« 成功の宣言文 2699 人と組織の活性化   ありたい姿  | メイン | 成功の宣言文 2703 学術と実践で成果   実践する姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」に続いて、第三巻「改革の輪」が発刊されました。「成
功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより可能です。皆さんの企業
防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てください。 
http://www.success-poem.com/book.htm

■PFUの山口さんから汪さんの研究報告へ、コメントをいただき
ました。山口さんとは,JMACのRD大会で、私が講演させてい
ただいたときに、お会いして、それ以来、共同研究をさせていただ
きました。北陸でのMOT改革実践の基盤を作らさせていただきま
した。山口さんは七尾市に住んでおられますので、のと七尾人間塾
のシンジケートへもご参加していただきたいと考えております。そ
ういえば、田口さん、村田さん、汪さんと一人一人個性的ですね。
改革実践も研究実践も個性的でないと自分ごとになりませんね。ま
た、今井さんからも、汪さんの「改革実践」にコメントをいただき
ました。私も、多くの改革人材と触れ合っておりますので、改革の
個性を観察させていただいて、本人が気づいてない個性を発見でき
たら面白いですね。今後、一人ひとりの改革実践の個性について研
究して見ようと想います。キーワード3つくらいで個性が特定化で
きたら分かりやすいと思います。しかも、人間力と技術力の改革個
性なのでしょうね。ありがとうございます。(近藤)
●「特徴の ある個性にて 引き継がれ」   実践する姿
■汪さん、cc.近藤先生
PFU)山口です。いつもお世話になっています。
昨日はたいへん貴重な研究成果報告ありがとうございました。今回
の交流を通じて学術的な面はもちろん、実践研究面でも参考になる
たくさんの気づきをいただきました。今後の活動計画に是非反映し
ていきたいと思います。
成果報告に耳を傾ける中で、2005年から近藤先生の指導の下、田口
さん、村田さん、そして汪さんと4年間に渡ってそれぞれ特徴ある
個性で引き継がれてきた共同研究の取組内容や成果の歴史がなつか
しく思い出されて感慨もひとしおでした。
今後も引き続き汪さんの社会人としての取組や成果に大いに注目期
待していますので、個性やキャリアを活かして是非頑張っていただ
きたいと思います。以上
PFU 山口

●「改革の 現場見ながら 研究や」   現状の姿
■汪さん、cc.近藤先生
お世話になります。
近藤先生のMOT改革実践塾は、本当にすごいですね。
汪さん自身の意欲と努力の賜物ですが、PFUさんというすばらしい
改革現場を目の前に見ながらの研究であればこその研究成果だと思
います。PFUの皆さんからの汪さんへのメッセージは、どれもが暖
かいし力強いですね。汪さんの未来への挑戦を、いつまでも暖かく
支援するぞという意気込みを感じさせていただきました。
多くの人が、夢を持つがゆえにぶち当たる壁に気付かず、あるいは
、気付いても乗り越えずに済む楽な道を選択しようとする中で、知
識・技術力と人間力を寄せ集めて、自然体で乗り越えて行こうとさ
れているようで、本当に感動しました。
PFUさんと汪さんの「自分ごと」「四画面思考」「改革の輪」が、
ありありと浮かんできますね。
MBI研究所今井雄二

■久木さんから「能登の四季」12号をいただきました。能登は、
すでに春の息吹が感じられますね。冬が春をつれてくると、いいま
すが本当にそうですね。久木さんは金工大の石井研の出身でITエ
ンジニアーでしたが、いまや、竹やぶを整理したり、畑を作ったり
、農業や林業の達人にもなりつつありますね。しかも、オートバイ
を楽しむ風の人。職業で個性を見つけるのは、都会人のくせで、能
登ではふさわしくありませんね。久木さんの個性は、能登の四季の
生き方を通じた伝承者でしょうか。さっそく、今井さんから、「久
木さんの心は春」とコメントをいただきました。久木さんの4画面
思考はいつも電気がついているのですね。もうすぐ春ですので、久木
さんの動きを見ていると、あれやこれややりたい気持ちになってい
きますね。ありがとうございます。(近藤)
●「カマキリ巣 雪が多いか 判断し」   実践する姿
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◆◇ 自家製粉 石臼引き 手打ちそば 蕎麦処 くき ◇◆◇

      □■□ 能登の四季 12号 □■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さんおはようございます。久しぶりに朝の配信です。
今日はなぜか4:00ピッタリに目覚めました。1分も狂わず、目覚ま
で起きた訳でも無いのにピッタリ!!
よくある事ですが不思議ですよね。時計を見ると5:55とか・・・
今週もよろしくお願い致します。
───────────────────────
◇カマキリの巣◇
冬前からあったのでしょうね。気付きませんでした。
今頃ですが、カマキリの巣をウチ庭にある雪柳の細い枝に発見っ桜
が満開の頃に雪柳も満開になりますから、もう少しで花に隠れてし
まうところでした。
このカマキリの巣でも、昔から雪が多い冬がどうか判断していたん
ですよ。この巣は地上50cmぐらいに付いています。確かに今年は一
晩で40cmぐらい積もった日もありました。夏前には、この巣から何
百匹とカマキリちゃんの生命が誕生してくるらしいです。
毎年夏には家の中まで遊びに来るんですよ。大カマキリという種類
ですから、引っかかれそうで触るのは怖いのですがねっ
今年の夏に遊びに来たら、いつもより愛着が涌きそうです。
「おお~無事に産まれて来たねぇ~」って思っちゃうでしょうね。
──────────────────────────────
◇花名前の新発見◇
冬って花が少なくて寂しいのですが、最近すごい事に気づいたんで
す。冬にちなんだ花の名前がすごく多いって事に。
だって、近頃ウチで咲き始めた花はみ~んな冬の名前ですよ。
・スノードロップ
クリスマスローズも咲き始めましたし、さっきのカマキリの雪柳も
そうですよね。ほかにも雪の下も出てきましたね。
それだけ、人も花も暖かくなって鮮やかな花が咲き始めるのを待ち
わびているんでしょうね。
この芽吹きの時期ってすごく好きです。
何もかもが始まりのスタートをきって生命力に溢れていますよね。
私もなんだかワクワクして来るのです。
──────────────────────────────
◇畑作り◇
ウチの前にずっと休耕田になっている荒れ地があるのですが、今年
はそこに土を入れて母と一緒に畑を作ろうと意気込んでいます。
畑といっても、花が畑メインで果樹を植えたり、薔薇を植えたり、
将来的にはウッドデッキも手作りしてズット居たくなる様な心地い
いガーデンを作りたいのです。
しかし、夢のガーデン予定地 今はこんな状態です。
近頃雨が多くてずっと手を付けられずにいますが、今日は曇りです
から、この土山をくづします。これはトラック一台分。あと何台か
入れてもらうので、ガーデンが形になるのは・・・まだまだ先。
でも、この過程も楽しいんですよ。色々と想像が膨らんで、毎日母
とアアシタイネ!コウシタイネ!っとワクワクする話をしています。
近頃、そこに鳥が遊びに来るようになりました。
春なのでミミズでも食べているのでしょうか
鳥に詳しくないので、名前は分りません。ハトと何かな?
──────────────────────────────
◇Fのさかな◇
能登のフリー雑誌『Fのさかな』に載せていただける事になりまし
た。http://fsakana.noto.jp/
『若者が暮らす能登』という所に、私の愛車と私を紹介して頂いて
おります。撮影が寒い日だったので笑顔が強張っていますが、とて
も良い感じに仕上げて頂けました。今月中頃に発行されますが、設
置場所が近くにない方は、良かったら会員登録をして見てください
ネ。
年4回『Fのさかな』が能登の情報満載でご自宅に届きます。しかも
登録者には今のところ毎号粗品を同封される様で、ぶらり能登ガイ
ドブックなど能登の情報案内も同封されます。
遠方の方は是非ぜひ会員登録宜しくお願いしま~す。
こちらから↓
http://fsakana.blog106.fc2.com/blog-entry-123.html
──────────────────────────────
蕎麦処くき  久木詞集(クキシズ)
mail:shizu@kukisoba.com
HP:http://www.kukisoba.com/

●「すでに春 あれもこれもと やりたくて」   現状の姿
■久木さん cc:近藤先生
おはようございます。
久木さんの心は、もうすでに春ですね。あれもこれも、やりたいこ
とがたくさんあって幸せですね。しかも、お母さんと一緒にできる
というところが、すばらしいですね。きっと、ゆずちゃんも時々は
仲間に入ることでしょうね。都会で、アスファルトとコンクリート
の世界で育った子供たちと、田舎で、地面、川や池などで、自然の
生き物と一緒に育った子供たちとでは、何かが違うように感じるの
ですね。
久木さんのところのように、自然の中で育った子供たちは、地球や
宇宙の力の暖かさ、冷たさ、やさしさ、厳しさ…偉大さを感じ続け
て育っていくのだと思います。
人が、自然界の動きや常識からはずれると、おかしな組織や社会に
なってしまうような気がします。
久木さんや久木さんの周りには、厳しい能登の環境をものともせず
に受け入れてしまう暖かく深い人間力を感じますね。
ゆずちゃんにも、きっと伝承されていくことは間違いないですね。
MBI研究所 今井雄二