« 成功の宣言文メンバーからのメッセージ | メイン | 成功の宣言文メンバーからのメッセージ »

成功の宣言文 2694 改善・改革が病みつきに  現状の姿

「改革で 感動するが 病み付きに」

   
今井雄二

●改善とか改革を実行して、1年とか2年が過ぎて、どこからともな
く「あの部門は、何かすごい改善に成功したらしいよ」という噂が
流れてきたことがありました

●そのときにはやっぱり嬉しかったですね。
感謝されたときは祝杯となり、うまくいかなかったときは、次の成
功を期して…これはもう、改善・改革が病みつきになってしまった
典型的な症状ですね。


成功の宣言文 2695 成果がじわじわ   現状の姿
●今朝の北国新聞でMOT一期生の高村さんの改革実践の記事が出
て、元気がでましたので、みなさんにおすそ分けいたします。
●改革実践の成果が、じわじわ世に出始めました。実践活動で産ま
れた、つながりが加速しています。高村さん、ファイトーオー(^
^)/ おまけで、北海道の雑誌に砂崎も取上げられたので添付しま
す。
●「改革の 実践成果 じわじわと」  高村&砂崎

成功の宣言文 2696  人間塾シンジケート  ありたい姿
●のと七尾人間塾シンジケートの発足会を3月11日に実施いたし
ます
●①景気低迷を吹き飛ばすような近藤先生の「企業を元気にする講
義」。②塾修了後の4画面の「ふりかえり」及び改革実践近況報告
③4画面の修正 ⇒ 完成したものを後ほど4画面美術館に展示。
以上3テーマで行います。
●「人間塾 シンジケートが 動き出す」 七尾市役所 磯部

成功の宣言文 2697 情勢交流の場   なりたい姿
●卒業研究では、人間塾卒業後の塾生同士の交流の場を作る提案を
行いました
●スギヨ、北陸電力、佐々波鰤網の皆さんとお話する機会を作って
いただき、その対談の中で必要と感じたことをふまえながら提案し
ました。この一年は自分にとって、とてもプラスになったと実感し
ています。社会人として学んだことを活かしていきます。
●「修了後 塾生交流 場を創れ」   石倉幸太郎

成功の宣言文 2698 真に何をすべき   現状の姿
●今の不況の時期、真に何を考えるべきかを考えることが必要であ

●真に考えるべき対象は、私たち自身の価値観であり、価値を表す
基準である。物は思想である。物は芸術である。物は技術である。
私たち自身のなかにある価値観、基準、生活観は、何を持って構成
されているのだろうか。
●「真剣に 何をすべきか 考えよう」   福田 真