« 成功の宣言文 2307 女性起業家のパワー   現状の姿 | メイン | 成功の宣言文 2311 YWTサイクル   現状の姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」に続いて、第三巻「改革の輪」が発刊されました。「成
功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより可能です。 
http://www.success-poem.com/book.htm

■長野の恵仁会で、4画面思考を活用して、恵仁会モデルの完成度
向上への実践が始まっております。先日、芳珠記念病院の仲井理事
長と訪問させていただきました。黒澤先生から「YWTサイクル」
のコメントをいただきました。北陸と信州の改革実践の輪が4画面
交流されると新しい未来開発が促進されそうですね。期待しており
ます。ありがとうございました。(近藤)
●「4画面 振り返りして 次ステップへ」   現状の姿
■JAIST 近藤 修司教授御侍史
先日はお忙しい中、「4画面思考の進化」の講演・実習ありがとう
ございました。
実践することで管理職も少しずつ四画面に慣れてきているようでし
た。また仲井先生のお話も聞けて大変参考になったと思います。
私としてはやはり、私が作った全体4画面の「振り返り」ができた
ことがよかったです。
今年度上半期が終わり、いろいろな課題の実践のために、集中して
、振り返りをする余裕がありませんでしたが、今回、振り返りをす
ることで次のステップに進むことができました。
まさに今回の講義にありました「YWTサイクル」の進化だと思いま
した。今後も恵仁会としましては四画面を法人内に普及すべく取り
組みをしていきますので、近藤教授をはじめ、芳珠記念病院の仲井
先生や職員の皆様方と今後も末永く交流させて頂ければと思ってお
ります。今後もよろしくお願い致します。
「四画面 振り返りして 次のステップへ」
特別医療法人 恵仁会 黒澤 一也

■JAISTの就職支援室の浅田さんとの打ち合わせで、JAIS
Tに来校していただいたシードウインの福田さんから、金沢への鉄
路の旅情をいただきました。このルートは本校キャンパスと東京キ
ャンパスの私の通学・通勤ルートでもあります。飛行機は機能的で
すが、旅を楽しむことは出来ません。私の「間の理論」も福田さん
の描写された、風景との対話から生まれました。多くの宣言文や改
革図面が風景との対話から生まれています。旅は読書といわれた方
がいますが、本当にほくほく線の読書は飽きることはありません。
しかも、地球に優しいし、経済性もたかい、知識創造の場です。間
の理論は、人と人の間である人間力、時と時の間である時間力そし
て空と空の間である空間力から、気づきが生まれるといった理論で
す。東京と北陸の空間の持つ文化の違いから、多くのヒントを知識
混合してきました。福田さんの描写は正確で、それぞれの感動の場
所が特定できます。ほくほく線は私の書斎や研究室でもありますが
、福田さんの文章で、トンネルや谷あいの道など、今後のほくほく
線の楽しみが増えました。ありがとうございました。(近藤)
●「山山の 間を川に 寄り添って」   現状の姿
■ちょっと頑張ろう -710号- ● 旅情を味わった ●
越後湯沢から直江津まで、トンネルの数をご存知だろうか。結構長
いトンネルが27もあった。 昨日、1040キロの電車の旅を予定通り
終えた。11時間の電車の乗り続け、余り眠ることもなく、車窓を楽
しんだ。
新幹線はやはりビジネス列車で面白みは少ない。仕事で乗るだから
当然であるが、都心を離れるのでれば旅情を楽しみたいとも思う。
越後湯沢からホクホク線はくたか2号に乗る。直江津、富山、高岡
、金沢へと行く。山々の間を川に沿って走る。山々の稜線が遠望で
き、山のひだとひだが連なる。
鎮守の森、鉄道模型で見るような田舎の車管区、広がる稲刈りの済
んだ田園風景が通りすぎていく。小さな町を通りすぎる。都会を模
した大きな2~3のお店がより田舎を感じさせた。
昔、大阪から富山によく通っていた。
昨日は東京から富山を通り金沢へ向かっていた。2つのトンネルを
通りこして、直ぐにトンネルに入った。それでトンネルの数を数え
始めた。旅で、電車に乗るとパソコンかノートを広げるか本を読む
。初めての路線では、車窓にかじりついている。
トンネルとトンネルの間に、小さな駅、谷あいの道が現れる。次第
に仕事気分が抜け、風景を見入ってしまう。風景に車の数もほとん
どない。少しずつ違うよく似た風景がトンネル毎に繰り替えされる。
山の腹をトンネルがえぐり抜く。
トンネルの入り口で、列車と川と車道が分かれていく。トンネルに
入って車窓に移る自分の顔。歳をとったと思い、その思いを拭いメ
モをとる。トンネルを通過する車内の暗さがトンネルの中を際立た
せた。
長いトンネルが多い。27番目のトンネルを通過して、海が僅かに見
えた。直江津に近づいたようだ。
ロールケーキの頭にチョコレートをかぶせたよう電車が止まってい
た。直江津を過ぎると風景が一変する。
海岸線に沿って電車が走る。山と海に挟まれた僅かな平地を電車の
軌道と道と家々が続く。日本海、真冬の光景を想像してしまった。
海に面した駅、そして家々。真冬の潮をまともにかぶりそうなとこ
ろに人が生活をしている。
親知らずの海岸に沿って、海の上を高速道路が走っている。親知ら
ずで長いトンネルを越えしばらく進むと田園風景が広がった。糸魚
川を通過。
平野の町で文化が栄え、山と海の間の町で自然の厳しさを知る。そ
の境がはっきりとしたような気がした。平野にたたずむ家々に緩慢
さが伺える。干されている洗濯物、車の止め方、道のなだらかさ、
刈り取られた田、詰まれている材木、車管区、すべてのゆったりと
していた。
黒部川、滑川、常願寺川、神通川、庄川、何となく歴史を感じさせ
る名前が続く。石動(いするぎ)駅と言うのがあった。誰かの小説
で、上杉に仕えていた忍者一族の話があったように思う。
25年前とほとんど変わらない高岡の駅。よく、駅前のホテルで止ま
ったのものだ。46万人都市、金沢につく。仕事がよみがえった。
金沢の隣、西金沢から私鉄の北陸鉄道に乗り換える。みすぼらしい
駅だった。切符売り場がしまっていた。切符の自販機も無い。びっ
くり、無人駅だった。
蘇った仕事が、またも一瞬に消え去る。ワンマンカーだそうで、降
りるときに料金を払うそうだ。「切符売り場がない」と独り言を言
った私に、待合室にいた若い女性が丁寧に説明をしてくれた。
ちょっとした感動?
鶴来駅が目的地、ここには駅員もバスターミナルもあった。バスタ
ーミナルには人影はなかった。駅から見える山の頂きにハングライ
ダーが2つ舞っていた。
北陸先端大の送迎バスに乗り、北陸先端大へ。仕事気分はすっかり無
くなり、旅情気分に浸ったいた。 6人のポスドクターの研究発表を拝
聴させていただいた。後ほど、一人ずつの研究発表の所感を述べさせて
もらった。この瞬間だけだった。ちょっとした仕事気分になったのは。
帰りの西金沢から加賀温泉までの各駅停車の車内。
通勤客で込んでいた。表情に険しさは見受けられない。ツッパリの
高校生達の顔にも幼さがはっきりと見えていた。
福田 真 shin_fukuda@seedwin.co.jp

■4画面思考は自分ごとで未来を創り出すための道具と考えており
ます。かが元気塾の平野先生に、定時生高校生の4画面思考につい
ての共同講義をお願いしていましたが、校長先生と、ご相談してい
ただいて、4画面思考の講義をさせていただくことになりました。
私は定時制高校生に4画面思考をおしえるのではなく、一緒に開発
したいと思っています。かが元気塾では企業の皆様だけでなく、平
野先生や加賀市役所の山本さんなども参加されており、実践つきの
改革実践提案書が出来ていくと良いと思っております。山本さんは
公共交通会議の事務局をされていて、乗り合いタクシーの実践など
を推進されています。企業だけでなく地域社会でも4画面思考で人
間力が向上されて、企業や社会を元気に美しくする改革実践の輪が
生まれてつながりだすと、楽しくなっていきますね。平野先生、学
校内の調整ありがとうございました。(近藤)
●「ありたいと なりたい姿 考える」   実践する姿
■近藤先生 お返事が遅くなりました。加賀市の平野です。
ご依頼の件、校長に話したところ、「ありがたく、また興味深いお
話だ」とのことで、先生さえよろしければ、御指導お願いしたいと
のことでした。
学校では、今月はさまざまな学校行事があり、さらに月末には、5
年に一度の県教育長ご一行様の総合訪問(教育全般に対する視察・
監査)を控えています。そのため、実施は来月になるかと思います
。授業は1コマ45分なのですが、それでは不足かもしれません。
ご要望があれば、2コマ続けての時間を確保できるようにしたいと
思っています。私たち昼間部は、午前中が生徒の授業です。そのた
め実施の場合は、3、4時間目ということで、10:15~11:50の時
間帯を使うことになるかと思います。
また、先生のご都合を伺いながら、日程の調整をしていきたいと思
います。
渕野康一様にもお伝えしたのですが、生徒たちは、現状の姿は描け
ても、一人ひとりの明るい未来像のありたい・なりたい姿が描けな
いのが実態です。しかし、ひとりひとりは素直で、それぞれの持ち
味を持っております。今年はそんな彼らに4画面を有効に活用する
ための何らかのヒントをいただければ、と願っております。
また、よろしく御指導いただけますよう、お願い申し上げます。
平野禎幸 石川県立加賀聖城高等学校

■■■■「第11回知識科学シンポジウムのご案内」■■■■■
来る10/19(土)に,第11回知識科学シンポジウムが東京で開催さ
れます。最新の知識科学の動向と話題テーマの講演が企画されてお
ります。皆さん是非、ご参加ください。
http://www.jaist.ac.jp/KSS11/
JAIST本校への入学を考えておられる学生の皆さんにも、ぜひ参加
していただきたいと存じます。身近に入学をご検討なさっておられ
る方がいましたら,ぜひ、お声を掛けてください.
また、本シンポジウムの終了後に、知識科学修了生の会が企画され
ています。知識科学修了生の皆さんとは、ひさしぶりに懇親できる
ことを楽しみにしております。
http://www.jaist.ac.jp/KSS11/AlumniParty2008.html
私も知識科学シンポジウムそして修了生懇親会にも参加する予定で
す。皆さんとお会いできることを楽しみにしております。(近藤)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■