« 成功の宣言文 2359 ヨーロッパ企業コンサル論 ありたい姿 | メイン | 成功の宣言文 2362 行ったり来たり   現状の姿  »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」に続いて、第三巻「改革の輪」が発刊されました。「成
功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより可能です。皆さんの企業
防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てください。 
http://www.success-poem.com/book.htm

■面白主義の渕野さんから、「思いの揺らぎ」「頑張りすぎた4
画面」「ありたい姿の表現」「サイバー大学に注目」「ありがと
う10運動」などのコメントをいただきました。また、渕野さん
のマイブログをさらに更新されたご連絡をいただきました。「あ
りがとうブログ」にされて、教育現場での「ありがとう10」運
動をきっかけにして、日本の大学教育を「あたきび」「面白まじ
め」の方向に向けて改革実践されています。すばらしいことです
ね。皆さんもご覧ください。(近藤)
http://fujio-dayori.seesaa.net/ 
●「ありがとう ブログ更新 改革を」  ありたい姿 
■近藤先生  触発される宣言文をいつもありがとうございます。
感じた点、気づいた点、学んだ点をコメントさせていただきます。

●「思いの揺らぎ」

「われわれの思いは、脳の中で、いつもゆらいでいます。ゆらい
でいる方が脳にとって快適なのでしょう。 現在、どういう方向
へ揺らいでいるのか、掴むことで、揺らぎに対応でき、その場に
集中できるようになります。」

なるほど!と思いました。確かに、思いは固定せず、揺らいでい
ます。四画面を活用すれば、思いの揺らぎは見える化できます。

私の経験から、「思いの揺らぎ」を、揺らぐ方向によって、3つ
に大別してみました。
1つ目は、確信、信念の方向への揺らぎです。これは、とても居
心地がいい。わくわくドキドキしながら「夢の世界」へ飛躍でき
る。
2つ目は、不信、不安への揺らぎです。これは、とても辛い。「
夢の世界」とは逆方向の「疑心暗鬼の世界」へ迷走していく。
3つ目は、迷い、躊躇の揺らぎです。ある地点を行ったり来たり
、あるいは、堂々巡りしている。とても疲れます。

●「頑張りすぎた4画面」
この表現に、ピン!と来ました。確かに、知識や意識が先行する
と、「頑張りすぎた4画面」→「欲張りすぎた4画面」になりがち
です。特に経験、体験不足の学生たちは、上っ面の日常現象先行
か、抽象的な理念?先行、空想的?な理屈先行に走りやすいよう
に感じます。一見、きれいで見事な4画面に騙されやすいのです
が、「絵に描いた餅」になりがちです。経験に裏打ちされた「知
恵」が足りないので、具体的イメージが湧いてきません。これで
は、実践できず、計画倒れになってしまう危険性があります。

●「ありたい姿を一言で、どう感動表現できるかで、4画面の質
は決まる」

これも、そのとおりで共感しました。 特に「感動表現」はキー
ワードです。私流に感動とは、心が勝手に動いて、幸せ気分にな
ること。換言すれば、わくわくドキドキすること、面白いことで
す♪「感動表現」のない4画面は、ちっともわくわくドキドキし
ません。面白くないのです。面白くないことは、おそらく実践で
きないでしょう。

●勝眞一郎氏のサイバー大学も注目しています。
次の一文に、とても共感し、感動しました。バローレを高める縁
を、私も大事にしたいともいます。
「縁はそれだけでは縁に過
ぎません。 縁に感謝して、出向き、出会い、実際に活動をする
ことでバローレが高くなります。 地縁だけでなく、企業間やネ
ット上でも縁は生まれます。 縁や出会いに感謝して大切にする
ことで、ますます縁のパワーは強くなり、会うべくして会う人と
の出会いが多くなると感じています。バローレを高めるためには
、縁を大切にして、自分が動く、とい うことが重要であると、
私は考えています。 勝眞一郎」
●「ありがとう10運動」を早速採り上げていただき、ありがと
うございます。
今日は大学内で私の公開授業があります。担当科目は「組織心理
」で、テーマは「魅力ある大学」です。
私の「あたきび」「面
白まじめ」授業が、本郷・流山キャンパスで同時中継され、多く
の教員・職員・学生が参観します。
大学教育改革の一環として
、授業公開がもっと進み、今の学生に適した授業法、教育法が進
展、進化していけば良いと思います。
気づきと学び富士♪  公開富士♪
蛇足:
マイブログをさらに更新しました。「ありがとうブログ」になっ
ています!? 教育現場での「ありがとう10」運動をきっかけ
にして、日本の大学教育を「あたきび」「面白まじめ」の方向に
改革するが、私の当面の実践目標です。
http://fujio-dayori.seesaa.net/  渕野康一

■昨日はJMACパリの棚田さんにJAISTにきていただいて、
近藤研ゼミで講義と学生指導をお願いした。テーマは「私のヨーロ
ッパ企業コンサルティングと若者への期待」です。棚田さんの27
年にわたるヨーロッパでのコンサル体験を振りかえって改革実践を
語っていただいた。棚田さんの人生を語っていただき、世代や国を
超えた改革実践の気づきをいただきました。近藤研の5期生はほと
んどコンサルやITソリューションや商社での事業創造などの改革
実践を目指しており、論文研究および改革実践へのエネルギーを頂
きました。3回に分けて宣言文のみなさまにもご紹介いたします。
ありがとうございました。(近藤)
●「経営者 秘密の部屋で ひらめいて」   ありたい姿
■近藤研ゼミ講義
「私のヨーロッパ企業コンサルティングと若者への期待:講義1」
私は59歳で、英語・フランス語・日本語で仕事している。横浜国
大の建築設計・修士で、私の生き方を話したい。コンサルタントは
お客さんにアウトプットを出すのが仕事ですが、プライベートは自
由でやってきた。早稲田の文学部で、学園紛争で、大学へっても授
業は無かった。早稲田中退で、山登りをやっていて、仲間を山でな
くした。彼が死んだ時に考えて、好きなように生きようと思った。
カナダで移住するにはどうするかなど調べたり、海外で飯を食って
いくにはどうするか考えていた。世界中にニーズがあるのは衣食住
で、住の建築を選んだ。建築は工学部であるが文化的要素がある。
フランス政府の給付学生をとって、フランス政府でお金をもらいな
がら留学。アルジェリアのPAのコンサルのラガチューさんの仕事
をしていた。1ヶ月仕事して、コンサルタントは面白いなと思った
。JMACの高達さんに会って、明日までに履歴書を出してくださ
いといわれた。JMAC東京へ入りました。
3人のリーダーがいて近藤さんはそのうちの一人であった。パナソ
ニック、ミノルタ、・・・駆け出しのコンサルとして仕事した。フ
ランスで大きな仕事が取れ、選ばれたのが私と鈴江さん。2年間で
成功させた。今で言うとトヨタシステムとコンカレントをやってい
た。日本のコンサリが海外で成功したのが、パリが最初であった。
以来、27年間やっている。80%はフランスです。近藤さんがや
っている教職も関心がある。
開発の人間でも生産が分からないとだめです。JMACに入ったと
きにPコースを受けた。ダイキンの草津工場で、混流の流し方です
。RDのコンサルは主体ですが、製造のコンサルも出来ます。QC
Dの3つで生産の分野と開発でやってきました。アメリカ:自動車
の会社、フランス:シャネルで品質管理、コンサルテーションをや
りながら大学でゲストスピーカーなどしている。日本品質保証ステ
ム、トヨタシステム、開発マネジメントなどです。製品を単品で扱
うのでなく、群として一番よい創り方をする。
高達さん・鈴江さんにチャンスをいただいた。それを無視するか、
物にするかは自分できめている。イタリアは大企業は少しあって、
支える中小企業が強い。フランスが大企業が多い。コンサルは世の
中のニーズに合わせてやっていく。あまり自分の専門にはこだわれ
ない。研究とは違い、頭を硬くしないで自分でやりたいことは何で
もやる。
フランスの下着企業のコンサルをしている。経営者はロボットの技
術者であったが、下着のデザインをする。秘密の部屋がある。ヒミ
ツの部屋には今はやっている絵や文字など兆しがはってある。グル
ープ化されて見える化されている。自分が気にいったものである。
この会社のテーマは自己陶酔であり、自分のインスピレーションや
オリジナリティーがヒミツの部屋から生まれる。日本のワコールと
は対極です。購買力はお客さんが着た時に、自己陶酔が出来る。
ヒミツの部屋は社長の頭の中を見ているようである。社長が琴線に
触れるているものを張っている。毎週のように変わり、常に進化し
ている。手で触れる事もできて、エモーショナル・バリューです
棚田幸紀 拝 tanada.y@jmaconsultants.fr.

■先日、IMS改革実践体験交流会を行われたふゅらーじゅの岡田
さんから、コメントをいただきました。今後是非、介護施設のMO
T改革実践モデルを目指していただき、安心して老後が暮らせる社
会づくりを期待しております。また、事務局長ご就任おめでとうご
ざいます。(近藤)
●「安心し 老後暮らせる 地域かな」   ありたい姿
■近藤先生
お忙しい中メールを頂き、大変恐縮しておりますと同時に、感謝の
気持ちでいっぱいです。不安でいっぱいだったシンジケートの交流
会ですが、皆さんのお力添えで何とか無事に終了することが出来ま
した。実は、突然の人事で11月1日付けで特養の事務長に就任し
ました。今まで施設の職員として働いたこともなく、それどころか
、今まで部下を持ったことがないので非常に不安ですが、一歩、一
歩進んでいきたいと思います。スタッフは、本当に頑張ってくれて
います。実際に中に入ってみて、今まで以上に感じております。
「ありたい姿」が強い人というのは、まっすぐです。いつしか皆と
、「安心して老後が暮らせる地域の夢」を実現できればと思います
。最後になりましたが、宣言文でご紹介頂き、ありがとうございま
した。今後とも、宜しくご指導のほどお願い致します。
ふえらーじゅ 岡田公美