« 成功の宣言文メンバーからのメッセージ | メイン | 成功の宣言文メンバーからのメッセージ »

成功の宣言文 2323 間の理論は面白い   ありたい姿

「間の理論 夢描くにも 必要や」

   
渕野康一

●福田さんの「多くの考え方が、あまりにも直接的過ぎている」に
触発されました

● 近藤さんの「間の理論」も面白いです。「人間、時間、空間」す
べてに「間」が付いている事は日本語としても意味深いですね。
気づき・学び、そして夢を描くにも、確かに「間」が必要です。


成功の宣言文 2324 語れる人は少ない  現状の姿
●教育とマネジメントは、余りにも慣れてしまった単語ではないか
●教育の単語を知らない人はほとんどいないだろう。それでいて、
教育について語れる人は少ない。商品説明や勤める会社の説明はで
きても、自分の仕事について語れる人が意外と少ない。
●「わが仕事 語れる人は 少なくて」   福田 真

成功の宣言文 2325 習慣に流されている   現状の姿
●現状の日常は、習慣に流されている
●本来の意味が日常に流されている。自分の仕事のあり方について
、見直す時であるのかもしれない。本来の意味を本来の性質を、現
れて現象の根源を見失っては前進するのは難しい。
●「習慣に 流されている 日常は」   福田 真 

成功の宣言文 2326 実践する姿で語る   実践する姿
●改革実践は自分で実践する場を創るしかありません
●場を造って自分のできることで実践して、その生き方を語るので
す。自分の生き方や実践する姿で語るのです。私自身は事実で事実
を変える生き方で人間力向上を語ります。
●「生き方で 改革実践 語るのや」   近藤修司

成功の宣言文 2327 どんなマインドで   ありたい姿
●創造はある物ができることで、それを見たり、使う人がどんなマ
インドで、一日過ごせるかということを考えるのです
●単にモノやサービスを創造的にするのでなく、使う人がどんなマ
インドで一日すごせるかを思うのです。そしてその気持ちを言葉に
する。我々の改革実践の創造で言えば「やるぞ感」です。
●「やるぞ感 生み出すために 何をやる」   近藤修司

成功の宣言文 2328 4つのマインド  ありたい姿
●4画面は現状・ありたい・なりたい・実践する4つの姿を表現し
ます
●姿の鮮明化が大事ですが、その基盤はマインドです。現状のマイ
ンド・ありたいマインド。なりたいマインド・実践するマインドを
言葉で表現するのです。
●「4画面 4つのマインド 表現し」   近藤修司