« 成功の宣言文メンバーからのメッセージ | メイン | 成功の宣言文メンバーからのメッセージ »

成功の宣言文 2710  はじめるをはじめる   ありたい姿

「未来型 海洋産業 スタートす」 

  
大岩和男

●EUは「多様性における統一」の標語の元、通貨統一、移動の自
由化等が進み、「欧州連合の市民」という概念を実現しています

●人々の知恵や一貫した意思の勝利と言えるのではないでしょうか。
少しずつ、出来る国、出来ることから始め、約60年をかけ今に至っ
ています。
EUから未来を見た仲間づくりの重要性を学び、自分達の出来ること
から「はじめるをはじめて」いきましょう。


成功の宣言文 2711 映像が美しい   現状の姿
●私の経歴はずっと行政→教員という公務員畑で、何か人に誇れる
技術、というものがありません
●なんでもそうですが、自分にできないことができる人というのは
尊敬してしまいます。今回教えていただいたことを参考に、いろい
ろスキャナー技術に試してみようと思っています。どうもありがと
うございました。
●「スキャナーの 映像とても 美しく」   平野禎幸

成功の宣言文 2712 2軸思考で変化を   ありたい姿
●「2軸思考」は、元々は、FMICの大岩先生が提唱された考え
方です
●目的は、開発現場の改革力強化で、例えば、日常業務も単に与え
られらた目標をこなすだけではなく、仕事軸と技術軸の二つの視点
から目標を定め、意識的に回していくことで、技術者一人ひとりの
課題解決能力向上や技術蓄積法に変化がおこるというものです。
●「人間力 技術力との 二軸なり」   村田康一

成功の宣言文 2713 複眼の経営   ありたい姿
●複眼の経営で、よく知られているのが江戸町奉行所。「北」と「
南」の2つの奉行所が月番で交代して民生を担当しました
●さらに古くは奈良・平安時代の律令制度における太政官(現在の
内閣)。政治の最高責任者は「左大臣」と「右大臣」です。(太政
大臣は最高職ですが、常置ではありません。いずれも独善を避け、
複眼的思考ができるようにとの配慮をしたものです。
●「歴史にも 複眼経営 存在し」   平野禎幸