« 成功の宣言文 2347 宣言文を転記  実践する姿 | メイン | 成功の宣言文 2351 分別と行動の早さ   なりたい姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」に続いて、第三巻「改革の輪」が発刊されました。「成
功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより可能です。 
http://www.success-poem.com/book.htm

■MBI研究所の今井さんから、磨き屋シンジケートの「高野さん
の現状の姿」を拝見しているだけでも、「人間力開発」や「存在価
値開発」がすすみそうというコメントをいただきました。高野さん
も今井さんも改革実践者は「顧客の4画面の実現」が「改革人材の
4画面」になっているのですね。本日は、高野さんは静岡の大道芸
大会で、テントを張って、マイカップを売っておられます。磨き屋
の愛を感じます。実践を通じて次の物語を作っておられます。高野
さんへのコメントを通じて、今井さんの提案されている「分別」や
「リスポンス」が分かってきました。「師匠の現状の姿」は、師匠
を慕うお弟子さんたちにとっては「ありたい姿・なりたい姿」なの
ですね。師弟愛です。ありがとうございました。(近藤)
●「顧客との 4画面をも 共有化」   近藤修司
■近藤先生 お世話になります。
今日は、磨き屋シンジケート高野様の講演をお伝えいただき、あり
がとうございます。
文章を拝見していて、なんだかライブで高野様のお話を伺っている
ような気持ちになりました。お話の中で、高野様の顧客である「磨
き屋さんたちのありたい姿となたい姿」と「高野様自身のありたい
姿となりたい姿」が見事にマッチングしていることが分かります。
それと、高野様のその時々の困難をものともせずに前進しようとさ
れる分別と、そこからの行動の早さにはただただ驚くばかりです。
●「信頼は 知識よりは 汗をかく」
●「実践は 自分のできる ことをやる」
いとも簡単に述べておられますが、どちらもなかなか難しいことだ
と思っています。
四画面のマッチングがあって、汗の意味や目的を理解していただけ
、信頼を強くしていくことができます。高野様の現状の姿を拝見し
ているだけで、人間力開発や存在価値開発が進みそうですね。
MBI研究所 今井雄二

■いしかわMOTシンジケートのメンバーも、先週、特別養護老人
ホーム「ふぃらーじゅ」で、「改革体験交流会」が行われました。
今回の幹事は3期生の岡田さん、中西さん、直井さんです。私は東
京MOTのゼミで参加できませんでしたが、異質の個性があつまっ
て、「ふぃらーじゅ」の皆さんのご準備で良い改革体験が出来たよ
うですね。以前、MOT改革実践の講義をさせていただいて、デイ
サービスのプロジェクトが立ち上げっているのですね。一度、お邪
魔したいと存じます。「介護する・介護される」は高齢化社会の大
切な価値になります。それが、施設であろうが、家庭であろうが、
地域であろうが、「介護愛」が基盤になります。「ふぃらーじゅ」
はそんな「介護愛」の体験・発信基地になる可能性を持っておりま
す。安心して老後が暮らせる介護を支援するサービス日本一を目指
していただきたいと存じます。その改革視点は「介護人間力と介護
技術力」の2刀流で、改善・改革を積み上げることですね。「ふぃ
らーじゅ」の独自の「介護知識の創造」を期待しています。ありが
とうございました。(近藤)
●「介護でも 人間力と 技術力」   なりたい姿
■いしかわMOTシンジケート各位 CC 東京MOT各位
CC JAIST各位
砂崎です。おはようございます。先週の土曜10/25(土)に第十七回
体験交流会を特別養護老人ホーム「ふぃらーじゅ」さんで開催しま
した。様子の写真も合わせてブログにUPしましたのでご覧くださ
い。http://blog.goo.ne.jp/ims2007/
次回は、高桑美術印刷(四期生 三納さん)さんを体験します。20
09年1月を予定しています。
==== 第十七回体験交流会「ふぃらーじゅ」 ====
今回の司会は、3期生の岡田さん、中西さん、直井さんで一番チー
ムワークの良い幹事さんたちです。今回の様子を記録しましたので
、ご覧ください。
<中西さんのあいさつ>
今日は人数が少ないですが、その分施設の中まで体験できます。長
時間ですがよろしくお願いします。
<岡田さんのあいさつ>
「ふぃらーじゅ」は「介護愛」の体験・発信基地をめざしMOT改
革実践を初めています。安心して老後が暮らせる介護を支援するサ
ービス日本一を目指しています。その改革視点は「介護人間力と介
護技術力」の2刀流で、改善・改革を積み上げることです。「ふぃ
らーじゅ」の独自の「介護知識の創造」に挑戦しています。みなさ
んも今後利用するかもしれませんので、ぜひ体験していただいてア
ドバイスをお願いいたします。
<西施設長のあいさつ>
みなさんも利用するかもしれませ。今日はぜひ施設を見ていってく
ださい。介護老人施設は、病院と老人ホームの中間特別養護老人ホ
ームとは入所60名とショート10名いいことをしてあげたい、満
足してほしい介護度4、5は動けない人がいる。いずれみんなが通
る道。集団行動している人は元気である。北陸を元気にするメンバ
ーが訪問しているのは勇気づけられる。
<全員主役で輪づくり -自己紹介->
テーマ「老後の夢」
○中西さん
毎日草むしりをするような規則正しい生活。旅行が好きで地元を回
りたい。PPK(ピンピンコロリ)といきたい。
○岡田さん
マラソンをしていた。今回のテーマを決めて走り始めた。
○林さん
リタイヤして引きこもりたくない。超純粋装置が宝酒造の子会社に
売れました。ワカメのヌメヌメをとりたいとのこと。
○滝本さん
老後の夢は考えていたことはない。畑を借りて耕していると思う。
○砂崎さん
シンジケートが始まりネットワークができた。そのおかげでいろい
ろな体験や記憶ができた。後で振返ったときに良かったなあと思え
ている自分がいたらなあ。
○石黒さん
定年からのこと
1、年をとったら抑えないで知人と末永く付き合う
2、半歩はなれよう、夫婦の趣味を違えて見るとよい
3、なるようになるさ、若い者に任せよう
老後
・未練を残さずに
・頭と鍛えておこう
○木村さん
隠居したい。縁側で日向ぼっこしてお茶をすすりたい。まず家が必
要(^^!。
○大友さん
生活相談員。今は考えずがんがん働きたい。ここで働いているが施
設に入らずに生きていけたらなあ。家に帰りたい入所者がたくさん
いる。
○谷さん
介護施設 事務長。家内とドライブしたい。毎日高齢者と接してい
る。施設は悪くないが家ですごすのが良いと思う。みんなに迷惑を
かけない面で施設も必要だと思う。
○磯部さん
想像つかないが元気でゆっくりすごしたい。七尾市もそのようにゆ
っくり空間になってほしい。
○西さん
人生の楽園を毎週見ている。門前生まれで地震で実家が崩壊した。
実家で老後を過ごそうと考えていた。後悔しない人生を送りたい。
PPKが幸せなのかな? 孫に惜しまれるのがよいかな?
○直井さん
ささやかな夢がある。3人の娘がいる。本当は息子がいてキャッチ
ボールがしたかった。男の子の孫ができたらキャッチボールがした
い。
○倉さん
会社を定年になったら、妻といろいろ旅行にいきたい。今まで親の
面倒もあり数回しかいっていないので二人でゆっくり過ごしたい。
○土倉さん
健康を維持したい。旅行がすき。セーヌ川のほとりでおじさんが絵
を売っていたときにいいなあと思った。絵を描いて売ってみたい。
<西施設長より施設説明>
5つのやること
①起きる:起きることによる生活の変化 ②食べる:食べる意欲を
引き出す工夫 ③排泄:排泄パターンに応じた個別ケア ④清潔:
一人ひとりの希望に合わせた入浴 ⑤その人らしさ:一人ひとりが
尊重された生活の提供。感情表現できるような働きかけ。過去の経
験への配慮。
<大友さんからディサービスプロジェクトの紹介>
目標設定とその達成に向けて
~利用者増を目指して~
近藤先生のMOT講義から、経営状況が良くないディザービスにプ
ロジェクトを立ち上げた。
①営業強化:どこに何をするか考えた
②営業先を4つに分ける:営業先を病院・ご家族・医宅介護支援事
 務所・地域(津幡)
③パンフレット作成:「月感ディ」
④営業について:地域:施設の食事を体感してもらう
 欠席の時期があり予防を「月感ディ」でしらせる
次は質の向上プロジェクト。ふぃらーじゅカラー「オンリーワンの
確立」
<PFU 見える化事例紹介>
石黒部長
忙しい→負のサイクル。好きな仕事のはずなのにイヤになる。この
現状を打破したい。
○見える化
○朝会
○ふりかえり会
○見える化:ソフトウェア看板。To Do Doing Done。改善。Doing
をステップを分ける。Doingを狭くする。壁がなくても小型化。
○ふりかえり会:けぷと。Keep Problem Try。前の週より少しづ
つ良くなる。
○朝会:ニコニコカレンダー(ニコカレ)。メンバーの状態が把握
される。
<運用の秘訣>
○グランドルール:ex:朝会 1、おはようございます 2、批
 判しない
○表彰
○お願い表
○プロジェクトネットワークを表現したボード:遊び心で活性化。
ゲーム感覚。
<活動の結果>
現場の声:安心して作業ができるようになった。アンケートで改善
 意識が高まった。
<見える化で大切なこと> いやでも目に飛び込んでくる。見たら
 行動したくなる見え方。見えるようにすることが目的ではない。
ふりかえりは超(ちょー)重要。見える化はひとつの武器である。
○コミュニケーションの重要性:組織モードの進化。懐疑→消極→
協調→積極。 (混乱)(批判→質問)同義。
<砂崎の所感>
① 介護施設で働いているのに、施設に入らないで過ごせたらいい
なあとおっしゃっていたのが、記憶に残りました。おそらく入所さ
れている方の気持ちを良く汲み取っているから、そのような気持ち
が生まれているのだと、介護施設の取り組みの体験を通じで感じま
した。
② 特別養護老人ホームでは、料金が決まっているので、これ以上
の増収は見込めないこと、入所待ちが多いこと、介護レベル(1~
5)が高い人から優先、ふぃらーじゅの施設がきれいなこと、施設
のサービス内容、働く介護士の方々が給与より気持ちで働いている
こと、ありたい姿の点灯率が高い理由、介護設備の進化、ディサー
ビスの稼働率はマネージメントできること、などが分かり勉強にな
りました。
③ 今回PFUニュービジネス推進統括部Active-V推進室室長に昇
進された石黒さんから取り組みと講義を設定させてもらいとても良
かったです。お互いの取り組みを披露しあうことで、本質的な気づ
きを得ることを改めて認識しました。今後も取り入れようかと思い
ます。以上です。
砂崎 友宏