« 成功の宣言文メンバーからのメセージ | メイン | 成功の宣言文メンバーからのメッセージ »

成功の宣言文 2611 知の体系化の方法   なりたい姿

「自分の知 体系化する 方法を」

   
福田真

●多くの人は、自分が知っていることは多くの人が知っていると思
いがちです

●そんなことはありません。自分の知を、多くの人は知りません。
知の主張がまず必要でしょう。
それまでに、自分の知の体系化をしなければいけません。
体系化の方法を知らなければいけません。知の主張が明瞭になれば
、他の知をも活用できるはずです。


成功の宣言文 2612 課題設定会議   なりたい姿
●課題設定会議で提案書完成度は、データレベル→情報レベル→知
識レベル→知恵レベル→価値レベルと高まっていきます
●自分を変えて周りをかえるMOT改革実践システムがそれぞれの
企業流で進化しています。改革実践知識の体系化システムが見える
化されて、進化しつつあります。すばらしいことです。
●「改革の 実践知識 体系化」   近藤修司

成功の宣言文 2613 ライバルの調査   現状の評価
●危機的状況では、今までの交流相手にも変化が起こっている可能
性がある
●交流してきたパートナーだけではなく、ライバルの評価も重要に
なる。危機的状況は、自分・自部門だけを覆っているのではないだ
ろう。ライバルも同様に苦しんでいることが多い。今まで意識して
いなかった人や組織も検証の対象としてみる価値はある。
●「危機状況 ライバル含め 調査する」   今井雄二