« 成功の宣言文 2353 未来防衛   現状の姿 | メイン | 成功の宣言文 2356 従来と異なる方向   ありたい姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」に続いて、第三巻「改革の輪」が発刊されました。「成
功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより可能です。皆さんの企業
防衛・社会防衛・生活防衛にお役立てください。 
http://www.success-poem.com/book.htm

■MBI研究所の今井さんから「未来防衛」にコメントをいただき
ました。「未来防衛」という言葉は私も始めて思います。クライア
ントのことを考えていたら自然に出でてきました。早速コメントを
いただいてありがとうございます。関心を持っていただけると元気
がでてきます。「人間力開発の防衛」「存在価値開発の防衛」から
始めないといけませんね。今井さんと、一緒にやれば、4画面活用
で、従来とは異なる方向が見えてきそうです。ありがとうございま
す。(近藤)
●「従来と ことなる方向 動き出す」   あろたい姿
■近藤先生 難しい時代になりましたねぇ。
今までは、どんな経済危機になっても、「未来防衛」がキーワード
になることはなかったのではと思っています。
とにかく、広い意味での生産性改革、つまり品質・コスト・納期(
時間)を攻めることで乗り越えてきたのではないでしょうか。
過去の成功体験が災いするかも知れない未来に対応するには、四画
面活用で、従来とは異なる方向と動きを創り出していくことが重要
ですね。 MBI研究所 今井雄二

■かが元気塾の平野先生から、「磨き屋シンジケート」にコメント
をいたただきました。高野さんの講演をパソコンメモで記録したも
のです。高野さんのお話は10回くらいになるのですが、いつも新
鮮で進化されています。高野さんの現場での改革マインドが私達の
改革マインドに働きかけてくれるです。平野先生の改革マインドに
も響いたのですね。現場での実践者の暗黙知のなせる技です。今年
の前半にのと七尾再生祭りでお話していただきました。次の機会に
ご連絡いたします。かが元気塾の講師としても最適な方ですね。実
践していない人が形式知で話しても実践者を動かすことは少ないの
です。現場での実践者同士の改革の輪が有効ですね。(近藤)
●「宣言文 毎回うるもの いただいて」   近藤修司
■近藤先生 いつもお世話になっております。加賀市の平野です。
日ごとに配信していただいている「成功の宣言文」ですが、毎回、
何らかの得るものがあります。
10/31の「磨き屋シンジケート」の高野さんの講演のお話も、実際
に携わっておられる方の苦労と喜びが伝わってきました。
「磨き屋シンジケート」のことは、2007年版中小企業白書で紹介
されており、中小企業診断士の受験勉強の折に、何度も読み返し
ていました。
しかし実際に携わっておられる方のお話は、白書での紹介文などと
は比べ物にならないくらい、貴重ですね。
ところで、先生には大変お忙しいところ恐縮ですが、高校での4画
面講義宜しくお願い申し上げます。特別時間割を組見たいと考えて
おります。  平野禎幸  

■土曜日にはMOT草津合宿が行われました。サンシン電気の佐竹
さんや皆さんにお世話になりました。参加者全員のYWTと4画面
の発表と交流が行われました。改革実践を継続するための動機は、
「目標と報酬」ではないかと思います。目標はありたい姿・なりた
い姿であり、報酬は経済的報酬・知識的報酬・精神的報酬になりま
す。簡単に言えば、お互いに関心を持つことであり、褒めることで
す。皆さんからは、いろいろな気づきをいただきましたが、下記の
3項目にまとめてみました。ありがとうございました。(近藤)

①「いろいろやっている、やったこと年表でYWT交流を」
12名のYWTや4画面が発表されましたが、それぞれ、いろいろ
やっておられます。「やったこと年表」を作って発表してみると、
やっている自分に気づくのですね。今回のメンバーは私から見れば
下記のようなプロをめざされているなと感じました。
「コミュニティ・プロデューサー」「VOCスペシャリスト」「サ
ービス事業企画リーダー」「ヘルスケヤーのテクノプロデューサー
」「寛容なキャラクター人材」「新ムセン事業開発者」「ベンチャ
ー起業家」「営業と技術新結合人材」「テクノプロデューサー」「
改革実践者」「研究実践者」「プロフェッショナル営業」「後方支
援プロ」・・・などを自分ごとで目指されておられます。そのプロ
フェッショナル像に名前をつけて、自分なりの知識創造システムを
構築して活用することで達成可能になるし、面白くなりますね。

②「4画面の改定と前回比較とで進化を掴む」
改革実践は、自分を変えて、周りを変える活動であります。自分自
身が改革実践の道具で、自分を変えるために、4画面で思いを表現
するのです。思いの表現が定期的に変わることも4画面を継続する
ことで初めて分かるのです。われわれの思いは、脳の中で、いつも
ゆらいでいます。ゆらいでいる方が脳にとって快適なのでしょう。
現在、どういう方向へ揺らいでいるのか、掴むことで、揺らぎに対
応でき、その場に集中できるようになります。つくった4画面のテ
ーマが何も出来てない場合もあります。その場合は知識や意識が先
行して、頑張りすぎた4画面になっているのです。無意識の脳を頼
りにして、実践していることを4画面に表現してレベルアップして
いけばいいのです。実践していることはあるのですから、それを実
践する姿にすればよいのです。あとはYWTを行い、経験をして暗
黙知を言葉にしていけばよいのです。4画面はヒラメキや直感を高
める道具といってもよいのです。
また、ありたい姿を一言でどう感動表現できるかで4画面の質はき
まります。わたしの体験でも、「成長分野にいる」「良い音を残す
」「農業は土から元気を引き出す産業」「人間力で元気」「儲ける
機械」「コーヒー体験をうる」「新技術で顧客創造」・・・など成
功したありたい姿とたくさん出あっております。
なりたい姿はオンリーワン・ナンバーワンですが、ビジネスモデル
などの知識だけで人を動かすのでなく、一生懸命やる事で人と人の
信頼を創っていくことです。4画面は書くたびに変わりますが、変
わることで自分の特徴が見えてきます。

③「新キーワードの発見で新しい改革の輪を」
振り返りをすると新キーワードにぶつかります。この新キーワード
が自分の成長チャンスになります。今回の私の場合は「未来防衛」
でした。
改革実践で研究実践している「産学診官NPO」「知産創育」「人
間力と技術力」「成功の宣言文」「4画面思考」なども、日本のバ
ブルの崩壊からの脱却の研究から生まれました。今回の世界経済危
機からの脱却も、われわれのコンセプトの改革実践スピードを上げ
ればいいと考えております。
だた違うのは「未来防衛」という視点であります。「未来防衛」の
メタファとしては、「逆風の中での漕艇体験」の感じです。チーム
ワークをより強固にし、バランスを大事にして、一本一本しっかり
長く漕ぐのです。ペースを落として、一本一本丁寧に長く漕ぐ。し
かも環境変化を読みながらで、バランス重視です。コックスの落ち
着いたリーダーシップも大切です。「技術防衛」「顧客防衛」「地
域防衛」「マインド防衛」など一本一本、丁寧に漕ぎながら、力を
つけてチャンスを狙うのです。「未来防衛」の視点から従来のネッ
トワークも組み替えるのです。私自身は「未来防衛4画面」も、秋
のうちに「未来防衛は完了した」という状況に持ち込むことが目標
であります。そのためにはどうするか・・・・・、皆さんとの輪が
力になると思っております。近藤修司

■「未来防衛」をグーグル検索をすると沢山ありました。成功の宣
言文は3位でした。1・2位は映画のゴジラの中の、未来防衛研究
所でした。(近藤)