« 成功の宣言文 2298 徹底した見える化   なりたい姿 | メイン | 成功の宣言文 2303 前向きに取り組む   なりたい姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」に続いて、第三巻「改革の輪」が発刊されました。「成
功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより可能です。 
http://www.success-poem.com/book.htm

■昨日は、地域を元気にする医療・介護モデルで日本トップの信州
佐久平の黒澤病院で管理者研修がおこなわれました。今年の1月に
MOT改革実践の講演をさせていただいて、今回は管理者研修の一
貫として、私の4画面思考の講義と芳珠記念病院の仲井理事長の実
践事例の講義の後に、4事業部の4画面作成のワークショップと発
表をおこないました。MOT改革実践の3年目に入っている芳珠病
院の取り組みはは私も感動しました。MOT改革実の成果をインプ
ット・プロセス・アウトプット・アウトカムで分かりやすく発表さ
れていました。インプットを人と人の出会いにされて、プロセスに
いろいろな学習や改革実践の活動にされて、アウトプットにそれぞ
れの4画面成果に、アウトカムを事業成果と人間成果にされておら
れました。
刺激を受かられた黒澤病院の皆さんは、それぞれのチームは1時間
のワークショップで、見事に4画面を作成されました。各事業部発
表のあとに、黒澤先生が黒澤病院4画面の振り返りをこなわれまし
た。今後は、事業部4画面のブラシアップと課の4画面の作成と4
画面美術館の展示になります。一時間のワークショップは黒澤病院
モデルを更に日本一にしようという熱意で、上げ潮カーブで改革マ
インドが変化していく体験させていただきました。皆さんの気づき
をご紹介いたします。黒澤病院の一人ひとりの気づきは皆さんの改
革の輪づくりのご参考になると思います。今回は、芳珠記念病院の
仲井理事長・下垣さん・阿部さんも参加されて、良い交流がおこな
われました。北陸と信州に病院MOT改革実践のモデル病院が生ま
れつつあります。すばらしいことです。皆さんご苦労さまでした。
事務局をされた鈴木さんから早速お礼のご挨拶もいただきました。
(近藤)
●「4画面 もやもや感を すっきり感」   現状の姿
■JAIST 近藤先生、芳珠記念病院 仲井理事長さま へ
本日は貴重なお時間を頂戴いたしましてありがとうございました。
研修会終了後、参加者に感想を聞いてみると今回事業部の4画面を
作成したことで何となくモヤモヤっとしていた部分がスッキリしま
したとの意見があり、みんな前向きに取り組む気持ちが出たようで
す。今回研修に参加した者が更に他のメンバーに指導しながら4画
面の輪を広げていきたいと思います。本日は本当にありがとうござ
いました。
特別医療法人恵仁会 本部総務課 鈴木聡志
長野県佐久市中込3-15-6

●「改革の 3原則を 体験し」   現状の姿
■黒澤病院管理職4画面研修会での気づき(改革3原則にそって)
□自分ごと
・前向きな考え:黒澤一也
・前向きな姿勢:内堀
・みんながやる気:江元智子
・常に前向き:藤枝元
・これからの自分の役割:清水ちか子
・めざせ実現:小沼直行
・やる気と感動:水間雅典
・自分ごとの改革実践:鷹野正広
□4画面思考
・4画面は見える化:井出
・やる気を引き出す4画面:岡田てるみ
・脅威もチャンス:中田恵美
・アイディアで勝負:芳珠記念病院 阿部究
・めざす方向:鈴木聡志
・4画面で連携力アップ:小林
・ケイジンブランド:小林進 
・それぞれの考え方を知る:関谷智美
□改革の輪
・物事は思想、概念で捉えることだ:清水
・思いを共有・実践しよう:赤羽根すみ江
・みんな、もっと良い法人にしたいと考えているんだなー、本当に
 取り組まなくては:前田順子
・連携の必要性:高地菊男
・お年寄り 近くて安心 ケイジンモデル 学んで安心 芳珠記念
 病院   芳珠記念病院 仲井

●「討議して 4つの姿 体験し」   現状の姿
■黒澤病院管理職4画面研修会での気づき(4画面思考にそって)
□現状の姿
・それぞれの考え方を知る:関谷智美
・やる気と感動:水間雅典
・脅威もチャンス:中田恵美
・連携の必要性:高地菊男
□ありたい姿
・物事は思想、概念で捉えることだ:清水
・前向きな考え:黒澤一也
・前向きな姿勢:内堀
・みんながやる気:江元智子
・常に前向き:藤枝元
・めざす方向:鈴木聡志
・ケイジンブランド:小林進 
・みんな、もっと良い法人にしたいと考えているんだなー、本当に
 取り組まなくては:前田順子
□なりたい姿
・これからの自分の役割:清水ちか子
・めざせ実現:小沼直行
・4画面は見える化:井出
・やる気を引き出す4画面:岡田てるみ
・アイディアで勝負:芳珠記念病院 阿部究
・4画面で連携力アップ:小林
・お年寄り 近くて安心 ケイジンモデル 学んで安心 芳珠記念
 病院   芳珠記念病院 仲井
・4画面美術館で見える化と振り返り
□実践する姿
・自分ごとの改革実践:鷹野正広
・思いを共有・実践しよう:赤羽根すみ江

■産学診官NPO連携の4画面思考は個人・企業・地域・大学など
いろいろな人材育成と改革実践に活用され始めておりますが、日本
伸銅協会では、昨年につづいて第二期改進村塾が始まっております
。第一期に続いて第二期では黄銅棒のリサイクルをテーマにして、
4画面思考による改革実践提案書づくりがテーマです。メンバーは
第一期生と新規メンバーで構成されて、一期生は二期生のファシリ
テーション役をされています。今年も経済産業省メンバーにも入っ
ていただいてご支援していただいたりたり、講師も私だけでなく、
サイバー大学の勝さんと事務局の谷さんとチームで展開しておりま
す。昨年は革新手法としてはロードマップを活用しましたが、今年
はリサイクル・チェイン・マネジメントを勝さんと研究開発しなが
ら活用しています。黄銅棒のリサイクル4画面ということになりま
す。業界リサイクル4画面と企業リサイクル4画面の同時展開を狙
っています。黄銅棒はリサイクル率が95%という非常に環境に優
しい材料なのです。黄銅棒リサイクルチェインマネジメントを確立
して、環境に優しい黄銅棒の価値やブランドを向上することが狙い
です。勝さんからは、村塾の塾生への宿題と、事務局の谷さんから
は二講を終わってのコメントをいただきました。日本の歴史を見て
も、松下村塾や適塾などで知識創造したメンバーが改革実践で動き
出しました。それが課題が山済みの現代で再現できたら面白いと想
っております。(近藤)
●「リサイクル 兆し分析 宿題に」    ありたい姿
■谷部長 殿
今日も塾の進行をサポートしていただき、ありがとうございました
。また、第2講をおえて、より一層皆さんと近くなれた気がします。
さて、今回の宿題です。
□伸銅改進村塾の塾生の皆様
今期第2回の塾に参加いただきありがとうごさいました。 私たちの
業界の「現状の姿」のの確認と、「ありたい姿」の描き方について、
概要は理解いただけたと思います。
塾の中で説明いたしましたよう
に、今回も宿題が2つあります。 頭が新鮮なうちに取り組んで見て
ください。(10月22日までに谷事務局長へ返信御願いいたします。)
Ⅰ.ありたい姿 「兆し分析」(4つのステークホルダーに関し、兆
 しを2個から3個書いてください。)
Ⅱ.YWT(やったこと、わかったこと、次にやること)
  Y:伸銅改進村塾で「現状の姿」(含むSWOT分析)、「ありたい
    姿」を学んだ
  W:わかったこと (簡潔に、3個から5
  T:次にやること (今回わかったことを、自社で、いつ、どの
    ように展開してみるか)
頑張って、「兆し」を探しだしてみてください。
サイバー大学 IT総合学部 勝 眞一郎

●「実りある 改進村塾 見えてきて」   現状の姿
■サイバー大学 勝准教授殿 
cc北陸先端科学技術大学院大学 近藤教授殿
お世話になります。今回の村塾、有難うございました。お陰様で、
今年の基本課題解決の道筋作りと共に人材育成の面からもユニーク
で実りある村塾になりつつあるように感じます。事務局の次の課題
は、こうした活動の対外的な発表と思っています。先生方が言われ
ておられますように業界サイクル4画面思考のモデルができるよう
に頑張ります。先ずはHPですね。意識し掲載を心掛けます。今後と
も宜しくご指導頂きますよう宜しくお願い致します。下記の宿題の
件は了解致しました。発信させて頂きます。
日本伸銅協会  谷  敬三

■シードウインの福田さんから、ちょっと頑張ろう709号「金沢
の旅」をいただきました。私も列車の中で思考思索するのが好きな
ので、列車を愛用しています。福田さんも列車の中を知識創造の場
にされているのですね。実は今回の金沢の旅のきっかけをつくらせ
ていただいたのは私でした。JAISTの就職支援室の浅田さんか
ら依頼されて、イノベーション人材の診断や教育キャリキュラムそ
して教育効果測定の講師紹介の依頼を受けました。こういう場合は
一日くらいあっためていると自然に講師が浮かんできます。今回は
場合は、JSTやNEDOの目利き人材やポスドクのイノベーショ
ン人材開発をされている橋詰さんと、文道分析で診断や教育効果測
定をされている福田さんが浮かんできました。お二人のコラボレー
ションを浅田さんにご紹介させていただいて、その打ちあわせが進
んでいます。お二人とも定期的にJAISTにきていただけるよう
になると、MOT改革実践との交流や文道4画面分析の交流も出来
るのでありがたいことです。文道4画面分析は立派な研究リポート
をいただきました。ぜひ福田さんと直接して交流して内容を深める
チャンスにもなります。また新しい共同研究がはじまるきっかけに
なると良いですね。今回は私は東京でMOTゼミなどがあり、お会
いできずに申し訳ありません。福田さんは3年前の四季の会@能登
のときと同じルートで動かれるのですね。きっと3年間のYWTを
想いながら動かれるのでしょうね。ありがとうございました。
(近藤)
●「あたらしい きっかけの旅 金沢へ」   実践する姿
■ちょっと頑張ろう-709号- ●久々の金沢 ●
きょうは出張です。いつもよりも早く起きて書いています。
東京から越後湯沢を経由し金沢まで、480キロ。北陸先端大へ行って
、帰りは加賀温泉、米原を経由して帰ります。1040キロを電車に乗
っています。中部地方をグルッと一回りです。名目は仕事、気分は小
旅行。移動時間約11時間です。仕事時間、約4時間。いつものことを
思えば楽かもしれません。
2005年11月4日、確か金曜日だったと思
います。能登島へ行ったのがきっかけになり「ちょっと頑張ろう」を
毎朝書き始めたのです。連続の最初は2005/11/7でした。だから、金
沢、七尾、能登は思い出の場所です。金沢から七尾まで 約65キロで
電車で約1時間の行程です。
==人生いにしえより誰か死なからん
  丹心を留取して汗青を照らさん==
南宋の文天祥の七言律詩です。南宋は滅ぶ寸前になっており、文天祥
は元に捕らえられていました。
丹心は真心の意味、汗青(かんせい)は歴史の意味です。陳舜臣は「
歴史に書かれる良い名前と悪い名前を意識して行動する」と小説《マ
ルコ・ポーロ》の中で言っています。
人は誰もが死ぬ、だから、誠心誠意、信じるところを生きよ、と
言う意味ではないでしょうか。
白虎隊の石碑にも書かれているようです。有名な七言律詩でしょう。
能登から始まったちょっと頑張ろうを「書き続ける」は緊張感もあり
、毎朝のリズムを要求されるようです。
文天祥の書かれた意味には
ほど遠いし、緊迫感はまったくありませんが、日々をまともに見よう
としているように思います。朝の特別だった書く作業が日常化して、
考える時間ができて、複数の事柄が自分の中でつながるようになりま
した。
3年前の同じ路線をきょうは一日で走ります。また、新たな
何かが始まるかもしれません。
きょういただくメールの返信は明日になります。ご容赦ください。
それでは行ってきます。
福田 真 shin_fukuda@seedwin.co.jp
◆有限会社 シードウィン  http://www.seedwin.co.jp