« 成功の宣言文メンバーからのメッセージ | メイン | 成功の宣言文メンバーからのメッセージ »

成功の宣言文 2288 日本の自然に誇りを   ありたい姿

「日本人 日本の自然 誇りもて」

   
大林重治

●カナダ人の作家CWニコルさんが日本で森づくりを始めた

●熊とかイノシシはヨーロッパでは絶滅しているが、日本はまだ生
息している。
日本は北には流氷があって、南にはさんご礁があり、戦争しない、
自由などがある。
日本人であることへの誇りを忘れるなといった。


成功の宣言文 2289 愛を次世代に   ありたい姿   
●多くの日本人は現代の日本に不満・文句を口にする
●不満・文句は1時間で言ってしまい、1週間は日本のいいところ
を語ろう。ニコルさんは日本を愛し続けるという。人はよその国を
も愛する精神をもっている。日本人が日本支援の愛を感じ取ってく
れたら次につながるという。
●「支援愛 感じ取って つなげるや」   大林重治

成功の宣言文 2290 森づくりファンド  なりたい姿
●当金庫では森づくりファンド「やまもり」を発売したがすぐ売れ
てしまった
●昔の循環型の生活環境が懐かしい。昔の生活はまったく無駄がな
い。今、循環型の生活が出来ないとすれば、森づくりが大切です。
森を守るということは人を守ることです。
●「森づくり 人づくりなり 実践す」   大林重治

成功の宣言文 2291 一時も早く行動を   実践する姿    
●七尾湾の魚は能登島の森のエネルギーで生息している
●七尾湾はかきの養殖があり、かきは海のミルクといわれている。
人間は森の寄生虫であり、人間は森がなくなると人間は生きていく
ことが出来ない。今、気象の変化がシグナルを送っている。一時も
速く行動を越すことが大事です。
●「一時も 早く行動 森づくり」   大林重治   

成功の宣言文 2282 人材育成を大切に  なりたい姿
●私は経営において、人材の育成を大事にしている
●のと信カレッジは14期になる。自立型人材育成のチャレンジ・
マルコポーロがある。自分でアポをとって3箇所訪問する。また、
百鍛熟は人材育成と資産良質化の同時実現には、鍛錬熟は効果があ
る。
●「百練熟 資産良質 ひとづくり」   大林重治  

成功の宣言文 2283 時間をかける   実践する姿
●森づくりも人づくりも明日からできるが、すぐ良くなるかという
とそうでもない
●人づくりも森づくりも長い時間をかけないといけない。子供・孫
の代までのテーマです。まさに人づくりは未来づくりです。人づく
りは企業づくりといわれた。すると企業づくりは森づくりでもある
のだ。早く森づくりに参加しよう。
●「人づくり 森づくりをも 時間かけ」  大林重治