« 成功の宣言文 2370 武元市長再選    現状の姿 | メイン | 成功の宣言文 2377 思いを凝縮して表現  なりたい姿 »

成功の宣言文メンバーからの)メッセージ

●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」に続いて、第三巻「改革の輪」が発刊されました。「成
功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより可能です。 
http://www.success-poem.com/book.htm

■清水さんから、「俳句イノベーション」にコメントをいただきま
した。「元気の出る俳句」は清水さんに名前をいただきました。私
も経験したことを俳句をで表現することで、楽しみながら、ヒラメキ
や直感を磨き上げ、人間力を向上できると思います。清水さんに
就職活動15か条をご披露していただけるようにお願いしてみます
。元気の出る俳句がアチコチで広まると、句会が出来るかもしれま
せん。(近藤)
●「簡潔に 分かりやすくで 表現を」    
■近藤先生 清水 充です。
毎日、元気の出る俳句の配信ありがとうございます。
[成功の宣言文 2376 俳句でイノベーション 実践する姿]
を味読し、九工大機械制御系のI教授を連想いたしました。「多く
の学生は自分の思考・意見などを簡潔に分かりやすく表現すること
を苦手としている。
一つの対策として研究室所属学生に俳句を勧めている。5・7・5
の俳句の中に思いを凝縮して表現するのは、そのよい訓練になる。
」とのことです。同感しています。
私も就職活動15カ条というのを各項目を5・7・5にして学生に
配布したのですが、好評のようでした。近藤先生の[元気の出る俳
句]は、続くコメントへの興味を高めてくれます。今後も一層の冴
えわたったヒラメキを届けてください。お願いいたします。
清水 充

■コーチングのコンサルティングのJMACの田中さんから、「人
間力」にコメントをいただきました。変化を機会にして、新しい流
れに乗っていき、お互いに活かしあう人間の力を発揮しあう広場が
ありたい姿ですね。それをなりたい姿・実践する姿に落とし込んで
現状の姿を変える。4画面思考により人間力を向上して、企業や社
会を元気にするためには、田中さんとのコラボレーションが早道か
もしれません。今回の経済危機からの脱出策も人間力と技術力の二
刀流で実践力を向上する事ですね。「キャリアカウンセリングとコ
ーチング~パーソナル・コーチングにより管理者のやる気を引き出
す~」の論文、ありがとうございます。勉強いたします。田中さんの「
元気の出る俳句」をご紹介いたします。(近藤)
●「自らの 天命活かし 貢献す」   田中 信
■近藤さん、おはようございます。田中信です。
いつも成功の宣言文を共有化してくださりありがとうございます。
「人間力 社会や企業 元気にす」    近藤修司
まさしく、ご指摘の通りだと思います。
これまでの構造に固執することなく、変化を機会として、新しい流
れに乗っていく人間としての力、一人の人間として、他の人と「ひ
と」として繋がり、お互いを活かし合う人間としての力。
ひとり一人がもつ、天賦の才と魅力を最大限に発揮して、社会に貢
献する人間としての力。
が求められている時代になっていると感じています。
「自らの 天命活かし 貢献す」
昨日まで、日本産業カウンセリング学会の大会が東京の立正大学で
開催されました。
個人研究発表の部で、「キャリアカウンセリングとコーチング~パ
ーソナル・コーチングにより管理者のやる気を引き出す~」
というテーマでこれまでの実践について共有化して参りました。
配布資料を添付させていただきます。近藤さんの研究の一助になれ
ば光栄です。ひとり一人のもつ、本来の力を、お互いに活かし合え
る社会を一歩一歩、実現していきたいと思います。
御縁に感謝して
JMAC 田中信

■シードウインの福田さんから、ちょっと頑張ろう720で「キー
ワードの変化」をいただきました。自分から考えるのでなく、「相
手に向かって」「未来に向かって」を考えることで新しい革新キー
ワードに気づくのですね。最近は、人にあうと、それぞれの現場
での経済危機の影響をお聞きするようにしています。現場での
変化の兆しを知ることで、「相手から」「未来から」の立場に立て
るような気がいたします。福田さんの言われるように、自分のキ
ーワードを変化するときかもしれません。松任駅前に、千代女
の俳句館があります。時間があるとひと時すごしますが、俳句は
最初は7文字のキーワードの交流から始まったようです。時代の
感性をキーワードで表現することで人間力の交流が出来るので
しょうね。ありがとうございました。(近藤)
●「未来から 我がキーワード 変化する」   近藤修司
■ちょっと頑張ろう -720号- 「相手に向かって、未来に向
かって」 
一年前、研修の場で受講者にキーワードを聞いたことがあった。そ
のときのキーワードは「楽」「速い」「かっこいい」だった。金曜
日にも同じように聞いてみた。若者のキーワードは、「楽」「適当
」「金」だった。「楽」は変わらなかったが、他の二つは変わって
いた。30代後半の人は「執着」「気合」だった。年代よって変化
しているようだ。
仕事について説明をしてもらったら過半数の人が「金と生活のため
」だった。ある若者は「金が少ないから会社を辞めます」と研修の
場で言い切った。じわりと物価高が迫ってきて、金を意識せざる
を得なくなったのだろうか。私の住んでいる地域に灯油を販売す
る車が巡回する。
先週の土曜日、今年の冬の最初の巡回車が回ってきた。1リットル
180円だそうだ。6年前、1リットル40円だった。
きょうの朝日の社説に「原油急落―ホッとしつつ学ぶ教訓」があ
った。原油、ニューヨークで最高値だった1バレル147ドルが60ド
ル前半まで下げたそうだ。
高騰した原因、急落した原因は実態との関連はあるが、実態そのも
のではない。モノを考えるとき、現在から未来に向かって考える
のが正しいだろう。自分を中心に考えても、思うようにはならない
。情報を発信するとき、自分に向かって発信しても相手を動かせら
れない。情報の発信は空想や思惑ではなく事実の発信である。事
実であっても条件が不足しておれば、事実に近づかない。
齢を重ねて見える範囲が少しずつ広がっていく。今を見るのではな
くて、未来を見るようになる。少しの変化で、自分のキーワードも
変化するようだ。
そして、自分が抱える自分以外の人の自分への関わりが見えてくる
と、中心が自分から少しずつ相手へと移っていく。自分の立場を
中心にしていると、自分の環境を見失う。今の利益を追いすぎると
、未来の利益を失う。相手に向かって、未来に向かって、モノを
考えると、自分が行動するためのキーワードに変化があるのではな
いだろうか。
福田 真 shin_fukuda@seedwin.co.jp