« 成功の宣言文 2345 強靭な精神力   ありたい姿 | メイン | 成功の宣言文 2352 学びのプロセス  なりたい姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」に続いて、第三巻「改革の輪」が発刊されました。「成
功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより可能です。 
http://www.success-poem.com/book.htm

■面白主義の渕野さんからも、今井さんの退院によろこびコメント
をいただきました。そして、経験→気づき→学び→行動→経験の行
動サイクルのご提案をいただきました。気づいたことをやれといっ
ても出来ないのですね。確かに間の「学び」が大切なのですね。
また、浦安の鶴岡さんや、加賀の平野さんからも、退院のお祝いの
コメントをいただきました。ありがとうございます。(近藤)
●「経験し 気づいて学び 行動を」   実践する姿
■近藤先生 よろこびの宣言文をありがとうございます。
先日は個別のメールまでいただき、感謝しています。「非日常」の
空間、時間、人間を宣言文で採り上げていただき、ありがとうござ
います。
まず、今井雄二さん、よろこびの退院、おめでとうございます。
しばらくは自宅で静養されて、また皆さんの期待に応えてください
。今回は、気づきと学び、実践(行動)のプロセスを少しコメン
トします。気づくだけでも、気づかないより、ずっと立派です。
「経験による気づき」は、書物やインターネット、TV、新聞など
による気づきより、はるかにインパクトがあります。
でも、気づいても、なかなか動かない人もいます。一方、気づいた
ら、すぐ動く人がいます。その差は一体何なのでしょう?
ひとつは、「気づきの深さ」があるのでしょう。気づきの浅い人は
、次の実践に結びつきにくいのです。この深さは、本人の感受性に
もよりますが、過去の類似経験の有無にも左右されます。ここでも
、経験、体験が大切です。
もうひとつは、「気づき」と実践(行動)の間に、「学び」という
翻訳? プロセスが介在することです。翻訳とは、気づいたことを
自分流に咀嚼して、他人事を自分事に落とし込む学習プロセスです
。気づいてすぐ動ける人は、瞬時に学習して自分流に落とし込んで
います。
この「学び」というプロセスがないと、どう動いていい
のか、わかりません。つまり、「学び」とは、「気づいたことを、
実践するために、自分の経験とすり合わせて、自分流の実践方法を
編み出すこと」ではないか、と私は思います。
私の「気づき実践」のプロセスは、「経験する」→「気づく」→「
学ぶ」→「動く」(実践する)→「経験する」→・・・の成長サイ
クルを回すことです。学習の本質とは、経験による習得、体験によ
る体得ではないかと思っています。「机上による空論」では、ほと
んど貴重な気づきや学びを得られません。
少々、理屈っぽくなっ
てしまいました。いずれにせよ、貴重な「経験」は、気づきや学び
、実践の成長サイクルの原動力になるのです。若い人たちの気づき
の浅さは、経験不足によるものが大半です。私は学生たちに「冒険
」をすすめています。「冒険」とは、未知の世界へ一歩踏み出す勇
気です。
私は学生の実践力を向上させるために、「いいと思うこ
とは、ともかくやってみなさい」「失敗を恐れるな。その失敗経験
が、次の成功体験を生むのだから」と大いに奨励しています。いい
意味での「当たって砕けろ」精神、「だめもと」精神です。
私の「面白主義」は、
①成果以上に面白プロセスを重視すると同時に、
②疑似・バーチャル体験よりも現場経験・生体験、
③考える力以上に感じる力、論理力よりイメージ力を
重視しています。
気づき富士♪ 渕野康一

●「喜びと さらなる快癒を 祈ってる」   ありたい姿
■今井様 C/C:近藤様
昨日の宣言文メールで、今井さんのご退院を知りました。
つい前の日曜日に近藤先生と6ヶ月振りにJAISTの知識科学シンポで
お話しできた後でもあり、心からの喜びと更なるご快癒を祈ってお
ります。今井さんにはJAIST勤務の折に、学生に大変に親切に企業
の実情に基づいたアドバイスと励ましを頂き、学生も社会への心構
えや職への積極的な意欲を持つ事ができ、厚く感謝をしておりまし
た。
又私は『人材開発』『MBOの要諦』等の今井理論を拝受して、その
エッセンスを学ばせて頂きました。皆様、言われる様に、今井さん
の強靭なる精神力こそ、異例の早期退院を可能にさせたと思います
。私も学生時代に半年間入院し、ベッド上でそれなりに社会の事・
人間関係の事・自分のこれからの事等を思いましたが、本日抜群の
タイミングで福田さんの『ちょっと頑張ろう -717号- 「熾
り」』でその答えを頂いた気が致しました。
立派な経営知識を今の環境から発信頂いている今井さん!
有難うございます。厚い感謝と今井さんの「熾り」へエールをお送
りします。 鶴岡 洋幸 浦安市自宅にて

●「どんな人 交流できて いるのかや」   現状の姿   
■鶴岡様 cc:近藤先生 大変ご無沙汰しています。
ご連絡をいただき、ありがとうございます。精神力の強さというの
は、個人的なもののように思われがちですが、私は、少し違った感
じを持っています。どんな人たちと交流できているか、そして、ど
んな人たちのどんな期待を、どれくらい感じているかによって差が
出てくるように思います。生きることに最大限の努力を払うとき、
交流してきた人たちのいろんな顔が励みになったようです。自分だ
けのことを思い悩んでいたら、とても前に進むことはできないので
はと思いますね。福田さんの「ちょっとガンバ 熾り」には、私も
感動しました。まだしばらくは動けませんが、またどこかで交流を
させていただければと思います。今後ともよろしくお願いします。
MBI研究所 今井雄二

●「無理せずに ゆっくり養生 してほしい」   ありたい姿
■今井雄二様 石川県の平野です。
ご退院されたとのこと、おめでとうございます。私も10年ほど前
に仕事中に過労で倒れ、救急車で病院に搬送され、4日ほど集中治
療室で過ごしました。その後は、一般病室に移りましたが、早く家
に戻りたくて、毎日うずうずしていました。
家に戻ったら、これをしよう、あれをしよう・・・もともと体が丈
夫な方ではないのか、これまでも何度か入院経験があります。
入院は本当に辛いですね。大部屋だと、どうしても同室の人たちに
も気を遣います。これからは気を遣わずにパソコンを立ち上げられ
るとのことですが、でも、決して無理はなさいませんように。
まずはゆっくりご養生ください。
平野禎幸 勤務先:石川県立加賀聖城高等学校

●「ありがたい 肝に銘じて 慎重に」   実践する姿
■平野様 ご丁寧なメールをいただき、ありがとうございます。
ちょうど、今日はあれとこれを…などと考えていたところでした。
グッド・タイミングなアドバイス、本当にありがとうございます。
ご指導、肝に命じて慎重に療養に努めたいと思います。
MBI研究所 今井雄二

■昨晩7時から10時で、経営革新かが元気塾の第5講が行われま
した。石川県でMOT改革実践の輪を創り始めて5年になりますが
、おかげさまでずいぶんネットワークが広がってきました。今回も
いしかわMOTシンジケートやのと七尾人間塾などとの連携も狙っ
て、私だけでなく、シンジケート幹事の砂崎さん、七尾市の小川さ
ん、PFUの石黒さん、 早稲田大学の村田さん、小松電子の高村
さん、そしてJAISTの山本さん、大森さんにも講師をお願いし
て、かが元気塾のみなさんとの交流を深めております。今回は近藤
研OBで、早稲田大学の博士課程の村田さんに、「改革知識」の講
儀をお願いしました。村田さんとは改革手法200を整理しており
ますが、その中から25を選択して講義していただきました。村田
さんも成長されて安定感が出てきたと思います。こんご、かが元気
塾では経営改革提案書を作成し、来年のファイナルプレゼンテーシ
ョンに入っていきます。そろそろファイナルのイメージが見えてき
て楽しみです。加賀市でも、ユニークな改革人材が活躍され始めて
おり、それぞれのネットワークと繋がると面白くなりますね。
村田さんから早速、昨日の振り返りをいただきましたのでご紹介い
たします。村田さんからは進化していると評価をいただきました。
これはJAISTや改革現場や宣言文の皆さんから、毎日のように
気づきをいただいているお陰です。ありがとうございます。
(近藤)
●「手法にて 自分の思い 見えるよに」   なりたい姿
■本日は、石川県加賀商工会議所で行われている「かが元気塾」に
参加させて頂きました。加賀で活躍されている皆様が、6月から12
月までの半年間のスケジュールで、「どのように改革していけば良
いか?」を学ばれ、実践されています。塾は、後半戦に入っており
、皆様は4画面から改革提案書の作成に入る段階でした。
私に与えられた役割は、塾生の皆様の改革能力倍増でした。事前に
、塾生の皆様が作成した4画面を拝見させて頂き、近藤教授をはじ
め皆様と共同研究させて頂いております改革知識(約200個)から、
25の改革手法を選択し、4画面の改善事例を通して、お伝えしまし
た。本日は、「かが元気塾」で、やったこと、わかったこと、やる
ことをお伝えしたいと思います。
(やったこと)
日時:2008年10月23日19:00-22:00
場所:加賀商工会議所
1. これまでの振り返り(JAIST近藤教授)
2. 企業と社会を元気にする改革手法25(村田)
・自己紹介
・本日の目的
・改革手法を活用し4画面をパワーアップ
・企業と社会を元気にする改革手法25
・お勧め改革手法(個人別)
2. 改革知識を学ぶ(改革実践提案書と改革事例)(JAIST近藤教
 授)
・未来を創り出す3原則とスケジュール
・4画面思考による提案書作成プロセス
・改革実践提案書
・元気な企業に学ぶ
3. 改革提案書の紹介(加賀守岡屋 守岡さん)
・おいしさの追求はありがとうのために~加賀守岡屋を地域ブラ
 ンドに~
4. 良い改革提案書を作るには(塾生の皆様)
(お伝えしたこと)
・改革手法を少し取り入れて「言葉を真実に」「4画面を真実に」
・4画面の改善ポイントは、①より鮮明に、②より実践的に、③少
 し新しい視点を。
・4画面を改善する為の25改革手法。
・25の基本手法のキーワードは、未来、交流、発信、マーケット、
 改善。
・皆さんに共通する改革手法として、
・SWOT分析で、「ファクトファイニング」
・シナリオライティング法では、「好きに、自由に」未来を描く。
・場では、「情報と心」の共有を。
・「選択と集中」手法は、ABC分析。
・ブレーンストーミングとKJ法はセットで、「楽しく、真剣に」。
・改革実践の「今の姿」をメールマガジンで伝えてみては。
(わかったこと)
・手法に踊らされてはダメ。手法は選択するもの。
・元気にする手法を。1つは目標の見える化、もう1つは成果・報
 酬の見える化。
・目標の見える化は、ありたい・なりたいを。
・成果・報酬は、経済面と精神的な面を(以上、近藤教授)
(次やること)
・塾生の皆様は、とても「元気」のある皆様で、まさに「かが元
 気塾」でした。
・時間が許せば、「かが元気塾」のファンの1人として、
・ファイナルプレゼンや元気展にも参加したいと思いました。
・一方で、皆様が改革に対する意識が高く、改革・改善の必要性
 を感じると共に、
・私自身も改革手法をもっと広く、優しく伝えていく必要がある
 と感じました。
・今回は、そういうことを気づける場として、私にとっても貴重
 な体験でした。
・また、久々に近藤先生の講義を聴きましたが、すごいスピード
 で進化されていました。
・最先端を学ばれている塾生の皆様、近藤先生に負けないように
 、私も進化したいと思います。
・本日は、参加させて頂きまして、ありがとうございました。
早稲田大学 博士課程 村田康一