« 成功の宣言文 2341 よろこびの退院   実践する姿 | メイン | 成功の宣言文 2345 強靭な精神力   ありたい姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」に続いて、第三巻「改革の輪」が発刊されました。「成
功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより可能です。 
http://www.success-poem.com/book.htm

■MBI研究所の今井さんの「喜びの退院」に、清水さんから、「
強靭な精神」のコメントをいただきました。清水さんも、ゆっくり
自宅療養されながら、教訓に満ちた情報発信を期待されています。
さっそく、今井さんから清水さんや私に、ご返事をいただきました
。今井さんの対応性のすばらしさです。我々も見習わないといけま
せんね。4画面思考も、分別開発や行動開発が課題ですね。行動開
発で経験の蓄積を増やすことが「改革脳」を活性化させるのでしょ
うね。皆さんと交流しながら行動開発を考えていきましょう。あり
がとうございます。(近藤)
●「強靭な 精神力に 驚いて」   現状の姿
■今井 雄二様  清水 充です。
退院おめでとうございます。毎日のように今井様のコメントが紹介
され、まさか入院なさっているとは想像もつきませんでした。強靭
な精神力に驚いています。長期間病と向き合い耐えてこられたこと
に頭が下がります。ご自宅で療養とのこと。どうか無理なさらずゆ
ったりとお過ごしください。愛読者への情報発信が良薬になってい
る気が致します。教訓に満ちた情報発信を心待ちにしています。
清水 充

●「皆さんの ご活躍こそ 良薬や」   現状の姿
■清水様
ご連絡、ありがとうございます。
何が良薬かというと、成功の宣言文でのコミュニティの皆さんのご
活躍だと思います。様々な改革に向けての取り組みを拝見している
と、勇気をいただいているように感じます。
これからも、よろしくお願いします。
MBI研究所 今井雄二

●「自分流 行動開発 していくや」   なりたい姿
■近藤先生 cc:皆さん
ありがとうございます。
本当は、すぐにでも行動を起こしたいのですが、免疫抑制剤を服用
している間は、感染症に対する抵抗力が弱く、人がたくさん集まる
ような場所は避けなければなりません。
もし、四季の会in京都が開けても、閑古鳥が鳴くような流行らな
い店でになりそう???(笑)
皆さんと同じ行動という訳にはいきませんが、その時々の分別開発
で、できる限りの行動を開発していきたいと思います。
今後とも、よろしくお願いします。
MBI研究所 今井雄二

■今井さんのような「強靭な精神」は脳の活性化から生まれるよう
です。脳は意識と無意識から構成されていて、相互の交流が活性化
の鍵のようです。特に無意識から生まれる「ヒラメキや直感」は、
経験の蓄積から生まれるようです。「強靭の精神」は「多様な経験
」から生まれているのでしょうね。福田さんの「ちょっと頑張ろう
」から、いろいろ、ヒラメキや直感の刺激を受けるのは、今井さん
と同じように、現場経験を蓄積表現されているからではないからと
思います。先日のちょっと頑張ろう「ほくほく線の旅」と同じよう
に、今回の、ちょっと頑張ろう「熾り」も、その場に私もいて、一
緒に経験している気分になります。それぞれの世代にそれぞれの未
来開発があり、その持ち味がつながったら面白い世界ができますね
。先日、孫が遠足で掘ってきたサツマイモを持ってきてくれました
。庭の落ち葉を集めて焚き火で焼き芋を作ってみようと思いました
。ちょっとした体験から知識創造が出来るのですね。私も「暖かさ
を伝える世代」ですね。ありがとうございました。(近藤)
●「周辺に 暖かさをも 伝えるや」   福田 真
■ちょっと頑張ろう -717号- 「熾り」 
ドラム缶に2/3ほどの古材を焚き火にした。
100×60センチぐらいの焚き火をする場所がある。盛大に燃えた。
炎が数十センチ上がった。周りが一機に熱くなった。30分ほど燃え
続け炎がなくなる。まだ、僅かな高さだが炎があがっている。
さらに30分ほどたって、炎がなくなった。夕刻になりつつあたりが
薄暗くなってきた。焚き火の熾りが赤くなっていた。ちょうど炭が
燃えているように赤くなっていた。
肉を焼いたりするのにちょうど良い燃え具合である。炎に照らされ
熱くなった身体に風があたり、心地よく感じる。雑音がなく、熾り
の暖かさがしみる。これから数時間、火が燃え続けるはずだ。おそ
らく眠りに付くころ、火も消えるだろう。
燃え上がるときが1時間、熾りの状態が数時間、炎の生涯も、人の
生涯もよく似ている。
成長盛りに血気盛んになり、その熱さが消えるまで続く。ちょうど
、35歳を過ぎたころに燃え盛る炎がなくなる。この時から、周りに
暖かさを伝え始める。自分の中にある熱気を抑え、暖かさのみが伝
わっていく。
今、自分の中に熱さはあるだろうか。
歳老いたりといえども、熱さは残っているはすである。熾りが自分
の中にあって、自身が気付かずとも熱さがある。自身の熱さに気付
いたとき、その熱さが小さな炎に変わる。そして、また熾りだけに
なる。
いつでも炎になる熱さを持っている。消えいるときまで、熾りがあ
る。今まで燃え続けていた暖かさを保ちながら、自身の思いが燃え
続けている。
若きころ盛大に燃えて、その炎の記憶を閉じ込めて
、さらに多くに暖かさを伝えて、それでもなお燃えている。
消えてなお、まで残り火がある。
怒りも、矛盾も、くだらなさも、すべて燃やし、暖かさに替えてい
る。燃やし続けていたいものだ。
福田 真 shin_fukuda@seedwin.co.jp
有限会社 シードウィン   http://www.seedwin.co.jp
                
■今週の土曜日にいしかわMOTシンジケート改革体験交流会17
回のご案内をいただきました。今回は特別養護老人ホーム ふぃら
ーじゅです。事前の打ち合わせに、砂崎さんと岡田さんが着ていた
だきました。すこしづつ改善・改革実践活動が動き始めております
。私も「ふぃらーじゅ」にお邪魔しましたが、すばらしい施設です
。私の「脳と改革実践」の研究では、経験の蓄積が改革脳を活性化
します。異業種の改革実践体験は改革脳を活性化しているのです。
それがシンジケートメンバーの改革ファシリティ能力を向上してお
ります。ぜひご参加されることをお勧めします。砂崎さんか岡田さ
んにご連絡ください。(近藤)
●「ふぃらーじゅで 介護保険を 学習す」  砂崎・岡田
■いしかわMOTシンジケート改革体験交流会(第17回)
- サブタイトル「介護保険を知ろう」 ―
改革体験交流会は、いしかわMOTスクール卒業生のMOT改革実践を訪
問体験して、学んだことを活かして社員の皆様と意見交換し、実際
に提案を残すことで、お互いの事業を成長させ、ビジネスネットワ
ークを広げていこうとする企画です。
先回は、体験交流会の始まりとなった小松電子様での開催でした。
原点回帰という訳ではありませんが、3年前と比べて「静」から「
動」への進化が感じられ、非常に得るものが大きい交流会でした。
 今回は、社会福祉法人くりから「特別養護老人ホーム ふぃらー
じゅ」様を訪問いたします。
”ふぃらーじゅ”という言葉には、お客様とそのご家族、そして施
設の職員が沢山集まり一つになれるようにという意味が込められて
いるそうです。少子高齢化社会では、まさにこの言葉の意味のもと
、介護サービスの重要性が益々増しますが、今回の交流により新た
なビジネスの種の創出につながる可能性もあり非常に楽しみです。
(当日は介護用品のプチ体験?もできるようです)
今回も、さまざまな交流が生まれることも期待しています。
第17回体験交流会の「場」で、すばらしい交流と創造ができるこ
とを楽しみにしております。
- 記 -
1.日 時    2008年10月25日(土)
13:00~17:45 (交流飲み会含む~21:00)
現地12:50までに集合お願いいたします。
2.改革体験会場 特別養護老人ホーム ふぃらーじゅ
〒929-0441 石川県河北郡津幡町字東荒屋413番地
TEL 076-288-1765
(いーなろうご)           
3.連絡先 いしかわMOTシンジケート事務局
 幹事 砂崎 t-sunasaki@asahi-ew.co.jp 
  個人携帯  090-7081-1393
 岡田 ZVU05277@nifty.ne.jp   個人携帯  090-8892-5723
いしかわMOTシンジケートは「いしかわMOTスクールメンバー」と「
JAIST」、「石川県IT総合人材育成センター」、「石川県商工労働
部産業政策課」、「のと・七尾人間塾」と「応援団」の“北陸を元
気にする”メンバーで構成されています。
5.プログラム内容
 時 間  プログラム    担当者
1 13:00~ <開会>本日ツアー内容の説明 [幹事]中西、岡田
2 13:05~ <ご挨拶> ご挨拶[ふぃらーじゅ] 西 施設長
3 13:10~ 全員主役で輪づくり -自己紹介-
 今回のお題は「老後の夢」を入れて、自己紹介をお願いします。
  [幹事] 中西、岡田
4 13:40~ <ふぃらーじゅ紹介>ふぃらーじゅ概要およびサー
   ビス説明 [ふぃらーじゅ] 西 施設長
5 14:10~ <MOT改革実践のご紹介>「利用者増を目指して」
 [ふぃらーじゅ] 大友
6 14:40~ 介護施設におけるMOT改革について 
7 14:55~ <施設説明> 施設内の説明、並びに介護用品の理
  解と体験 [ふぃらーじゅ] 倉 看護介護師長
8 15:35~ <休憩>
9 15:45~ <4画面思考法 説明>
 “やらされ感”を“やるぞ感”に変える魔法のツールご紹介
  現状の姿→ありたい姿→なりたい姿→実践する姿
  [幹事] 砂崎
10 15:55~
  17:05~ <グループディスカッション わいがや>
「施設に求めるもの」をテーマにグループに分かれて討議して頂
きます(4画面思考法を活用)
<グループ発表> 各チーム5分間のご発表 [ふぃらーじゅ]
 岡田
11 17:35~ <活動の紹介(時間があれば)> いしかわMOT
 シンジケートの活動状況 [幹事]砂崎
12 17:45 <1次閉会> 総括 お礼 
  [ふぃらーじゅ] 谷口事務長 [幹事]滝本幹事長
13 19:00~ <いしかわMOTシンジケート わいがや交流>
  場所  八兆屋 (金沢駅前店)
  会費  5,000円
 URL:http://www.hacchouya.com/shop/ekimae/index.cgi
[幹事] 砂崎、岡田