« 成功の宣言文 2346 知の混合の時代   ありたい姿 | メイン | 成功の宣言文 2347 宣言文を転記  実践する姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」に続いて、第三巻「改革の輪」が発刊されました。「成
功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより可能です。 
http://www.success-poem.com/book.htm


■日本商工会議所の近藤英明理事は、調査担当職員研修会で、地域
の活性化の思いを4画面で見える化して欲しいとご挨拶をされまし
た。近藤理事は本研修では一貫して「地域愛」を提言されています
。「地域イノベーション」の原点は確かに「地域愛」ですね。私の
北陸での体験でも、「地域愛」に燃えるメンバーが知識を手に入れ
たときに実践活動が始まります。今回の日本商工会議所の調査担当
職員研修では、全国の「地域愛」に燃えるメンバーが、VLRPや
4画面を討議交流しました。世界経済が混沌としている現在は、「
地産創育ネットワーク研究会」を本格的に機能させたいと思います
。各地域の「地域愛と地域知の混合モデル」が日本で出来たら面白
いですね。事務局の高取さん・杉浦さんと検討してみます。日本商
工会議所の近藤理事は、毎朝、成功の宣言文を読んでいただいてお
ります。しかも、お忙しいにも係らず、数年前から、宣言文を手帳
に転記していただいております。今回の研修会でご自分の手帳を見
せていただきました。宣言文がびっしり書かれていました。最近、
宣言文が一日数件になってきて、転記が大変といわれていました。
絞れば絞るだけ伝わるともいわれました。本当にありがたいことで
す。日本の企業と社会を元気にする視点で絞るようにしていきます
。ありがとうございました。(近藤)

■日本商工会議所の政策・調査担当者研修が浜松のカリアックで行
われました。私が担当させていただいて7回目になりますが、3年
ほど前から、4画面思考を活用して、地域活性化ビジョンを作成す
る改革実践スタイルにしております。「のと七尾人間塾」や「かが
元気塾」などと連動して、全国の商工会議所と連携できると面白く
なります。近藤理事からも今年も「知産創育ネットワーク研究会」
を活性化して欲しいというご要望もありました。ことしは、全員に
改革実践提案書を作成して提出・交流する事を宿題にさせていただ
きました。本日は、磨き屋シンジケートの高野さんの講義をお聞き
して、各チームの地域活性化ビジョンの発表・交流を行いました。
提案書レベルがかなり高度化してきました。現在の経済危機を乗り
越えて、各地域の経済活性化の改革実践の先導を「知産創育ネット
ワーク研究会」で出来たらやりがいがありますね。高野さんの磨き
屋シンジケートも常に進化されているだけにすばらしい実践教科書
です。高野さんの改革実践力は更に磨きがかかっていました。私も
元気をいただきました。皆さんにもご紹介いたします。ありがとう
ございました。(近藤)
●「実践は 自分のできる ことはじめ」   ありたい姿
■「磨き屋シンジケートの構築について:知産創育ネットワークで
得たもの」
私は近藤先生が担当された本研修の2期生で、数年前から磨き屋シ
ンジケートのお話をさせていただいています。
燕市の磨き屋は400年の歴史があります。光っている金属はこう
やって、バフ研磨で磨いています。燕市は人口が84000人で、
洋食器の街です。しかし、洋食器の街も空洞化が進んでいる。磨き
事業も昔は100億あったのが、現在は40億です。磨き屋職人も
1000軒が600軒で壊滅状態です。
数年前に会議所は役立っていますかの調査をしたが、役に立ってい
るは半分でした。会議所は役立っていないという人は「仕事をもっ
てこい」といっていました。それなら仕事をとってこようというア
クションプランをつくろうとおもった。もともと、磨きの業界団体
のしごとをしていた。インターネットの共同受注のビジネスプラン
を立ててやってきた。もやもやしている時に本研修で、価値創造の
ビジネスプランを作って、補助金を取るために書類を日銀の先生に
見せて赤を入れてもらった。補助金がとれて動き始めた。
磨き屋が一つになるのは周りの業界からも不可能といわれていた。
市長へ提案し、中国へ視察へいった。中国の製品は思ったより悪く
なく、十分の使え、危機感を抱いた。このままでは負ける、一人ひ
とりでやっていたのでは中国に勝てない。支えあってこの危機を乗
りるしかないということで、磨きやシンジケートが誕生した。
磨き屋の人たちはどんなしごとがきてもチャレンジする。職人はど
んなしごとでももってこいという。NHKテレビに出たが反響は大
きく、成長産業から受注が相次いだ。動き始めたが、そんな磨き屋
シンジケートの悩みは後継者である。
若い人も磨いてみると楽しいという。ベテランの職人達もこのまま
で終わらせたくないといい、われわれは後継者を育てる義務がある
という。町工場のおじちゃんは、「燕の磨き屋は永遠に不滅です」
といった姿が見たいという。そういうベテランの職人の目は輝いて
いた。そういう風になっていただくのが商工会議所のしごとである
と感じた。
職人達の目がかがやきだして、いろいろの成長分野から受注できる
ようになった。ジェット機の主翼の研磨、半導体製造装置の研磨、
建築金物めっき、自動車部品金型、建築金型、液晶製造装置研磨、
人工骨・・。磨き屋シンジケートを始めて、そういう仕事があるこ
とに気づいた。成長産業のしごとが欲しく始め、それが実現できて
、日本や世界中の金属研磨の情報が燕に集まって来るようになった
。そういう成長分野の仕事をとってやってみるとなかなかむづかし
い。とってもすぐ切れる。今は半導体はだめです。自動車も止まっ
ている。何年も続くしごとはありません。
大企業のしごとは沢山つくらないといけないし、工賃も安い。職人
達も成長分野の仕事だけでなく、地場の仕事もしたいという。鍋も
磨いてみたいというが、しかし、ない。それなら自分たちで作れば
いいではないかということで、マグカップに挑戦した。出来上がり
すばらしく、1万6000円で価格設定したが、流通には鼻で笑わ
れ、売る気があるのかといわれた。それだけのコストかけており、
技術はたしかでビールもうまい。実際販売したら大人気で、現在も
2年まちです。磨き屋は産業構造で一番下で、頂点は商社で、技術
はすごいのに安い工賃でやってきた。地元の商社が産業構造から無
くなり、シンジケートで直接に販売することにした。それで、成長
産業が出来るようになったが、しかし、大企業のしごとだけでは苦
しい。それで、成長産業で培った技術で、ビヤマグカップを磨いた
。燕では、ビアマグカップは昔は磨いていたが製造中止になったが
、成長分野で鍛えた技術で磨くことでヒット商品が開発できた。さ
らに、車を磨いて欲しいという依頼があった。物づくり展で車を磨
いてくれといわれた。しかし、費用はないといわれたが、あえて挑
戦した。中小企業庁長官から、感動しましたと電話をいただいた。
阿部首相もこられた。奥様がブログをやっていてブログで紹介して
いただいて100個売れた。マグカップがファッション誌にとりあ
げられ、リーガルの企画してる人がよんで、リーガルから靴べらの
受注をいただいた。リーガルと磨き屋シンジケートのダブルブラン
ドです。車を磨けるのなら、飛行機の磨きの受注をいただいた。
さらに、使い捨ての紙コップやプラスチックラップの変わりに、エ
コのためのステンレス・マイカップを開発した。これはたった今、
取り組み中です。高い磨き屋技術を持つ45社の組織でマイカップ
をみがき広げる。ステンレス・マイカップを使うことでゴミが減っ
たということにしたい。8月にスタートして3000個納入してい
る。明日は静岡での大道芸のイベントでテントを張って売りにいく
。一人で売るが、車はマイカップだらけです。マグカップは1万7
000円ですが、マイカップは1700円です。ロックフェスティ
バル、大道芸ワールドカップ、国際映画祭。J2サッカー、プロ野
球、新潟国体、ライブハウス等で販売する。マイカップのテーマソ
ングもあり、新しい事業展開です。
磨き屋シンジケートの事業展開をしてわかった事があります。日本
のものづくりを支えているのは中小企業です。大企業は設備にお金
をかけているので、それで安く作れるところへいく。高くいいもの
は中小企業で、安くていいものを大量は大企業です。中小企業は高
くていいものを作ればいい。シンジケートをやってきて、「いいも
のを作れば勝てる」ということです。物づくりに付加価値をつけて
、感動を売りものにするのです。これからは本当の感動を売ること
です。ストーリイがプロダクトにはいっており、それが付加価値に
なるのです。知産創育ネットワーク研究会は使わせていただいた。
日商の人がファンになっていただいて、応援していただいた。近藤
先生のご紹介で、学会に論文を書いたり、学会で講演した。人材育
成でも補助金をいただいた。マグカップを買っていただいて、仲間
が増えた、毎年のように仲間が増えて、知り合いで繋がる。
シンジケートは人と人のつながりで、友達の友達が繋がっていく。
大切なことは、地域の人の声を聞いて、本質的な現状を掴むことで
す。根本的な問題をどうするかです。磨き屋の場合は中国へしごと
がいって、仕事がない。会議所はそういう根本的なことをやらない
といけない。職人さんたちが協力して一緒に汗をかいてくれた。
しかし、このビジネスモデルはすばらしいから参加しなさいといっ
てもついてこない。知識だけではだめで、一緒にやる中で信頼が出
来て、一緒にやっていきましょうと言うことになる。職人さんたち
はなぜ、高野さんについていくか分かるかという。お前が汗をかい
ているからという。最初はそうでもなく、信頼してくれなかった。
今はあえいがたいことに信頼してくれている。
本当に大切なことを汗をかいてやっていれば力をかしてくれる。正
しいことをやっていれば力を貸してくれるです。継続するためには
、自分で出来ることをやる事が大切です。あまり大きなことを言わ
ずに自分が出来ることをやる。自分のできることから考えていくの
です。今日も浜松にとまり、明日は静岡の大道芸にマイカップを売
りにいく。今回は一人でテントをはって売りに行く。私達の磨き屋
シンジケートの改革実践活動が皆さんのご参考になれば幸いです。
ありがとうございました。
燕商工会議所地域振興課
磨き屋シンジケート お客様窓口 高野雅哉
〒959-1200 新潟県燕市東太田6856 燕商工会議所内
TEL(0256)-63-4119 FAX(0256)-63-8865
mailto:main@migaki.com
http://www.migaki.com