的に、反映され
ているとおもいます。
さて、土曜日は、近藤先生のご退任の節目となる行事となりますが
残念ながら、私は、別件と重なってしまい、参加できない状況です。
お世話になっておりますので、大変に恐縮しております。
どうぞ、今後とも、機会がありましたら、ご激励いただきたく
よろしくお願いいたします。
報告①
2~3月にかけて
○「もてなし文化とサービス研究会」
リクルートワークス研、歴博民俗学者、ホスピタリティ事業者と私
で研究会をもちました。授業内容にもつながるよき方向性ができま
した。
○「サービス事業者へのインタビュー」
リッツカールトン大阪、京都俵屋旅館専務、京都「花なび」事業代
表、ロボットVBの社長など、感動をよぶたサービスの現役の人々の
生の声をきくことができました。
報告②
弊社で、8年間、企画・制作を担当してきました、「ケアこみ」が
T社さまの財務状況と本業とのシナージーの観点から弊社に譲渡さ
れることとなりました。現在、高い閲覧率を維持するためのupdate
コストをどのように確保するか課題ですが、今後、CSR的な投資を呼
び込み必要があります。NPO設立やコンテンツの一部携帯利用など
も検討中です。
JAIST-MOTで学んだことを、本格的に実践に移す時がきているよう
です。自分のことばかり述べて恐縮です。
それでは、今後の近藤先生のご活躍を祈ります。
中村孝太郎

■松本機械の津田さんから4月4日のプロジェクト成果発表会のス
ケジュールをいただきました。4画面研究所所長としての始めての
仕事です。自分自身が環境が変わって何を感じるかが楽しみです。
村田指導員も指導されているので、変化が楽しみです。自分を変え
て回りを変えるのが改革原則の一つです。北陸へ行く前に、湯沢に
子供達がスキーで使ったマンションがありますので、温泉に入って
休養していこうと思っています。今までは通過していましたが、こ
れからは4画面思考研究所の保養所にして、往復の途中で保養しよ
うと思っています。みなさんと研究温泉合宿も出来ますね。(近藤)
●「YWT 共有化し 次へいく」   実践する姿   
■近藤先生
いつもお世話になっております。
4月4日(土)「改善活動推進プロジェクト成果発表会」のタイムス
ケジュールに変更がありましたのでお知らせします。
1.8:30 プロジェクトの目的(いしかわMOSTスクール成果発
     表)   桑本
2.9:00  各プロジェクト発表        各チーム発表者
     1チーム 15分(質疑応答含む)×10チーム
3.11:40 講評      中森常務  近藤先生
             昼食
4.13:00 グループ討議     コーディネーター 近藤先生
     49期下期改善活動推進プロジェクトを成功させるために
     活動を通して分かったこと→これからやること
5.14:30 おわりに             浜野 
始まりの時間が、前にお知らせした時間より30分早くなり、8:30
からとなりましたので宜しくお願いいたします。 
松本機械工業株式会社 総務部 津田 美樹
   
■昨日は日本商工会議所で、経済産業省産業人材政策室の皆さんと
、近藤理事・岩本所長と産学人材育成パートナーシップの交流会を
行いました。昨年度は産学協働によるミドル人材育成を取り組まれ
、今年は地域企業の人材育成がテーマだそうです。地域人材育成の
ベストプラクティスの調査をされようとしています。いしかわMO
Tスクールやのと七尾人間塾もベストプラクティスでとりあげてい
ただいていました。ありがたいことです。私の体験でも理想を掲げ
て地道に努力していると必ず、皆さんが支援していただけると思い
ます。いづれにしても人間力を向上して企業と地域を元気にする活
動は北陸が一歩先行していますので、なんとかベストプラクティス
にしていきたいものです。本日より、経産省産業人材政策室の下村
さん、一色さん、関さんにも成功の宣言文をお送りすることになり
ました。東京商工会議所の岩本研修センター長も参加されていまし
た。私の夢は全国に、4画面思考による改革実践の輪を展開して北
陸との知識混合を図りたい思っていますので良いメンバーと出会い
感謝しております。宣言文へのコメントも宜しくお願いいたします
。今年は東京にいる時間も多くなりますので、日本商工会議所の知
産創育研究会にも力を入れたいと思います。ありがとうございまし
た。(近藤)