« 成功の宣言文 2323 間の理論は面白い   ありたい姿 | メイン | 成功の宣言文 2328 仕事に使命感を   ありたい姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」に続いて、第三巻「改革の輪」が発刊されました。「成
功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより可能です。 
http://www.success-poem.com/book.htm

■MBI研究所の今井さんから、久しぶりに、福田さんの「語れる
人」にコメントをいただきました。自分の仕事に使命感というあり
たい姿を持たないと、自分の仕事は語れないですね。今井さんの治
療生活も、まわりに使命感に燃えた若い医師や看護師さんがたくさ
んおあらえて、われわれも、心強く思います。病気療養中にもかか
わらず、ありがとうございます。「どこにいても学べる」はまさに
今井さんの生き方ですね。相変わらず、今井節には元気がいただけ
ます。今井さんのコメントの中で、「使命感」が心に残りました。
過去の宣言文から「使命感」を検索しましたので、最後にご紹介い
たします。(近藤)
●「どこいても 人とまじわり 学べるや」   実践する姿   
■近藤先生 ご無沙汰しています。
毎朝の成功の宣言文、ありがとうございます。
どこにいてもちょっと観察したり、いろんな人と交流すれば、学ぶ
ことはたくさんありますね。
今朝の福田さんの
「わが仕事 語れる人は 少なくて」と
「習慣に 流されている 日常は」は、
多くの人たちには耳の痛い話ではないでしょうか?
まず、自分の仕事に使命感というありたい姿を持たないと、自分の
仕事は語れないですね。
そして、近未来の成功目標であるなりたい姿を持っていないと、毎
日が習慣に流されてしまう
ことになります。
今の私の周りには、使命感に燃えた若き医師や看護師がたくさんお
られ、大変心強く思っています。
MBI研究所 今井雄二

■JAISTの梅本研の博士後期の岩月さんから「間の理論」にコ
メントをいただきました。研究者だけに理論的に文献調査していた
だいてありがとうございます。それぞれなりの間の理論をイメージ
にし、実践し、形式知にして、交流してさらない暗黙知を高める仲
間が増えてありがたいことです。渕野さんや福田さんとも交流され
ると良いですね。岩月さんのメールを添付します。岩月さんの言わ
れるように、間の理論は時空間の二軸思考なのですね。私の場合は
さらに人間が入り、3軸に挑戦しています。3軸は形式知にしにく
いのですね。(近藤)
●「日本人 胆力・知力 総動員」   なりたい姿
■近藤先生、岩月@梅本研究室です。
いつも成功の宣言文の配信をいただきありがとうございます。
内容構成もさることながら、長期にわたり宣言文を配信されていら
っしゃる継続力に敬服いたします。
宣言文において、諸先輩方のコメントを拝読しながら内容の咀嚼に
努めております。特に近藤先生が提唱される「間」の理論も以前直
接ご教授いただきました後、若輩の身ながら折に触れ理解を深める
ようにしておりますが、その奥深さは一筋縄ではいかないことを痛
感しております。
「間」についてはいろいろな文献においてその定義や機能について
語られておりますが、そのいくつかを拾ってみますと、まず定義と
しまして、
「意味を担った間隔の設置」
「形やことばでは表現できない体験」
「自己と他者の心理的な距離」
「動きと動き、形と形の空間であり時間」
「はさまれた空間・時間、限られた空間・時間」
となっています。
次に「間」の機能に関連する説明として、
「空間におけるすべての変化は時間の変化を伴い、時間におけるす
べての変化は空間の変化を伴う」
「結びつけつつ分離する」
といった事象の連関において、時空間の少なくとも2つの状態を同
時に担う役割を持つようです。
さらに、
「物事の派生は『空間と時間の再領域化』」
といった 言葉を聞くにあたり、知識や創造といった概念とも相性
が良さそうです。
近藤先生がおっしゃる「人間、時間、空間」によって「世間」が
創り出されていることを考えると、日本古来の文化に内包される
「間」を考え直すことで事象の異なる側面を見ることができると思
うのは少々早計でしょうか。しかし、「間」を意識しないが使い慣
れている我々日本人は、温故知創が必要とされる今、胆力、知力を
総動員できる好機であるともいえます。日々の雑感から思いつくま
ま述べてみましたが、乱文乱筆お許しください。今後とも宣言文の
継続を心より願っております。季節の変わり目どうかくれぐれもご
自愛ください。
岩月俊二 shunji@jaist.ac.jp

■JAISTのM2の張儀さんは、女性起業家の感性創造の研究を
させていただいております。先日、日本商工会議所の女性起業家大
賞の審査プロセスの研究インタビューを日本商工会議所の女性起業
家大賞担当の金井さんにさせていただきました。張さんのお礼に、
金井さんから返信をいただきました。受賞者の喜びの声が聞けて、
私もありがたいですね。女性起業活動に挑戦されている皆さんは、
使命感を自分の企業活動で語っておられます。われわれもいつも刺
激をいただいております。日本商工会議所の女性会の皆さんが、女
性起業家大賞を始められて今年が7回目ですっかり定着しました。
いまや、日本の女性起業家の登竜門ですね。多くの方が発掘されて
社会に育っていかれました。すばらしいしくみですね。今後の発展
を期待しております。(近藤)
●「受賞して 溢れる喜び 感じられ」   現状の姿
■張さん おはようございます。お返事が遅くなりました。
先日は、会議お疲れ様でした。私は初めての事で、近藤先生にご迷
惑をおかけしながら、なんとか決定するまでに至りました。
受賞者TOP3を来月開催する女性会の沖縄全国大会にご招待する
ので、ご案内をしたところ、
「まさか自分が受賞させてもらえるとは、思っていませんでしたの
で光栄です」とコメントがありました。
文面から溢れるほどの喜びが感じられ、この事業に携わる事ができ
て良かったと思える瞬間でした。
全国大会の本番はこれからですが、全国各地から参加して下さった
皆様方が参加して良かったと少しでも思っていただけるよう頑張り
たいと思います。
東京は、空気が澄んで気持ちのいい天気が続いています。
どうぞお体ご自愛下さいますように★
また、お目にかかれるといいですね(*^^)v
論文頑張って下さい。
日本商工会議所 金井 美奈

■今井さんのコメントの中で、「自分の仕事に使命感というありた
い姿を持たないと、自分の仕事は語れないですね」に共感を感じま
す。「使命感」と「ありたい姿」が自分の中で結合しました。あり
たい姿は文化を創ることと最近考えていますが、そのためには使命
感が大切なのですね。いままでの成功の宣言文を「使命感」で検索
しました。6件で聞きました。驚いたことに、5件が今井さんでし
た。そして、昨年,JAISTを卒業されて豊田商事に入られた小
林さんが出てこられました。人はそれぞれ自分の言葉を持っていて
、その言葉で、自分を語っているのですね。宣言文を始めたのも、
よい言葉に触れて、自分の良い言葉を増やせたらという思いからで
した。皆さんの良い言葉に触れることが出来て本当に感謝しており
ます。「使命感」は今井節を構成している基本言語の一つなのです
ね。今井さん、ありがとうございます。(近藤)

□成功の宣言文1237 はじめに使命感   ありたい姿
●ドラッカーの教えを基盤にオムロンで人材開発を26年間、取り
組んだ
●継続できたのは人材育成にかける使命感の深さです。
経営でも自分自身の使命感を持つ人が、ダイナミックな行動を起こ
す。はじめに覚悟の決まった使命ありで、使命が戦略を生み、行動
を生み出し、結果として成果を創り出す。
●「使命感 戦略生み出し 成果生む」    今井雄二

□成功の宣言文 1477 笑うこと   ありたい姿
●ニコニコといった笑顔では不足で、声を出して笑うことが大切と
いうことですね
●「使命感」が自分ごとになり、精神的な負担から脱して、未来に
向けて追い続ける楽しさを感じます。いままでの失敗や成功を明る
く笑って語れるようになって、はじめて「ありたい姿」と呼べるレ
ベルになるのでしようね。
●「人間力 心のそこから 笑うこと」   今井雄二

□成功の宣言文 1731 人間力を向上し   ありたい姿
●宣言文の冒頭に、「‥人間力を向上し、企業や社会を元気に美し
くするために‥」が書かれています
●これは、経営者もコンサルも共通に持たねばならない基盤ともい
える使命感ではないでしょうか。この共通の使命感をベースに、お
客様の課題を検証すれば、外部コンサルの存在価値が見えてくるよ
うに思います。
●「人間力 向上をして 元気にす」   今井雄二

□成功の宣言文 1947  使命感  ありたい姿
■日本の部品メーカーさんの部品を集約しトヨタの海外工場に輸出
するという仕事に配属が決まりました。
■トヨタの海外生産ラインを止めないということが使命です。部品
供給でトヨタの海外生産を支えるという社会的意義の大きい仕事だ
と思っております。皆さんから学んだYWNTを繰り返し自分を成
長させていきます。
■「YWT 繰り返しをし 使命感」   豊田通商 小林 武

□成功の宣言文 1239 自分も感動   現状の姿
●今井さんの成功の宣言文やコメントはいつも感動していました
●今井さんの話は自分も納得できるし、今井さんの話の中に自分を
探せます。
自分もそうだなと感じるものが多く、潜在意識に響く。今井さんは
自分の使命感を持って実践し感動している。自分の生き方を本音で
話すから、宣言文コミュニティにも伝わる。
●「自分でも なるほどそうかと 感動し」   富田泰子

□成功の宣言文 1347 困難な時  ありたい姿
●人間力の開発は、困難に直面したときにこそ、磨かれる
●「一見、どうにもならないことを、どうにかする」という勇気あ
る決断は、並大抵の分別では難しい。「何に対して、この決断をし
たいのか?」が、使命感とか「ありたい姿」で、顧客への貢献と感
謝の未来創造になる。
●「人間力 困難なとき 磨かれて」   今井雄二