« 成功の宣言文 2281 自分の生涯の仕事   ありたい姿 | メイン | 成功の宣言文 2288 日本の自然に誇りを   ありたい姿 »

成功の宣言文メンバーからのメッセージ

●「成功の宣言文」文庫は第一巻「四画面思考」、第二巻「元気の
出る俳句」に続いて、第三巻「改革の輪」が発刊されました。「成
功の宣言文」文庫の購入は下記ブログより可能です。 
http://www.success-poem.com/book.htm

■昨晩、のと七尾人間塾の第4講がおこなわれました。のと共栄信
用金庫 理事長 大林重治さんの「人づくりは森づくり」のお話で
す。大林理事長の人柄があふれたすばらしい講演で塾生は感動され
ていました。大林理事長はお話されたことは必ず実践されているこ
とです。昨年の心の呪縛からの脱却にしても、今年の人づくりは森
づくりにしてもすばらしい感性です。時代の感性をキャッチして自
分の言葉にして、実践して更にその輪を広げていく。「自分ごと・
4画面・改革実践の輪」を実践されています。後半は塾生との交流
とそして塾生同士の4画面相談会をおこないました。充実した秋の
夕べを楽しまさせていただいて、ありがとうございました。
毎回の人間塾の運営で感じることは、小川チームの連携のすばらし
さです。今回は磯部さんが担当ですが、青木さん・倉田さん・滝音
さんなどが自然に集まって会場設営などで動き出すのです。すばら
しい改革実践マインドで、4画面の実践する姿を実感させていただ
きます。私だけでなく塾生も改革実践マインドを実感していきます
。今年の磯部さんのテーマは4画面美術館の見える化です。楽しみ
にしています。(近藤)
●「森づくり 人づくりなり 実践す」   実践する姿
■のと七尾人間塾第四講「人づくりは森づくり」: 大林重治 
第三期のみなさんには「現状はだめだという心の呪縛からの脱却」
の話をした。第四期の皆さんには「森づくりは人づくり」のお話を
したい。地球温暖化の問題は身の回りに迫ってきている。肌身に感
じているのは私だけでない。
□1始めに
カナダ人の作家CWニコルが日本で森づくりを始めた。日本の自然
はすばらしいという。熊とかイノシシはヨーロッパでは絶滅してい
るが、日本はまだ生息している。しかし、コンクリートで固められ
て、金沢や神戸のように、あっという間に洪水になる。山がゴルフ
場にかわり、どこへいってもパチンコの店がぎらぎらしている。
森の多様性を追求しよう。ニコルさんは日本人であることへの誇り
を忘れるなといった。日本は北には流氷があって、南にはさんご礁
があり、戦争しない、宗教の自由、旅の自由、などこんな文化の国
はない。しかし、多くの日本人は現代の不満・文句を口にする。文
句は1時間で言ってしまい、1週間は日本のいいところを語ろう。
この国を愛して欲しいという。ニコルさんはカナダにかえることは
なく、日本を愛し続けるという。人はよその国も愛する精神をもっ
ている。ニコルが生きて、日本を愛して支援して、日本支援の愛を
感じ取ってくれて、次につながるという。森づくりは人づくりであ
るのだ。
□2当金庫の森づくり
①森づくりファンド「やまもり」
森づくりファンド「やまもり」を発売した。50億の設定をしたが
すぐ売れてしまった。今日時点で、150億を200億にしようと
決めた。お客さまの募金と当社の募金を入れると1400万円にな
る。森林の伐採を専門家にお願いする費用はそちらから出して森づ
くりをする。昔の循環型の生活環境が懐かしい。昔の生活はまった
くの無駄がない。特に環境を考えてしたわけではないが、今、循環
型の生活が出来ないとすれば、森づくりが大切です。
②石動山の森づくり(平成20年6月21日・10月12日)
第一回の森づくりを石動山でやった。ボランティアの皆さんと環境
学習をした。森を守るということは人を守ることです。翌日に熊が
でたという話を聞いた。次回は熊よけの鈴をつけたり、スズメバチ
の対応も大事です。いろいろ学ぶことがあります。今、第二回目の
準備をしている。
③これからの森づくり
森づくえいの他の地域への拡大です。できれば能登島の山を何とか
手がつけられないか。七尾湾の魚は能登島の森のエネルギーで生息
している。七尾湾はかきの養殖があり、かきは海のミルクといわれ
ている。環境ビジネスをというおきなことではなく、森を守ること
を実践することがビジネスに繋がる。人間は森の寄生虫であり、人
間は森がなくなると人間は生きていくことが出来ない。今、気象の
変化がシグナルを送っている。一時も速く行動を越すことが大事で
す。
□3学習する文化の育成
①のとしんカレッジの開校
私は経営において、人材の育成を大事にしている。七尾短期大学に
13名派遣していた。勉強は土日すればよいと考えていたのが従来
でした。一期生が選ばれた、二期性に選ばれるためには、何をする
かということで動き出す。営業成績でえらんだ、するとみんな営業
成績を上げた。人事担当が一寸、工夫をするとそうなっていく。人
づくりは大乗段に構えているだけではだめです。ニュー能登信カレ
ッジをやっており、14期になる。マスターコース8名とジュニヤ
ーコースが8名で成績優秀者から選ぶ。一期生・ニ期生がステータ
スになり、14年目になった。是は力を抜くことは出来ない。人創
りのスタートはそこと考えている。
②チャレンジ・マルコポーロの実施
チャレンジ・マルコポーロもある。マルコポーロは冒険家であり、
自立型人材育成を狙っている。チャレンジ・マルコポーロは7万で
3箇所訪問する。金融機関は2箇所で異業種が1箇所で、自分でア
ポをとる。アポイントが取れれば理事長名で依頼状を出す。今年は
四国へ行った女性がいました。自立型人材育成はレールを引いたう
えでなく、自分でアポをとって自分で行く。
③百錬塾
百鍛熟は、松任に刀鍛冶がおられ、色紙に百錬という字を書かれた
。折り曲げて折り曲げて炭素をだして鍛えてつくり、人間も同じと
いう。このヒントで鍛錬熟をやらせていただいている。以前からリ
レーション・バンキングをリレバンとしてやっていて、目利き力を
つける。目利きは専門書を何冊も読んでも目利きにならない。実践
で失敗しながら、つけていくのが目利きである。36名で、事務局
が3名です。人材育成と資産良質化の同時実現には鍛錬熟は効果が
ある。ある人がFP一級を取った。ようがっばったとほめた。「み
んな自信を持つ。君の功績大きいぞ。どうして勉強した。」百錬道
場で頑張ったという。
●4おわりに
森づくりも人づくりも明日からできる。すぐ良くなるかというとそ
うでもない。長い時間をかけないと出来ない。今日は聴いたからす
ぐ出来るものではない。人づくりも森づくりも時間をかけないとい
けない。子供・孫の代までのテーマです。まさに人づくりは未来づ
くりです。人づくりは企業づくりといわれた。すると企業づくりは
森づくりでもあるのだ。森づくりに参加しよう。
のと共栄信用金庫 理事長 大林重治