« 成功の宣言文 2619 知で自己成長   ありたい姿 | メイン | 成功の宣言文 2622 U字元気カーブ   ありたい姿    »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」に続いて、第三巻「改革の輪」が発刊されました。「成
功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより可能です。皆さんの企業
防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てください。 
http://www.success-poem.com/book.htm

■先週の、いしかわMOTゼミでは皆さんの改革実践提案書の完成
度が高まっております。成功の宣言文の皆さんに是非、ご紹介した
いものがたくさんありました。PFUの宮本さんの元気カーブは、
「わーすごい・・」とインパクトを受けました。さっそく、ご了解
をいただいて、皆さんに、成功の宣言文グログの改革図面館でご紹
介させていただきました。是非、鑑賞していただいて、宮本さんの
改革実践マインドにふれていただくと良いと思います。経済危機を
克服する改革者の輪が出来ていくといいですね。日本企業や社会の
底力を向上していきたいものですね。ありがとうございました。
(近藤)
●「すばらしい U字カーブで 元気出る」   なりたい姿
■宮本さん MOTゼミご苦労様でした。
宮本さんの改革実践提案書はよく出来ていると思います。 ツール
を使って思いをありありと見える化して改革実践力を 高めてくだ
さい。 ダントツのモデルになっていただいて、PFU内外を引っ
張っ ていただきたいと存じます。
提案書の中の学んだ事のU字元気カーブはすばらしいと思います。
渋谷工業も村濱さんの上げ潮カーブに相当する作品です。成功の
宣言文でご紹介させて ください。 宮本さんの、元気カーブにで
あって、元気になる人が多いと思います。
また、部長昇進、おめでとうございます。 自分を振り返り、新し
いスタートとしても、よい機会になりそ うですね。 今回の提案
で、宮本哲学が見える化できるものと期待しております。
近藤修司

●「MOT 自分にとっても よい機会」   現状の姿
■近藤先生 いつもご指導ありがとうございます。
成功の宣言文で紹介していただけるのは大変光栄です。また「元気
カーブ」。銘々ありがとうございます。
MOSTスクールで学ばさせ
ていただいているのも合わせて、自分にとってまたとない良い機会
となっています。今後ともよろしくお願いいたします。
宮本 悟司  株式会社PFU

■MOT改革実践活動をさせていただいていて、成功の宣言文を読
んでいる方と読んでいない方との改革実践力に違いがあることに気
づきました。読んでいる方は改革感性や未来感性が高いのです。
先日のMOTスクールの課題設定ミーティングでも、その感性の違
いを体験しました。特に今井さんとさせていただいている、経済危
機の克服と自分ごとの4画面に刺激されて、現状の姿を見直されて
行動されておられる方に何人もお会いしました。本日はそのMBI
研究所究所の今井さんの経済危機と自分ごとの4画面NO12をご
紹介いたします。奥の深い今井節は本当にインパクトがあります。
経営成果実現にはこの洞察力が大事なのです。京都でのミーティン
グをさせていただいているだけに、書かれている裏側も分かります
。是非,SO重視の視点で現状の姿を捉えなおすことが大事です。
ドラッカーが多くの企業は強みならざるものを強みと考えていると
指摘していましたが、まさに現在はそういう状況です。知識科学で
は情報と知識を分けています。情報や手法で意思決定はしてはいけ
ません。知識で意思決定をするのです。情報は外のもので知識は内
のもの、自分のもので力です。正当化された信念です。MOTスク
ールや北國銀行エグゼキティブカレッジはこれからファイナル・プ
レゼンテーションを迎えますが、自分の知識・自分の力の提案会に
なるといいですね。今井さん、ありがとうございます。(近藤)
●「この危機で SO兆し どう読むか」   現状の姿
■経済危機と自分ごとの4画面NO12:SWOT分析と兆し(仮
説立て)
SWOT分析を採用されていると思うが、危機的な状況で重要なの
は、SOの兆しをどう読むかである。
危機的な状況で大切なのは、守りや受け身の施策ではなく、自らの
行動で未来を切り拓く行動を創り出すことだと思う。
1.徹底的にSOを活用する方向で
 間違っても、WTに目を向けて、それらの問題解決に戦力を集中
してはならない。問題を解決することは悪いことではないが、時
代の変化から取り残されてしまい、芳しい結果とならなかったこ
とが圧倒的に多かったと思う。
SWOT分析では、WTの事実をありのままに理解することで留
め、それらの発生原因は追求しないことである。(弱みや脅威対
 策に戦力を投入しない)重要なのは、SOの近未来の兆しを読む
 (仮説を立てる)ことである。SWOT分析だけではないが、未
 来企画で重要なのは、
 ◇自分・自社の事業に関係しそうな「事実」をありのままに掴む
◇それらの事実をSWOTに分類する
◇S(自分・自社の強み・持ち味)に戦力を集中し、徹底的に磨
  いたとすればどんな状況になりそうかの兆しを読む(仮説を立
  てる)
◇Oを選択し、自社のS戦力の集中に成功したとき、どんな成果
  が期待できるかの兆しを読む。
など、成功の仮設を創り出すことである。
 悲観的・否定的な仮説からは、いかなる行動も生まれることはな
 い。
2.自分の未来を決めるのは、自分(「自分ごと」のスタート)
 SWOT分析では、ある程度の質・量が求められるために、いろ
 んな人たちから情報を集めることになる。
 まず、どの情報をSWOT分析の対象にするかを決めるのは、自
 分である。個々の事実は、できるだけ客観的な事実情報が望まし
 い。
そして、分析の結果から創りだす近未来の兆しについては、自分
 ごとで自信が持てる兆し(仮説)を創り出すことが、極めて重要
 である。
 今現在を境に過去には客観的な事実は存在するが、未来には客観
 的な事実は存在せず、あるのは予測とか兆しの仮説である。
 いろんな人と交流し、様々な観点からアドバイスや意見をもらう
 のは良いことである。
 しかし、アドバイスをしてくれた人は、自分が自信を持っている
 行動を伝えようとしていることが多い。
 多くのアドバイスがいただけると思うが、中には一般論が含まれ
 ていたり、その人にのみ有効な兆しも含まれている。
 兆しを読むとは、近未来の仮説を立てるということであり、常に
 正解があるとは限らないし、複数の正解が存在する。
 最終的には、自分の未来については、自分自身の意思で分別を開
 発し、行動を選択しなければならない。
 自分ごとで、決断した仮説だけが、勢いのある行動に繋がるので
 あり、継続的な行動改革を可能にするのである。
 すばらしい専門家の仮説でも、与えられたものでは勢いのある行
 動は 期待できない。
 ちょっとした障害に突き当たっただけで、その専門家に責任を転
 嫁し、いとも簡単に行動を止めてしまう傾向が強い。
3.平均発想はしない
 未来の兆しは、プラス方向の兆しも、マイナス方向の兆しも思い
 浮かぶことが多い。事業に関係する事実の兆しを考えるときに、
 バランス発想は避けなければならない。
 「S」or「W」、「O」or「T」で意思決定することが大切
 である。
 平均発想で、一つの事実を、○○と予想すればSだし、×× と
 予想するとWになるというような兆しの読みにしてしまうと、ほ
 とんどの事実が無意味な情報となってしまう。
 強み・持ち味と分別するから「ありたい姿」「なりたい姿」や「
 実践する姿」などの未来の行動開発に活用する意思が込められる。
「どちらとも判断できない」というような他人事のような分別では
 、結果として、重要な強みや持ち味が、市場で活用されることな
 く衰退していく。
 評論家が第三者的に意見を述べるような分別は、「自分ごと」か
 らの逃避である。
4.タラレバ付きの兆しは、自分ごとの放棄
 自分・自社の未来の兆しを創り出すときに、自分では如何ともし
 がたい変化が起こることや条件が整うことなどの前提を潜り込ま
 せてはならない。「来年には、○%の公共投資が増額されること
 になっている。当社にも△%は、受注が見込めるから業績回復の
 チャンス」などという仮説は、自分ごとではない。
 経済危機の状況下では、藁にもすがりたいという気持ちは理解で
 きるが、自らの行動で勝ち取っていく、切り抜けていくという姿
 勢が重要であり、何かの恩恵を待つがごとき受け身の発想では、
 旧態依然とした経営体質からの脱却ができず、社会の変化に取り
 残されてしまう。
5.自社の持ち味を活かすことができる顧客・市場を発見すること
 が重要
 顧客・市場のイメージを持たずに「ありたい姿」「なりたい姿」
 を考えると、「自分ごと」ではなく、「独りよがり」の姿になり
 やすい危機的な状況下では、平常時ではできる適切な分別ができ
 ないことがある。
 「ありたい姿」や「なりたい姿」は、それらの実現を歓迎し、感
 謝してくれる顧客・市場があることが重要である。
 業績の回復が最重要課題の人や企業が多いと思うが、「業績の回
 復」は何がしかの行動の結果であり、「ありたい姿」や「なりた
 い姿」そのものではないことに気付いて欲しい。
 今まで顧客としてきた市場の皆さんが、事業に、生活にご苦労さ
 れている結果として、現在の状況があるはずです。
 今までの顧客・市場での生き残りが難しいという兆しがあるのな
 ら、今回の「現状の姿」の洗い直しで、再認識した戦力の強み・
 弱みを求めていそうな
 ・従来からの顧客・市場
 ・従来とは異なる新たな顧客・市場候補
 の仮説を立てる努力を、ぜひ進めて欲しい。
 広くとらえると「宇宙や社会に貢献する」という表現になるだろ
 うが、顧客・市場を絞り込むことで、より具体的な対応性が見え
 てくることになる。
 すると、より鮮明な「なりたい姿」、行動効果のある「実践する
 姿」につながりやすい。    MBI研究所 今井雄二

■本日は、近藤研5期生の最終審査です。日曜日に最終ゼミを行い
ましたが、7人のメンバーは2年間、学習と研究そして就活に真剣
に努力してきて、成長したと思います。近藤研メンバーは皆さんの
改革実践活動をテーマにさせていただいているだけに、皆様には、
いろいろお世話になっております。ご支援に感謝する意味でも、い
ままでの研究努力が成果として、発表できることを願っています。
(近藤)