« JAIST 第11回知識科学シンポジウムより | メイン | 成功の宣言文メンバーからのメッセージ »

成功の宣言文 2337 知識科学シンポジウム  実践する姿

「見えてきて 知識科学の ありたいが」

 
知識科学シンポジウム

●第11回知識科学シンポジウムでは先端を走っておられる先生方
による知識科学のありたい姿のスピーチがおこなわれた

●多様な専門分野からの知識科学のありたい姿と討議にはいろいろ
刺激を受け、改革実践にも参考になる気づきをいただきました。


成功の宣言文 2338 自分を実験台に  実践する姿
●よい経験をし、よい知識にし、異質知識と結びつけて、更に良い
経験をすることが大切です
●まずやることは、自分自身の知識創造プロセスをもちながら経験
をすることです。私の場合は4画面思考・YWT・改革実践になり
ます。知識科学の面白さは自分を実験台にする事ができる事です。
●「知創造 自分自身を 実験台」   近藤修司   

成功の宣言文 2339 手話ソングに感動  実践する姿
●昨日のOB会に出演をし、今回も手話ソングを披露する経験をし
てきました
●嬉しかったのは、皆さんが前で歌っている私の手話を見て感動し
たと言ってくださったことです。来年のコンサートにも手話で歌っ
てくださいって言ってくださいました。
●「来年も 手話で歌って くださいと」   椋 良子

成功の宣言文 2340 手話ソングを広げる   椋 良子
●おそらく多くの人たちが、椋さんの手話ソングに感動されている
と思います
●これからの大きな生きがいになりそうですね。手話ソングを日本
中に広めることが「ありたい姿」の芽ですね。そして、来年の手話
ソングの実現は、椋さんならではの「なりたい姿」ですよね。
●「手話ソング 広げることが 出来たなら」   今井雄二